昨日の発表からTwitterでは本当に様々な意見を目にしました。

オリンピックについては選手の方達の血のにじむような努力がどうか報われますようにと、祈ることしかできない。
また、来年までの延期が決まったことでいろんな可能性もあると思うので、ここはプラスに捉える事が出来ればいいなと思います。

で、嵐さんのオリンピック関連のお仕事が減ってしまうことは事実かもしれない。
でも、わたしはそうとも言い切れないと思っています。
来年までの延期が決まったということは、今年の夏で終わらないということ。
本来、夏に開催されるはずだったオリンピックが延期になったことで、今後またオリンピック選手や出場が期待される選手への取材が可能になるということではないでしょうか。 
今年いっぱいはまだ嵐さんは活動しているのですから、オリンピック開催に向けてまた新たな仕事が増える可能性もあるのではないかと、わたしは思っています。
もちろん想像にすぎませんから、断言はできませんけど。

それから、Twitterで時々流れてくる『嵐の休止も延期してほしい』という方の声。
嵐5人での活動は、オリンピック関連だけではありません。
オリンピックが延期されたからと言って、それに合わせて休止を延期するということは、わたしはあまり現実的ではない気がします。 
もちろん、それを期待することが悪いとは思っていません。
嵐のメンバーだってできることなら休みたくないはずですから。

でも、休みたいと言っている人の気持ちが、今年いっぱい全力でやりきろうとしていた気持ちが、1年また頑張って・・・となるでしょうか?

休止という形が決まるまで何度も何度も話し合ってようやく5人が同じ着地点を見つけたのに、その決断を変えろというのはどうなのでしょうか。

1年というのは、決して短い時間じゃないと思います。
ファンにとっては短いですけどね。

ゴールではなくハーフタイムの様な期間だと思ってますが、だからといって ロスタイムが長くなることがいいとは思えません。
もちろん決めるのは嵐で、大野さんも納得した上で延期するということならいいのですけどね。

でもわたしは。
正直、大野さん以上にメンバーがその1年、余計に辛くなるのではないかと思ってしまいます。
分かりませんけどね。
ファンの声を嵐がどう捉え、どう着地点を目指すのか。
それは嵐だけが決めることができることだし、ファン全員が100%納得できる形は期待していないと思うので。
嵐は嵐の思う通りにしたらいいと思います。

ファン全員が納得することより、メンバー全員が納得する道を選んで欲しいと思ってます。
誰かが無理をして辞めたり続けたりするのは違うと思うので。
ちゃんと笑って休止を迎えられるようにして欲しい。

わたしは、潤ちゃんが笑っていてくれさえすれば、それでいいです。


 



嵐ランキング
いつもお読みいただきありがとうございます!
お気に召しましたらクリックしていただけたら嬉しいです。