Pure Blog

記事詳細

新人現場監督やまもとの現場日誌⑩
今回は『現場清掃』についてです!

アーキテクト工房pureでは
第1・3金曜日に現場清掃を行っています!

本日の現場は西条市周布に行ってきました!

掃除を行いながら、現場の大工さんや職人さんを観察(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

今回観察させていただいた大工さんや職人さんの
仕事をいくつか紹介したいと思います!

まず初めは、現在外部EPSを施工していただいている寺園さん親子です!
EPSの加工作業を見させていただきました!
DSC_0459[1]DSC_0460[1]
加工して切り出しているEPSの薄さに驚きました!
1mmほどでしょうか、風になびいて折れてしまいそうな薄さです!!
DSC_0469[1]
その加工されたEPSが隙間無くきっちりと施工されていますね!
DSC_0461[1]
隙間があればそこが熱や湿気の通り道になってしまうので
あの加工の細かさにも納得です!!
寺園さんの成せる業があるからこそ
高性能住宅ができていると言っても過言ではないほどです!!

続いて大工の榎本さんです!

普段は木工事をメインに行っていただいている大工さんですが
今回、断熱材(ロックウール)施工の助っ人として来て下さりました!

作業中に話しかけると邪魔になるので静かに写真を撮ろうと思ったのですが、
優しく話しかけてくださり、丁寧に施工方法を教えて頂く事が出来ました!

採寸し
DSC_0445[1]
断熱材を加工して
DSC_0435~2[1]
填めていく
DSC_0439[1]
DSC_0443[1]
説明していただきながら、次々に施工していきます!
気付けば、一部がすでに出来上がっていました!
DSC_0457[1]
ここでも隙間無く施工することはもちろんとの事ですが、
さらにポイントがあるとのこと!

それは・・・少し膨らむように施工するとの事です!
なぜかと言うと、ロックウールの次に施工する気密シートにぴっちり密着させるためと!
DSC_0431[1]
写真では伝わらないほど、ほんの少しだけ膨らませていました!
その少しの膨らみが、隙間無く気密シートを施工できるようにしていることを知りました!

如何に隙間無く施工ができるか、、、
そのためには自分の作業だけでなく次、
そしてその次の作業以降のことも考えることが必要だと感じました!

榎本さんは当たり前のように形にあった加工を行っていますが、
隙間無く加工して施工することはとても難しいことだと思います!
こういった大工さんや職人さんによって住宅造りは支えられていると実感しました!

作業中にも関わらず、丁寧な説明をしていただきありがとうございました!
これからもよろしくお願い致します!!

そして最後は今回、木工事をメイン行っていただいている矢野さんです!
上棟2019.4.25_190425_0062
現場清掃の際には、木材の加工を行っていました!
今回お会いするのが初めてですが、とても優しく接してくださる大工さんです!
DSC_0471[1]
少し紹介から離れてしまいますが、
社長は現場清掃でただ清掃するわけではなく、
矢野さんと打合せを行っていました!
DSC_0413[1]
掃除をしながら、現場確認をし、注意する点や気になる点を打合せ・・・
流石だなぁ~と思いながら、いつか自分も当たり前に出来ないといけない日が来ると思うと
もっと頑張らなければと、そう思いました。

また内部は先ほど紹介した断熱材の施工だけでなく
矢野さんの助っ人田中さんによって床のフローリングの施工が進行しています!
DSC_0408[1]

紹介したように構造見学会に向けて現場はどんどん進行中です!
DSC_0410[1]

こちら周布の住宅で構造見学会を開催いたします!
日程:5月26日(日)10:00~(予約制)
詳細は
こちら!

世界基準のパッシブハウスがどのように出来上がっていくのか
是非近くで体感してみてください!お待ちしております!

IMG_5890
やまもと ようじ







コメント(0)2019年05月17日現場レポート 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

有限会社 アーキテクト工房 Pure

〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1 【Access Map

089-976-3131/Fax 089-976-3138

info@studiopure.jp

お問合せフォームはコチラ
  • Builders pure
  • House de organic
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
PAGE TOP