将棋ファンの私としては、チョット残念なニュースでありましたな。

一時は、テレビなどでも報道されましたが、将棋の三浦弘行九段が、将棋ソフトの不正使用問題で、年末まで、試合が出来ない事態になっております。

そもそも、将棋の対局の時に、頻繁に席を外すなんて事は、ざらにある事だし、その退席した時間に、盤面の情報を入力して、正解を得るなんて早業が出来るとは思えませんなあ~。

将棋連盟も、事実関係を解明しないで、「疑わしきは処分する…」なんて方法で、結果を求めていたのは間違いのもとですかね。

今現在は、第三者委員会を立ち上げて、解明に向けて動きだしているとはいえ、チョットした風聞を元に、実力行使したのは不味かったかなあ~と思います。

三浦九段は、現在行われている、竜王戦の挑戦者として名乗りをあげたんですけれど、それもキャンセルさせられました。

この失敗を、将棋連盟はどう解決するのかを、注視していきたいと思っております。