2006年05月10日

スタジオパーク

 「柳生十兵衛七番勝負」も第二弾だし。
 そろそろ、大次郎の中の人もスタパに登場するんでは…?
 って期待した待ってましたら(リクはしてない他力本願…)、ついにご登場。
 しかし、あの番組は生放送!
 あの天然、不思議ちゃんで名高い(?)高野さんがどう対応するのか、始まる前から心配で心配で。 
 だって、考えナシ(みたいな)発言、たまーにするし。しかも涼しい顔して。
 ご出演は嬉しいけど、見ている最中に、妙な汗かきっ放しの(ほぼ)一時間でございました。
続きを読む

2006年04月15日

医師ドタキャンのため、産婦人科医師ゼロに:島根県

 就業予定だった産婦人科医師が「一身上の都合のため」ドタキャンし、産婦人科医師がゼロになった島根県隠岐。
 出産を控える妊婦は出産のために本土に渡るしかないという…。続きを読む

DVDレンタル開始なので、レンタルしてみた

 コレクターボックスを予約しているのに、レンタル開始前にフライングレンタルしてしまいましたよ「仮面ライダー THE FIRST」。
 映画も見てるのに見るたびに血沸き、肉燃えます!
 
 白倉Pと長石監督のコメンタリーが面白いです。続きを読む

2006年03月28日

11話「サンダーキーの力」感想

 在住地方では本放映とズレがあるので、リアルタイムに見たいという衝動を抑えるために何度も11話を見返してます。
 おっさん、激カッコイイ〜!
 ザンキさんなき後の特撮界で今、一番カッコイイヒーローじゃないでしょうか?(あくまでワタシの中では。)

 これまでずっと一人でジャマンガと戦いあけぼの町を守ってきたおっさんと、新人の剣ニの心構えの違いをはっきりと描いた話でいつもとおもむきが違いますがとても好きな回です。

 ってことで感想です。続きを読む

2006年03月16日

週末見た映画:「シムソンズ」

トリノオリンピックでカーリングにはまったのでついつい見てしまった「シムソンズ」。

25日から上映の「チェンジ」のチラシを貰うために行った渋谷シネ・ラ・セット。
「シムソンズ」が上映していたのはすでにチェック済み。
無論見たい! 
見たいんだけどパルコ歌舞伎にも行かなくちゃならないので最後まで見れない。
 どうしよう…って思ってたらキャストの中に大泉さんの名前を発見。
 さっきまでの迷いはどこへやら。
 ソッコー、窓口に向かうワタシ続きを読む

2006年02月21日

イタリアに逆転勝ち!

 最近、カーリングにハマリまくり。
 早く帰宅できると、ちょうどやってる女子予選を何気に見ていたらいつのまにかハマリまくってしまってました。
 ゲームの奥深さもあるのですが、なにより日本女子チームの皆さんが美人ぞろい
 ストーンを投げる瞬間のあの目ぢから!
 最近の若手女優にあれぐらいの目ぢからのあるヒトたちがいればなぁ…なんて、ゲームに関係ないところでも「萌え」てます。
 無論、息が詰まる熱戦も楽しんでますよ、その合間にちょろっと「ポロシャツって、いいもんですなぁ」なんてオヤジ丸出し発言してしまってますが(ダメじゃん)。
 今日も仕事を定時で切り上げ、ダッシュで帰ってきてテレビ前に。
 最終エンドまでもつれ込む熱戦に、夕飯づくりも拒否して見入ってました。最後のイタリアの一投で勝敗がついた時に、実況のアナの雄たけびに爆笑しつつも拍手喝采。
 今期のオリンピックで一番面白いのって、カーリングだよなぁと再認識いたしました。
 準決勝に出てほしいなぁ…。


purine_99 at 00:05|この記事のURL

2006年01月31日

「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」制作開始!

再放送があるから続編やるんだって信じてましたら、ホントにやるんですね!
今後は島原の乱?
とても楽しみです!
久々にテレビで動く大次郎くん(海之ちゃんの中の人)を見れるのが嬉しいです!

2006年01月22日

玉虫色の結末:脱力の響鬼最終回鑑賞日記

 仕事が忙しかったのでここんとこずっと見てなかった響鬼ですが、ラストぐらいは見ようと先週から鑑賞再開。
 大抵のドラマはラス前は盛り上がるモノ。しかし…。
 なんだ、この盛り上がりのなさは? これが一年間放映を続けた番組の最終回なのか? 
 ってくらいショボかった先週。その先週より更にひどかった今週の最終回。
 いやぁ、期待を裏切りませんね! 白倉・井上コンビは(爆笑!)
 やってくれましたね。「555」以来のわけわからん最終回。これほどひどい最終回を見たのは伝説のクソ朝ドラ「天花」以来ですよ。っていうか、「天花」を抜いたね。
 どういう事情があるにしろ、引き継いだんならきっちり仕事しようよ。社会人なんだから。
 そう思うと井上・白倉コンビで作った「The FIRST」はデキは奇跡だったと思うしかあるまい。
 それともあの映画は長石監督の功績か?
 ってわけでサウンドバックのようにバシバシ、日ごろの鬱憤を晴らすごときの罵詈雑言感想でございます。
続きを読む

2006年01月10日

新春ドラマ「風林火山」を見たんだが(激萎)

 録画していた「風林火山」を見たんだが。
 見たんだか(怒)
 なんなんだ、あの脚本は! 
 ワタシならあの脚本もってこられたら「故郷に帰れ!」ってつき返すぞ、今後3年は出入り禁止を言い渡すぞ!
 その脚本以上の戦犯は加藤あい! 
下手なのはある程度分かってるけどあの所作の汚さ。裾さばきの汚さ。
 東A、ちゃんと指導しなよ。トホホですよ。
 一体何をどうしたいのかがまったく分からない、近年稀に見るドラマでございました。

 楽しみにしていた、市瀬くんの出番があんまりないのは覚悟の上でしたけど殺陣が上手いんだから見せ場を作ったれよと(怒)。

2006年01月01日

新年だねぇ

 あけてしまいました。
 雪になるといってたけど、いい天気になりました。
 年末にひいた風邪が悪化して、今年最初の買い物は風邪薬になりそうです。
 風邪にも負けず、おさんどんしに出かけなければなりません。
 あー、行きたくないよぉ。
 気合だすために、昨日の紅白(録画)を見てます。布施さんの「少年よ」はよかったです。魔化魍は微妙だったけど(笑)。
 ああやって見ると響鬼さんのかっこよさが引き立ちますな。
 モー娘。は今のメンバーは紺野くらいしかわからないんで旧メンバーが出てきたのは嬉しかった。二回もみちゃったぜ。
 しかし、一番ウケたのはぐる魂だったけど(笑)カヲルちゃんまで出るとはな。
 

2005年12月31日

会社終わって帰ってきたら・・・WaTが歌ってたよ

 ありゃ、マイク落ちたぞ!
 すげぇモン見た! ってわけで会社からやっと帰ってきたら歌ってるWaTのマイクスタンドがガタって落ちましたがな! 驚いた。こういう演出? んなわきゃねぇよな?
 ウエンツくんって去年響鬼のオーディション落っこちて、その変わり「仮面ライダー The FIRST」に出て、メジャーデビューして一ヵ月後に紅白?
 激動の一年だね。
 今年のワタシも負けずおとらず(?)激動の一年。
 身内が亡くなったりで葬式が続いたり、法事三昧だったり、喪服を何度クリーニングに出したことかと愚痴三昧。今までの生活が激変して自分の時間がかなり削られてしまったりでまた愚痴も飛ぶ。
 そんな中で好きな役者さんがレッドカーペットを歩いてくれたのは嬉しかったし、一番の思い出。しかも仮面ライダーの格好だったので嬉しさ倍増。
 来年は何が起こるんだろう。
 あまり変わりばえしないんだろうなぁ、って思いながらもちょっとワクワク。
 何が起こるかわからないもんなぁ。
 WaTのマイクがすっとんだみたいに(笑)

purine_99 at 22:13|この記事のURLOLの愚痴 

2005年12月30日

あと一日で正月休みだ、ガンバレ自分!

 12月は一日も休みがなく…。
 …11月も最終週から休んでないので、かな〜り長く無休で働いてますな。
 明日の大晦日が終われば、しばしの正月休。あと一日だ、がんばれ自分!
 月末の在庫提出して帰らないといけないから、紅白は…見れるかなぁ。
 せめて、布施さんだけは見たいな。ひょっとしたら響鬼さんも出てくれるかもしれないし、テレビ局の枠を超えて?
 踏ん張れ、って思ってるんだけどついに風邪ひいてしまって。今まで頑張ってたのになぁ。最後の最後でコレだもの。
 もうひと踏ん張りしろってことっすかね。

 追記:お世話になりっぱなしのH嬢、本日もありがとうございましたm(__)m
    この場を借りてお礼とお詫びもうします…ってここをご覧になってらっしゃらないと思いますが。
 来ていただいたお客様、ありがとうございました。間に合わない所もあり、申し訳ないかぎりでございます。

 あと一日、がんばりますぅ。

purine_99 at 21:32|この記事のURLOLの愚痴 

2005年11月29日

上映延長なんでまた見てきました:「仮面ライダー The FIRST」

 DVD発売が来年の4月下旬だし。もう元旦まで休みがまったくない怒涛の激務月間が始まるし。それを乗り越えるためにもやっぱり行って来ますか〜、ってわけでまたも見に行ってしまいました。一体、何回見たんだコイツは。あすかさんが気絶した回数と同じくらいかなぁ(^^ゞ
 
 ってわけで、今回は細部にまでしっかり見ようと。一点集中ばっかりはやめようと。(誰のことばかり見てたかは略)
 ってわけで、今回見て気づいたこと。
 ホントに細かいことなんですけど。
 バットが本郷さんにショッカーにようこそ、と薔薇の花束を渡すシーンなんですが…。続きを読む

2005年11月24日

「戦ーIKUSAー」鑑賞:特典映像「しぼる君」アニメ

 10月1日から公開された「戦」のVDVが早くも発売。
 ヤクザ映画は苦手ですが、抱腹絶倒の爆笑ヤクザモノってことなんで安心して(?)購入を決定。
 映画館に見に行った方からも、「あんなに映画館で爆笑したのは初めて」って聞いてましたので届くのを楽しみにしておったのでございます。
 本編は週末の楽しみとして、まずは特典映像を。
 なんか、妙なのがついているぞ。
 劇中アニメ「しぼる君」アニメってなんだろう…?
 と思ってみてみると…。画用紙アニメ? なんかどっかで見たような…? おなかすかせたヒトがいると頭のアンパンを食べさせるっていうあのアニメに非常に似てる…。
 あのアニメのキャラが大好きなんですっかりハマってしまいました。スタッフロールは劇中の登場人物?
 声を当ててるのも劇中の人? 本編もこの調子?

カトーさん(推定)からの電話:会社にかかる不審電話

 会社にかかってくる不審な電話。勧誘やら、政治結社をなのる団体から寄付のお願いとかその他モロモロ。対応一つ間違えば、裁判沙汰なんてコトなりかねない、デンジャラスなオシゴト、それが電話応対というオシゴト。ああっ、苦手じゃ。普段は社長宛てが多いんだけど、今日は社員個人名指し。
 断るかどうかは社員自身の責任で決めりゃいいんだけど。水際で食い止めるのも電話応対のOLのオシゴト。変なの取り次いで、トラブルに巻き込まれたくないしな。
 でもって。
 その電話がかかってきたのは午後の二時くらい。
「●●さんいる? 書類の件で電話かけてほしいって言われたんだけど。」
 電話の相手は「カトウ」と名乗り態度がなれなれしい。お得意さんでそういう態度に出る人もいるんだけど。それにしては、横暴な感じ。
 大体、会社にかけてくるときは、どこそこの会社のどの部署を言って名前を言うはず。カトウなんて苗字は多いし。そこからしてアヤシイ。会社名を聞くと、実によくあるような会社名。そこからしてもアヤシイ。
 どんな書類かと聞いても、そういえば分かると。益々アヤシイ。
 電話の相手のBGMもいい判断材料。
 周囲で沢山電話をかけている声が聞こえたら、まず勧誘だとみていい。でもその電話は微妙。遠くでかすかに電話のベルがしているんだけど、話し声はしない。
 ってわけで、名指しでかかってきた社員に内線で外線かかってるって呼び出したんだけど…。続きを読む

purine_99 at 23:07|この記事のURLOLの愚痴 

2005年11月21日

先週なんだけど。また見てきました「仮面ライダー The FIRST」感想

 関西での舞台挨拶に行き、更に翌日友人とまたも見に行った「The FIRST」。最初、井上御大だしぃ、とかなんとか言って期待まったくしてなかったのですが。見れば見る程はまってしまいます。
 回数を重ねる度に新たな発見をします。深いなぁ、このオハナシ。
 DA PUMPのエンディングテーマがかかっる頃には、もう一回見たいって気持ちで一杯になってます。
 DVDが出るまで長いなぁ。上映日程、もう少し伸ばしてほしいなあ。
 ってことで二度目の感想です。(舞台挨拶レポはまた後日…、はよせんと忘れるぞ。アタマのメモリー少ないんだから。)続きを読む

アレはグロンギかい?:「迫るオロチ」感想

 先週アスムくん、ヒビキさん弟子入りフラグが立ったのに。
 今週からまた足踏み?
 なんだよ、あと10話しかないのにグダグダはもうええねんちゅうねん。ヒビキさん弟子受け入り拒否とあきらちゃんのお話と絡めたいんだろうけど見てるこっちはサクサク進めてほしいんだよ。先週の後味のいい、さわやか〜な終わり方がどうしてこうもグダグダになるんだ?
 そしてここにきて、人類の危機だ? 全てが滅ぶって?
 世界観が違うぞ、先週まで。そういうことはじわじわ、放送開始からやんなされ。
 30分前の「マジレン」は兄弟の絆を確認しあういい終わり方だったのに。えらい違いだなぁ、って愚痴りながら今週の感想です。続きを読む

2005年11月15日

裁鬼さんは最高のヒーローだ!:「始まる君」感想

 ああっ、裁鬼さんがまたまた敗戦だ!
 やられ役ばっかり。なんでそういう役ばっかり回ってくるの?って思ってたんですが今日はいつもとちょっと違う感じを受けました。
 ヒビキさんが桐谷くんに負けると分かっていて何故行くのか、と問われた時。「待ってるヒトがいるからな」と出て行ったように。
 きっと裁鬼さんも同じだっんだ! 叶わないまでも周りに被害が出ないように懸命に食い止めてたんだ!
 カッコイイよ、カッコイイよ!裁鬼さん。放送時にはやられてるシーンばっかりになっちゃってたけど! 見えないところで人知れず、ずっと闘ってたんだね。(イシワリくんは見守ってくれてたろうけど)
 ワタシにとっては裁鬼さんが最高のヒーロ。次点は鋭鬼さん。その次は弾鬼さん…って脇鬼さん好き炸裂。って訳で感想です。続きを読む

2005年11月10日

関西舞台挨拶チケット、一枚あまっちゃった…。

 昨日が京都の舞台挨拶チケ発売で、今日は大阪。
 なんで平日の朝に発売開始やねん! 決算真っ只中のOLにはキツイ日程じゃ。
 京都はネットでなんとかゲットしました。そして大阪。長年の友人が出社前に買ってきてくれました〜。
ありがたやm(__)m
すでに100人以上並んでたそうで…。先頭の人は寝袋持参??
でも、問題が勃発。一緒に京都の舞台挨拶に行くはずだった友人が特別校外学習のため行けなくなってしまいました。
 サボると卒業できないっていう、アレだ。平たく言えば「遠足」だ。うちの高校も遠足サボったせいで何人か、卒業式の前にペンキ塗りとかさせられてたっけなぁ。
 なんで土曜日にするの、キミの高校は?
 友人はすごく残念がってました。特撮、スキだったっけ? 知らなかった。
 また機会があればいいんですが。

 ってことで一枚あまったぞ。どうしよう。結構前でど真ん中なんでぽっかり一つ穴が空くとなぁ…。

 関西での舞台挨拶が終わると一連の、イベントが全て終わってしまうんだなぁって感じで少し寂しいです。まだ映画の公開も始まったばかりなのですけども。

2005年11月09日

わが子が障害者になるという葛藤:「1リットルの涙」5話(辛口)

 実話だからというわけじゃなく、リアルだなぁって思った。
 
 主役・亜也が病気の進行により歩行困難。
 障害者手帳の交付を勧められる、それによる父と母の葛藤はかなり現実感があったように感じた。
 
 誰だってこういう状況はショックだ。想像さえしたくないことだ。
 でも心の中のどこかで自分の娘が障害者になるということをこのヒトたちは無意識のうちにこうも思ってたんじゃないかって。
 『世間一般のレベル』よりも下がったんだというレッテルを娘が貼られようとしているんだ、と思ってたんじゃないだろうか、って。
 なんだかんだ言いながらも障害を持った人たちと自分の娘が同じなんだと思いたくないんだろうなあ、って。
  仕方ないけど、あのお父さんは障害を持つひとたちを下にでも見ているんだろう。
 こんなことが無かったら気づきもしない感情だろうけど。
 無論、ワタシの中にもある。
 非難されても仕方ないだろうけども。
 今までこういうシーンはテレビじゃ出なかったからよくやったなって感じ?
 人間の暗部だから。差別も区別もあるもの。生きてる限りは。

 先輩に別れを言った亜也にちょっと変わった慰め方をした錦戸くんのシーンはよかったなぁ。