レビュー

刃頭  日本代表      ★★★★★★★★★☆


日本代表


1.日本代表
2.イキザマ(feat:漢)
3.血潮
4.P×××Y(feat:TOKONA-X)
5.ハウリングMETAL-愛○地球刃頭-
6.JAPANESTA(feat:PHOBIA OF THUG)
7.ユンズクラップ
8.BALL16-刃頭と言う男-(feat:KENZAN)
9.GOTANDA DREAM(feat:RINO LATINA 2+G・K・MARYAN)
10.特攻ストレート
11.散無櫻-チラヌサクラ-
12.1・2(feat:TWIGY)
13.フロアカリブ
14.AM1971KHz-「DeLaDeLaWIRE」(feat:MC WIRE)
15.サイン・ボード(feat:Lyrical Mneuver)
16.湾岸ドライブ(feat.CQ+DEV LARGE)
17.ユスキュダル
18.Toh-Joh
19.nene(feat:ORITO)



合わせて70分近く曲が収録されているが
合間にインストがはいっており比較的軽く聴くことができる。
インストもスキットのようなものでは無く、一曲一曲が作りこまれており飽きが来ない。

CDを再生してまず流れてくる音が汽笛の音。こんなCDは聞いたことが無い。
軽いカルチャーショックを受けている聴覚神経と脳に
休む間を与えず、『イキザマ』のイントロが流れ込んでくる。
のっけから繰り出される漢のラップとどこかで聞いたことのあるトラック。
陳腐な表現になるがこの曲の漢からはスキルがどうのこうのを通り越した「凄み」を感じる。

インストを挟んで『PXXXY』。女性に聞かせづらい曲ベスト3に入りそうな勢いの曲です。
艶っぽい、スケベではなくてもうただ単に下品。TOKONA-Xが生きていればこの曲も彼の歴史
の一ページに過ぎなかったのでしょうが、彼が亡くなった今となってはこのお下品ラップが
切なく聴こえてしまいます。曲として非常に良い出来ではあるが、いかんせん…。

君が代やさくらさくらをサンプリングしたインスト『散無櫻-チラヌサクラ-』盟友TWIGYとの『1・2』等を聞いていき、MC WIRE『AM1971KHz-「DeLaDeLaWIRE」』を
終えたころに現れるほとんどCQのソロ作『湾岸ドライブ』。
何がどう湾岸でドライブなのかは全く分からないがCQの声が渋い。刃頭のトラックも渋い。
名曲間違いなし。

インストが多いから嫌などといわずに是非聞いておくべき作品。
ジャケットのキャラが妙にかわいいのも非常に好感が持てる。
作風と全く合っていないがミスマッチという言葉もあるように
芯の通った作品にこそ、この可愛いキャラクターが映えています。



Comments(0) | TrackBack(0) │   (00:13)