たまには

MURO KING OF DIGGIN' presents... Sweeeet Baaad A*s Encounter
                            ★★★★★★★★★★


Sweeeet Baaad A*s Encounter


1.SPREADING FUNK VIRUS MURO feat.中田亮:オーサカ=モノレール)
2.FUNK ING. MURO feat.GORE-TEX
3.VINYL DRIFTER feat.DJ SHIMONE,DJ THU-CHIN
4.XXX-LARGE Pt.3 feat.BIGZAM
5.MY WAY TO THE STAGE feat.KASHI DA HANDSOME
6.ASPARAGUS SUNSHIN feat.G.K.MARYAN,BOO
7.SPECIAL COURSE feat.OSUMI
8.W STEAL feat.SUIKEN,S-WORD
9.ROCK THE PARTY Pt.2 feat.DJ VIBLAM
10.NEAPOLITAN HEADZ MURO feat.MACKA-CHIN,BOO
11.HIT IT HARD feat.GORIKI,JOE-CHO
12.その男Pt.2 feat.LUNCH TIME SPEAX
13.CHECKMATES MURO feat.DEV LARGE

MUROが率いるクルーK.O.D.P (King Of Diggin Production)から
あまりにも豪華すぎる面子をそろえたアルバム。(一部例外有りかも)

一曲目から曲名どおりファンキーな音が流れる『SPREADING FUNK VIRUS』。
ノリを楽しんでいると二曲目『FUNK ING』に突入。
当時は珍しかったGORE-TEXの(ほぼ)ソロの曲。
まさかHOOKでコナミコマンドを連呼し始めるとは思いませんでした。
上 上 下 下 左 右 左 右 B A
とはコナミのゲームで伝統的に存在する裏技のコマンドのことです。

結構な長さのインストを挟んで次に来るBIGZAMは…置いといて。ガナリ過ぎな気がせんでもない。

KASHI DA HANDSOMEはバイオリンの音色が鳴り響くトラックに乗っけて
抑揚の効いたラップをかましていて格好良さMAXです。
この人のソロを聴いたことがなかったので新鮮だったのも幸いしたのかも。

六曲目BOOとG.K.MARYANの『ASPARAGUS SUNSHIN』。
BOOのHOOKが非常に気持ち良いです。この曲のBOOは大好きです。
マーヤンの「慣れてきたこれがG.K.のフロー」というのは一体誰が慣れてきたのやら。
マーヤン本人なのかリスナーなのか。
何故かこの曲はカラオケのDAMに入ってますのでみなさん是非歌って下さい。

七曲目『SPECIAL COURSE』はOSUMIの暑苦しさ(良い意味で書いてます)が
前面に押し出された曲。MURO、OSUMIを無論、ULTIMATEで踏むのは強引ですが好印象。
SHAKKA ZOMBIEってDJ HAZIMEのアルバム以後姿を見ないですね…

八曲目スイスヲの曲はまあ予想通りと言った感じです。

インストを挟み十曲目『NEAPOLITAN HEADZ』。MACKA-CHINが完全に理解不能。(敢えて意味不明とは表現しません)
この曲のノリが好きです。

十一曲目『HIT IT HARD』GORIKI、JOE-CHOの二人がそろったなら
こうなるだろうという仕上がり。OSUMIとは違った次元の暑苦しさと格好良さを感じます。
是非生でこの曲を聴きたいもんです。

十二曲目LUNCH TIME SPEAXが参加『その男Pt.2』。
何度でも聴き返したくなるような仕上がり。
決して派手さはないが聞き飽きないのがこの方々の強みなんでしょうね。

ラストを飾る『CHECKMATES』。MUROとDEVLARGEって豪華過ぎてよく分からんキャスト。
そういえばMUROのミニアルバム『DAISANNDANNRAKU97PAGE』の『XXX-LARGE Pt2』で
一度有ったか。
この二名が言うからこそ重みがある言葉の数々。

初の★十のCDですがこの作品は買っといて間違いないと思います。
現在廃盤ですが中古屋で安く売っているのをよく見かけるので探してみてください。

Comments(0) | TrackBack(0) │   (14:20)