IMGP1948

バンダイのスターウォーズプラモデルシリーズよりスカウト・トルーパー&スピーダー・バイクの素組みレビューです。

 
IMGP1949

IMGP1950

前後。

白と黒のフォルムは劇中通りで、同じ白のプラでも場所によって皺が入っているなど力の入れようが伝わってきます。

IMGP1951

特徴的なマスク。

口、鼻、額はシールで再現。ゴーグルの部分は黒のプラです。

IMGP1952

装甲が軽装化されたためストームトルーパーよりも多く露出している黒の部分も皺などでスーツっぽさがよく表現されています。

IMGP1953

IMGP1954

付属の銃はホルスターに収納でき、抜き差しすることができます。

IMGP1955

バイクに乗ることが考慮されてか可動域は全体的に広く作られています。

IMGP1956

肘は二重関節で肩も十分上がります。

IMGP1957

股関節が引き出せるようになっているので開脚も満足の域。

接地も問題無し。

IMGP1959

オプションは銃の他は左右のハンドルの握り手と右手のみの銃持ち手が付属。

また、いつもの真っ黒なただのプラ デススターの内部を模した台座が付属。

IMGP1960

水転写式デカールとマーキングシール同じのが二つ入ってるのもいつも通りです。

IMGP1961

IMGP1962

IMGP1963

銃は持ち手を分解して持たせる方式なのでしっかり持つことができます。

IMGP1964

IMGP1965

あまりこういう持ち方はしなさそうですが。

IMGP1967

肩が引き出せるので全く問題なく両手で持てます。

IMGP1970

スピーダーバイク。

IMGP1977

並べるとこのぐらい。

大きいです。

IMGP1971

IMGP1976

IMGP1973

 戦車のプラモほど・・・とまで言いませんがなかなかの細かさ

片方のハンドルだけで6パーツで構成されています。

IMGP1972

チューブの感じもメカメカしくて良いです。

IMGP1974

IMGP1975

付属している台座で安定して浮かせることができます。

IMGP1969

IMGP1968
 
リパルサードライブ?のハッチはそれぞれ別パーツで開閉を再現できます。

IMGP1978

ということで搭乗。

IMGP1979

ダボなどで固定するわけではなくただ乗せるだけなのでしっかりしたポーズを取るのが地味に大変ですが、可動範囲が広いので座らせることができました。

IMGP1980

IMGP1981

IMGP1983

また、下部にも穴があるので魂ステージやアクションベースなども使用できます。 

IMGP1982

なので、高く浮かせることや、

IMGP1986

アクロバティックに飾ることができます。

IMGP1984

IMGP1985

IMGP1987

おしまい。

スカウトトルーパー本体の広い可動域と設定資料を徹底的に検証して作り上げたというスピーダーバイク双方の高い完成度は目を見張るほどのもので作っていてとても楽しいものでした。

ただパーツが細かい故に破損には十分気を付けないとすぐぽきっといきそうですのでご注意を。

惑星エンドアの草にこすれた感じとか土とか錆びとかもうドロッドロに汚したくて仕方がありません。