このブログは、主にPCでの閲覧、
及びPC表示での閲覧を前提に書いています。

PCで閲覧されるか、
スマホで閲覧される方はPC表示での閲覧をおすすめします。
※ページ内下記での表示切り替え または ご使用中のブラウザの設定から変更できます。




皆さんどうも♪
アクセスしていただきどうもありがとうございます。


この記事では前回までと同様に、
BOØWYについてにわかが少し語ってみようとしている記事です。

それでも問題なければ、ぜひお付き合いください♪



さて、前々回は音楽界においてのBOØWYの立ち位置、 
さらに前回の記事ではBOØWYの音楽性やサウンドについてでした。

今回は第3弾(?)として
BOØWY以後、
今日活躍されているアーティストさんや
僕らのような若い人達にどう伝わっているのか...


これを考えてみようと思います。
 


前回、BOØWYは邦ロック等の土台になった
と言いました。 

 
そもそも、それまでの日本の音楽自体、
海外の動向を伺いつつどれだけ取り入れ、
どれだけそのクオリティに近づけるか...
という部分が強かったんですよね。


ですが、BOØWY及び同年代の音楽界の変化が強く影響し、
邦ロック(?)が確立された今、
わざわざ洋楽に手を出す必要性も薄まり、
今日活躍されているアーティストさん達の音楽性等に繋がります。


ちなみにBOØWYについて、「尊敬している」「影響を受けています」
など、いろいろ確認されているのが
「GLAY」「T.M.Revolution(西川貴教)」「LUNA SEA」
「BUCK-TICK」「岡井千聖(℃-ute)」 「吉川晃司」

などなど...まぁ、挙げていけば恐らくキリがないでしょうね。


実際、番組企画ではありますが
「一夜限りのBOØWYリスペクトバンド」もありました。


BOØWY以後でガラリと風景が変わったというのは言いましたが、
日本の音楽そのものがやはり大きく動き、
独自に歩き始めた気がしますね。 



そしてどういった形で受け継がれていくのか...
もちろん、上記のように影響を受けていると公言している
アーティストさん達から吸収していく人達も居るでしょうし、
両親から影響を受けているという人もまた、
多いのではないでしょうか?


ちなみに管理人はニコニコ動画での一つのネタ動画(?)からでした。

まぁCOMPLEXから来ている動画でもあるのですが、
まず僕はここからCOMPLEXにハマったんですよね。


そして吉川さんや布袋さん、
それぞれソロでもBE MY BABYを歌っていると知り、
見ていたら布袋さんのライブの方で
BAD FEELINGが最初に来たんですよね。
やはりすごくかっこよくて、
この曲は元々BOØWYの曲なんだな...。
という所から入った記憶があります。


まぁこれが以前の記事で書いた
「BAD FEELINGの影響でBOØWYを知ったようなもの」
という発言(?)の元ですねw


流石に僕のようなハマり方をしていった人は...
居ても極々少数かと思いますし、
上記の動画を見ての通り中身が中身なのでこういったネタ動画が
広まるのを良くないと思われる方も当然居るわけですね。
正直な話、僕もあまり好きではないです。 


しかし形がどうであれ、
こうして結果的にBOØWY(及び同時期のアーティスト)を
知れたのはなんだかんだ良かったと思えています。


こういった一種の突然の波から、
BOØWYなどを知っていく人もいるのかもしれませんね。



最後に
一つ動画を紹介させていただこうかと思います。

 
この動画に出ている岡井さんも当時18歳で、
経緯は違えど今の僕と同じように
10代でBOØWYが好きになったという方ですね。


この動画自体、非常にBOØWYについて知れる部分が大きいので、
・まだBOØWYがわからない
・少しでも知ろうかなと思いこの記事を見ている

という様な方がいらっしゃれば、是非是非見て欲しいです。 



ではでは、今回はこの辺りで終了ですね。
次回のBOØWY記事更新は、(一応)「2017/03/21」を予定しています。
もっというと記事というよりかは、
オススメの曲を10曲ほど紹介できればな~と考えているので、
ただの紹介ページになる可能性も高いのですが。



またのアクセスをお待ちしております♪