2017年01月25日

ViVid Strike! Blu-ray Vol.2

ViVid Strike! Blu-ray Vol.2(ゲーマーズ限定版)ViVid Strike! Blu-ray Vol.2(パッケージ裏面)

ということで、引き続いて第2巻の記事。
正式発売日の1日前である1月24日に、ゲーマーズ神戸三宮店にて購入しました。
ラバーストラップのついたゲーマーズ限定版のBlu-ray版になります。

  続きを読む

2017年01月24日

ViVid Strike! Blu-ray Vol.1

ViVid Strike! Blu-ray Vol.1(ゲーマーズ限定版)ViVid Strike! Blu-ray Vol.1(パッケージ裏面)

本日すでに第2巻も買ってきてはいますが、まずは第1巻から。
正式発売日である12月21日に、ゲーマーズ神戸三宮店にて購入しています。
ラバーストラップのついたゲーマーズ限定版のBlu-ray版になります。

  続きを読む

2017年01月23日

にゃんこデイズ #02

第2話は、日曜日の3匹の猫達の家での様子が楽しいお話。
2話目からはニコ動だと有料放送ということでサンテレビでの録画分を視聴、やっぱりテレビの画面で見るとより可愛くなります(笑)。

スマホゲーで遊ぶ友子の指にじゃれ付いたり、おやつ用に用意されたボウルに入ってスリリングを楽しむまーが可愛いもの。
ちなみにTシャツの文字は「もっちり」、さて何がもっちりなのやら(笑)。
転がってジュースをこぼして反省な態度も可愛いもの。
おやつの前には友子の母親も登場、こちらもなかなかの可愛さ(笑)。

こぼしたジュースをいち早く拭いて、撫でられるろーも良いですね〜。
褒められながら拭いている様子、あれでちゃんと拭けているのかは疑問(笑)。

というところで、しーの鳴き声。
見返してみれば確かに最初からひとりで絵を描いてあましたが、描き上がった魚的なものは、まさか友子だったとは(笑)。
でも泣いてもネコ用ボーロですぐ笑顔、ろー&まーも一緒になって食べる後ろ姿が良い感じでした。


人気blogランキング に参加中。
サンテレビで見られるのはありがたいもの、ニコ動は有料も格安とはいえコメントが少ないのは寂しいですからねぇ。  

2017年01月22日

本日の障害競走

中京第4レース(未勝利 芝3000m)
勝ち馬:メイショウルンバ

森騎手騎乗の6歳牝馬メイショウルンバが見事1番人気に応えて勝利しました。
マツリダゴッホ産駒で、前走4着から障害4戦目での初勝利です。
なお、平地時代は18戦2勝で、ダート中距離の平場500万勝ちが最高でした。

デュアルメジャーが大きく引き離して逃げる展開の中で、馬群の前に立って2番手を追走。
向正面で早めに馬群を引き離して追いかけはじめると、最終障害飛越後に捕えての勝利です。


人気blogランキング に参加中。
牛若丸ジャンプステークスは第1回特別登録で11頭、相変わらずの少なさですが2桁いるだけマシなのかもしれません・・・  

2017年01月21日

本日の障害競走

中京第4レース(未勝利 芝3000m)
勝ち馬:ルグランシェクル

大江原騎手騎乗で6番人気の4歳牡馬ルグランシェクルが勝利しました。
パイロ産駒で、前走7着から障害2戦目での初勝利です。
中央平地成績は11戦1勝で、ダート短距離の未勝利勝ちがあるのみでした。

道中は比較的縦長の展開となる中で、中団付近を追走。
最後の直線2連続障害の間で一気に並びかけて、最後は4馬身突き放す完勝でした。


中京第5レース(オープン 芝3330m)
1着:ホーカーテンペスト
2着:ハギノパトリオット
3着:グッドスカイ

五十嵐騎手騎乗で昨夏から新潟で未勝利戦と平場オープンを連勝していた1番人気ホーカーテンペストが、中団の外目を追走して最終障害飛越後に外から伸びて3連勝。
2着には熊沢騎手騎乗で中京の未勝利戦を勝ち上がっての昇級戦だった5番人気ハギノパトリオットが、3着には昨秋に3歳牝馬ながら入障2連勝だった3番人気グッドスカイが入って、堅い決着となりました。

(今から東京遠征のため、コメントはしばらくお待ちください)  

2017年01月20日

4歳以上障害オープン(混合)1回中京3日5R

◎グッドスカイ
○ウインアーマー
▲ホーカーテンペスト
△ダンツメガヒット

1月に2週連続で開催される中京平場オープン。
先週よりは1頭増えたものの、10頭立てという少頭数は寂しい限りですが、オープン勝ち馬自体は多く質は高いメンバーとなりました。

予想コメントは、続きをご覧ください。  続きを読む

2017年01月19日

OneRoom 第2話

第2話は、アパート断水の日に結衣と銭湯に行くお話。
勉強を教える日々ですっかり仲良くなっている様子で、定番の展開ですねぇ(笑)。
銭湯と言っても当然ながら男湯と女湯は別なわけですけど、

勉強は主に何を教えているのか気になるところですけど、そもそもこの主人公さんは何者なのかも気になるところ。
途中のノートは3次関数っぽいグラフがいくつか見えるのでとりあえず数学、3次関数をメインで使うなら数IIですかねー。
それにしても、相変わらず視点移動がエロい感じでどうしましょうか(笑)。

急にお水が出なくなるのは断水のせいですが、大体アパートやマンションの断水は昼〜夕方に終わらせることが多い印象。
夕方以降は家にいる機会も多いでしょうし、結衣みたいに戸惑う人が出てきてもおかしくないですからねぇ。

ということで、お水が出なければ仕方がないのでお風呂は銭湯へ。
結衣が脱ぐシーンのエロいこと、下腹部だけでここまで描けるというのは結構なものかと(笑)。
帰り道の結衣は、髪の毛をくくっていて新鮮な感じでした。


人気blogランキング に参加中。
ニコ動だと宣伝が結構な量あるところが、SMIRALのアニメらしいですねぇ(笑)  

2017年01月18日

2017年1月18日の作業内容

本日はお休みでしたが、相変わらず風邪での体調不良を引きずっています・・・。
今週末の艦これオンリーイベント合わせのグッズが間に合うかどうかの瀬戸際ですが、かなり厳しそうな雰囲気。  
Posted by puzzlize at 23:47Comments(0)TrackBack(0)雑記・その他

2017年01月17日

パズル・ザ・ジャイアントVol.30掲載誌到着

公称発売日1月15日のパズル・ザ・ジャイアントVol.30が1月13日に送られてきていました。
ニコリでは珍しく、ほぼ過不足なしの完全依頼制の本となっているパズル・ザ・ジャイアント。
Vol.26以来、4年ぶりの依頼をいただきました。

  続きを読む
Posted by puzzlize at 23:33Comments(0)TrackBack(0)パズル

2017年01月16日

本日の障害競走

中京第4レース(未勝利 芝3000m)
勝ち馬:シゲルナガイワシ

植野騎手騎乗で13番人気の4歳牡馬シゲルナガイワシが勝利しました。
ブラックタキシード産駒で、初障害初勝利です。
なお、平地時代は13戦1勝で、ダート中距離の未勝利勝ちがあるのみでした。

かなり縦長の展開となる中で、4番手の内を進む展開。
最終障害まで同じような位置取りから、最後は一気に間を突き抜けての勝利でした。


人気blogランキング に参加中。
植野騎手はこれでJRA障害競走通算100勝を達成。
障害のみだと年間最多9勝(4回)という積み重ねでの記録ですが、今年は是非年間2桁勝利を!  

にゃんこデイズ #01

公式サイト:http://nyanko-days.com/

今期アニメの公式サイトを色々とチェックしていたら、良い感じの絵柄と雰囲気だったのがこのアニメ。
例によって2分アニメ、今回は別にわざとショートアニメを選んだわけではなく偶然ですが、何故か最近の私が気に入るアニメはほとんどショートアニメばかりのようで。
地上波でも関西ならサンテレビで放送、昨夜には第2話も放送されて録画はしていますが、とりあえずニコニコ動画で視聴した第1話についてです。

ショートアニメ数あれど、主題歌まで含めて2分というのはてーきゅう並みの短さ。
このレベルだと2分か3分かで1.5倍も変わってくるわけで、バカに出来ないのですよね。
しかし、その貴重な2分の内の約30秒を主題歌に費やすとは流石というかなんというか(笑)。

そのオープニングorエンディング、30秒使うだけあってかなりいい感じのアニメだと思います。
確かにこれを30秒見ているだけで、その可愛さに癒されます。
曲の方もそれなり、個人的には結構好きですよー。

キャラクターは、主人公の小長井友子が何気に結構可愛い感じ。
猫の髪留めが素敵です(笑)。
可愛い猫達だと「まー」が一番良い感じですが、「ろー」も素敵。

ということで、以下第1話通常感想です。
と言っても流石に短いうえにてーきゅうほどの密度も無いので、分量は少ないはず。
時間が無いなんて言っている身からすれば嬉しい限りではありますが、もう少しだけ長くても良いんですよ(笑)。


第1話は、学校が苦手な友子の家の猫達に癒されるお話。
とりあえず知ってる猫とは違う気がしますが、実に可愛いにゃんこ達でした(笑)。

友子は高校入学数か月、半袖ですしちょうど夏頃に差し掛かった頃でしょうか。
友達ゼロはそもそも中学からの友達すらいないのか気になりますけど、ジト目のところはもの凄く可愛かったですよ〜。
本人的には嬉しくないのでしょうけど、こうやって一人で佇む女の子というのも可愛いものです。

帰宅を出迎えてくれた猫達を見るなり、いきなりデレッとした表情になるのが笑えました。
まーのTシャツの文字は「けだま」、Tシャツの良く分からない言葉と言えばてーきゅうのユリを思い浮かべざるを得ないのですけど、こちらも色々とバリエーションがあったりするのでしょうかね。

しーは他ふたりを「さん」づけ呼び、敬語と言うより「ばーさん」「じーさん」のノリなのが良いですねぇ。
ろーはメガネを掛けてみたりするみたいですけど、本といいメガネといい、かなり小さいサイズなのでは(笑)。
ということでしばらく玄関でもふもふ、気持ちはよく分かる気がします。


人気blogランキング に参加中。
てーきゅうと違って、流石にもう少し放送時間が欲しい気がしました。  

2017年01月15日

本日の障害競走

中京第4レース(未勝利 芝3000m)
積雪の影響のため取り止め

残念ながら、中京競馬は積雪のため全競走が中止となりました。
これに伴う代替競馬は明日月曜日(1月16日)に出馬表の内容を変更せず施行されます。
開催全ての中止なので、障害競走だけが消滅というパターンにはなりませんでした。

そもそも、直線芝コースのみである中京or新潟での障害競走施行時の開催中止事例がほとんど無かった記憶。
障害コースのみ除雪せずに取り止めという事例は結構な数がありますが、ハードル設置は芝コースさえ施行出来れば出来るので、障害競走のみ中止という可能性は若干減りそうでしょうか。
もっとも、平地でも芝レースを全てダートで施行(重賞はノングレードの“重賞”として施行)という例もあるので、ダートで施行出来ない障害競走のみ中止という可能性はあるでしょうけども。


人気blogランキング に参加中。
明日は無事に開催出来るのでしょうか。  

2017年01月14日

本日の障害競走

中京第4レース(未勝利 芝3000m)
勝ち馬:セイクリッドロード

蓑島騎手騎乗で2番人気の8歳セン馬セイクリッドロードが勝利しました。
シンボリクリスエス産駒で、前走2着から障害10戦目での初勝利です。
中央平地成績は26戦2勝で、芝中距離の平場500万勝ちが最高でした。

道中は中団追走、馬群が固まる中でじっと我慢する展開でした。
直線で外に出すと、2連続障害を綺麗に飛越してその勢いで抜け出しての勝利です。


中京第5レース(オープン 芝3330m)
1着:ラステラ
2着:リスヴェリアート
3着:ダローネガ

鈴木騎手騎乗でメンバー中唯一のオープン勝ち馬だった5番人気ラステラが、好スタートから一度控えて4コーナー先頭から押し切っての平場オープン2連勝。
2着には北沢騎手騎乗で阪神平場オープン2着の経験があった3番人気リスヴェリアートが、3着には昨年暮れに施行された中京の未勝利戦を勝ち上がっての昇級戦だった1番人気ダローネガが入って、比較的堅い決着となりました。  続きを読む

4歳以上障害オープン(混合)1回中京1日5R

◎ダローネガ
○リスヴェリアート
▲サダムコーテイ
△ラステラ

早くも4年目となる障害第3場開催の最初を飾る中京平場オープン。
未勝利戦が2戦とも4頭以上除外となる一方で、いきなりの9頭という少頭数でやや寂しいメンバーとなりました。

予想コメントは、続きをご覧ください。  続きを読む

2017年01月13日

2016年度JRA賞 最優秀障害馬は満票での選出

まず、中山新春ジャンプステークスの回顧記事、ようやく追記完了です。
ということで、今回は中山新春JSで今年も良い滑り出しを見せた石神騎手のお手馬である、オジュウチョウサンの話。
1月10日の発表で、見事JRA賞最優秀障害馬に満票で選出されました。


JRA賞最優秀障害馬はJ・G1が年2回のみ施行される関係上、票が割れることが多くありました。
加えて、「該当馬なし」への得票が多かった過去もあり、近年も最低でも1票は該当馬なしがありました。

そもそも、グレード制導入後で年間2回のJ・G1を制覇した馬が現れたのが、2015年のアップトゥデイトが初めてという状況。
そう考えれば、グレード制導入後に満票での選出が無かったのは当然かもしれません。

かつて中山グランドジャンプを海外馬がよく制覇していた時代は、日本馬ではJ・G1馬は1頭のみ。
ただ、海外馬に持っていかれたという印象を考えれば、該当馬なしに入れるという心情は全く分からないわけではありません。

惜しかったのは、未だに私が一番大好きな障害馬であるブランディスでしょうか。
2004年は前年の中山大障害が降雪延期となっていたため年明けの開催で、現在でも唯一年間でJ・G1が3回施行された年でした。
ブランディスはそのうち最初の2つを制覇、暮れのレースを前にして故障引退となったのが本当に惜しまれます。
最優秀障害馬には当然のように選出されましたが、3つ完全制覇なら流石に満票もあったのではないかと。


ということで、今までは色々な事情もあって、グレード制導入後の満票での選出馬が居なかったわけですけども。
2016年度はオジュウチョウサンが見事291票の全てを集めて選出、これは2016年度のJRA賞の中では唯一の快挙でした。

2015年のアップトゥデイトは、惜しくも2票足らずに満票を逃してしました。
そのアップトゥデイトとの違いは、中山でのJ・G1二勝に加えて、東京重賞2回も両方とも勝利している点でしょうか。
あるいはレースでのパフォーマンスの違いもあるかもしれませんが、流石にこれでダメなら金輪際満票は無いだろうと思っただけに、無事に票を集められて良かったです。


人気blogランキング に参加中。
オジュウチョウサンには今後も様々なレースでの活躍を期待!  

2017年01月12日

OneRoom 第1話

公式サイト:http://oneroom-anime.com/

てーきゅう等のアース・スター関連レーベルであるSMIRAL発の今期アニメ。
方向性としては、感想こそ今まで書いていませんでしたが、たまに見ていたあにとれと同じ系統という感じです。
私自身の注目は何と言ってもキャラクターデザインがリリカルなのはの奥田泰弘さんである点ですが、これについてはキャラクター原案の作風をしっかり前面に押し出している感じで奥田氏っぽさはあまりないでしょうか。

ということで、そのキャラクター原案はカントクさん。
その元の絵の雰囲気をそのまま持ってきた感じのキャラクターデザインですが、私の好みとしてもなかなか良い感じで気に入りました。
3人のキャラの好みとしては、絵だけで言うなら髪色的に第3部の萌香が一番でしょうかねー。

完全に一人称視点で、出てくるのはメインヒロインのみの構成。
男がいても邪魔なだけでしょうし、これはこれでアリでしょうか。
感情移入とやらが意味不明、世界を外から覗く見方が大好きな私にとっては、むしろ邪魔が無いぶんすんなり光景を堪能出来そうな(笑)。

それでは、ここからは第1話通常感想です。
視聴と感想はきっちり継続予定、時間もてーきゅうほどではありませんが非常に短いので忙しい人にも優しいのです(笑)。


第1話は、花坂結衣が姉とともに隣の部屋に引っ越してくるお話。
大学合格後ではなく、受験のために東京まで引っ越して姉妹2人暮らしが必要というのは、地方民の大変さを感じます。
とりあえず制服が良い感じで可愛いのですが、主人公の視点移動はエロいことを考えすぎでは(笑)。

来客のチャイムが鳴っても、事前で分かっている宅配便以外は基本的に無視する私にはありえない冒頭の光景。
しっかり覗き穴は使って確認している雰囲気ですが、この穴は逆用される可能性があると知ってからガムテープでふさいでいるのですよねー。

でも、ちゃんと出てみれば引っ越しの挨拶に来た可愛い女の子の姿。
詰まらないものの中身は、定番ならタオルか蕎麦か?
とりあえずそんなものより結衣が可愛いわけですけど、アングルがいちいちエロい感じがします(笑)。

帰り道での偶然の遭遇、踏切を挟んで方向が逆だったはずなのに一緒に帰るとはどういうシチュエーションなのやら。
まぁ主人公の方が適当に出歩いていただけで、すぐUターン出来る程度だったのだと思いますけども。

第一志望の大学への模試の判定、A判定にはならないということは裏を返せばB判定はあるということなのでしょうかね。
浪人生ならいざ知らず、高校生ならばA判定がなかなか出なくても焦る必要は皆無と言われますし、実際そうだと思います。
最初からA余裕でしたという人は特殊事例か良い意味で頭がおかしい人か、いずれにしても無視して良い程度しかいないはずですし(笑)。
ということで勉強を手伝うベタな展開、可愛い娘相手ならタダででもいくらでも、と言うところなのですかねー。


人気blogランキング に参加中。
公式サイトには結衣の私服イラストもありましたが、この制服はかなり良い感じ。  

2017年01月11日

ViVid Strike! 〜ViVid Xmas〜

アニメ本編の放送終了翌週に放映された特番ですが、今更のように視聴。
12月24日深夜の放映だったので、2週間以上経ってからの初視聴でした。
何か特別な情報でもあればと思いましたが、とりあえずフーカ役の水瀬いのりさんとリンネ役の小倉唯さんが頑張っているだけという感じ(笑)。

進行役はユミナ役の上坂すみれさんで、なかなか笑わせていただいたところもあって面白い番組でした。
とりあえず梅干しの乗ったケーキは結構なインパクトでしたが、あれはそもそも水瀬いのりさんの盛り付けの仕方がヤバすぎるという(笑)。
小倉唯さんの方は罰ゲーム側のたい焼きも上手く使っていたのが凄いですねぇ。

前半のパートだったViVid Strike! アニメ本編振り返りでは、やっぱり肋骨がバキバキという話になるのですねー。
ちょうど前半戦終了時に公開されていた「フーカとリンネのスパーリングラジオ」でもそうでしたけど、確かにかなり印象に残りましたからねぇ。

幼少期と今のリンネは、演じる側も別キャラのつもりで挑んでいたというのは、やはりという印象。
そしてそれがしっかり出来るのが、良い声優さんなのだと思います。
小倉唯さんのああいう調子は本当に新鮮でした。


人気blogランキング に参加中。
敗者用だったユミナのカード、確かにユミナが悪そうに思えてくるのが面白いもの(笑)  

2017年01月10日

例大祭に申し込み完了

本日サークル参加申込締切だった博麗神社例大祭14ですが、何とか間に合いました。
結局サークルカットを新たに描く暇が無かったので、現状で一番新しかった紅楼夢のものから使い回し・・・。
そのぶん本番ではしっかりしたものを作りたいところ。

ところで、5月7日は夕方からViVid☆PARTYもあるのですよね。
物販列への並びなども含めて当日の動きを検討中、例大祭のときにいつもお手伝いをお願いしている花映塚関連の知り合いにお願いする内容を増やすというのもアリだとは思うのですが、どうしたものやら。
以前はコミケ等と同じくサークル通行証を3枚もらえていたのですが、ここ2回ほどは他のオンリーと同じく2枚に減ってしまったのが地味に痛いですねぇ。

そういえば、VVStのブルーレイ1巻についていたViVid☆PARTYのチケット優先販売申込券は、とりあえずしっかり申し込みまでは完了しています。
ぴあのサイトが重かったのか、ページ切り替えあたりで何度かエラーで不安でしたが(苦笑)。
抽選発表は今月下旬、DOG DAYSのときはこのパターンで落ちていたので、今回は是非とも受かってほしいものです。  

2017年01月09日

ニコリ157号他、2016年12月発売のニコリ関連誌

2016年12月10日発売だったニコリ関連誌は、本誌157号ととびっきり数独8、そして激辛数独20でした。
しかしながら、3冊とも掲載はゼロと非常に寂しい状況・・・。

激辛数独に関しては、そもそも掲載が1回のみなので惜しくもなんともないのですけども。
ニコリ本誌が数号ぶりに載らなかったのが本当に残念です。
とびっきり数独8に関しては、数独通信の締め切りが非常に早く変則的だった号で1回投稿を忘れているので、掲載漏れも已む無しなのですが。


人気blogランキング に参加中。
1月発売の某誌に関しては、何事もなければ載っているはず。  
Posted by puzzlize at 23:17Comments(0)TrackBack(0)パズル

2017年01月08日

本日の障害競走

京都第4レース(未勝利 芝→ダート2910m)
勝ち馬:マジックダイオウ

林騎手騎乗で2番人気の4歳牡馬マジックダイオウが勝利しました。
テイエムオペラオー産駒で、2連続2着から障害3戦目での初勝利です。
なお、平地時代は17戦未勝利で、ダート中距離の未勝利戦での5着が唯一の掲示板入りでした。

ゴースルーが引き離し気味に逃げる展開の中、中団付近を追走する展開。
向正面で少しずつ詰めて、最後は4頭での叩き合いを中からハナ差競り勝っての勝利でした。


人気blogランキング に参加中。
入障後の変わりぶり、テイエムオペラオーは父オペラハウスほどではないものの、障害で走る馬を出しますねぇ。