時期が遅いのはいつものこと

マボロシ     ワルダクミ       ★★★★★★★★★★

ワルダクミ
1.泥棒
2.SLOW DOWN!
3.マボロシの間 ~其ノ壱~
4.ファンキーグラマラス Part2 featuring KREVA
5.抜き足差し足
6.THE ワルダクミ
7.ブレーメン featuring CHANNEL,K.I.N.,CUEZERO
8.おっとマボロシ
9.廻し蹴り featuring MURO,DABO
10.マボロシの間 ~其ノ弐~
11.泥棒 ~GO SEXY~
12.DEAR MY HOME GROUND featuring Full Of Harmony,KOHEI JAPAN
13.HARDCORE HIPHOP STAR
14.ネタになってウタになってNOW ON SALE
15.マボロシのほし (EARTH-GO-ROUND)


MUMMY-Dがサンプラーなどで打ち込み、SUPER BUTTER DOGのギタリストの竹内朋康がギターをそれぞれ担当し、MUMMY-Dがラップをのせる、マボロシの1stフルアルバム。いわゆるミクスチャーの範疇に入る作品であり、HIPHOPらしからぬノリのトラックの上で自由自在に跳ね回るMUMMY-Dのラップは相変わらず輝いている。

2ndが出たようだが、購入に関しては検討中。

月曜日に放送されていたライムスターのラジオ番組でこのアルバムの先行シングル
『SLOW DOWN!』を耳にした時は、アルバムも全曲こんなアップテンポな曲かなと
思っていたが、翌々週くらいに流れた『HARDCORE HIPHOP STAR』を聞いて購入を決意。

初っ端からインストでは無く、いきなりラップ入りの『泥棒』。フックの”俺の仕事は泥棒 音楽遺産泥棒”からはサンプリングを駆使し良いものを作ろうとするMUMMY-Dの音楽への姿勢が感じられる。『ブレーメン』では童話ブレーメンの音楽隊になぞらえて四人のMCがコミカルな魅力を見せ付けてくれる。アナログにもなった『廻し蹴り』はMUROとDABOを迎え、各々のスキルが十分に堪能できる曲になっている。『泥棒』を境に曲調がガラッと変わり、実弟のKOHEI JAPANをゲストに迎えた『DEAR MY HOME GROUND』では郷愁を誘うリリックとF.O.Hの歌唱が色々と良い感じ。作品のネタを自らの私生活のあらゆる場面から持ってきていることをあけすけに暴露し、”そんな男は〜 地獄に落ちる”とほのかな自虐で笑いへと変換する『ネタになってウタになってNOW ON SALE』。社会風刺の『マボロシのほし (EARTH-GO-ROUND)』を最後に持ってくることで、今までの雰囲気とのギャップが大きく、良い味になっている。

悩まず買えば良いと思うよ!
Comments(0) | TrackBack(0) │   (12:12)