2004年11月02日

Agriculture

洋書でも小説よりノンフィクションだと、少しはテスト勉強に近い
のではないかと、こんな本を選んでみました。

もともとはドイツ語で、有機農法の先駆者のような人の講演集だと思う。
世界全部を考えようというのは、ニューエイジみたい。
ニューエイジとエコロジーって近いなあと思うのですが、どうでしょう。  
Posted by pupu_sakura at 07:39Comments(1)TrackBack(0)洋書

2004年11月01日

(こうさぎ)

さくらはひまへblogしたかったの♪
きょうさくらがひまとかblog♪


*このエントリは、こうさぎの「さくら」が書きました。
  
Posted by pupu_sakura at 11:26Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月27日

Lirael 読了!

わ〜〜い、終わった〜〜!
でも話は全然終わっていません。さあこれからラストに向かうぞ
というところ。

ところでこれで600万語になりました。掲示板で報告したいので
あとで書き込みにいきます。でもなに書くかな?  
Posted by pupu_sakura at 07:05Comments(0)TrackBack(0)洋書

2004年10月25日

(こうさぎ)

きょうさくらは、pupusakuraはここにpupusakuraとblogするつもりだった?


*このエントリは、こうさぎの「さくら」が書きました。
  
Posted by pupu_sakura at 12:05Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月24日

Lirael 494/705ページ

カテゴリーは洋書にしてみましたが、内容は書けないし、
違うことを書くしかないですね。

寒くなってきて、したくなることといえば「手仕事」とくに毛糸関係。
ずっとかぎ針編みをしたくて、でもほとんど経験もなくてどうしたら
いいかと思っていたら、フェリシモの通販でぴったりのものを見つけ
ました。かぎ針でモチーフを編んで、それを好きなようにつなげて
クッションカバーorマフラーor・・・ベッドカバーなどを
つくるというものです。ひとつのモチーフは11センチ角。

夢はベッドカバーなのですが、まあそれはいつかということで、今回、
肩掛け兼 膝掛けのようなものをつくろうと思います。今一つ半できた
ところ。いったい何枚つくればいいのかな?  
Posted by pupu_sakura at 08:56Comments(0)TrackBack(0)洋書

2004年10月21日

Lirael 401/705ページ

やっとというかいつのまにかというか、半分過ぎました。
これ以上書くわけにいきませんね・・・  
Posted by pupu_sakura at 15:54Comments(0)TrackBack(0)洋書

2004年10月20日

Lirael 278/705ページ

ライラエルおもしろーい! でもまだまだ続きます・・・

ということで同じ作家の別の本を探してみました。
これも暗そーな表紙だね・・・

あと500ページくらいあるし、そのあと3巻もあるし、そのあと読む本も
その後の本も決まっているのだけど、いつかは読みたいものです。

Shade's Children
  
Posted by pupu_sakura at 11:08Comments(0)TrackBack(0)洋書

2004年10月19日

(こうさぎ)

きょうは、ひまをblogしたかった。
きょうは、pupusakuraはここにblog♪


*このエントリは、こうさぎの「さくら」が書きました。
  
Posted by pupu_sakura at 11:14Comments(0)TrackBack(0)こうさぎ 

2004年10月18日

Lirael 58/705ページ

おもしろいです。でも長い。本が重くかさばってカバンに入れにくくて
困ります。どうしてここまで厚くするのかな? 上下に分けてくれた
ほうがありがたいなあ。

2冊に切り分けようかどうか、考え中。
もともと本は大事に、傷も折り目も絶対につけないようにしたい人
なのですが、ハリポタの重さに負けて切り分けてしまってから、もう
それはそれでいいような気がしてきました。
でも切り分けちゃうと、ぶひままんさんに売れないよなー。  
Posted by pupu_sakura at 08:39Comments(0)TrackBack(0)洋書

2004年10月16日

Lirael 106/705ページ

Lirael: Daughter of the Clayr

ふふふ。ライラエルの最後、とっても読むスピードが上がったのです。
お話の先が気になって。

で、その影響で、かなりとばしてライラエル読み始めました。
でもねー、プロローグ、さっぱり意味がわかりませんでした(爆)

ちょっと読み返してみたのだけどやっぱりわからなかったので、
そのまま進むことにしました。一度読んでわからなかったのは、二度
読んでもわからないです。辞書を駆使して1ページに1時間かければ
少しはわかるところが増えると思うけど、それでは話が先に進みません。

さて、サブリエル世界のどの時代かもわからずに読み始めたので、
その後のサブリエル達がちらっと登場してうれしいー。

で、私はtouchstoneの本名が気になっていて、でもtouchstoneのまま
でした。ちょっとびっくりしました。この人はこの名前のまま生涯
暮らしたのでしょうか。かわいー。

この単語は辞書を引いてしまいました。
バカとかなんとか、さげすむ意味の言葉だと、サブリエルでは出てきた
けど、辞書にはそうは書いてなかった。でもなるほどそういうことか。

こんな、4センチ近いような本を読むのは初めてです。あ、指輪が近い。
でも指輪はストーリーを知ってて読んだので、気持ちはあせらなかった
のですが、今回は先が気になります。いつ読み終わるかなー。
  
Posted by pupu_sakura at 08:19Comments(0)TrackBack(0)洋書

2004年10月14日

Sabriel 読了!

おもしろかった! この2日、一生懸命読んでしまいました。
ちょっと寝不足。

地味で暗いし、主人公のサブリエルが、いわゆる魔法が強いとかうの
でもない、特殊技能はあるけど。
で、好き嫌いはあると思うのですが、地味で暗くて緊張感のある話が
好きな人にはおもしろいです。ほめてんの?って感じですね。

考えたら、私はマキリップの「The Forgotten Beasts of Eld」が好き
なんですが、これも地味で暗い話なんですね。美しいのですが。

自覚はなかったのですが、私はこういう話が好きだったのかーと
思いました。日本語だと少々趣味じゃない本でも読めるけど、英語だと
もっと自分の趣味を追求することになってしまいます。日本語だと
いろんな分野の本を読むのだけど、英語でそれをする気にならない。
英語で頑張ってでも読みたい本、というのを探さないと。

ということで、サブリエル2巻、ライラエルに行きま〜す。
ヴァニエル君にはそのあとまで待っていただきます。ごめんなさい。
って誰に謝ってるんだか不明・・・  
Posted by pupu_sakura at 15:15Comments(0)TrackBack(1)洋書

2004年10月13日

Sabriel 323/491ページ

お話がラストに近づいてきました。地図もしっかりついているのに、
この巻ではもしかして、あまり地図が使われなかったなー。
やはり3巻まで読まなければならないようです。

本当になんてバカな私、と思うのですが、この1冊を読み終わらない
うちに、2冊も本がとどいてしまいました。
サブリエルの3巻とBoschシリーズの1巻、The Black Echoです。

サブリエルの3巻は仕方ないにしても、どーしてシリーズものの1巻を
今買うかな? だってそろそろ引っ越しにそなえて、未読本の山を切り
崩すべく、日夜読書に励んでいるというのに。

ということで、未読山はいっそう高くなってしまったのでした・・・  
Posted by pupu_sakura at 18:41Comments(0)TrackBack(0)洋書

(こうさぎ)

きのうはひまにblogしなかったよ。


*このエントリは、こうさぎの「さくら」が書きました。
  
Posted by pupu_sakura at 11:17Comments(0)TrackBack(0)こうさぎ 

2004年10月12日

なにができいかというと

HPで私が困っていることですが、先日の書き方では、読んでくださって
る皆さんにはきっとなにが問題なのかわからないだろうと気づきました。
(それもわかってなかったのです)

でもやっぱり、わかるように説明する自信がないのですが、
つまり、HPの構成が決まっているソフトなのです。「ホームページ
ミックス」って。

トップページから「自分のHP内のページ」としてリンクをはれる
ページのスタイルが「日記」「表」「写真日記」などとあって、もちろん
その中ではある程度好きなように作れるのですが。
今回のように、ブログにトップページから、自分のHP内のものとして
リンクしたいと思っても、ちょっと難しい。
できないことはないけど、今の私のHP上部にある、「サイト内コンテン
ツに行くボタン」に並べて、「ブログ行きのボタン」を置くことはできま
せん。
たぶん。

左上のすみとかに、別のボタンを置いて、そこからのリンクはできるかな。

リンク集ページというテンプレートもあるので、そこから他の方のサイト
へのリンクと並べて、自分のブログへのリンクはできる。

などなどなど、最初の手順の簡単さと素材のきれーさではよいソフトな
のですが、自由がきかないんですね。
もともと私は、HTMLがさっぱりわからなくてもできる範囲のことだけ
しよう、という姿勢でHPを始めたので、それはそれでよかったのです
けどね。

今後どうしようかなあ?

  
Posted by pupu_sakura at 17:09Comments(0)TrackBack(0)ブログ

2004年10月11日

Sabriel 236/491ページ

やっとそろそろ半分。新キャラ登場。なんだか可愛い〜〜。

地味で暗い話なんだけど、微妙に可愛くておもしろいです。
好みが分かれるだろうなあ。

今後どうなるのかさっぱりわかりません。なぞがなぞを呼んでいる。
本当は3巻まで続けて読むと、よくわかるのだろうけど。
  
Posted by pupu_sakura at 08:22Comments(2)TrackBack(0)洋書

2004年10月10日

自分のHPとのリンク

自分のHPとのリンクをどうしたらいいのかずっと考えています。
でもよくわからない(爆)

そもそも私は「ホームページミックス」というソフトを使っていました。
これはマイナーだけど、一太郎とか作ってるジャストシステムのもの
です。最初に自分のノートパソコンを買ったとき、一太郎がついていた
ので、その流れで同じメーカーのものを買ったのですが。

このソフト、きれいな素材がたーーーくさんついていて、とっても
楽しく気に入って使っていたのですが、なんとタグを自分で編集
することが、全然できない。もちろん、自分でファイルから引っ張っ
てきて直接いじることはできます。でもそうすると、このソフト上で
例えば日記を書いてアップした場合、その度に、タグをいじった部分を
設定し直さなければならない。意味わかります?

で、また日記を書いてアップすると、またソフトの決まり切った
設定にしかならないので、それを毎回変更し直さなければならな
いのです。

なんとかこの素材を生かしつつ自由に作れないものかと、先日、
初心者用のHTMLの本を買ってきたのですが・・・
この段階からきれーなHPを作れるようになるまでは、遙かな道のり
なのですね・・・  
Posted by pupu_sakura at 17:40Comments(0)TrackBack(0)ブログ

2004年10月09日

Sabriel 160/491ページ

ずーっと息が詰まりそうな気がして読んでいて、どうしてかなと
思ったら、Sabrielが1人で旅しているシーンで、会話が全然なかった
のですね。

やっと新しいキャラが出てきて、会話があって、ほっとしました。
これがまた、なかなか楽しい会話です。
1人旅のところ、ちょっとわからないシーンがありましたが、まーいいや。

さて500ページの本だとすると、一日50ページで10日。
50ページを毎日は無理だろうから、まず2週間はかかるということで
しょうか。でもこの続きのライラエルは700ページ。その後の
アプホーゼンは、まだ買ってないのだけど、全3巻読み終わるのに
ざっと2ヶ月かかる計算・・・

あ、ちょっとめまいしました・・・
年に10冊読めるとすると、一生の間に読める本の数が数えられて
しまいそうですね。指輪もまだ一巻しか読んでないし。

そういえば図書館の本を読んでいて、しかも図書カードが書き込み式
だった中学生の頃、たしか年に50冊の本を学校図書館から借りて
いました。カード一枚に25冊書けて、それを年に2枚使っていたのです。

年に50冊PBが読めたらいいなあ! 遠い夢・・
  
Posted by pupu_sakura at 09:07Comments(2)TrackBack(0)洋書

2004年10月07日

Sabriel 81ページ

81/491ページまで読んだ。
ちょっと地味というか暗い雰囲気なのですが、私はすごく好きだなー。

主人公のSabrielが、とてもまじめで一生懸命なのです。
ネクロマンサーという職業をお父さんから受け継いで、しかもクラス委員
タイプというか。世話焼きというか。

半年ほど前にちょっと覗いてみたときには、とても読みにくく感じて
数ページで投げてしまったのですが、今回はなんとかついていけます。
十分に理解しているとは言えないけど。
こういう感じって、多読に特有ですよね。どの単語の意味が分かるように
なったから・・・とかいうのでもない。説明し難いです。
本当に不思議。

そもそも自分が指輪を読めるというのが、自分で信じられません。
なんか納得できない。もちろん全部がよくわかるというのからは
ほど遠いのですけど。
  
Posted by pupu_sakura at 18:49Comments(2)TrackBack(0)洋書

2004年10月06日

Sabriel 開始!

Sabriel (A Trophy Book)

これは最近の本。オーストラリアの作家サンだったかな。
これもれなさんが読んでらした。なんだかファンタジーではれなさんの
読んだ本を追いかけてる気分です。
その十分の一くらいの規模で。

最近、引っ越しが頭にあって、本の量を減らそうとしています。
それで、どの本が一番好きかとか考えていると、結局子どものころに
読んだ本の続きを今、私は読んでいるのですねー。不思議。
っていうか、全然変化していないというか成長していないのですね。
あらためて確認するまでもないのですが。
  
Posted by pupu_sakura at 07:45Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月05日

ブクログぽつぽつ追加

ブクログにまだ読んでない読みたい本をぽつぽつ上げてます。
とーーーっても自分の偏った趣味が現れているようで笑ってしまいます。

こういうのって嬉しいけど恥ずかしいかも。今更ですけどねー。

未読本が50冊くらいあります。自分では10冊くらいだとなんとなく
思っていた(爆)
和書では未読本は置かないタチなので、洋書でも置かないのが目標なの
です。いつもそのとき読んでるのと数冊だけ、本をおいてるようなのが
理想な気がするのに。現実は全然違います。  
Posted by pupu_sakura at 15:25Comments(2)TrackBack(0)ブログ