海部津島キャラバン隊 Puzzle 活動日記

「みんなちがって、みんないい!」 愛知県海部津島地域を中心に発達障害(自閉症など)・知的障害の啓発活動を行うグループの活動日記です。

私たちは、愛知県西部(海部津島地域)を中心に発達障がい(自閉症など)・知的障がいを知っていただく「きっかけ作り」として、キャラバン隊(啓発)活動をしているグループ「Puzzle」です。

★キャラバン隊のこと★

本家は「座間市手をつなぐ育成会キャラバン隊」で、知的障害・発達障害のある子どもたちの行動や感じ方の疑似体験、障害の特性やかかわり方のコツなどを楽しく理解していただけるよう、簡単に、分かりやすく、楽しく、元気に公演活動をしています。

愛知県では、愛知キャラバン隊ネットワーク(通称:愛キャラネット)という
父母や支援者を中心に、自閉症などの発達障がいや知的障がいについて
啓蒙啓発活動を行っているグループのネットワークがあり、私達もこれに参加しています。 現在、愛キャラネットには、10グループ以上が参加しており、それぞれの最寄りの地域で、体験コーナーを交えながら小中学校や一般の方に出前公演を行っています。


「Puzzle」は、愛キャラに参加しているグループの公演を観て、自分たちでも活動しようと集まった海部津島地区在住の母たちが、2009年4月に結成したグループです。


★グループ名「Puzzle」の由来★

「Puzzle」は、ひとつひとつのピースが合わさって完成します。 そのピースは1つとして同じ形がありません。 パズルのピースの様に、人も、誰もがそれぞれ違った形(個性)を持っていると思います。 いろんな形のピースが集まってパズルが完成するように、いろいろな人々、誰もが此処にいるのが当たり前の社会になったらいいなぁ と 思います。
 『みんな違って、みんないい』 そんな気持ちを多くの人に伝えたくて命名しました。

 ☆発達障害って何? 知的障害って何?
 ☆ことばが分からない、伝わらないってどういうこと?
 ☆どうしてうまくできないの?

発達障害・知的障害の子どもの気持ちを「知る」は「理解」の第一歩だと私達は考えています。 最初の一歩を踏み出すお手伝いを私達にさせていただけるように、現在メンバー8名で活動しています。

また、私達と一緒に活動していただける新メンバーを募集しています。
キャラバン隊活動に興味がある方、私達と一緒に活動を始めてみませんか?


公演をご希望される方は、下記の記事をご参照下さい。

公演依頼される前に御一読下さい
公演依頼方法
公演内容について

29年11月1日(水)


今年度から、大治町の公演もお受けすることになりました


ふぁみさぽさんの公演で大治町の会場は初めてだったので、

会場下見もさせて頂きました。(近くても知らない事ばかり…。)


子育て中半分、先輩半分の参加者でした。

子どもたちの気持ちに気づけて良かった。  って感想が多かったですね〜

これからも、皆さんに私たちPuzzleのスピードで、発達障害のユニークな世界をお伝えしていきます。

今回、活動報告が遅くなってしまい、公演を依頼してくださった方々には、本当にごめんなさい
こんなゆっくりペースなpuzzleですが、これからもよろしくお願いいたします


                                            文責: やすじろう



29年8月25日(金)

津島市教育委員会 社会教育課 放課後子ども教室のスタッフ様
対象に研修会の依頼を頂きました。


放課後子ども教室って、どんなところなんだろう?

って、お話を伺うと

なんとビックリ( ゚Д゚)
子育てママさんにはとってもありがたい所だった

私たちの公演に来てくださった方々は、
「子育てのヒントになりました」
「発達障害を特別視することなく、「その子」に寄り添い見守ることの大切さに
気づいてくださる方が、多かったです

頂いたアンケートをもとに、私達もパワーアップしてまいります。
ありがとうございました。

                                     文責:やすじろう

このページのトップヘ