私の頭の中の消しゴム』を観ました。とても悲しく、でも愛に満ちた映画でした。幸せに暮らしていた若い女性が病にかかり、愛する人や自分の事さえ忘れていってしまうという話です。公式サイト

私の頭の中の消しゴム
私の頭の中の消しゴム

以下ネタバレあり2人の出会いや幸せな時間が丹念に描かれていて、発病した時の本人や周囲の深い悲しみが伝わってきました。若年性アルツハイマーの事は聞いた事がありましたが、あんなにきれいで若いのに自分の事すら解らなくなる様はショックでした。新しい記憶から消えていって、昔の彼を今好きな人だと勘違いしたり、愛する人を傷つけてしまったり。ふと元の自分の記憶が戻ったり、またわからなくなったり。具合が悪い時体の自由が利かないと本当に辛いし苦しいけれど、色々な事を考えたり感じることは自由にできるのですよね。でもこの病気にかかるとそれもかなわない・・・。本人も辛いけれど周囲もとても辛いですね。あのパ−ティ−での出来事は目を覆いたくなるほど辛かったです。そしてラスト3分が特に印象的でした。記憶を失っても自分が心から好きだった人々対しては感覚的に反応するものなのでしょうか。チョルスは最後に「サランヘヨ」と言えましたね。とても心に残るエンディングでした。

ソン・イェジンは可愛くてはかない役をまた見事に演じています。冒頭では青いアイシャド−&ゲップでインパクトがありました。綺麗な上に演技も上手なんですよね。ますますファンになりました。そしてワイルドかつ献身的な夫を演じるチョン・ウソンは反則な位格好良かったです。忘れられない映画になりそうです。