2017年07月23日

最終エピで失速してしまったかな

 ドラマ『シャーロック』シーズン4第3話「最期の問題」を見る。

 ・・・やっぱりやりたいんだな、「羊たちの沈黙」ネタ(苦笑)。
 というわけで、ユーラスは「レクター博士」でした、という陳腐な「悪の天才」
描写にうんざり。まあ、レクター博士というよりは、(日本においては)S&M
シリーズの真賀田四季と言った方がいいだろうか。「構ってちゃん」だったし
(笑)。まだ真賀田四季の方が天才ぽかったけど。ユーラスは天才というより
めんどくさいヤンデレだったし(苦笑)。
 ユーラスを天才に見せるために、シャーロックやマイクロフトを下げる手法
にもうんざり。そんなキャラ、メアリーだけで十分だっての(呆)。この点で
(何度も書いてますが)、どんなに名探偵が増えようと「名探偵」であり続ける
『コナン』(最近はそうでもない?)はすごいなぁと思いました。

 うーん、何でユーラスなんてオリキャラ出したのかなぁ。まだモリアーティー
兄弟ネタの方が良かったよなぁ。原作ネタ的にもシーズン3のクリフハンガー
ネタ的にも。まあ、モリアーティーで今回のネタやると、思い切りS1E3「大い
なるゲーム」のセルフ・パクリになっちゃうけど(笑)。
 「3人ガリデブ」の犯人当て、モリーの「I LOVE YOU」!、「赤ひげ」の正体
(「グロリア・スコット」ネタ)、「マスグレーヴ」の本歌取りとなる暗号解読など、
面白いネタはたくさんあったのに、ユーラスが台無しにしてくれた感じ。「飛行
機の中の少女」も同じく。そこは『コナン』「銀翼」ネタをしてほしかった・・・。

 そして、最後はメアリーの語り・・・、いや、メアリーはもういいから(苦笑)。
そこはハドソンさんかモリーに語らせてくれよ。ホント、メアリー、好きだよなぁ、
『シャーロック』スタッフ・・・。

 というわけで、クリフハンガーなく終了。『シャーロック』シリーズは一応の
終了、一区切りといったところでしょうか。次シーズンはあるとしても当分先
ですかね。終盤で見せてくれたような、原点回帰なら大歓迎なのですが、
果たしてどうなるやら?

p.s.シャーロックやマイクロフト以上に下げられてるの、実はモリアーティー
(ジム)だよね(笑)。少なくともS2E3の事件がユーラスに操られていた結果
(のように見える)というのはちょっとがっかりだなぁ。




pupilofyusaku at 09:19|PermalinkComments(0)TVドラマ 

2017年07月22日

「裏切り」の真相は?

 アニメ『名探偵コナン』第867話「裏切りのステージ(後編)」を見る。

 前編に引き続いて後編も傑作。って当たり前か(笑)、と思いつつ竜頭
蛇尾のケースも多々ありますしね。
 若干駆け足だった気もして、そこがやや残念なところでしたが。原作
そのままでやる若干尺が足りなかったのでカットした、ってところでしょう
か?1時間SPとかで見たかったなぁ。
 不可能犯罪の解明、赤井と安室の因縁の真相、そしてベルモットの
「宝物」発言、といろいろな要素が盛りだくさんで興奮しっぱなし。やはり、
この頃の原作は面白かったなぁ。こっから(自分的には)失速していくん
だよなぁ(苦笑)。「修学旅行」で盛り返すといいんですが。

 次回はアニオリ。また当分アニオリですかね。原作だと、この後「平和」
話(しかも、紅葉、原作初登場回)ですが、今さらやっても「から紅」の後
押しにはならないからなぁ。何で、映画公開中に放送しようと思わなかった
のだろうか・・・?

p.s.ベルモットにとってコナン(新一)と蘭は「宝物」。これはベルモットの
組織への「裏切り」の伏線?




pupilofyusaku at 19:46|PermalinkComments(0)名探偵コナン 

「しぼう爆弾」でいいんじゃない(笑)

 ドラマ『リゾーリ&アイルズ』シーズン7第7話「しぼう爆弾」を見る。

 『キャッスル』で見たいのはこういう内容だよ(笑)。自転車に乗っていた
男性が突如爆破、現場からは起爆装置等が見つからず、遺体からは
なぜか5人分のDNAが・・・。謎多き事件に興味津々。サブタイの「しぼう」
の意味にはニヤリ。「死亡」と「〇〇」を掛けてたわけですね、うまい(笑)。
 終盤モーラのフェシングによる捕物も冒頭の伏線回収にもなっていて
良かったです。どうせなら、車の中に入れておいて・・・とかにすれば
よかったのにね(笑)。

 他方、今回ジェーンはFBIアカデミーで(取調べの)講義を行う。概ね
うまくいったが、その講義中恥をかかせてしまった男性受講生から終了
後侮辱的なことをされてしまい・・・。
 うーん、このエピ、必要だったか?ジェーンの優秀さを示すなら、あの
講義だけで十分だと思うし。目の前でペンを落とす→女性蔑視で犠牲者
も!とはいくら何でも飛躍が過ぎる。蛇足な気がしたし、不自然に女性
主人公を持ち上げてる(男性を下げてる)印象も受けたが・・・。
 と思ったら、最後のオチをやりたかっただけか(笑)。あれはセクハラ
にはならんのかな?

リゾーリ&アイルズ <シックス・シーズン> コンプリート・ボックス(9枚組) [DVD]
アンジー・ハーモン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-02-08



pupilofyusaku at 16:20|PermalinkComments(0)TVドラマ 

魔犬より怖いのは人間・・・

 アーサー・コナン・ドイル著『バスカヴィル家の犬』を読む。

 先日の『深読み読書会』で読まれていたのに触発されて再読することに。
新潮文庫(延原謙訳)を持っているのだが、せっかくだから新訳を読もうと
思って選んだのが、『深読み読書会』で読んでいた創元推理文庫(深町
眞理子訳)、ではなく(笑)、河出文庫↓(小林司、東山あかね訳)。「充実した
注と解説、全イラスト復刻の決定版」らしいので、せっかく買うのなら思って
購入。

 ともかく、再読してみたのだが、先日『深読み読書会』を見たことも影響
したのか、以前読んだ時よりも面白く感じました。単純だよな、僕って(笑)。
イラストや注も想像力を掻き立ててくれるので良かったです。この点では、
河出文庫、買ってよかったかな。
 「解説」や「訳者あとがき」も大変興味深かったです。特に「訳者あとがき」、
シャーロキアンはここまで「深読み」するのかと。シャーロックもびっくりの
「名推理」に唖然呆然。ただ、個人的には、あくまで『ホームズ』の世界に
留まって「深読み」をしてくれた、先日の『深読み読書会』での有栖川先生
(と綾辻先生)の「名推理」の方が好感が持てるかなぁ。何というか、「タブ
ロイド紙」的で嫌だよね(笑)。

バスカヴィル家の犬 (河出文庫)
アーサー・コナン ドイル
河出書房新社
2014-04-08



pupilofyusaku at 15:18|PermalinkComments(0)小説 

別にパリじゃなくても・・・

 ドラマ『キャッスル』シーズン5「誘拐 パート2」を見る。

 「パリ・ロケしたかっただけかよ(苦笑)」からの・・・。

 「パパ、すごい!」、って『コナン』かよ(呆)。

 『シャーロック』もそうなのだが、それ以上にこのドラマでこんな
ムダに規模のデカい話見たくないんだけどねぇ。それが見たい
なら、『24』でも見てるっての(笑)。このドラマに求めてるものでは
ないんだけどなぁ。
 ついに判明したキャッスルの父親にしても、少年マンガのような
設定で白けた。それこそ『コナン』とかならまだ分かるけど、ドラマ
でよくこんな設定にしようとしたよな、誰か止めろよ(笑)。ベケット
の母親の事件にも一区切りついてしまったから、今度はキャッスル
側の話を・・・、と張り切った結果がこれなのかなぁ。
 ミステリー的にも、最後まで特にヒネリはないしねぇ(一応あった
にはあったけど見え見えだよね(笑))。

 というわけで、僕にとっては退屈な40分ちょっと。まるで最近の
『相棒』2時間(強)SPを見ている時のような感じ。張り切ると空
回りするのは、日本のドラマもアメリカのドラマも変わらんという
ことか・・・。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン5 コンパクト BOX [DVD]
ネイサン・フィリオン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2017-06-21

 

pupilofyusaku at 08:03|PermalinkComments(0)TVドラマ 

2017年07月19日

「ゼロ」ならこんなことにはならなかったろうに・・・

 『金田一少年の事件簿R』「金田一二三誘拐殺人事件」第3話を読む。

 25周年記念シリーズ、始まったというのに何か地味だな(苦笑)。『コナン』
はいろいろやっているというのになぁ・・・。

 それはともかく、今回は、「沖田総司」の指示により集められた「新撰組」
6人がその「沖田」の指示により身代金を運ぶことに、それを密かに尾行
するハジメと警察だが・・・。
 警察、無能すぎだろ(笑)。プロなら、ハジメが考えたことぐらいのことは
思いついてくれよ・・・。
 というわけで、あまりに古典的なワナにあっさり引っかかり振り切られる
警察、やはり頼りになるのはハジメだけ。逃げる新撰組に追うハジメ、次回
どうなる?

p.s.今時追跡装置(GPSかな?)なんて遠目で見て分かるほど大きいとは
思えんけどなぁ。となると、やはりあの新撰組6人の中に「沖田総司」が・・・。
 まあ、そんなこと、原作者が考慮したかは定かでないが(笑)。




pupilofyusaku at 20:44|PermalinkComments(0)金田一少年の事件簿 

公安二人の無駄使い(笑)

 『名探偵コナン』FILE998「ストラップを探せ!」を読む。

 たかがストラップのために、「日本屈指の捜査官が2人」(沖矢談)も参加
し捜索(しかも、そのうち1人は公安)。今回ばかりは平和だな、米花町も
(笑)。
 というわけで、コナンと安室には少々役不足な今回の「事件」。少年探偵
団の小1とは思えない記憶力(こいつら、マジでいくつだよ(笑))と、映画
「純黒」に登場し今回原作デビューの風見の活躍(?)(半ばパワハラな
気もするけど(笑))もあって、ストラップを取った(過失ですが)父子を
見事「確保」したわけですが・・・。
 
 コナンはともかく、安室、警戒心なさすぎだろ(笑)。ラスト、ストラップを
「黒い人」に取られてしまったコナン。果たして、この「黒い人」は一体何者?

p.s.今回米花駅の大体の位置関係がわかりましたね。新宿と横浜の真ん
中よりやや新宿寄りってことは、大崎辺りでしょうか?




pupilofyusaku at 20:16|PermalinkComments(0)名探偵コナン 

2017年07月17日

間違いなく核を選びそうな予感が・・・

 先日WOWOWにて放送、映画『シン・ゴジラ』を見る。

 小出恵介、カットしなかったんですね(笑)。罪を憎んで作品を憎まず、
作品には罪ないですからね(そもそも、まだ彼に「罪」があるかどうかも
定かではないですが)。WOWOW、グッジョブです。

 それはともかく、昨年劇場で見て以来の鑑賞になるわけですが、やはり
面白かったです。あんまり語ると、現政府批判につながりそうなんで、
控えますけど(笑)。いやはや、今ホントにゴジラが現れたらどうなるん
だろう・・・、考えるだけでも恐ろしい(笑)。
 通常兵器(+α)でやられるゴジラというのも拍子抜けな気もしますが、
テーマが「神VS人間」なのだからやむなしか。力でなく知恵で(束の間
の?)勝利を得るというのもいいですよね。

 半分エヴァなこの映画、続編があるとすれば、やはりゴジラVSエヴァ
ですかね(笑)。

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組
長谷川博己
東宝
2017-03-22



pupilofyusaku at 09:19|PermalinkComments(0)映画 

2017年07月16日

ケントのキャラがつかめない・・・

 ドラマ『リゾーリ&アイルズ』シーズン7第6話「幽霊病院」を見る。

 ラスト直前モーラたちが訪れた推理作家が集まるパーティーで登場した
「テス」さん・・・、もしかして、このドラマの原作(原案)者ですか!?アジア
系の人だとは思わなかったなぁ。貴重なシーンですね(笑)。
 さて、なぜ推理作家が集まるパーティーにモーラたちが訪れたかといえば、
今回推理作家サマンサが捜査に介入してきたから。改装中の病院で見つ
かった遺体、そばにはバラが。それを知ったサマンサはかつて病院の患者
だったローズの幽霊の仕業だとジェーンたちに告げるが・・・。
 何言ってんだって感じですが(笑)。ホラー作家とかならいざ知らず推理
作家が言うことじゃないだろう、と思ったらどうやら魂胆があったようで。
モーラを騙すとはけしからん奴だなぁ。

 事件としては面白かったのですが、何せラストが衝撃的だったもので、
ほとんど内容が吹っ飛んだよ(笑)。ケント、君は一体何なんだよ(笑)。

リゾーリ&アイルズ <シックス・シーズン> コンプリート・ボックス(9枚組) [DVD]
アンジー・ハーモン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-02-08



pupilofyusaku at 20:37|PermalinkComments(0)TVドラマ 

強き女性にだらしないオトコたち・・・

 ドラマ『シャーロック』シーズン4第2話「臥せる探偵」を見る。

 昨日の『コナン』、十分すぎるほど面白かったけど、やはりレベルが違う
な(笑)。

 サブタイから明らかな通り、今回の原作は「瀕死の探偵」。その敵役こそ、
カルヴァートン・スミスなわけで、メタ的にはシャーロックの言っていることが
もっともなのは分かるのだが・・・。
 あのラリっぷりじゃあねぇ(笑)。メアリーの死とジョンからの拒絶のため
か、クスリをやりヘロヘロなシャーロック。そんな彼は慈善家としてTVでも
有名なカルヴァートン・スミスをシリアル・キラーだと名指しする。スミスの娘
が父が人を殺したと告白しに来たことが要因の一つだが、それが幻覚だと
分かり・・・。
 
『クリ・マイ』であの手のことは見慣れているため(笑)、どうせ幻覚だろう
と思っていたもですが、まさかあんなオチになるとは・・・。終盤はどんでん
返しの連続でしたね。前回のラストでメアリーが残した遺言「地獄へ落ちろ」
がこういう意味だったとはなぁ。助けるために助けられる、シャーロックと
ジョンの関係を如実に示していた気がします。それにしても、ジョンの将来
の行動をあそこまで予測していたとは、シャーロック、すごすぎだろ(笑)。
 しかし、そんなシャーロックですら掌の上で踊らされていたというのか・・・。
最後の10分間は衝撃的でした。シャーロックが会ったスミスの「娘」とセラ
ピストは何となく似ているなとは思っていたのですが、前回登場したジョン
の浮気相手もそうだったとはなぁ。シャーロックやジョンを翻弄した女性の
正体は、マイクロフトにより何度となくほのめかされた、もう一人の「きょう
だい」、その名もユーラス。彼女の目的は一体何なの?

 今回は、そのユーラスを始め、ハドソンさんに、何とメアリーも活躍する
「女性回」(アイリーンの名前まで!)。ハドソンさんがここまで活躍したのは
今回が初では?さすが、ただの大家さんではありませんね(笑)。
 そして、メアリー、死してもなお出しゃばるなぁ(苦笑)。今回非常に面白
かったけど、一つ不満点があるとすればこれ、死んだ人間はおとなしくして
ろ(笑)。この分だと、実は生きてた!とかしそうだなぁ・・・。

p.s.シャーロックが妹とデートまがいのことまでしておいて気付かないという
のも妙な話。マイクロフトがひた隠しにしていることとも関係しているのだろう
か?




pupilofyusaku at 09:27|PermalinkComments(0)TVドラマ