Pure Blog

2016年03月

東京出張
3月3日より2泊で東京に出張してきました

目的は
はうすでおーがにっく-ロゴ-2014-Color-RGB-300
          

定例会と
SKMBT_C36416030716330_0001



PASSIVEHOUSEJAPAN設立6周年記念大会の出席です

 

House de Organic 定例会は2ヶ月に一度開催
今回は講師に『オイカ創造所有限会社一級建築士事務所』主宰 及川洋樹氏を迎えて
パッシブ住宅ともうひとつの切り口 をテーマに話を聞きました。

SKMBT_C36416030716361_0001SKMBT_C36416030716360_0001SKMBT_C36416030716350_0001



 
たてもの再生からコミュニティの話とこれからの日本の進むであろう話など
先回ブログに書いたエコタウンの古民家バージョーン 
私の夢はどんどん膨らんでいきますね♪♪


そしてPASSIVEHOUSEJAPAN設立6周年記念大会の前夜祭として
『東長寺檀信徒会館文由閣』見学会

R0017935
 

鉄骨造5階建ての建物がパッシブハウス性能で建てられているのです
エネルギーコンサルタントとして森 みわ氏が監修
ヒートブリッジ(熱橋)解析が苦労されたようですが見事な施工でした

まだ若い住職さんからもパッシブハウスに対しての熱い思いの話を聞く事ができました
R0017940
 
大震災時の駆け込み寺ほんとにシェルターとして住民の皆様を受け入れていただけますよ

最終日は『PASSIVEHOUSEJAPAN設立6周年記念大会』
代表理事よりパッシブハウス認定を申請する為の説明
R0017948
 
各支部の活動報告
ちなみにアーキテクト工房Pure高岡はパッシブハウスジャパン四国支部のエリアリーダー
昨年は六回もの支部活動を行ないました
 

基調講演は東京都市大学教授 宿谷 昌則先生の
『人の身体と快適性・環境技術を考える』
がテーマのエクセルギーのお話
R0017962



 
身近な環境ー建築環境ーとはでは
1日24時間のうち何%くらい建物の中で過すと思いますか?
なんと90%近く建物の中で私たちは過しているのです
90歳まで生きるとしたら80年は建物の中で生きている事になりますね
いかに建築環境が大事かお分かりになりますか?
 
難しいエクセルギーの事をできるだけわかりやすくお話して頂きました

 

6周年にして初の『エコハウスアワード2016』が決まります
アーキテクト工房Pureも2物件エントリー致しましたが・・・

無題R0017957R0017959


 
全国には素晴らしいエコハウスが沢山あります惜しくも大賞には選ばれませんでした・・・
でも来年も懲りずにエントリーしてひそかな期待を心に誓いました

全国から130名集まり大会が盛り上げました
この集まった皆さんが各地にパッシブハウスを建てるようになれば
ヒートショックで亡くなられる方たちも減り豊かな生活が送れるのだろうなと考えさせられました


 

パッシブハウスを建てよう






社長写真高岡でした






コメント(0)2016年03月07日まじめな話 
おひな祭り♪
こんにちは
今日は ぽっかぽっか ですね 
室内にいるのは もったいないです

さて 3月3日は 女の子のお祭り おひな祭りです
女の子のいらっしゃるご家庭は
おひなさま 飾られているのでしょうね 
我が家は 娘達も大きくなってしまったので
ここのところ 御無沙汰です・・・

その代りといってはなんですが
事務所に 小さな小さなひな飾りを

005

ゆらゆら と動く ちょっと変わったおひなさま
小さいながらも 結構 癒されています(^_^)ニコニコ
手作りっぽいとこも気に入っています

~どの子も 明るく健やかに育ちますように~

そして アーキテクト工房Pureのお庭も春の装いになりそうですよ

007

さくらんぼの木のつぼみがまんまるくなっています 

008

クリスマスローズが お庭の片隅に咲いていました
大人っぽい色ですね

012

なにやら新芽もいっぱい出てきて 可愛いです

014

そして そして すぐ横の土手の桜も つぼみが膨らみ始めています
あと 一ヵ月もしないうちに 
事務所の周りは 桜がいっぱいになりますよ
毎年 本当に 感心するぐらい綺麗なんですよ
待ち遠しくてたまらないなぁ


高岡真三美 ブログ たかおか




 

コメント(0)2016年03月03日遊び 
長期優良住宅(増改築)の認定制度についての説明会に参加
広島会場で行われた長期優良住宅(増改築)の認定制度についての説明会に参加してきました。
内容は国土交通省・評価協会の方より
長期優良住宅(増改築)認定制度の概要、性能評価制度の見直し概要などの説明を聞きました
 
R0017920




日本の住宅に対する住宅投資額は2012年で875,8兆円に成っているのに対して
住宅資産額は2012年339,6兆円投資額に対して500兆円も資産額が低いのが現実

海外アメリカでは中古83,1%あるのに対して日本では14,7%
といかに中古住宅の流通が少ないかがわかります

R0017921

 
国としては『住宅を作っては壊す』社会から『いいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う』
社会へと移行することが重要と
今さらではありますが力を入れ始めたようです。
 

その為には《未来への投資・生産性革命》を目指して
既存住宅の長期優良化、リバースモゲージを含む高齢者の持ち家資産の活用など
中古住宅・リフォーム市場の活性化の促進と言う事らしい
高度成長期に団塊の世代の方たちが沢山沢山住宅を建てました、その後日本の人口は減る一方でこのままでは空き家が増えて
どうすることも出来なくなる為にそろそろ手を打たなければ・・・・そう言う事かな?

もともと日本人はアメリカ・イギリスなどと違い住み替えをして行く文化で無く
その土地をずっと守って続けるのが美徳としているのではがないでしょうか?

高度成長期以降に建てられた家はハウスメーカーを筆頭に新建材だらけの家
床は合板フローリングにビニールクロス
出入口のドアは木目風の塩ビシートに印刷されたドア
極めつけは断熱性能がきわめて悪く結露だらけで外よりはましな室内空間
こんな家をだれが大事に残していきたいと思いますか?
私も以前勤めていた時はまさにこんな家を建ててましたが・・・すいません

そこで国としたら長期優良化リフォーム推進事業(補助事業)で
少しでも資産価値の上がる家を補助金を出しますので
増改築して増やしていこうと言う事で

・劣化対策
・耐震性
・省エネ性
・維持管理

の上記で
補助限度額
A基準:100万/戸 3世代同居改修工事:150万/戸

さらに特定性能向上工事
B基準:200万/戸 3世代同居改修工事:250万/戸

R0017922

などの補助事業さらに所得税の特例処置などを予定している様だ

3世代同居の補助金は新築でもはじまるようですが3世代同居してなくても受けられる様で国会で連邦さんが
安倍首相に補助金のばらまきではと言っていましたね

具体的なことはまだ全部決まっていない様だが新年度早々に新たに発表せれることでしょう?

少なくともスクラップ&ビルドの日本を変え、資産価値の有る住宅をのこしていく為には
補助事業は有りがたいことですのでどんどん利用しましょう🎶



社長写真高岡でした

コメント(0)2016年03月02日まじめな話 
伊予市大平にて高断熱、高気密住宅上棟!!
先日、伊予市大平にて高断熱、高気密住宅を上棟いたしました。

とても上棟日和!! 

54

38


4人家族のお家です。

今回のお家も屋根200㎜、壁150㎜ 、基礎外50㎜断熱仕様です。

燃費ナビ計算では、Ua値=0.322です。

111
 
気密測定はまだなので予定値C値=0.2を予定しています。

 頑張ってください!!大工さん、協力業者さん、監督!!休場くん

1ヵ月後が楽しみです!!

益々、高断熱、高気密住宅が広まって、暖かく、涼しいお家が増えていきますように!!

スタッフ takata

高田直樹ブログ
 

コメント(0)2016年03月01日現場レポート 
 

有限会社 アーキテクト工房 Pure

〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1 【Access Map

089-976-3131/Fax 089-976-3138

info@studiopure.jp

お問合せフォームはコチラ
  • Builders pure
  • House de organic
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
PAGE TOP