レビュー

SUIKEN SIXTEEN STARS    

SIXTEEN STARS
01. SPECIAL JOINTRO
02. P.C.T. 4000 feat. P.H
03. N.A.F.O.N feat. GORE-TEX
04. E-V-1
05. NEKIUS
06. INFINITY Pt.2 feat. DELI
07. HIGHLIGHT
08. SuiSLNAGIN`01
09. THINK ONE
10. SCISSORS
11. P.O.P.NO DIGGIDY
12. KEEP ON
13. 千夜月兎 feat. bird
14. E-V-2
15. STATION 79.7
16. ALKMAN (Album Version)


NITRO名義での活動時に見せるツンツン尖った活きの良いフロウとは違い、
ゆったりとしたフロウを披露している1stアルバム。

SUIKENというMCの魅力を出し切れていない気もするが、
中華ムード丸出し、刃頭プロデュースの『P.C.T. 4000』や、
SUIKENの代表曲の『ALKMAN』などは良い味を出しているし、
他の楽曲も決して悪い作品ではない。
いかんせんNITROや他の客演で見せるSUIKENとギャップがありすぎるため、
そのギャップに適応できるかが難しいだけなのだ。

予想通りといった感じで歌詞がついていない曲が何曲かあるが、
もともとSUIKENの発する言葉"スイスラング"には
文章的な意味がほとんど無いものも多いので何の支障もないはずだ。多分。


さてここからが分かれ道だが、もしこのアルバムを聞く前に他の音源でSUIKENというMCを知っているという前提なら、そのギャップに馴染めるか否かでかなりこの作品の評価は変わってくるだろう。

このアルバムで初めてSUIKENのラップを聞くのか否かでこの作品の評価は変わってくるように思えるので細かいことは聞いてみてくださいということで丸投げ。
Comments(0) | TrackBack(0) │   (00:03)