書いてみることにする

MINT   After School Makin'Love    ★★★★★★★★★☆

after scool makin' love

1.After School Makin' Love(Intro)
2.310
3.ごめんねg.o.d. Feat.amida
4.Mint神戸
5.Shake It Like 1.17.
6.Take Ya Clothes Off(Free Sex Mafia) Feat.the 9 Far East(Nitemen), 遊戯(Head Bangerz / 韻踏合組合)
7.Yeeeah Baby!!
8.Wooooo Baby
9.Where Is The Luv?(生理的に大好き Part.3)
10.Stay Focus メェーン Feat.jazzy Blaze
11.放課後
12.Shake It Like 1.17.(K-town Remix) Feat.p.d.tough, Jazzy Blaze
13.生理的に大好き Part.2.1(最後は下唇を噛んで...)
14.We Gotta Go!! Jazzy Blaze Feat.mint

ミンちゃんがとうとうやってくれた。本人の公式ブログでこの1stに関する彼の言葉を見るたびに言いえぬ期待感を募らせていた人もさぞ多いのではないだろうか。
『クリティカル11』のころから韻踏合組合のなかでも独特な存在感を漂わせていた彼の押韻とリリックは、相変わらず健在であった。自称ロリコンの彼だが、本作を聴く限りではその性癖も健在のようで、何と言って良いのやら。極めて個人的でローカルな内容のリリックとゆるいラップ、良い意味で日本っぽくないトラックが織り成す世界観はそれこそ唯一無二の存在であり、聞くものの耳を奪うことだろう。(気に入るかはまた別だが)
『ごめんねg.o.d.』では同様に韻踏を脱退したAMIDA(旧AKIRA)と共にEVISBEATSらしくないトラックの上で、グループ時代とは異なる魅力を放っているし、『Take Ya Clothes Off(Free Sex Mafia)』はまあ曲名からしてアレなのだが、予想通り突き抜けた発言をしてくれる。”やっぱどうしてもローティーンです” ”条例が立ちはだかる”などのパンチラインはMINTならでは。
『Wooooo Baby』まではこんな流れで進んでいくのだが、突如として『Where Is The Luv?(生理的に大好き Part.3)』ではこれまでの空気を一変させてしまう。
この曲のリリックが実話であろうとなかろうと、「生理的に大好き」という言葉を作ってしまうMINTのセンスは素晴らしいし、切ないリリックはこれまでとのギャップもあってか、より切なく聞こえる。

総合的に見ると好き嫌いがかなり分かれる作品だろう。
リリックの内容に下ネタが多いことがその原因だが、このアルバムは下ネタだけの作品ではない。
格好良いラップができるMCも良いが、MINTのような人間味溢れるラップができるMCも同様に良いのではないだろうか。
Comments(0) | TrackBack(0) │   (01:51)