規則的に不規則な生活

DABO DIAMOND ★★★★★★★★★☆

DIAMOND


1.多面体
2.E.V.E.(開戦前夜) Featuring DJ HAZIME
3.スーパーバックシャン(Yes Sir)
4.Clap Ya Hands
5.BONO!
6.Chosen One Featuring CHOZEN LEE
7.DIAMOND(Forever)
8.おそうしき Featuring 般若
9.カルナバル
10.Da Joint Featuring RYUZO
11.プリズム
12.月食(EDEN)
13.ワカホレ(Get Busy)
14.ハーベスト(Full Moon)
15.P.R.O.
16.Corner Stone(April)

多くの客演をこなし、ソロワークスにおいても二枚のフルアルバムをリリースしたDABOのキャリアはこの作品において一つの形として結実したと言って良いだろう。
NITROの1stのころのような若さゆえのノリはなりを潜めたものの、当時から際立っていたラップのスキルにはさらに磨きがかかっている。

多種多様なトラックが並ぶこのアルバムで、どのトラックにも外すことなく巧みにラップを乗せられるのもDABOの特徴だ。

FIRE BALLからCHOZEN LEEをゲストに迎えた『Chosen One』では二人のジャンルの違いなど、どうでも良くなるほど上質なかけあいを聞かせてくれるし、
『DIAMOND(Forever)』ではD.O.Iの手がける美しいトラックにのせて自らをダイアモンドに例えたリリックをラップするという強気なことをやってのけるのだが、DABOがやると大口に聞こえないから不思議だ。

基本的にどの楽曲もハズレが無く、どこから聞いても成長を続けるDABOのスキルと、トラックの融合を楽しむことができる。
1stの『PLATINUM TONGUE』が名作として高い評価を受けているが、
私はこの『DIAMOND』のほうが1stよりも良い出来だと思っている。




Comments(0) | TrackBack(0) │   (17:17)