IMGP1736

S.H.フィギュアーツにキン肉マン登場!バンダイの最新技術でキン肉マンが旋風(センセーション)を起こす!可動指で相手を確実にホールド。開発期間2年を要した素体を元に、満を持してキン肉マンがS.H.フィギュアーツにリングイン! 【セット内容】本体、交換用頭部2種、交換用可動手首(左右)

(Amazon.co.jpより)

SHフィギュアーツ キン肉マンのレビューです。
 



IMGP1737

IMGP1738

IMGP1739

まずはぐるりと。

正にキン肉マンという名に恥じない筋肉の造形はすごいの一言です。

IMGP1740

関節は二重なだけではなく関節部でひねることができるようになっていて、今までの腕部に差し込んだ部分で回転させるのでより自然な可動ができて少し感動。

IMGP1742

IMGP1741

 次に防御姿勢。ぐっとここまで肩を引き出せるだけでもすごいんですが、肘までピシッと付くとは・・・。すごいぞ、新・格闘素体。

IMGP1743

IMGP1744

膝立ちは難なく可能。

胴体との隙間だったり関節部だったりが気になる人は気になるでしょうね。個人的には構いませんが。 

IMGP1746

開脚は約180度 でさらには足首の接地も完璧。

IMGP1747

また、股関節の付け根部分が下にも可動するようになっており、さらに 可動域を広げることが。

IMGP1748

オプション。

上の顔が気合顔で下がダメージ顔。ダメージというよりキン肉バスター とかそういう顔な気がしますが。

手のひらは平手ではなく可動手首。

IMGP1749

IMGP1750

これで技をかけた時に相手を掴めるということですね~。

IMGP1745

IMGP1751

IMGP1753

足首自体がしっかりとしているで片足立ちも。

IMGP1752

近くにあったもので比較。

リボルミニの方でもキン肉マンシリーズが始まっていますが、リボルミニ スネークとの差を考えると絡めて遊ぶのは難しそうです。

IMGP1754

以下適当にプロレスごっこを。

IMGP1755

IMGP1756

アラレルギさん大活躍。

IMGP1758

ムーンサルト。うーむ、リングほしくなりますねー。

IMGP1759

IMGP1760

アリャラギさんでは可動がアレなのでスネークでキン肉バスター。

技をかける 方よりもかけられる方が可動域が必要になってくるので、もう一体このシリーズがあった方がより楽しめますね。

IMGP1761

サイズが合わないので四の字固めならず。

IMGP1762

IMGP1765

IMGP1763

IMGP1764

ボストンクラブならなずな殿でもいけました。

IMGP1766

IMGP1767

パロ・スペシャル。

IMGP1769

IMGP1770

おしまい。

開発に2年かかったという「新・格闘素体」ですが、すごいですね。批判にもなりませんが、強いて言うなら胴体部の隙間、関節部の露出くらいでどちらも些細なことです。
筋肉などの造形でもっと重いものかと思ってましたが実際に持ってみると、軽くできており 何の問題もなくアームで保持できるなどこの辺りもグッド。顔も違和感なくよく出来ています。

これだけでもとても良いのですが、このキン肉マンひとつだけではなく相手に同シリーズの超人も手に入れることをオススメします。やはりfigma相手だと物足りなさを感じますね。

さて、リボルミニではキン肉マングレート、フィギュアーツではネプチューンマンと違う超人を発売 を予定しているわけですが絡めて遊べないのは残念でならないですね(それぞれに事情があるのはわかりますが) 。

今後のバリエーションや格闘素体が通用しないサンシャインなどのような超人もでるのかなども気になるところです。

とてもおすすめのS.H.フィギュアーツ キン肉マンのレビューでした。



ホビー/グッズ販売 通販ショップの駿河屋