2013年11月29日

そのうちばちが当たるのか?

あっという間に今週も金曜日になってしまって、
気がつくと、明後日(実はもう明日)は繁忙期なのであ〜〜る。

メールの繁忙期はもう終わったのだが、

今度はドライバーさんたちができない分がどっさりこっちに丸投げされるので、
うかうかはしてられないのである。

そんな中、今日は主管の人が一名ウチの営業所にやってきた。

もちろん遊びに来たわけではなく、お仕事に来たのだが、
なぜかその人は、ウチの営業所の神棚が気になってしかたがないようだった。

ウチは運送屋なため、各営業所には神棚があって、
ちゃんと水とか榊とか塩(もだったっけか?)とかそなえてないといけないのだが、

主管の人は、それが気になる様子。

ついには、イスを持ちだして、
上の方においてある神棚をチェックし始めた。

主管スタッフ「うわ〜〜〜、きたね〜なぁ〜〜。埃かぶってるぞ〜」

支店長「ちゃんとやってますよぉ」

主「榊もねぇし〜〜」

そう言って、主管の人は榊を探し始め、
流し台においてある榊の束を発見。

主「あっ、こんなとこにあるじゃねぇか〜」

そして榊を神棚の花瓶みたいなのに備えようとして、
神様に供える水のコップみたいなのもチェック。

主「おうぅ。水もすっからかんじゃねぇかよ。
これじゃ神様のどが渇いちゃうぜぇ」

主管の人、水もくんでくる。

それだけではやりたらなくなって、
ついにはぞうきんを持ちだして、神棚の掃除を始めた。

主「おおぉぉぉぉぉ、埃だらけだぜぃ。
・・・・・・〜〜〜っくしょん!!」

支「ああ、今年初めての掃除ありがとうございます」

神棚「みしっ!」

主「うぉぉぉっ!」

支「・・・・・・・・・?」

主「おい、この神棚ところどころ壊れてるぞっ」

支「ああ、それ、確か3回ぐらいおっこちてますから」

主「○○や××(神棚の部分の名前らしい)も壊れてるじゃねぇかよ。
買ってこいよっ!」

副支店長「買うと、 いちまんななせんえん ぐらいするんですよ・・・」

主「いちまんななせんえん で、事故もなく交通安全なら安いもんじゃないか!」 

支「・・・・・・

副「・・・・・・

主「まあ、とりあえずざっと掃除しておいたから。
前回掃除したのはいつなんだ〜?」

支「さぁ〜〜〜・・・多分、この営業所始まってからというもの、
かれこれ、じゅうろくねん・・・

こんな我が営業所が、私は好きでたまりません。

かみさまごめんなさい。

punipunipyonpyon at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) ネコバイト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こんなヤツですがよろしく

punipunipyonpyon

投票よろしくお願いします
こちらもポチよろしく!
blogram投票ボタン blogram投票ボタン
Archives
コメントめるし~♪
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
携帯でも読んでね!
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: