ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんの所の管理人ピッコロさんの企画「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」参加記事です。

 ちょっと前の話になりますが思い出しながら書いていきます。

『めだかボックス』
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:2
音楽:2
総合的な評価:4
☆合計点:18
 好きな作品のアニメ化ってことで応援していたけど今ひとつの出来で残念。めだかボックスの本領が発揮されるのは裸エプロン先輩が出てきてからと言われているので、1期は今ひとつなのは分かっていたけど、西尾維新独特の台詞回しにアニメの演出がついて行けれてなくてのっぺりしたアニメになってしまった。2期アブノーマル編も始まるし、その辺の演出をもっと強化してほしい。

『謎の彼女X』
ストーリー:5
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
☆合計点:23
 謎の面白さX。青春時代の酸っぱさを謎のフェチズムと共にお送りする謎アニメ。謎面白かった。いろんな意味でぶっ飛んでいるので素人にはおすすめできない。

『Fate/Zero 2ndシーズン』
ストーリー:5
キャラクター性:3
画:5
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
☆合計点:24
 stay nightへと至る物語、第四次聖杯戦争ここに完結。迫力あるハイクオリティな作画演出は相変わらず素晴らしかった。

『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:4
総合的な評価:2
☆合計点:21
 もっと麻雀をして欲しかった。本格的に超次元麻雀バトルを繰り広げてからは面白かったが、それまでが長すぎた。続きはよ。あと阿知賀編は清澄側と比べて若干キャラが弱い気がする。

『這いよれ!ニャル子さん』
ストーリー:2
キャラクター性:5
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:3
☆合計点:20
 申し訳ないが出落ちアニメ。第1話が一番面白く、以降は今ひとつ。キャラクターでゴリ押しするアニメは長生きはできないと思う。パロディネタはまあ面白かったが、このままワンパターンなゴリ押しでは2期が心配なので何らかのテコ入れが必要だ。個人的には完全にギャグアニメになってしまえば良いと思う。


 謎の彼女Xの謎の面白さがヒットしたけど、流石におすすめできないのでなんとも。盛り上がったのはFate/Zeroのクオリティ、咲の実況の楽しかった、(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!ぐらいか。あとはこの秋が終了時期なので今回は対象外な『氷菓』が面白かったし、どちらかというと豊作な方だったのかな。