2012年06月11日

マックス・エルンスト展

横浜市美術館でやっていた、マックス・エルンスト展を見ました。

マックス・エルンストはシュルレアリスムの代表作家の一人。
フロッタージュなどの、特殊技法を駆使した事で有名です。
フロッタージュはデコボコ面の上に紙を置いて鉛筆などでこすると模様が浮き出すというもので、子供の時に誰もがやった事あるのでわかりやすいかと。

版画などもありますが、特に油彩画の色彩が美しくずっとウットリしてました。
子供の頃大好きだった、紙に適当に色を塗った上を黒クレヨンで塗りつぶして、針で引っ掻いて絵を描く技法を思い出させるような作品が多くて楽しかったです。
彼の絵をみていると、下色の重要性がよくわかりますね。
油彩画はマチエール(画面の質感)を工夫した作品が多く、特に、ペインティングナイフの処理は参考になりました。

また、彼は、コラージュ技法も有名。
高校の時に授業でコラージュをやったけど全くわかってなかったなぁと、今日の展覧会をみて思いました。
「構成」がわかってなかったんだよね。
まぁ、今でもダメだけどね。その辺も今日はよく勉強になりました。

purplecat_art88 at 04:30コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月24日

Oh!スーパーミルクちゃんOPの元ネタ

ニコニコ動画でOh!スーパーミルクちゃん配信開始!ということで。


Oh!スーパーミルクちゃんのOP曲は主役のミルクちゃんが石野真子の「狼なんか怖くない」をカバーしてます。
その背景は有名アニメのパロディになってます。
という訳で、暇だったから?Oh!スーパーミルクちゃんのOPの元ネタアニメを調べてみました。

「ブランコに乗ってるミルクちゃん」:アルプスの少女ハイジ・OP(0:00)→
「ミルクちゃんが車輪回し」:キャンディキャンディ・OP(0:15)→
「画面4分割&走るメカ」:コンバトラーV・OP(0:18)→
「テツコ光線」:マジンガーZ・OP(0:20)→
「レンガ窓でリズムにノるミルクちゃん」:キャンディ・キャンディ・ED(0:22)→
「バットで打つ大家と受ける大統領」:巨人の星・劇中(0:27)→
「橇を引いて夜空を飛ぶロボドッグ犬とミルクちゃん」:フランダースの犬・OP(0:29)→
「ロボドッグ犬の馬にまたがるバグパイプ演奏者の大統領」:???(キャンディキャンディ劇中?)(0:33)→
「キューティーハニーの格好の大統領へナイフを投げて胸のあたりが破れる」:キューティハニー・OP1番(0:36)→
「大家が鏡に取り込まれる」:キューティハニー・OP2番(00:40)→
「薔薇が舞散る中テニスボールを追いかける大統領」:エースを狙え・劇中(0:43)→
「ハナゲ柄のTシャツを着た大統領がコケる」:ど根性カエル・OP(0:50)→
「夕日の中、リズムにノるミルクちゃん」:デビルマン・ED(0:58)→
「真っ白に燃え尽きた大統領」:あしたのジョー(最終回)(1:08)

(括弧内の時間はニコニコチャンネルOh!スーパーミルクちゃん第一話のOPの大体の時間)

記憶を元にyoutubeで元ネタを確認しております。

どうしてもわからなかったのは「バグパイプ演奏者が馬に乗って駆ける」シーン。
日本のアニメでバグパイプ演奏者が出るのはキャンディキャンディだけだと思うのだけど、該当シーンのOP・EDがないのですよ。
劇中のシーンなのかなぁ。情報求む!
それ以外はあってると思います。

Over35ネタですね。サーセンwww。

purplecat_art88 at 04:47コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月02日

ウェルカムボード作成 その1

先日、妹が結婚しました。
で、結婚式に飾るための「ウェルカムボード」を頼まれたので、その作成工程を公開します。

私が絵を描くので、結婚の思い出に一枚描いて欲しいということでした。
どんなのがいい?と聞くと、「イラスト風、でも、漫画チックになりすぎず」ということでした。
あと、結婚式後、家に飾りたいとのことでした。

”イラスト風”ということでイラストボード(厚紙)に水彩でもよかったのですが、私は水彩画が苦手、かつ、結婚式後も鑑賞に堪えるものということで、やっぱり油彩画を描くことにしました。


”イラスト風”と一口に言ってもいろいろな描き方があります。
しかもウェルカムボードということで、来賓を歓迎する言葉と、日付、二人の名前を入れなければなりません。
これらを満たしつつ、結婚式にふさわしい画風・・・・・・脳裏に浮かんだのがミュシャでした。w
ミュシャなら参考文献もおおいのでよいかも。

というわけで、「奇岩代のかわりにフェイドアウトいたします。。。

purplecat_art88 at 03:49コメント(0)トラックバック(0) 

ウェルカムボード作成 その5

さらに色を塗ってゆきます。

陰影に注意を払い、立体感を出します。

wedding_pic4_up




purplecat_art88 at 02:35コメント(0)トラックバック(0)自作品 

2010年08月31日

THE ビッグオー

THE ビッグオー FIRST SEASON DVD-BOX INTERNATIONAL VERSIONTHE ビッグオー FIRST SEASON DVD-BOX INTERNATIONAL VERSION
出演:宮本充
バンダイビジュアル(2003-04-25)
おすすめ度:4.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


勢いに任せて「THE ビッグオー」全話を見る。
10年位前のロボットアニメ。
深夜に何度か見てずっとずっと気になってた作品。

キャラクターデザインも舞台設定もレトロな60年代の雰囲気。

主人公の設定はほとんどバットマン。バットスーツではなく巨大ロボットに乗って敵と闘います。
いろんなギミックが備わった自動車が活躍するのもバットマンと同じ。

ロボットは鉄人28号のようなドラム缶に手足が生えた様フォルムで、それがもっとかっこよくなったようなデザイン。

レトロフューチャーもの大好きなんです〜。なので、これだけで結構ツボなのです。


しかも、このロボットが街を破壊しまくり!
敵ロボだけならともかく、主人公ロボも街を遠慮なく破壊するので始めて見たときは口あんぐりでした。
主人公ロボ登場シーンでビル一つ破壊は当たり前!
しかも、それをNYマンハッタンのど真ん中でやるから、大迷惑もいいところです。
でもね、巨大ロボット物は町を壊してナンボ!
カタストロフィーが快感!!!なのですよ〜〜。

・・・私って危ないでしょうか???


ストーリーはかなり謎めいていて、伏線もいっぱいあるのですが、最終話でも全ての謎が解明されるわけではありません。その辺がだめな人はだめかも。

計算しつくした上で含みを持たせた話にするのはいいと思うのですが、この作品はそうではないと思うのです。なので、普通ならダメ出しするところですが、この作品に関しては悪くないな、と思いました。

なぜかと言うと、最終話で主人公が「謎なんてどうでもいいじゃん」(意訳)的なことを言い(笑)、主人公がそういうならしかたないなと納得してしまったので私の負けなのでございます(笑)。


purplecat_art88 at 01:39コメント(0)トラックバック(0)アニメーション 
Profile
Infomation

   
Recent Comments
  • ライブドアブログ