IMGP1930

世界制服作戦 咲-Saki-全国編 竹井久のレビューです。

IMGP1931

IMGP1932

ぐるりと。

IMGP1933

顔の造形も概ね問題無し。

髪型は普段の結んでいないもの。毛先なんかは結構丸っこいです。

IMGP1934

アイプリは問題なく綺麗なのですが、髪や制服などにバリが割と残ってるのが気になりました。

IMGP1935

塗装はのどっちと比べるとシャドーが抑え気味で、もっとのどっちみたいにメリハリ付けててもよかったかなと。

IMGP1936

IMGP1937

また、青の色合いは襟の部分はのどっちより濃く、スカート部はのどっちより淡い感じ。

IMGP1944

残念だったのがこの制服の裾部分。

手の塗装?が輪郭に沿うように付着しちゃってます。個体差なのかミスなのか。
 
IMGP1938

黒のタイツということでとても滑らかなおみ足。

IMGP1939

台座の意匠等は共通。

IMGP1941

IMGP1942

手に持ってる白の牌は固定ではなくそのまま二本の指に挟んでるのでとても失くしそう。

と、いうことをメガハウス側もわかってるようで予備の白がもう一つ付属してます。

IMGP1945

IMGP1946

アニメ1期のホワイトボードでのお尻ふりふりの可愛さは忘れません。 

IMGP1947

牌を外してピースな感じでおしまい。これはこれでアリですね。

部長の可愛さは十分表れてるし(上述した裾部分の塗装が個体差であれば)塗装も概ね問題ないかと思います。
部長含め咲-saki-自体めったに立体化されるアニメ ではないのでどんどん続いていってほしい限りです。

(咲さんはまだですか・・・)