Pure Blog

記事詳細

新人現場監督やまもとの現場日誌⑫
今回は『防水検査』についてです!

先日、西条市周布の現場では外壁の防水工事が完了したので
JIOによる『外装下地検査』が行われました!

JIOの検査についての詳細は
こちらから
『JIOわが家の保険』

JIOによる検査には

基礎の配筋が完了すると行われる
『基礎配筋検査』
DSC_1361

屋根工事が完了すると行われる
『躯体検査』があります!
DSC_0410[1]
この2つは住宅瑕疵担保履行法に基づく検査のため
保険を受けるのに必須となってきますが、

今回立ち合わせていただいた『外装下地検査』は任意になります!

ではなぜ任意の検査を受けるのか・・・

無題
資料を見ていただいて分かるように
保険の対象となる事故の94%
『雨漏り』というのが現状です!

雨漏りを未然に防ぐために
主な検査項目
・窓などの開口部の防水措置
・外壁貫通部の防水措置
・笠木の上端部や外壁との取合い部
に沿って検査が行われます!
防水検査①
どのようなことが指摘されるのか
またどのように施工するのが良いのかを

それらを把握しながら
防水措置が取られているか
確認していきます!
防水検査②
(出典:株式会社 日本保証検査機構
 ttps://www.jio-kensa.co.jp/download/common/book/tuikagaisouTirashi.pdf


資料にもあるように
この検査をすることが
雨漏り防止につながるのです!

この浅い知識の中、
検査に立ち合わせていただきました!
DSC_0563
本来、この住宅の防水施工について
質問される側でなければならないのですが、

ほとんどなにも分からないので
私から検査員の方に質問ばかりしていました(; ̄Д ̄)

サッシの周囲や貫通部、屋根と外壁の取合い部と
一箇所ずつ確認していきます!
DSC_0572
DSC_0573
DSC_0564
DSC_0568
無事検査も終了し、結果適合と問題なく
防水施工が出来ていました!
 
次は検査員の方の質問に
的確な回答が出来るようにして
検査に挑みたいと思います!
IMG_5890
やまもと ようじ



コメント(0)2019年05月23日現場レポート 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

有限会社 アーキテクト工房 Pure

〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1 【Access Map

089-976-3131/Fax 089-976-3138

info@studiopure.jp

お問合せフォームはコチラ
  • Builders pure
  • House de organic
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
PAGE TOP