半年くらい前から、ダイニングテーブルに花を飾るようになりました。
花屋でバラ1輪やミニブーケを買うこともありますが、ほとんどはスーパーの入口付近にあるお手軽な値段のものです。

何年か前、はりきって整えたベランダのプランタもいつの間にかすっかり寂しくなっていました。おまけに、家の中も散らかって…。「忙しい」と言いながら、いろいろなことをこなす毎日に、充実よりも疲れを感じるようになっていたのだと思います。
「忙=りっしんべん(こころ)、亡くす」とは、納得の漢字ですね。

201901-column (1)
小さな花に癒されます

そこで、自分の心の状態を振り返るバロメーターとして、「ダイニングテーブルに花」を始めたのです。花を愛でる心の余裕があるかどうか、忘れないように飾っています。
「花がきれいだなと感じる、少しでも長く咲き続けるように心を込めて水を換える
=多少の気持ちの余裕がある」ことが、ささやかな幸せかなーと。

相変わらず、ベランダの花の手入れをする余裕まではないのですが(^_^;)
代わりに、自然を愛する娘が日々水やりなど手入れしてくれて、美しくなりつつあります。いつもありがとう♪

ささやかな幸せを感じながら、今年も日常を重ねていきたいと思います。
皆さまにとっても、大きな小さな幸せたくさんの素晴らしい1年となりますように!

201901-column (2)
一度は枯れたと思ったのに、寒さに負けず開花

201901-column (3)
朝日に緑色が映えるのを見ると、元気が出てきます