2005年10月29日

魔法少女リリカルなのはA’s THE COMICS Report IV

なのはの友達 フェイトが転入してきて1週間
学校そのものが初体験なフェイトは なんだか色々と危なっかしいったらなくて
なのはやすずか共々
何だかんだで目が離せない
あたし アリサ・バニングスだったりします



なのはが新しく作った友達、フェイトについて色々と思うアリサ。
仲良し3人組の中に入ってくるとあって最初は少し不安もあったが、今ではなのはがフェイトを好きになったのも納得の様子である。

お昼になり、教室でお弁当を食べる4人。
外国出身であるフェイトに出される大量の漢字の宿題のことから勉強のことに話が及ぶ。
なのはとフェイトの理数系の成績について納得いかないアリサは、塾のテストでフェイトに勝負を挑む。

食後、弁当箱を洗いつつフェイトと勉強の話を続けるなのは。
だが、運動が得意なすずかや漢字以外は何でも得意なフェイトのことを思い、フェイトに泣きつく。
そんななのはを、
「午後の体育のドッヂボールではわたしがきっとなのはを守るから」
と慰めるフェイトであった。

午後の体育、ドッヂボールの時間。
チーム分けの結果、Aチームはリーダー:アリサ&エース:すずか、Bチームはエース:フェイト&バックス:なのはに決定。
アリサとすずかは試合では負けないと意気込む。

アルフとエイミィは、そんなフェイト達の様子を校舎の屋上から観察。
「フェイトにはいっぱい笑ってほしいからね」
と、アルフもフェイトが楽しい学校生活をおくってくれていて嬉しいようである。

試合は進み、アリサの放ったボールが狙い通りなのはにヒット。
フェイトは倒れそうになったなのはを受け止め、アウトにさせまいと軌道を計算して大ジャンプする。
見事キャッチしたフェイトは、そのまま空中から相手チームのエース、すずかに向けてシュート。
しかしすずかはフェイトの予想を超えるプレーを見せ、逆にフェイトにボールをクリーンヒットさせるのだった。

空中で思わぬ速球を受け倒れるフェイト。
そんなフェイトの手を取ったのは、アリサだった。


凄いんだか凄くないんだか よくわからなくて
色々危なっかしくて
でも この子が笑ってると あたしもなんだか少し楽しい

まあ
いいカンジよね きっと



全6話ということでサウンドステージと同じような構成で進めていくんだとは思っていましたが、まさかアリサ視点の話があるとは思いませんでした。
フェイトが来てから1週間後の話ということで、本編第4話よりも後の話のようです。

とりあえず、アリサもすずかもなのはもフェイトも、みんな可愛すぎます。
萌えすぎます。
そして、超人過ぎます(笑)。

アリサは学校のテストレベルは全て万点。
なのはとフェイトは理数系に恐ろしいほど強く、その上フェイトは身体能力も高い。
そしてすずかは見かけによらず恐るべき身体能力の持ち主。
ありえないですね(笑)。

とりあえず、アリサ謹製の本年度下半期版早わかり成績表によると、

理系
なのは:学年1位(満点)
フェイト:学年1位(満点)
アリサ:学年1位(満点)
すずか:中の中くらい

文系
アリサ:学年1位(満点)
すずか:中の上くらい
なのは:中の下くらい
フェイト:かなり気の毒


とのこと。
まぁ普通の公立小学校なら全教科満点は驚きませんが、ここは一応私立小学校。
多分問題も難しいと思うので、アリサは凄すぎます。

文系がかなり気の毒なフェイトはちょっと可哀相な面もありますが、凄いスピードで漢字を覚えているとのことで成績が上がるのも時間の問題でしょう。
そうなると4人組ではなのはが一番下に。
中の下ということは平均以下なわけで、ちょっと意外でした。

あとは、すずかは勉強は普通よりややできるくらいだったんですね。
将来は機械系に進みたいと言っていましたし、周りがあまりにも勉強できるんですずかも上の中くらいは出来るのかと思ってました。

それにしても、表中の4人の表情の可愛いこと可愛いこと。
文系1位で得意げなのに、理系で同率で不満げなアリサが凄く良かったです。
すずかも可愛いですね。
最近アリサとすずかに萌えまくっているので、今回アリサとすずかをたくさん出してきてくれたのは凄く嬉しかったです。

数学と物理はミッドチルダ世界とほとんど変わらないとのなのはの台詞。
小学校3年で数学物理という単語が出てくること自体どうかと思うのですが(笑)、内容はもっとありえないです。
魔法の構築や制御が理数系でそれなりの数式を用いているのはいいですが、その内容はかなり高度そう。
リニスからその方面ではしっかりと教育を受けているフェイトは、美由希(高校生)の数学の問題も解けたそうですよ。

ただ、そのような偏りすぎな知識を見せられると、如何にフェイトが魔導師として早く一流になることだけを考えて育てられてきたかが分かります。
魔法の勉強自身はフェイトも楽しんでやっていたようなので別にかまわないと思いますけど、今こうして学校に通っているのって、嬉しいだけじゃなくて凄く良いことなんだろうなぁ、と改めて思いました。
クラスメイトとも上手に仲良くやっているようですしね。

ところで、魔法の数式の後には魔法陣が描かれていましたね。
単なる演出という見方も出来るでしょうが、魔法陣=数式と考えてよさそうです。


なのはとフェイトは食後から準備体操から、ベタベタしっぱなし。
そんな様子を見てちょっと不満そうなアリサが可愛いのなんの。

体操服だったりブルマだったりするのは萌える人には萌えるんでしょうが、私は制服姿が一番好きです。
ただ、その書き込みの細かさには感服でした(笑)。

校舎の屋上から様子を眺めていたエイミィとアルフ。
フェイトが楽しそうにしているのを見てアルフは本当に嬉しそうでしたが、この2人、やっぱり転移魔法で入ったんですかね。
誰にも見つからずに屋上に上がれるわけ無いでしょうし、了解を取ってるわけも無さそうですし。
魔法って便利ですねぇ。

ところで、アルフによると純粋な魔導師は運動苦手でも不思議ではないみたいです。
つまりは、良く動けて近接攻撃が得意なフェイトのほうが例外的な存在であるというわけで。
こういうところからもミッドチルダ式は中長距離の射撃・砲撃中心であることがうかがえますね。

あとは、士官学校時代の可愛かったクロノが見てみたいです(笑)。


最後に、魔法戦以上に熱い盛り上がりを見せたかもしれないドッヂボール。
どう考えても小学3年生のドッヂボールじゃないですね(笑)。

アリサも普通に出来る方だと思いますが、ここではフェイトに当てられたりして控えめに。
なのはに当たって弾んだボールを、角度・速度・風向きを瞬時に計算して軌道を割り出しジャンプするフェイトにまずビックリ。
ありえないほどの大ジャンプから、空中制御で剛速球をすずかに向けて放ってさらにビックリ。

しかし、何よりも驚いたのはすずか。
速いシュートだからキャッチしてから投げ返すまでワンテンポあるはずだというフェイトの目論見とは裏腹に、片手で取ってその勢いで下から剛速球で返すすずか。
もうこれ以上ないほどビックリです。
体育が得意だといっても程があります(笑)。


とまぁ今回はフェイトの学校での様子だけでなくすずかの意外な一面も見れたので大満足。
前回の話も良かったですが、個人的には今回の話が一番お気に入りです。


人気blogランキング に参加中。
機械系に進みたいというすずか。
何でもいいから一つスポーツを極めれば、絶対に世界の頂点に立てると思います(笑)


魔法少女リリカルなのは
(ノベライズ)
魔法少女リリカルなのはA’s サウンドステージ02(ソング&ドラマCD)
魔法少女リリカルなのはA’s サウンドステージ01

ETERNAL BLAZE(オープニングCD)
Spiritual Garden(エンディングCD)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/50150334
この記事へのトラックバック
月末ということでまた大量に雑誌を購入する日がやってきました・・w 本日の購入物は・・ ・電撃G's Magazine 12月号 ・メガミマガジン 12月号 ・電撃姫 12月号 ・ARIA オフィシャルナビゲーションガイド ・コミックラッシュ 12月号 色々あっ...
本日購入してきた本たち【もえろぐ】at 2005年10月30日 10:35
メガミマガジン12月号購入してきました。 今月のこの雑誌の個人的に目ぼしい情報といえば ・魔法少女リリカルなのはA’s情報 ・魔法少女リリカルなのはA’sポスター ・魔法少女リリカルなのはA’s漫画 ・魔界戦記ディスガイア情報 ・Fate/stay night情報 ...
メガミマガジン購入【暇潰し日記】at 2005年10月31日 22:12
パズライズ日記さんの記事を読んで、我慢できずに買ってきましたよ。 メガミマガジン! ああ、なんとタマ姉のエロイことか! 違った! この
これがメガマガっ・・・!【徒然ナる戯ゴト】at 2005年11月02日 01:21
この記事へのコメント
今月のメガマガ、30日発売だと思ってたらここで記事が出てたので慌てて買ってきたり。

いやしかし、都築さんは本当に予想を裏切らないし期待も裏切らない。
フェイトは理数系や体育が得意だろうとか、体育の時間、小学校ならどっちボールか、すずかと勝負したりしないかなぁとか、
とにかく想像していたことをピンポイントでやった上ですずかの予想外の締め。さすがとしか言いようがないです。

アリサ視点は意外。とはいえ次がすずか視点だと内容が被りそうだが、アリサだけ、というのも微妙。はやてをからませるか?

フェイトは話し言葉は日本語なのに、漢字は知らないと言うのはどういうことか。
こう、世界に入る際にその世界の調整力っぽいので言語体系が合わせられるとか、そんなことを考えてみる。

なのはが勉強のことでフェイトに慰められるとか、飛んだフェイトに目を輝かせるとか、割と珍しい表情も見れ。
Posted by アキ at 2005年10月29日 23:54
とんでもないのはすずか。
いやまあ、体格的差が圧倒的にある上日々訓練を積んでる美由紀相手に水泳でいい勝負できてる時点で驚異的なんですが。

屋上から見ているアルフ。さりげなく服が新しかったり。
以前よりフェイトと共にいる時間はだいぶ短くなっただろうに、そんなことは気にならずただフェイトが笑っていられるのが嬉しい、
アリサのように羨んだりしないというのは、やはり使い魔だからか、…フェイトも似たような所がある気もする。主譲り?

話は変わりますが、SSのタイトル。
3話と4話の間とありますが、恐らくは4話で経過した一週間中の話だと予想。
数日にまたがる話かと思ってたので1夜分っぽいのは意外。そしてはやて側は出なさそうだ……。
また無印SS01のように映像化しちゃまずいシーンがあったりするんだろうか、とか考えつつ、発売を待ってます。
Posted by アキ at 2005年10月29日 23:54
>アキさん
他にもレスすべきものがたくさん残ってますが、先にこちらで失礼。

>30日発売だと思ってたら
30日が日曜日だからでしょうね。
私も2〜3日前まで全然気にしてなくて、そういえばと発売日を調べてみたら29日でした。

>小学校ならどっちボール
やっぱり普通はそうなんですか。
私も小学校低学年ならドッヂボールのイメージですが、中学年はポートボールの方が出てきてしまいます。

>すずかの予想外の締め
これは本当に予想外でしたよ。
でも凄く燃えました。

>次がすずか視点だと内容が被りそう
>はやてをからませるか?
私は普通にそう予想しました。
問題は最終回がどうなるのかですが、どうしますかねぇ。
ちなみに最終回が収録されるであろう2月号は、本編の最終話直後の発売になります。
Posted by halogen(管理人) at 2005年10月30日 00:19
>話し言葉は日本語なのに、漢字は知らないと言うのはどういうことか
>世界に入る際にその世界の調整力っぽいので言語体系が合わせられる
しまった、感想に書くの忘れてました。
まぁ次元世界が日本語になっていること自体がおかしいといえばおかしいので、調整力には賛成。
実はこれも前から考えていて、世界に入るというよりは魔力を持つものの特権ではないかと考えてみたりしてました。
でないと、世界に入るということは、管理局本局では実は日本語以外の言語で喋っていたということになりますし。
ただ、その理論までは全然考え付かないですけどね。

>割と珍しい表情
なのはをアウトにさせまいと猛ダッシュするフェイトの表情が一番珍しく感じました。
何だかフェイトじゃないみたいです(笑)。

>とんでもないのはすずか
ですね。
一体あの超人的な動きは何処から来るのでしょうか。
Posted by halogen(管理人) at 2005年10月30日 00:31
>恐らくは4話で経過した一週間中の話
しまった、4話で一週間経過していたことを忘れてました。
となると、この漫画版第4話も本編4話中の話かもしれませんね。
ほのぼの度合いを考えると、むしろその可能性が高そう。

SS01に関しては、書いてあるとおり3話と4話の間で、引越し後初日の夜だと予想します。
ヴォルケンリッターが闇の書蒐集に出発するシーンこそありましたがなのはサイドの夜の描写は無かった(あってもエイミィだけ)ですし。

ついでに、第1期と似たような構成ということで大体どの話数にどんなメンバーの話を組み込んでくるかというのも予想通りでした。
書いてないので何とでもいえるのかもしれませんが、SS02ははやて側の話で、6.5話と予想しておきます。
Posted by halogen(管理人) at 2005年10月30日 00:31
>すずかの すごい 動き

あれ、原作(とらハ3)を知ってる零としてはもうドキドキが止まりませんでしたよ・・・・・・(汗
月村すずかの裏設定が原作通りに組んであるのかどうかを都築さんは今まで(というか今でも)公言してなかったんですが、今回のすずかのアビリティを見る限りだとどうやら原作準拠っぽいです、ていうかそうであって欲しい(祈
アレ、どう見たって常人の動きじゃないですよね・・・・・・

とはいえ、まさか魔法不使用状態とはいえ戦闘のプロのフェイトを軽く圧倒するほどの身体能力だとは思わなんだ(汗


しかし体育のドッジボールで大マジになってるあたりはやっぱり小学生だなぁ・・・・・・(笑

あとかなりどーでもいいポイントなんですが、聖祥ローカルルールでは顔面セーフは無いんでしょうかねー?(w
Posted by 零 at 2005年10月30日 02:06
>零さん
>月村すずかの裏設定
月村家の設定については若干知っていますが、身体能力そんなに凄かったんですか。

>体育のドッジボールで大マジになってる
ですね〜。
なんだかほほえましくてよかったです。
ドッヂボールの内容は明らかに小学生じゃなかったですけどね(笑)。

>顔面セーフ
そういえばそうですね。
無いみたいです。
ちょっと危ないかもしれませんね。
Posted by halogen(管理人) at 2005年10月30日 08:28
原作でのなのはは、

・学校の成績は中の上くらい
・運動は苦手

というのが出ていた覚えがあります。
でもって、

・ゲーム、AV機器などデジタル方面に非常に強い

というのも。
理数系に強いというのに通じるところが有るのか無いのか…。

>月村家
そういやあちらの人たちの身体ポテンシャルで御神流を使えたりしたらどんな実力になるのやら。
恭也と忍がくっついてる以上、この世界では十二分に有り得る話なのですよね。…凄いことになりそ…。
Posted by 藤篠 融 at 2005年10月30日 18:11
>藤篠 融さん
>原作でのなのは
なるほど、AV機器やゲームに強いというのは知っていましたが、成績は中の上くらいだったんですね。
もっと上かと思ってました。

>あちらの人たちの身体ポテンシャル
これ以降は原作を見ている人だけが楽しめるわけですね。
羨ましいところです。
ただ、いまはする時間が無いんですよねぇ。
Posted by halogen(管理人) at 2005年10月30日 20:51
>恭也と忍がくっついてる以上
原作ネタ、さらには裏ネタで申し訳ないのですが・・・
二人の子供達のうちの長女がそれにあたるかと。
なぜか設定画だけが存在ます。

フェイトが米の弁当で、箸もうまく使っていたのは
微笑ましかったですね。
ところであのシーン、4人の真ん中に据えられていた
2つの紙パックは何なのでしょう?
僕はあまり女の子の性質について詳しくないのですが、
食後に回し飲みでもするのでしょうか・・・?
Posted by ななしー at 2005年10月30日 21:36
>ななしーさん
コメントありがとうございます。
原作ネタも、私はあまり分からないですがどんどん書き込んでくださってかまいませんよ。

>米の弁当で、箸もうまく使っていた
そういえば、フェイトの食事シーンは絵付では初めてですか。
このシーンは微笑ましかったですね。

>2つの紙パックは何なのでしょう?
普通に4人が飲むものだと思ってましたが、他にあるんですかねぇ。
私も女の子じゃないのでよく分かりません。
Posted by halogen(管理人) at 2005年10月31日 00:20
>なぜか設定画だけが存在ます。

実はなにげに高校生あたりまで成長して風芽丘の制服着てるイラストまであります。手にはしっかりと小太刀と綱糸を。
・・・・・・いや、なぜだ都築先生・・・・・・(;

って横槍でしかももはやなのはA’s何にも関係ないカキコで申し訳ない(汗


Posted by 零 at 2005年10月31日 02:12
ああ、原作が凄く気になってきました。
だれか、原作をプレイできるくらいの時間を下さい・・・。
Posted by halogen(管理人) at 2005年10月31日 07:30
>原作なのは
小説版での描写からですが、
デジタル方面に関しては曰く、『人間をやめている』とか『全国大会でもかなりのところまで行く』とか。
ちなみにやっていたのは落ちモノパズルゲー。
反射神経は良いように思えますね。漫画から柔軟も悪くはないとのことなので、となると身体運用についてどこに問題があるのやら…。

ななしーさん&零さん:
>裏ネタ
設定画まであるとは初耳。自分の手持ちには心当たり無いです。
出典元だけ教えていただけますか?

長女っつーと、『月村雫』でしたっけ。
小説とVFBで子供が二人いることと片方の名前は知っていますが。
とらハシリーズ。公式でも格ゲー化の企画は存在したとのコトですが、実現してたら大穴の隠しキャラだったりして。
Posted by 藤篠 融 at 2005年11月02日 17:59
>藤篠 融さん
>『人間をやめている』
>『全国大会でもかなりのところまで行く』
なんだか凄いですねぇ。
全国レベルとは驚き。

しかも落ちモノパズルって全国クラスになると超人的な制御でありえない消しかたしたりするのに。

反射神経と言うよりは、そのあたりの位置把握能力が射撃系の魔法のセンスに繋がってるのかもしれませんね。

>身体運用についてどこに問題があるのやら…
いや、柔軟と反射神経だけではどうにもならないと思いますが。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月02日 22:47