LUVLUV.COM

ありがとう11周年!!!
NHKドラマ等のお気に入りの映像作品の感想、及び観劇の感想を載せています。
大友啓史監督の作品が何よりも好き!記事はネタバレあり、ミーハーからシリアスまで。
更新はとっても気まぐれです。





劇団☆新感線 『薔薇とサムライ』


5bf7cdb0.jpg

<薔薇とサムライ!>


3/28 劇団☆新感線30周年記念公演『SHINKANSEN RX 薔薇とサムライ Goemon Rock OverDrive』を観劇しました。

刺激的で斬新で最高に最高に楽しい舞台でした!!!


588829bd.jpg

<会場はTBS横の赤坂ACTシアターです>


印象的だった事を書きます。

ストーリ

はというと、

舞台は17世紀のイベリア半島・コルドニア国。石川五右衛門(サムライ)が女海賊アンヌ・ザ・トルネード(薔薇)と出会い、そして実はコルドニアの王位継承者であり、色々な事に巻き込まれてしまうアンヌを五右衛門が助けたり、あれ?助けなかったり・・・という話です。多分。故に「薔薇とサムライ」。

94ca5e7e.jpg

写真が下手ですが・・・。薔薇とサムライのロゴのライティング(開演前)


圧倒的な演出

まず来て良かった!と心から思ったのは見た事もない様な超ド派手な「演出」です。

S席なのに2階席…と思っていたけれど、いえいえこれは全体を見渡せる後方から観られて良かったです!
この演出が観られただけで来た甲斐がありましたとも! チケットが完売すはずです(蛮幽鬼の時も同じ事書いたかな)。


それがどんな演出かと言うますと、言葉で説明するのは大変難しい…。

映像を多様した舞台でした。背景が全面LEDライトなんだそうです。

セットではなく、背景が「実写やCGの映像」なんです

こんなの初めて見たーーー!!!!(大興奮)!!!

海の場面では全面海になり、貴族の館の場面では館になり、また台詞などは「entre -入れ-」と字幕が出たり。「中継映像」が入ったり(笑)。

そしてこれが扉として開いたりするんです(扉も映像)。いやはや、これはすごい。


また一番口がぽかんとしたまま閉まらなくなったのは、半透明で向こう側に俳優が階段を下りるのが透けて見える場面。あれ、どうなってるの…。

海賊船のセットが帝劇『パイレート・クイーン』を彷彿していましたが、バックに海が写るだけこちらの方がリアルでした。 いやー凄い、凄すぎる演出! 圧倒的に刺激的!

遠目から観ると、立ち位置が舞台の中心に対照的になっていたり、計算尽くされた演出に感服します。

また歌舞伎っぽい効果音。『蛮幽鬼』でも印象的でしたが、この舞台でも目立つ演出でした。あの音を聞いて『蛮幽鬼』の興奮が思い切り甦りました! 土門ーーー!!!

bbce487b.jpg

<ロビーに飾られていたポスターの原画。油絵です。>

生バンドの音楽!

へヴィー・メタルあり、アイドル風歌あり、正統派ミュージカル系歌あり!マシンガンズ顔負けの超ウルトラ・ハイトーンボイス凄かった!上手い! まさにライブそのもの!

この音楽でじっとしているのが難しい。本当は立ち上がって聞きたかったけれど我慢しました(笑)。

それからギャクの部分は正直自分がひいてしまうギリギリ一歩手前でした。骨太シリアス系が好きなので(笑)。舞踏会の場面などは、ああ東宝ミュージカルっぽい場面だわ!と思ったら急にコメディーになるし。でもそれをミュージカル畑の方々がやっているので、もっと可笑しかったです。


9cae19ca.jpg

<駅からTBSに向かう階段。まさにジャパニーズ・テクノロジー>
 

豪華絢爛なキャスト

今回観劇して得た一番の喜びは、ついに浦井健治さんが観られたこと!

心から芝居が好きで、心から劇団☆新感線がお好きなのがひしひしと伝わってきました。この人は凄い!!!!

でなければ、捨て身ともいえるあのシャルル。あそこまでできないですよね?拍手喝采。手放しで絶賛です。

私の尊敬する俳優・上川隆也さんと同じ匂いがする俳優さんだなと思いました。浦井さんのヘンリー六世も観たかったなあ。「SHIROH」をこの人で再演してくれないかな?(妄想中)。

10月の帝劇『エリザベート』が益々楽しみです!!!(絶対前方で観る!)


そして、天海祐希さんの女性とか男性とかを超越した圧倒的な存在感と美しさに見とれたり(コスプレ満載)。

古田新太さんのコミカルな演技に大ウケしたり。

デスペラード山本太郎さんの歌のうまさに驚いたり!

神田沙也加さんの”アイドル”みたいな可愛さにうっとりしたり。

森奈みはるさんのオペラみたいな声にびっくりしたり(『一滴の愛』とは全然違った(笑)。

橋本じゅんさんのコスプレに言葉をなくしたり。

粟根まことさんは相変わらずの美声、そして役にはまっているなと思ったり。


益々7月のミュージカル『ピーター・パン』が楽しみです(なぜピーター・パンを観に行くって笹本玲奈さん主演だからです。そして神田さん&橋本じゅんさんも出演←特別仕様のチラシもウケました。他の劇場でもらう「ピーターパン」のチラシと全然違う!)。

あとは、殺陣の時の動きが抜群にかっこいい方がいたけれど、2階席なので誰だったかわからずです。

あれもこれも、隅から隅まで凄かった。爆笑!爆笑!の舞台でした。

59004fb0.jpg

<TBS界隈。この日は外にいられない位、冷たい風。極寒でした。>


グッズは色々売っていたけれど、パンフレットはまたバッグに入らない特大サイズでした。パンフレットというよりは、豪華写真集です(笑)。ステッカーまでついてきます。シャルルがあまりにハンサムで見とれます♪ かっこいいー!

内容が刺激的すぎてこの日はなかなか寝付けませんでした(笑)。”ニナガワ”の『へンリー六世』とはまた違う刺激でした(笑)。


気が付いてしまったのが・・・。劇団☆新感線の舞台には私の大好きなものが全てつまっている。つまりハードロック♪、ミュージカル♪、そしてお芝居♪ 劇団☆新感線の舞台に来ると、どれも全部いっぺんに楽しめるではないですか♪♪♪

舞台がお祭り騒ぎだと、感想までハイテンションだわ。大大大満足な観劇でした☆


劇団☆新感線は30周年との事、これからも益々パワーアップして私たちを楽しませて下さい!最高に楽しい舞台をありがとう!


劇団☆新感線30年 サムライたちの軌跡 1980-2010 (AERA Mook)
劇団☆新感線30年 サムライたちの軌跡 1980-2010 (AERA Mook)

『薔薇とサムライ』公式サイト


LUVLUV.COM 別館

劇団☆新感線30年 サムライたちの軌跡 1980-2010 (AERA Mook)
劇団☆新感線30年 サムライたちの軌跡 1980-2010 (AERA Mook) 

明日は待ちに待った劇団☆新感線薔薇とサムライ』の観劇です♪


昨年秋公演の『蛮幽鬼』があまりにも素晴らしい舞台だった為に、今回は特に好きな俳優は出ていないのですが、チケットをとりました。

『蛮幽鬼』の劇中とサントラで美しい声を聞かせてくれた森奈みはるさん、ミュージカル界で大活躍の浦井健治さん、そして神田沙也加さんの3人の歌声が特に楽しみです♪

ミュージカル色が強いみたいで、今まさにミュージカルにはまっている私には堪りません 席は2階席なのがちょっと残念ですが・・・。
では、行ってきまーす! (また後日、観劇レポを更新します!)。


5cb1d7ab.jpg

<ポスター発見!日比谷駅に掲載されていました>



過去の劇団☆新感線関連の記事

『蛮幽鬼』初日・花道席の感想

『蛮幽鬼』ふたたび その1ストーリーの感想

『蛮幽鬼』ふたたび その2 会場の様子など

『蛮幽鬼』最後の観劇 最高!!!の感想

『蛮幽鬼』オリジナル・サウンドトラック



LUVLUV.COM 別館

↑このページのトップヘ