レビューを

ちょっと変更。
★で十段階評価をつけようと思います。

なのるなもない   Melhentrips  ★★★★★★★★★☆

Melhentrips


               


1 月曜日の夢追い人
2 Shermanship
3 クロスケ
4 海月
5 ぐるぐる
6 許されぬフルーツ feat YASURI from NCC
7 夜の太陽
8 まわらないで地球 feat toto from SUIKA
9 Break Boy Blues feat 志人 Lunch Time Speaks
10 僕の知る自由
11 まちぼうけ feat tao
12 風の詩
13 Life Traveler
14 旅のピーカブー
15 帰り道


えーっと。どう評価して良いのやら。
ゴリゴリのHIPHOPが好きな人には薦められないし、かといって
RIPやKICK、ノウバくらいしかしらない人間に聞かせると
拒否反応起こしそうだし。

自分で音楽に興味をもってある程度音楽を聴いてきている人間にだけ薦めましょう。
ある程度がどのくらいかというと、新譜だけでは飽き足らず、中古レコードを掘っている人くらいがちょうど良いかも。

何日か前、ナノルナモナイを、「志人のようにイカレたMCではない」と評しましたが、
あれは無かったことにしてください。

ナノルナモナイはイカレていないのではなく、志人があまりにも無茶苦茶なので
ナノルナモナイが、相対的にまともに感じられていたということが判明しました。

このアルバム中の break boy bluesでの客演LTSと比べると
如何にナノルナモナイが異質な存在であるのかが、明確に分かります。

このアルバムは聞いている間
M1からM14まで二曲のスキットを挟んで繰り広げられるナノルナモナイの
空気が脳に充満します。
『許されぬフルーツ』ではNCCよりYASURIが(DELIより高い声で話題になったアノ人)
気持ちの悪くなるようなラップを、
『わらないで地球』ではSUIKAより詩人のtotoが、
『待ちぼうけ』では温もりを感じさせる声質のtaoが。

アルバムを通して癒されたり、憂鬱になったり、切なくなったり。
色々と感情を刺激するアルバムです。


最後は2ndアルバムに収録される予定が、台湾のプレス工場のミスによって
アナログリリースになった『帰り道』。

夏休みにつきものの淡い青春時代の思い出を降神の2MCが語る。
これまでぶっ通しでナノルナモナイの空気に揺さぶられていた耳には優しすぎる
曲調だ。

♪しぼんだ花、その疑問がまだ解けないけれど出来ることならこのまま
Oh my mind〜 Oh my mind〜

の部分の2MCのハモりがもう完璧すぎて。

興味のある人は買ってみましょう。


作風がイマイチ合わないかもという心配は要りません。
なぜなら興味がある段階でこの作風に違和感を感じない人種である可能性が高いから。

でもまあ何にしてもラストが『帰り道』なので一安心という感じです。




Comments(0) | TrackBack(0) │   (14:43)