『ミー&マイガール』を観賞しました。



ベガーズ・オペラ』、『ミス・サイゴン』に続き笹本玲奈さんの歌声を聞きたくて足を運んだのですが、幕が開いて間もないわりに予想以上の大盛り上がりで楽しい舞台観賞となりました。



帝国劇場はやはり雰囲気が良いし、舞台が観やすいですね。

とにかく明るくて楽しいミュージカル。

ロンドンの下町で育った子が実は伯爵家の後継ぎだった……というわかりやすいシンプルなストーリーながらもダンスやタップ・ダンス、笑える場面が盛り込まれ飽きる事なくあっという間でした。



笹本玲奈さんは歌だけでなくダンスも上手なんですね。まさに選ばれし女優さんですね。今回は歌声をもっと聞きたかったなあ。

ビル役の井上芳雄さんは始終歌いながら踊ったり、動き回ったりでこの役かなりパワーがいるのでは?二人の息はまさにぴったりでした

そして初めて拝見した涼風真世さんも聞いていた通りとっても素敵でした。

ところで日本人が「ビル」や「サリー」なのはどうしても違和感があり、ツッコミを入れたくなってしまいます。あ、それを言ったら始まらないですね

WELCOME TO THE THEATER/井上芳雄ミュージカル・セレクション~(DVD付)
井上芳雄
B0014GUABS


この日は井上さんがデビュー9周年の記念日(6/6)という事で井上さんのお話などのスペシャル・カーテンコールがあり、今日は千秋楽だっけ?と思う様な盛り上がりでした

ミュージカル初心者な私はなにも知らず得した気分。

この日はJCBの貸し切り公演だった様ですが、この日のお客さんは歌が終わる度に熱烈拍手。一幕と二幕の最後は多いに盛り上がり、カーテンコールでのお話も短めに熱烈拍手で統率感あり(笑)。



最後の「ランベス・ウォーク」では皆立ち上がって盛り上がり、ラストのラストまでオーケストラの演奏が終わるまで途中で席を立つ人も少なくとっても気持ちの良い観劇となりました。女性の観客がほとんどでしたが、もしかして皆さん井上さんのファンの方だったのかな?

オーケストラの指揮者の方が楽しい方で指揮をとりながら踊っていました。



やはり帝国劇場の演目は良いですね。華やかで大掛かりな舞台。ミュージカルは苦手分野なんて言いながら……来月の演目も噂によると凄そうだし観賞は続きそうです(こうしてはまっていくのかも…)。


東宝公式サイト
http://www.toho.co.jp/