Pure Blog

まじめな話

ブログの投稿ページが変更されます!
今回は現場日誌ではなく、
お知らせをしたいと思います!

Pure Blogの投稿ページが変更されます!
https://www.studiopure.jp/blog/
↑クリック!

今までは外部のブログを利用していましたが、
今回より直接HPに投稿できる形になりました!


いつもアーキテクト工房pureのブログを見ていただきありがとうございます!
投稿ページは変りましたが、
これからもどんどんブログを更新していきます!

私にとって、お客様の「ブログを読んでいます!」という言葉が大きな励みとなっています!

これからもPure Blogをよろしくお願いいたします!!
IMG_5890
やまもと ようじ

コメント(0)2019年06月01日まじめな話 
幸せは無限に広がるよ♪
こんにちは
アーキテクト工房Pureでは 只今高性能住宅「パッシブハウス」(認定申請中)を2軒手掛けさせて頂いております
そこで 私なりにパッシブハウスについて書いてみました

目次



             

1  パッシブハウスとは



環境先進国ドイツのパッシブ研究所によって確立された住宅性能基準をクリアした
超高性能なお家のことです
分かりやすくいうと
「自然のチカラを利用して 
 少ないエネルギーで
 我慢することなく 快適に過ごせるお家」
 

2  パッシブハウスの大きなポイントは


南面に設置された大きな窓 ここから太陽の熱を取り込むことで 室内は明るい
そして 暖かい
その暖かさを逃がさないように 断熱と気密はしっかりと施す
そして お家の中にある熱源(調理の熱、照明の熱 人の体温・・・)
によっても 暖かさが増します 

でも夏は 暑くない!? 
その為に 太陽の高さが計算された庇を設置して外からの熱をシャットアウト
断熱・気密がしっかり施されているので ほんの少し冷房をつけることで涼しさがキープされます

高断熱・高気密に必要不可欠な換気は、空気の入れ換えをする際に
熱交換をして、外の寒さや暑さが入ってくるのを防いでくれる優れものです

graph06-2
パッシブハウスジャパンHPより

とことん暖かさや涼しさを逃がさず エアコン一台でお家の中は 一年中快適です
小さな電力で賄えるから 環境にもやさしい 

3  パッシブハウスがもたらすものは




20181111_121546

エコでありながら 快適性を我慢しなくていいのがパッシブハウスです
我慢しなくていいから 体が楽ちんなんです
「寒い」「暑い」なんてこと もしくは「寒いかも」「暑いかも」なんてことさえも
思ったり 考えたり 感じたり することが 無くなります
スー と フーと ナチュラルに体が動かせます・・・(この表現わかってもらえるでしょうか?)
フットワーク軽く過ごせます

4  パッシブハウスでの暮らし


我が家でもある「松前パッシブハウス大間の家」
暮らしだして2年半になります

26907048_1718391501576763_3634509860711748633_n

年間通してどの部屋も快適(寒くもなく暑くもないという感じ)なので

家事がはかどります
冬の朝もベットから出るのが苦ではなくなり 洗面所や台所ですぐに用事に取り掛かれます
帰宅後も同様です

眠りの質が良くなる
寝室は北側ですが ベットに入ると速攻寝落ち 朝まで熟睡しています  

お家の中での衣替え的な事が減ります
冬用○○・夏用○○などと入れ替えなくていいのです 1年中 夏布団 夏パジャマでOKです
シンプルに身軽に過ごせるようになりました

体を動かすのが苦ではなくなり 小まめに掃除をするようになりました 
よって 汚れも貯まりにくくなり時短にも繋がる 洗剤の使用量もぐっと減ったように思います

5  生活が整うと気持ちに余裕が生まれる!?


相方はお家でギターを弾く時間が増えたような気がします
きっと快適な空間でさぞかしワンマンショーを満喫しているのだろうと思います
私は ウォーキングを始めました(毎日欠かさずとはいきませんが・・・)
寒い冬も暑い夏も お家に戻れば「快適」だと思うと億劫ではなくなります
そう あの外から玄関を開けてお家に入った瞬間が最高なんです 

26815305_1718391531576760_9191044997316492047_n

あの丁度いい気持ち良さは きっと自然のエネルギーが主流だからだと思います
なにものにも代えがたい気持ち良さです とても安心できます

6  思わぬ相乗効果が得られる



26907898_1718391291576784_5521355137368132433_n

もともとお家で過ごすのは好きでしたが
快適になったことで 更にお家で過ごす時間が楽しくなりました
早くお家に帰りたいと思うようになり
仕事を効率よく片づけようと意識をするようになりました
高性能で快適なお家がもっともっと増えて欲しい!と更に願うようになり仕事の楽しさも増したような気がします

7  まとめ


幸せは無限に広がるよ♪

19554460_1718391321576781_5081951315585916467_n


26991662_1718391444910102_345493885472288312_n

世界基準をクリアするお家パッシブハウス
その為の初期投資はある程度必要となりますが
その快適な空間は 日常生活のモチベーションを確実にあげてくれます
それによって 「また新しい幸せが運ばれる」と実感しています

             

8  完成見学会情報


 
そんなパッシブハウスの完成見学会が
6/8・9の2日間 東垣生町で開催されます

詳しくはコチラ 東垣生の『完成見学会』

この機会に 是非お越しください

高岡真三美 ブログ たかおか


コメント(0)2019年05月28日まじめな話 
POWER ☆
先日の晴れた日
完成物件の撮影に同行しました

カメラマン国貞さんの忙しい合間を縫って 何軒か回らせていただきました
 少しだけですが同行中 私が撮った写真をUPします


~O様邸~
青々とした緑が いい頃合い
緑でお家が 更に 引き立ちます  
IMG_6779
IMG_6758
この時期 ツバメの巣をよく見かけますが
小さな体で 巣を作る様子を見ていると
その頑張るパワーに 感心します
IMG_6775
こんないい場所に 家(巣)を作って
それを温かく見守ってくれる O様(お施主様)
IMG_6757[1]
心地の良い場所を探し求める。。。 
人間も同じですね


~F様邸~
お庭の緑がとーってもいい感じになってきたので 
植栽と 奥様の花々を入れての撮影

植物のパワーもすごいっ!!
IMG_6783
IMG_6780
訪問する度に かわいいお花が いくつも増えていて
毎回楽しみにオジャマさせていただいています


ご協力いただいた OBの皆さま ありがとうございました






パワーといえば ココ最近の私の敵は 

①『セージ』




IMG_2233
カワイイ紫の花が咲きますが パワーがすごいっ!
他の花や木が やられてしまわない様
格闘中です




②『長男』



毎年約6cmずつ伸びていた身長が
昨年は10cm伸び…

私の身長を抜く時が もう来月なのか?
という感じです。。



そんなパワーに負けないよう
何とかアラフォーなりに闘っていきたいものです





金子さん写真  かねこ




コメント(0)2019年05月27日まじめな話 
新人現場監督やまもとの現場日誌⑩
今回は『現場清掃』についてです!

アーキテクト工房pureでは
第1・3金曜日に現場清掃を行っています!

本日の現場は西条市周布に行ってきました!

掃除を行いながら、現場の大工さんや職人さんを観察(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

今回観察させていただいた大工さんや職人さんの
仕事をいくつか紹介したいと思います!

まず初めは、現在外部EPSを施工していただいている寺園さん親子です!
EPSの加工作業を見させていただきました!
DSC_0459[1]DSC_0460[1]
加工して切り出しているEPSの薄さに驚きました!
1mmほどでしょうか、風になびいて折れてしまいそうな薄さです!!
DSC_0469[1]
その加工されたEPSが隙間無くきっちりと施工されていますね!
DSC_0461[1]
隙間があればそこが熱や湿気の通り道になってしまうので
あの加工の細かさにも納得です!!
寺園さんの成せる業があるからこそ
高性能住宅ができていると言っても過言ではないほどです!!

続いて大工の榎本さんです!

普段は木工事をメインに行っていただいている大工さんですが
今回、断熱材(ロックウール)施工の助っ人として来て下さりました!

作業中に話しかけると邪魔になるので静かに写真を撮ろうと思ったのですが、
優しく話しかけてくださり、丁寧に施工方法を教えて頂く事が出来ました!

採寸し
DSC_0445[1]
断熱材を加工して
DSC_0435~2[1]
填めていく
DSC_0439[1]
DSC_0443[1]
説明していただきながら、次々に施工していきます!
気付けば、一部がすでに出来上がっていました!
DSC_0457[1]
ここでも隙間無く施工することはもちろんとの事ですが、
さらにポイントがあるとのこと!

それは・・・少し膨らむように施工するとの事です!
なぜかと言うと、ロックウールの次に施工する気密シートにぴっちり密着させるためと!
DSC_0431[1]
写真では伝わらないほど、ほんの少しだけ膨らませていました!
その少しの膨らみが、隙間無く気密シートを施工できるようにしていることを知りました!

如何に隙間無く施工ができるか、、、
そのためには自分の作業だけでなく次、
そしてその次の作業以降のことも考えることが必要だと感じました!

榎本さんは当たり前のように形にあった加工を行っていますが、
隙間無く加工して施工することはとても難しいことだと思います!
こういった大工さんや職人さんによって住宅造りは支えられていると実感しました!

作業中にも関わらず、丁寧な説明をしていただきありがとうございました!
これからもよろしくお願い致します!!

そして最後は今回、木工事をメイン行っていただいている矢野さんです!
上棟2019.4.25_190425_0062
現場清掃の際には、木材の加工を行っていました!
今回お会いするのが初めてですが、とても優しく接してくださる大工さんです!
DSC_0471[1]
少し紹介から離れてしまいますが、
社長は現場清掃でただ清掃するわけではなく、
矢野さんと打合せを行っていました!
DSC_0413[1]
掃除をしながら、現場確認をし、注意する点や気になる点を打合せ・・・
流石だなぁ~と思いながら、いつか自分も当たり前に出来ないといけない日が来ると思うと
もっと頑張らなければと、そう思いました。

また内部は先ほど紹介した断熱材の施工だけでなく
矢野さんの助っ人田中さんによって床のフローリングの施工が進行しています!
DSC_0408[1]

紹介したように構造見学会に向けて現場はどんどん進行中です!
DSC_0410[1]

こちら周布の住宅で構造見学会を開催いたします!
日程:5月26日(日)10:00~(予約制)
詳細は
こちら!

世界基準のパッシブハウスがどのように出来上がっていくのか
是非近くで体感してみてください!お待ちしております!

IMG_5890
やまもと ようじ







コメント(0)2019年05月17日現場レポート 
新人現場監督やまもとの現場日誌⑧
今回は『サッシ取付』についてです!

アーキテクト工房pureでは、
UNILUXという輸入サッシを使用しています!

高性能住宅を造り出すために
必要不可欠な要素の一つに『窓』があります!
e4d13609

※出典:UNILUXのパンフレットより

資料を見ていただけると分かるように...

冬場・・・開口部から逃げ出す熱→約60%
夏場・・・開口部から入ってくる熱→約70%
にもなります!!!

この熱の出入りを抑制することができれば
無駄なエネルギーを損なわず快適な住宅に近づけます!!

一番簡単な方法としては、
開口部を少なくすればいいのですが・・・

太陽の光が入ってこない住宅は
心地よく快適に過ごせるでしょうか、、、

そこで大開口を取り入れつつ、
熱の出入りの抑制もできてしまうのが
先ほど出てきたUNILUXです!

そのサッシの取付を
先日、西条周布の現場で行いました!

現場に行き、
いざサッシの取付を行うと
驚いたのがサッシの重さです!
重量にして226kgもあるとのこと、、、!!
S__38436869
今回の住宅の南側に設置される最も大きい窓は
大工さんや職人さん、休場さん、私を合わせて
7人での取り付けとなりました!
S__38436871
S__38436870
皆さんで力を合わせて、枠内に収まったときには
今まで感じたことの無い達成感を味わえました!

↓設置後室内から見た窓の写真
DSC_0209 (800x450)
S__38436868
S__38436867
DSC_0222 (800x450)
DSC_0220 (800x450)
午前中には1・2階ともにサッシが取り付けられました!

その重量の為、サッシ取付には苦労しますが
高性能住宅にはなくてならないものなので
これからもよろしくお願いします!

現場はどんどん進行中です!

先日には板金屋さんによって屋根のガルバリウムが施工されています!

数分でしたが、作業を見学させていただき
屋根の施工方法を少し学んできました!
DSC_0298
そして、ここ西条市周布の住宅では
休場さんのブログで既にUPさせていただいていますが
構造見学会が1日限定で行われる予定となっています!

日程は5月26日 10:00~の予約制となります!
詳細はこちら!

DSC_0273
DSC_0292
私にとって入社して初めての見学会となります!
アーキテクト工房pureの住宅がどのようにして
高気密・高断熱の高性能住宅を造り出しているのか・・・

また今回、周布の住宅は高性能住宅の最高峰
『パッシブハウス』の認定を受けるようになっています!

一番初めの現場が最高峰のパッシブハウスとなかなか経験することが出来ないので、
吸収できることはすべて吸収できるようにしたいと思います!
IMG_5890

やまもと ようじ

コメント(0)2019年05月14日現場レポート 
 

有限会社 アーキテクト工房 Pure

〒791-0243 愛媛県松山市平井町甲3-1 【Access Map

089-976-3131/Fax 089-976-3138

info@studiopure.jp

お問合せフォームはコチラ
  • Builders pure
  • House de organic
  • PASSIVEHOUSEJAPAN
PAGE TOP