LUVLUV.COM

ありがとう11周年!!!
NHKドラマ等のお気に入りの映像作品の感想、及び観劇の感想を載せています。
大友啓史監督の作品が何よりも好き!記事はネタバレあり、ミーハーからシリアスまで。
更新はとっても気まぐれです。





ミュージカル『レ・ミゼラブル』

ミュージカル「レ・ミゼラブル」の製作発表記者会見にご招待いただき、参加してまいりました。


image
【会場は帝国劇場】

image
【招待状と会場でいただいた座席チケット。特別チケットで力が入っています。】

image
【取材陣によるフォトセッション】

image
【照明で飛んでしまいましたが、キャストの皆様】

image

※撮影は許可されています。

image
【会場内のポスターはすべてレ・ミゼラブル】

image
【30周年記念公演楽しみです】

【追記】

NHKの「うたコン」にレミゼキャストが出演しているのを見て、この製作発表会の日を思い返していました。

製作発表の歌唱披露を見て、とにかく印象に残ったのがコゼット役の生田絵梨花さんです。
かわいいし、上手いし、声質がいいし、とても魅了されました。
アイドルグループ、乃木坂46の方だそうですが(まったく分からない)、
次世代のミュージカル・プリンセスですね。
今映像で見ると今一つですが、劇場で聞いたときはとってもよかったです。
本当に愛らしい。コゼットのイメージにぴったりでした。



それから、大好きな笹本玲奈さんがいなかったことが衝撃でした。
玲奈さんはレミゼには必ず居ると思いこんでいたからです。
今回はご自分で受けなかったのか、それとも選ばれなかったのか分かりませんが、
後者だとしたら本当にありえないし、心より残念に思います。
そして新しくエポニーヌ役に起用された方の歌唱を見て、首をかしげてしまいました。
本当にこの人が激戦を勝ち抜いたのだろうか?と。
でも、うたコンを見たら進化していたので、きっと実力のある方なのでしょうね。

また、二宮愛さんが起用されていたのは驚きました。
中居さんの歌番組で、何か英語の歌を歌っていて
日本人離れした高い歌唱力と英語力に度肝を抜かれたのですが、
ミュージカルとはまったく違う歌い方をするシンガーの方だと思うので、
まさかレミゼに出るとは想像もしなかったです。

それから、30周年なのは分かりますが、
昔のキャストが現キャストよりも目立ってしまっていたのは
あまり印象がよくありませんでした。

私は吉原さん、岸さん、二宮さん、昆さん、海宝さん、生田さん、上原さんの日で見たいです。
そんな日はないと思いますが(笑)。

それにしても上原理央さんの歌声は相変わらずすごい!!!
うたコン、もう50回ぐらい再生しましたが(笑)、声の響き、力強さ、すばらしい!!!!


LUVLUV.COM
BlogPaint
2015年4月に帝国劇場で上演される
ミュージカル「レ・ミゼラブル」の製作発表記者会見に
ご招待いただきました。

素晴らしい歌唱披露はさることながら、今回は
出演者とファンの写真撮影が許可され、
活気に満ちあふれた製作発表記者会見となりました。



BlogPaint
「レ・ミゼラブル」製作発表会!!!

BlogPaint
会場は東京會舘のローズルームです。


BlogPaint


BlogPaint
中央はマスコミ・関係者のみなさん。

BlogPaint
ムービーカメラも多数!! 

BlogPaint

内容は歌唱披露、俳優陣による挨拶、質疑応答、マスコミの方による撮影など。
挨拶では皆さんの並々ならぬ気合いを感じ、
歌唱披露は来年の舞台への期待を高める素晴らしいものでした。
初めて拝見した中では、「プリュメ街」の海宝さんの歌声が印象に残りました。
声質、歌い方、好みです!!!うまい!!

以上だけでも素晴らしい製作発表会だったのですが、
この日は報道陣の取材の後、なんとファン交流会なるものがあり、
俳優さんと写真を撮ったり、普通にお話できる時間が設けられており
会場は熱狂に包まれました。

その上、撮った写真をどんどんネットに載せて宣伝してくださいと!
どれだけ太っ腹なんですか!!

そういう訳で、何枚か掲載させていただきます。

BlogPaint

急なことで、俳優さんだけ撮影するという発想が浮かばなくて、
全部自分が一緒に写っています
一枚だけ、森公美子さんを。
※この日の写真撮影及びネットへの掲載は許可されています。

BlogPaint
和気あいあいな素敵な写真です。
右後ろの女優さんごめんなさい。私で隠れてしまっていましたね
※この日の写真撮影及びネットへの掲載は許可されています。

BlogPaint

出演者のみなさまと
※この日の写真撮影及びネットへの掲載は許可されています。

この日はシャンパンゴールドのワンピースを着ていたのですが、写真うつりが悪い!!!
写真撮影があると知っていたら、もう少し身だしなみに気が配れたのですが!
それにしても、本当に素晴らしい記念になりました。
ツーショット写真もいろいろな俳優さんと撮っていただきましたが、私だけモザイクなのも
気が引けるので、グループ写真のみ掲載します。
後から見ると、さりげなく肩に手が添えてあったりしてドキドキ

そして帰りには出演者全員のプロフィール資料をいただきました。

東宝演劇部さまのファンサービスには度々感動しますが、今回は想像以上で
本当に頭が下がります。ファンにとってこんなに素敵な時間はありませんでした。
今年の出来事で一番興奮したかもしれません(笑)。

一緒に写真を撮っていただいたみなさん、写真を撮影して下さったみなさん、
本当にありがとうございました。
そして・・・

東宝演劇部さま、ご招待いただきまして
本当にありがとうございました。
舞台のご成功をお祈りしています。


ミュージカル「レ・ミゼラブル」(2015年版)

2015/4/17〜6/1 帝国劇場 (東京都)
2015/6 中日劇場 (愛知県)
2015/7 博多座 (福岡県)
2015/8 梅田芸術劇場メインホール (大阪府)
2015/9 オーバード・ホール (富山県)
2015/9 静岡市清水文化会館 マリナート (静岡県)

公式サイト: http://www.tohostage.com/lesmiserables/index.html (東宝)







LUVLUV.COM
帝国劇場にて、ミュージカル『レ・ミゼラブル』前楽公演を観劇しました。

2009年に初めて観劇し、2011年のあの熱狂を経てミュージカル『レ・ミゼラブル』は自分にとって特別な作品となりました。
今回は新演出に変更されて以来、初めての鑑賞です。

image

〈帝劇正面玄関〉

image

〈特大ポスターがおでむかえ〉

image

〈二階からの眺め〉

image

〈休憩中〉

image

〈特大ポスター2〉

image

〈特大ポスター3〉

image

〈この日のキャスト表〉

image

〈タイムテーブル〉

image

〈11月には帝劇に再び凱旋〉

さて、今回の観劇ですが、若手でお気に入りの山崎育三郎さんと上原理生さんの帝劇千秋楽という事でこの日に観劇しました。
帝劇に限っては全体を見渡せ、かつ勾配のある二階から鑑賞するのを好み、この日はC列で鑑賞です。

まずなによりも新演出は
視覚的に非常に分かりやすい。

大がかりなセット、背景の映像の使い方、全てが近代化(笑)していました。
ジョン・ケアード版は初心者には分かりにくく、ストーリーを知らずに日本語訳で観ると非常に分かりにくい展開だったと思います。実際私がそうでした。その点は非常に分かりやすくなり改善されていました。

しかし、派手さはないもののあの演劇でしか味わえない、
非の打ち所のない完璧なまでの前演出
に比べると、今回の新演出は、自分の中ではずば抜けて格の高かったミュージカル『レ・ミゼラブル』が他のミュージカルのレベルまで降りてきてしまった。あくまでも「演出的に」はですが。

震えがくる位素晴らしかった影やスローモーションで描く馬車の場面。ああしたゾクゾクする様な、息を呑むような場面はありませんでした。新演出を観て、いかに旧演出が演劇的に素晴らしかったか再認識した次第です。特に2階から観ているとその差は顕著でした。新生『ミス・サイゴン』と同じ演出家と聞いて大変期待していたのですが。

しかし、初めて観る方にはとても分かりやすくて良いかと思います。また、新しいバリケードは、「所詮」学生たちの戦いだったのだと語っている様で、リアリティーかありました。

楽曲は相変わらず素晴らしい!!!
アレンジが大分変わりました。私はいつもレ・ミゼラブル青盤を聴いているものですから。
効果音、例えば銃撃戦などは映画館の音響の様に客席の横から音が出て劇場中を駆け抜け、臨場感のあるものになっていました。


しかし、プリンシパルのソロで歌はなぜ最後がシャウト気味に歌っていたのか気になります。例えば、
「誓う俺は〜〜〜〜〜〜」ではなく、
「誓う俺はぁ〜〜〜〜〜〜あっ!」って最後なるのはいったい?
はじめは、俳優さんの調子が悪いので誤魔化しているのかと思いましたが(ごめんなさい!)、バルジャンもジャベールもテナルディエまでソロの曲ではそうしていたので、多分そういう演出なのでしょうね。


この日のバルジャンは福井さんでしたか、感情が物凄く伝わってくるバルジャンでした。結構好みです。

ジャベールは、新演出で求められているジャベール像が良く伝わってきました。やはり、ラッセル・クロウ路線ですね。Dirtyな感じ。

ファンティーヌは相変わらず何も伝わってこない。苦手なんです。

アンジョルラス×マリウスはお気に入りの二人だったので惚れ惚れしました。マリウスという人物は大嫌いなはずが、育三郎さんだと美声過ぎて惚れてしまうわ(笑)。
他はあまり印象に残らなかった様で・・・。

まあ、結局一回しか観ていないので、こんな感想しか書けません。あ、ここが違う!あそこも違う!と余計な事に気をとられてしまいましたから。個人的には、『レ・ミゼラブル』で観たい俳優さんの多くが、次の演目『二都物語』に出ていた様です。

もし次回、またオーディションを経て公演があるならば、またリピートしたくなる『レ・ミゼラブル』が観られたら嬉しいです。岡さんのジャン・バルジャンを是非とも拝見してみたいものです(ジャベールでもアンジョルラスでも勿論良いです)。

何にしても・・・
『レ・ミゼラブル』は素晴らしい作品!!

この日は千秋楽を迎えるキャストによる挨拶があり、本編後も楽しい一時を過ごすことができました



ミュージカル『レ・ミゼラブル』公式サイト
http://www.tohostage.com/lesmiserables/




LUVLUV.COM


1f240d97.jpg

0a01b4e4.jpg

9efb51c6.jpg

90d5d821.jpg

46186509.jpg

ミュージカル『レ・ミゼラブル』製作発表記者会見に行ってきました

会場はパレスホテル東京、葵の間です。

以下、個人的な感想です。


会場はマスコミ・関係者及び招待客250人でぎっしり。会場のパネル及び、両側のスクリーンに映し出された会場は迫力がありました。開始前には海外版(英語)のレ・ミゼラブルのBGMが流れていて、会場を見ながら流れる曲を聴くだけで気持ちが高まりました。ホテル内を歩いていたら出演者の方と普通に遭遇するのが面白い(笑)。

司会進行役は、フジテレビ・アナウンサーの軽部アナウンサー。『レ・ミゼラブル』はなんと100回以上ご覧になっているとの事で、受け答えが非常にスムーズ&気持ちが良い!

まずは、アンサンブルとプリンシパルの紹介及び挨拶。コゼットは追加発表がありましたので、一瞬おっ!ではジャベールやバルジャンも?と期待しましたが、ありませんでした・・・(笑)。山口祐一郎さんの時に拍手が一際大きくなりました。相変わらず凄い人気です。

プリンシパルの紹介の際にジャベール役の二人を拝見して、製作側の求めている新生ジャベールのイメージが分かった様な気がしました。先日公開された映画版のラッセル・クロウのポスターと通じる所があり、なんというか、泥臭い感じといか。Sophisticatedやdecentではなく、dirtyな感じ 【2013/01/15 訂正: 『対決』でジャベールは牢獄で生まれたと言っていますね。そうすると、ラッセル・クロウは屈折した感じなどぴったりな雰囲気】。司会の方も仰っていましたが、吉原さんはもうジャベールに入った様な髪型でしたし。

私のイメージでは、ジャベール=岡さんですので、まだ想像つきませんが、新しいジャベールの描き方に興味津々となりました。
(しかし、正直言って、岡さんが出演されないのは今も大変残念に思います・・・)。

私をミュージカルの世界に導いてくれたミューズ、笹本玲奈さんは最近益々お美しい。他の女の子たちがコメントしているのを振り返ってまで熱心に聴いている姿に益々高感度アップ。大好きです。続投で良かった!


そして、お待ちかねの楽曲披露です。

◆昆夏美さんの『オン・マイ・オウン』◆
画面いっぱいに映し出されたるお顔があまりに愛らしくて。とにかく可愛いなという印象。初々しいエポニーヌが見られそうです。

◆キム・ジュンヒョンさんの『独白』◆
挨拶の時の日本語が流暢とは言えず、ええ??と心配になりましたが、歌になると、流石、一瞬で役に入りきった激しい歌声で、特に「ジャン・バルジャンは死んで〜、生まれ変わるのだ〜」の高くなる部分もスカーーとした声の出方で気持ちが良い!もっと聴きたいと思いました。舞台上で発音が完璧ならばこの方ははなまるでは。劇団四季にいらしたのですね。

そして◆『民衆の歌』◆
いや〜これは良かった(笑)。やはり楽曲が最高ですね。
上原理生さんの声は相変わらず通りますね。この人のアンジョルラスは外せません。山崎育三郎さんは相変わらず王子系ハンサムですね。この人のマリウスも外せません。また、密かに注目している神田恭兵さんもこ出演との事で楽しみです。


そして、最後にはキャストの皆さん、客席通路を通って、ハイタッチしながら、退場して行かれました。

DSC_0196



帰り際には、◆"Les Miserables 2013 Who's Who"◆なるキャスト全員分のプロフィール資料の入ったファイルをいただきました。各自のプロフィールがA4サイズに印刷されていいて、これで、誰が誰だか良く理解できます(笑)。最新のフライヤーと、映画版のチラシも入っていました。東宝演劇部さまはいつもながら本当にファンサービスが素晴らしい。東宝演劇部のこの作品にかける意気込みを感じました。

結論としては、製作発表を拝見して、新生『レ・ミゼラブル』をやはり観てみたい!早く観たい!と思いました。あの『ミス・サイゴン』と同じ演出家という事で、演出はかなり期待できそうですし。
舞台は生もの、去年悔いのない様に何度も観に行って良かった。やはり、どうしても前回公演時の震災を思い出しますが、今回は気持ちを新たにして、"新生"『レ・ミゼラブル』をしっかりと拝見したいと思います。


東宝演劇部さま、ご招待いただきまして、本当にありがとうございました!󾭠󾭠󾭠


余談ですが、初めて行ったパレスホテル、今年五月にグランドオープンしたそうでガラス張りの日光が降り注ぐ気持ちの良いロビー、皇居も見えて、しかもスタッフの対応が頗る良い!また行きます(笑)。



東宝 ミュージカル『レ・ミゼラブル』公式サイト(動画あり)
http://www.tohostage.com/lesmiserables/





LUVLUV.COM

↑このページのトップヘ