秒読み開始…

休みが終わるのはどうしようもないことであり、休み明けにテストがあるのも偶然じゃなく必然的なことなのです。

降神がラジオに出演したというのに放送を聞き逃しちゃうし、DEVLARGEのアナログ買い逃しちゃったし、この間買ったCDのケースをちょいと壊しちゃったし… 
取るに足らないささいなことを不幸に感じられるのは、たいした問題がないことのあらわれでも有り、喜ばしいことなのでしょう。

降神  再発 完全版「降神」
降神

1.Intro
2.時計の針
3.夢幻
4.rainy morning
5.ジベタリアン
6.rolling god
7.悪夢街のエルム
8.不況和音
9.interlude
10.内外
11.Mo And Mo
12.お尋ね者(feat.エローンざ尋,漢)
13.罵倒
14.鬼畜舞踏会(feat.aqz)
15.両手
16.Toystory

良くも悪くも降神独特の雰囲気を味わえる一枚。
時にメロディアスに歌う鬼気迫ったフローの志人(シビット)
なめらかかつ自然に韻を踏む、ナノルナモナイの2MCと
onimasらのtemple ats勢が創り上げるトラックが他に類を見ない、
一種異様な世界を生み出している。

例外として韻踏合組合からエローンざ尋、MSCからKANを迎えた『お尋ね者』は
軽やかに繰り広げられるMICリレーが良い感じ。

しかし、独特というのは個性的であると同時に、
万人向けではないことも意味している。
合う人にとっては傑作だろうが、肌に合わない人にとってはとことん合わないともいえる。
(自分は前者の人間)
人によってはこの特殊な作風が合わない人もいるだろうが、それはそれということで。

降神インタビュー

ちなみに冒頭のちょいと壊れたCDケースとはこのCDのケースのことです。



Comments(0) | TrackBack(0) │   (16:21)