IMGP1847

リマスター版のHGブリッツガンダムの素組みレビューです。

 
IMGP1849

IMGP1850

旧版をもってないのでよくわかりませんが、各部のカラーがアニメに近い色に変更されたリマスター版で色味は良いと思います。

IMGP1853

顔や体型はアニメというより設定画準拠といった感じ 。

シールはある程度は仕方ないですが、肘、膝関節や手のひらの紫パーツはもう少し頑張ってほしかったところ。

IMGP1854

可動ですが、時代を考えれば並か上といったところでしょうか。
IMGP1855

接地性が高いように見えますが、実際は足首関節ではなく、つま先部分が可動しています。

IMGP1857

膝立ちはこんな感じ。

IMGP1858

トリケロスは赤と黄色の部分がシール。

IMGP1859

グレイプニール。

IMGP1860

オプション。

リマスター版なのでデカールとアクションベース用のジョイントパーツが付属。

IMGP1862

IMGP1864

ビームサーベルのクリアパーツは付属していないので他から拝借。

IMGP1865

グレイプニール射出時は台座があるので安定して飾れます。

IMGP1866

IMGP1869

IMGP1867

IMGP1870

例のシーン。

IMGP1872

おしまい。

可動は時代を考えると良い方でシールもありますが許容範囲だと思います。

トリケロス、グレイプニールなどの取りたいポーズはだいたい取れるので「MG買うほどでは・・・」って人にはおすすめです。

HGCEの方でもまた新たにSEEDシリーズが展開しているのでそちらで発売されるのか気になるところです。
 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字