2005年11月02日

魔法少女リリカルなのはA’s #5

それは、小さな願いでした

何事も無い静かな日々
ただ穏やかに続いていく毎日

私は何も望んだりせーへん
私は、どんな力も欲しないから

ただ、そばにいてくれたらよかった
そしたら、私がみんなを守るから
気持ちが少しすれ違うときも

だけど、それでも・・・




スーパーMIKUNIYAで買い物をするはやてとシャマル。
唐突にはやては、最近皆が家にいないことが多くなった、でも皆にやりたいことがあるなら全然かまわない、と言う。

「私は、もともとひとりやったしな」

そんなはやてに、今は忙しいけどすぐにまた・・・、というシャマル。
2人はすずかも来るからと、鍋料理の材料を買う。
スーパーの外に出たはやて。

「みんなも、外で寒ないかなぁ」


街の中に張られた競争型捕獲結界。
外にはシグナム、中にはヴィータとザフィーラとなのは達。

なのはとフェイトは戦いをしにきたわけではない、話を聞かせてと言うが相手にされない。
そこに、結界を突破してシグナムがやってくる。
なのははヴィータと1対1だから手を出さないでとクロノ達に言い、フェイトもシグナムと1対1、アルフもザフィーラと1対1で戦うことに。
それならばと、クロノとユーノは闇の書をもつもう一人の守護者か主を探し始める。

レイジングハートの言葉に従いカートリッジロードを命ずるなのはと、それに続くフェイト。
上空に飛び立ち、戦闘を開始する3組。


ヴィータを追いかけるなのはは、私達が勝ったら話を聞いてほしいと話しかける。
ヴィータは誘導操作弾シュヴァルベンフリーゲンを放つが、なのははアクセルフィンでそれを回避。
続けてラケーテンハンマーを叩き込もうとするヴィータに対し、なのははプロテクションパワードで防ぎバリアバーストで弾き飛ばす。

レイジングハートに言われてアクセルシューターを放ったなのはは、自らもその性能に驚きつつも12発全てのシューターをコントロールし、4発放たれたシュヴァルベンフリーゲンを各個撃破したうえでヴィータに襲い掛かる。
ヴィータは障壁を展開するが、アクセルシューターが徐々にその障壁に傷をつけていく。


一方、高速戦を展開するフェイトとシグナム。
フェイトはプラズマランサーを放つが、シグナムはレヴァンティンでそれを切り払う。
しかしランサーは向きを変えて二度三度シグナムに襲い掛かり、シグナムがカートリッジを使い消滅させたところに今度はフェイトがハーケンフォームで襲い掛かる。

シグナムはシュランゲンフォルムで何とかこれを回避。
いつものシュヴェルトフォルムに戻したシグナムはフェイトとバルディッシュの強さを認め、フェイトもシグナムとレヴァンティンの強さを認める。
そして、シグナムはレヴァンティンを鞘に収める。

「殺さずにすます自信はない。この身の未熟を許してくれるか」
「かまいません、勝つのは私ですから」


その頃、クロノは結界外を、ユーノは結界内を捜索していた。
ザフィーラと交戦中のアルフは、誰かの使い魔かと問いかける。

「主の牙と、そして盾。守護獣だあぁぁぁ」

そう答えたザフィーラであるが、状況は明らかに不利。
ここは引くべきだとシャマルに念話で話しかけるが、シャマルの力では結界を破れず、“あれ”を使うしかないと言う。
しかしその時、クロノが現れる。

シャマルの背後を取り、S2Uを突きつけたクロノ。
捜索指定ロストロギアの所持・使用の疑いで逮捕する、武装を解除しろと告げるクロノだが、突然何者かに蹴り飛ばされてしまう。
クロノを蹴り飛ばしたのは仮面の男。
エイミィが調べるもレーダーすら反応しないその男は、シャマルに頁を消費してでも闇の書の力で結界を破壊するように言う。

「闇の所よ、守護者シャマルが命じます。眼下の敵を撃ち砕く力を、いまここに」

シャマルは闇の書に結界破壊のための攻撃を命じるが、それにクロノが気をとられた一瞬をつき仮面の戦士が再び蹴りかかる。

「時を待て、それが正しいとすぐにわかる」

仮面の戦士はクロノにそう告げる。
そして闇の書は攻撃を開始、ヴォルケンリッター達は勝負を預け引き上げていく。
なのは達もユーノの個別防御魔法とアルフの防御魔法により難を逃れ、戦闘は終了した。


その頃、はやてはすずかの家にいた。
八神家に戻って、はやての携帯電話に電話をかけるシャマル。
時間がかかってしまったことを必死に謝るシャマルに、全然怒ってないと言うはやて。
夕食の鍋は材料は冷蔵庫にあるから食べてと伝え、電話をヴィータにかわってもらう。

ベランダに出たシグナムとシャマルは仮面の戦士に、そして今後について考える。

「一刻も早く、主はやてを闇の書の真の所有者に」

シグナムはあらためて、そう決意するのであった。


帰還してエイミィからカートリッジシステムについて説明を受けるフェイトとなのは。
エイミィは、自分が主人を守ってやれず、信頼にこたえられなかったことが相当悔しかったんだろうとデバイス達の気持ちを代弁する。
そして、エイミィはそれぞれの持つ3つのモードについて説明。

レイジングハートは中距離射撃のアクセルと砲撃のバスター、フルドライブのエクセリオンモード。
バルディッシュは汎用のアサルト、鎌のハーケン、フルドライブはザンバーフォーム。

しかし、破損の危険があるからフルドライブはあまり使用しないように、特にレイジングハートはフレーム強化までエクセリオンモードは機動厳禁だと注意する。


闇の書とその守護騎士について話をするリンディとクロノとアルフ。
アルフはジュエルシードみたいなものかと訊くが、クロノは闇の書が純粋な破壊以外に使われたことが無いこと、そして、守護騎士達の性質について説明する。

「主の命令を受けて行動する、ただそれだけのためのプログラムに過ぎないはずなんだ」





カートリッジシステム強すぎ!!

自らの意思でベルカ式カートリッジシステムを搭載したレイジングハートとバルディッシュですが、まさかここまで強くなっているとは思いませんでした。
なのははヴィータに対して完全に優勢、フェイトもシグナムと互角以上に戦っていました。

アルフのバリアジャケットがオープニングのように強化されていなかったのが意外ですが、そのままでも前回の戦いに比べてパワーアップしているのはやはりカートリッジシステムのおかげでしょうか。
魔力総量を瞬間的に増幅すると言うミッドチルダ流のカートリッジ使用法なら、主が使い魔に与える魔力もかなり増強出来そうですし。

なのはの新魔法アクセルシューター、フェイトの新魔法プラズマランサー。
名前からもそれぞれディバインシューター、フォトンランサーの強化版ですが、アクセルはともかくプラズマは少し違う感じですね。

とりあえず、アクセルはディバインよりも大幅に弾速が強化され、そのうえ一度に制御できる個数も増えているようです。
威力自身もヴィータのバリアを破れるほど上がっていますし、素晴らしいパワーアップぶり。
どちらかと言うとディバインシューターの方が魔法名的にもエフェクト的にも好きですが、高速で動き回るアクセルシューターもなかなかのものです。

エフェクトといえば、今回はシューターを12発ぶっ放していましたが、横からの砲撃シーンでもちゃんと12本の線になって描かれているのが凄いところ。
こういう細かな描き込みの丁寧さも、素晴らしい作品を作るためには外せませんよね。

プラズマランサーは、フォトンランサーと同じ高速直射弾ながらも一度止まった後なら方向転換できるようで。
転換するたびに帯状魔法陣が出ていたのが印象的。
帯状魔法陣といえばなのはのディバインバスターの他に前回のクロノのスティンガーブレイドでも使われていましたが、その用途が気になります。

ランサー自身の強度もやはりフォトンからプラズマになることで上がっていることだと思いますが、とりあえず弾速の強化が大きいですね。
問題は発射体なのかどうかというところ。
フォトンランサーは砲台フォトンスフィアを放ち、そこから攻撃するものでしたがプラズマランサーは少なくともスフィアには見えませんでしたから。


ここからはいつものようにキャラ別本編感想&考察。
今回も分量が多くなるんだろうなぁ。


まずは高町なのはとレイジングハート。
ヴィータに武器を持って話し合いに来る奴があるかと言われて崩し顔。
「なのは」と言うつもりがかんでしまって逆ギレしたヴィータにたいして崩し顔。
なのはの崩し絵は久しぶりでしたね。
今回は作画が若干崩れ目だったのでそれを誤魔化そうとしていたようにも見えますが、使いどころは悪くなかったと思います。

話を聞いてもらうために戦うことを決意したなのは。
そして、その言葉どおりヴィータを圧倒。
カートリッジシステムの強化もあるでしょうが、戦って勝つことを決意したからこその強さでしょう。
迷い無しに、自らの力を最大限に発揮していれば初戦でもあそこまで大敗はしなかったと思います。
それこそ、あのときに決意があればディバインバスターを威嚇ではなく直撃狙いで撃っていたでしょうしね。

しかし、強化されたデバイスについて本当に何も知らされずに戦い始めたんだということに驚きました。
それだけレイジングハートがなのはを信頼していた、そしてそれだけ急な戦闘だったということでしょうけれど、すぐに対応してアクセルシューターを使いこなすなのはの魔法センスはやはり尋常じゃないです。
もちろん今までの修行の賜物というのはあるでしょうけれど、天性の才能という面も大きいでしょう。

レイジングハートエクセリオンモード。
フレーム強化まで決して使ってはいけないと言われると、何か使用しなければいけない事態が起こってレイジングハートが大破してしまわないかますます心配になるんですが・・・。
大丈夫、ですよね?
レイジングハートはなのはのためなら壊れてもいいという覚悟はありそうですが、同じくらいレイジングハートのことを信頼しているなのはが、いくらレイジングハートが進言してもそれを許可するとは思えないです。
というか、そうであってほしいです。


続いてはフェイトテスタロッサとバルディッシュ。
バルディッシュが強化された今、シグナムとはほぼ互角。
お互いに相手の強さを認め合って、向き合うシーンは良かったです。

フェイトの方も新デバイスについて説明は受けていないはずですが、なのは以上にしっかりと使いこなしていました。
プラズマランサーもかなり正確に制御できていましたし、いきなりサイズフォームに代わるハーケンフォームも使用。
このあたりの連携は、流石フェイトとバルディッシュという感じでした。

公式サイトによれば打ち合いでも破損しないように強化されたというフレーム部分ですが、まさにそのとりでレヴァンティンと打ち合っても傷一つついていませんでした。
フルドライブ仕様にするのにレイジングハートはフレーム強化が必要に対し、バルディッシュは今でも使えるというのも頷けます。


補助系ならお任せのユーノ・スクライア。
今回も地味でしたが防御で活躍。
離れた対象3人に個別でバリアを張ることの出来る個別防御魔法は、地味ですがかなり凄いのではないかと。
闇の書の攻撃にもいち早く気付いていましたし、防御・結界系においてはこのメンバーの中では右に出るものはいないでしょうね。


ザフィーラとの格闘戦が非常に見応えのあったアルフ。
上でも書いたようにバリアジャケットが強化されていなかったのは意外ですが、オープニングを見る限りいずれは変更があるはず。
フェイト自信の強化により今でも十分強いとは思いますが、いつ変更があるのか楽しみです。

アルフは前回の戦闘に比べて大分強くなっていますね。
前回も最初の一撃は不意打ちだったとはいえ、狼形態では押されていました。
それが今回は力押しでも優性。
やはり、フェイトの魔力がカートリッジによって強化された分、使い魔への魔力供給も増えたということでしょう。

ところで、アルフの最後の防御魔法はシールド系とバリア系の混合でしょうか?
上下に魔法陣を展開し、その間をバリア系のような雰囲気のある壁で包んでいました。
どちらかというとシールド系なのでしょうけれど、明らかに今まで出てきたどの防御魔法とも違うので、その性質が気になります。


いまいち活躍できていないクロノ・ハラオウン。
シャマルの背後に接近しS2Uを突きつけ、武装解除を迫る姿は格好良かったですが、その後がよろしくない。
一度目は完全に不意打ちだったので仕方が無いですが、二度目は明らかに隙を作ってしまったクロノの負け。
なのは達のことも心配でしょうし、あの状況で闇の書に注意を奪われない方が難しいかもしれませんが、まだまだ修行が必要なようです。

仮面の戦士については、特に何も心当たりはないようですね。
ハラオウン家の謎も明らかになるという今作、明らかにそれと関係ありそうなキャラクターなのですが、果たしてどうなるんでしょうか。


闇の書の主、八神はやて。
今回は何とアバンタイトルのモノローグを担当。

ただ、そばにいてくれたらよかった

この一言に尽きますね・・・。
シャマルとの会話の中でも、もともとひとりだったと言っていました。
守護騎士達に囲まれて暮らす今の生活がどれほどまでに嬉しいものなのか、私にはとても想像つきません。
願わくば、その幸せがずっと続いて欲しいものですが・・・。

電話で、謝るシャマルに対して怒っていないと言っていました。
寂しかったのは間違いないけれど、それ以上に無事帰ってきてくれて嬉しかったんでしょうね。
ただ、闇の書の事情は知っているはやてですしそろそろ感付いていてもおかしくない頃ですが、そのあたりがどうなのか気になります。


守護騎士ヴォルケンリッターの4人。
シグナムはまさに騎士という感じで、相変わらずの見事な戦いぶり。
ただ、今回は若干おされ気味でしたね。
敵がデバイスを強化してきたということでの様子見という意味合いが強かったのかもしれませんが、フェイト自身がさらに成長していたのも感じ取ったようで。

オープニングでもあるシュランゲンフォルムへの変形も見せてくれましたが、意外と現実的な長さでした(笑)。
やっぱりオープニングのあれは演出でしたか。
もう少し伸びるかと思ったんですが、実は本気で伸ばしていないだけでもっと伸びるんでしょうか?


ヴィータはなのはの名前を上手くいえなかって逆ギレしたのが可笑しかったです(笑)。
緊迫したシーンであれですからちょっと拍子抜けでしたが、戦闘終了ということを考えるとちょうどいいかもしれません。

レイジングハートが強化された今、実力的にはなのはよりも劣っていそうです。
障壁をはってアクセルシューターを防ごうとしたその後が気になるのですが、描写が無かったのが残念。
とりあえずその後でなのはとデバイス同士打ち合うシーンがあったので特にダメージは受けていないようですが。


シャマルは意外と魔力が強くない模様。
結界抜きをするにはカートリッジシステム級の力が必要だということでしょうか。
それだとすると、単体で結界破壊を出来るスターライトブレイカー+の凄さがますます際立ってきます。

はやてに何度も何度も謝っていたのも印象的です。
帰りが遅くなったこと、家を空けることが多くなってしまったことの他にも、闇の書の蒐集を開始したという本当のことを言えないことに対しても謝っている感じですね。
それだけはやてのことを想っているというのも伝わってきます。


全く謎だらけな仮面の戦士。
魔法陣展開が無かったのでミッドチルダ式かベルカ式か、はたまた第3の術式を扱う魔導師かは全くの不明でした。
とりあえず、飛んでいたこととありえない位のキック力を考えるに魔力は使っていたと思いますが、わざと隠していたのかわざわざ魔法を使うまでも無い相手と考えていたのか。

行動の意図もイマイチつかめないですが、とりあえず現在は闇の書蒐集を邪魔するなということでしょうか。
時が経てば分かるというのは、闇の書についてかなりのことを知っているからこそ出てくる言葉でしょう。
この先ページ蒐集が進んだときに、どのような態度に出るか注目です。


完成前でもページ使用と引き換えに力を発揮できることが判明した闇の書。
あの攻撃でどの程度のページを使用したのかが気になるところですが、普通に考えれば使用魔力量に相当する分量が減ったでしょうし、結界を打ち抜いていたことを考えると軽く50〜60ページは無くなっていそうです。

シグナムの言葉、はやてを真の所有者に、というのも気になります。
いまは主ではあるが仮の所有者ということでしょうか。
真の所有者になればどうなるのか、真の所有者になる条件とは何か、と色々疑問は浮かびますが、400ページ超えの管制人格や666ページの完成と併せて今後の展開がますます楽しみになってきました。

ヴォルケンリッター=闇の書のプログラム、というのは、予想の上をいく辛い設定。
かつて実在した人物を何らかの形で闇の書の守護騎士にした、というのではなく完全にプログラムだったんですね。
ザフィーラはアルフと同種の狼がベースとのことですから、闇の書はあの付近の人間が作ったのかもしれません。


最後は全体のまとめ。

アバンタイトルのモノローグはなのはとフェイトの2人で回すと思っていたら、はやてまで入ってきたので驚きました。
でもよく考えてみれば公式では3人ともヒロインに位置していますし、当然といえば当然でしょうか。
関西弁のモノローグは新鮮でした。

次回予告は3話予告を除き最近はなのはとフェイトの2人が担当。
こちらは誰でもいけそうなだけに、どうせならクロノやユーノなど、もっと多くのキャラの予告を聞いてみたいものです。

前回変身からあの引きで終わっておきながら、今回即戦闘から始まらずはやての買い物シーンを挟んだのも意外でした。
戦闘だけでもない、はやてとヴォルケンリッターの話もしっかりと描こうとしている姿勢がよみとれます。

作画は今までで最低でしたが、第1期で最低だった5話と比べると格段に良い出来。
戦闘での動きも良かったですし、スタッフの踏ん張りに拍手です。

内容的にはとりあえずひと段落と言う感じですね。
次に戦闘するときがヴォルケンリッターと最後の戦いになりそうですが、仮面の男がどう絡んでくるか全く予想できません。

次回予告は、ついにリーゼ姉妹が登場。
教え子であるクロノと向き合っていましたが、不甲斐ないクロノに対して特訓でもしますか?(笑)

ストーリーでは、ついにはやてとヴォルケンリッターの過去も明らかになるようで。
今でこそ普通の服を着ていますが、おそらく初めてはやての前に降り立ったときは、漫画版第3話であったような黒系の簡単な服でしたね。
はやてと騎士達がどのように今の関係を築いていったのか、楽しみです。


人気blogランキング に参加中。
アクセルシューターにプラズマランサー。
魔法総入れ替え的な雰囲気ですが、スターライトブレイカーだけは残りますよね?


魔法少女リリカルなのは
(ノベライズ)
魔法少女リリカルなのはA’s サウンドステージ02(ソング&ドラマCD)
魔法少女リリカルなのはA’s サウンドステージ01

ETERNAL BLAZE(オープニングCD)
Spiritual Garden(エンディングCD)
タイトル未定(なのはA’s関連CD)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/50159291
この記事へのトラックバック
 戦闘シーン評価   マジカルなのはA‘s>ケロロ軍曹第82話「ケロロVS夏美1
リリカルなのはA‘s 第5話【鷹2号の観察日記】at 2005年11月02日 04:51
前回、ハヤテやそれを支えるシグナム達の境遇に思いっきり感情移入してしまったわけですが、今回は穏やかな日常から一変、また激しいバトルが始まりそうです。切ない戦いのはじまり・・・なのはイキマス!  なのは・・・  ヴィータ・・・
(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな願いなの(前編)」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2005年11月02日 06:02
第05話 「それは小さな望いなの(前編)」 OPの語りははやてでしたね 毎週変わっていくのかな 今夜はすずかも呼んで、みんなでなべパーティー 嬉しそうなはやてだが 最近みんなが家にいない事が気がかり シャマルが慌てて言い訳をするが そんな、シャルマを気遣って 「...
魔法少女リリカルなのはA's #05【あにめ@ぱらだいす】at 2005年11月02日 06:06
インテリジェントデバイス、アームドデバイス、闇の書と、キャラクターよりデバイスや魔法アイテム中心だった第5話 [魔法少女リリカルなのはA’s 公式ホームページ]  今回は前後編の前編、アバンタイトルのタイトルコールがはやてだったということで、はやてと闇の書の...
感想:魔法少女リリカルなのはA's #5 『それは小さな願いなの(前編)』【ダメオタRの徒然雑記】at 2005年11月02日 06:17
サブタイトルにもある「小さな願い」 これはなのはやフェイト達の願いか?それともはやての願いか?はたまたヴォルケンリッターの願いか? 物語も本格的に動き始め、なのはA'sからますます目が離せなくなってきました!! てかね、毎週言ってるけどこれ面白すぎだからww...
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな願いなの(前編)」【ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜】at 2005年11月02日 07:04
「それは小さな希望なの(前編)」 はやてちゃんのナレで始まった今回のリリカルなのは! ただ側にいてくれれば良かった。 そうすれば私が皆を守るから。 ……はやてちゃんとヴォルケンリッター達の気持ちのすれ違い
魔法少女リリカルなのはA's 第5話【ラブアニメ。】at 2005年11月02日 07:11
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな願いなの(前編)」 (キャプ感想)
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな願いなの(前編)」 (キャプ感想)【萌えと燃えの日記。】at 2005年11月02日 09:01
4話から引き続きいて、戦闘パートの開始です. その前に、なのはとヴィータの口撃合戦・・・頭の良さはなのはの勝ちかな?ザフィーラにまで突っ込まれる始末・・・あとディバスが敵と会話してた・・・ホント今回は良くしゃべる!! さて、ベルカ式のカートリッジシステムの真価...
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 『それは小さな願いなの(前編)』【コミニケ】at 2005年11月02日 10:12
とうとうなのはとフェイトが復活しました!!! レイジングハートとバルディッシュもパワーアップ!!! リベンジです!! なのはやフェイトは1対1で戦います。 良いねサシ。 喧嘩はサシが一番よ!!!! いやマジで。 その方が面白い。 なのはVSヴィータ 全力で攻撃....
魔法少女リリカルなのはA's 第5話【AIR HEAD】at 2005年11月02日 10:49
ETERNAL BLAZE 「魔法少女リリカルなのは」 EDテーマ Little Wish ~lyrical step~ 魔法少女リリカルなのはA’s SOUND STAGE 01 【それは小さな願いなの(前編)】 はやてちゃんのナレーション。 聞いていたら、なんとなく悲しい結末にならないといいなぁと思ってしま....
魔法少女リリカルなのはA's 第5話【Cosi Cosi】at 2005年11月02日 10:54
[スーパー・ミクニヤの風景] 半額の白菜を見て喜ぶ姿の愛い愛いしさのみならず、 今は“お鍋を囲める家族”がいるという事実は、 はやての健気さを表して余りあるというもの。 それでも、車イスに乗っている自分は帰りを待つ事しか出来ない。 何かを察したように家を...
魔法少女リリカルなのは A’s 第5話 それは小さな願いなの(前編)【キミヲカガク BLOG】at 2005年11月02日 11:41
魔法少女リリカルなのは都築 真紀 ivory 学習研究社 2005-09売り上げランキング : おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 『それは小さな願いなの!(前編)』 脚本:都築真紀 / 絵コンテ・演出:草川啓造 / 作画監督:奥田泰弘 今回ははやて側のストーリー。 そ...
魔法少女リリカルなのはA’s 第05話【ライブ窓ぁ。】at 2005年11月02日 11:51
ようやく新デバイス搭載のレイジングハート&バル
魔法少女リリカルなのはA's  ♯5 それは小さな願いなの(前編)【宇宙魔王の秘密基地】at 2005年11月02日 12:06
再度なのはたちと、闇の書を集めようとしている勢力が遭遇して、冒頭から激しい戦闘が
魔法少女リリカルなのはA's #5【日々の記録】at 2005年11月02日 12:36
どうも、最近風邪がとても流行っておりますね。 うちらもその影響をもろに受けておりまして、 最近TRPGセッションのほうが進んでおりません(涙 でも、アニメのほうはもう5話なわけでして。 というわけで今週も、魔法少女リリカルなのはA's感想、始まります。 ...
【魔法少女リリカルなのはA's】第5話「それは小さな願いなの(前編)」感想【鴎の行くままに 〜とあるTRPG者の呟き〜】at 2005年11月02日 13:07
模試が終わったら更新予定(ぇ 更新完了w追記するかも(オイ追記完了w クロノくんがやっぱりヘタレてきましたw はやては、シャマルと夕飯のお買い物。今夜は鍋のようです。 みんな寒いやろうな??なんていってみんなのことを心配してますが、 これからすごく熱い...
なのはA’S 第5話 「それは小さな願いなの(前編)」【空の空】at 2005年11月02日 14:15
今夜は寒いから鍋、どうやらすずかも招くようではりきるはやて。 さりげなく「最近みんな夜遊びが多い」と指摘されシャマルは必死になって弁解します。 なんだか今回は作画がヤバくなってきてるかなぁ・・・ ゆったりとした服のせいかはやてもふくよかに見えます。 ...
魔法少女リリカルなのはA's 第五話【暇潰し日記】at 2005年11月02日 14:33
「それは小さな願いでした。何事もない静かな日々。ただ穏やかに続いていく毎日。私は何も望んだりせぇへん。私はどんな力も欲しないから。ただ側にいてくれたら良かった。そしたら私がみんなを守るから。気持ちが少しすれ違うときも、だけど、それでも。魔法少女リリカルな....
魔法少女リリカルなのはA's 第05話「それは小さな願いなの(前編)」【ボーダーライン】at 2005年11月02日 15:21
 一緒のお買い物の、はやてとシャマル。はやて、すごく楽しそう、そんな中ふと漏らした『そやけど、最近、みんな、あんまりお家におらんようになってしもたね』その言葉に思わずはっとなる、シャマル、闇の書完成を急ぐあまり、はやてに寂しい思いをさせていることに、思い....
魔法少女リリカルなのはA‘S  話「それは、小さな願いなの(前編)」【月の砂漠のあしあと】at 2005年11月02日 15:40
【あらすじ】  なのは・フェイト・アルフ対ヴィータ・シグナム・ザフィーラの戦いが始まった。進化したレイジングハートエクセリオン、バルディッシュアサルトと共に戦うなのは・フェイトはヴォルケンリッター側を押す。  一方クロノは首尾よくシャマル
第5話 それは小さな願いなの(前編)【D.C.な日々】at 2005年11月02日 16:39
ふむふむ カートリッジロードシステムを使用しての強化には複数あるみたいですね フェイトでいうとカマとかなんやらで使い分けれるってとこかな それからカートリッジロードを使ってのパワー増幅って一撃だけかとおもったけど 一定時間って感じなのかな 戦闘前にロードして戦...
魔法少女リリカルなのはA's 第05話「それは小さな願いなの!(前編)」【真正ラピスBlog(仮)】at 2005年11月02日 17:46
 レイジングハートとバルディッシュがパワーアップってことで戦闘メインの話。ヴィータとシグナムがそれぞれ戦ったけどヴィータはなのはに押...
魔法少女リリカルなのはA's #5 それは小さな願いなの(前編)【とってもゲームライフ】at 2005年11月02日 17:48
もう5話かぁ〜早いなぁ・・・ などと思いつつ感想へ(o ̄∀ ̄)ノ 週に一回、はやてのこの笑顔で癒されるよ(;゚∀゚)=3 一方そのころ、なのは達は・・・ 全面戦争の予感!面白くなってきたぁーーーー!!! カートリッジシステムを使った初めての戦闘! どれ...
魔法少女リリカルなのはA's #5「それは小さな願いなの(前編)」感想【endlessspace-無限空間】at 2005年11月02日 18:45
『魔法少女リリカルなのはA’s』#5感想
『魔法少女リリカルなのはA’s』#5感想【アニメ卍日記(仮)参番館】at 2005年11月02日 18:51
今週は戦闘中心でサクサク進むお話。
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 それは小さな願いなの(前編)【木下クラブlog】at 2005年11月02日 20:21
今回はほとんどバトルシーン 前編後編と2部構成ですがどうやらヴィータやはやて達中心にやっていくみたです。 Aパートはまず武器を構えて会話を要求するなのは達に対して「武器を持ってくる和平の使者があるか!!」と一喝(三国志とかでは武器をもたない使者はありますが・...
魔法少女リリカルなのはA's第5話「それは小さな願いなの(前編)」【自堕落高校生日記】at 2005年11月02日 20:27
レイジングハートとバルディッシュが新しくなり、なのはの傷も癒えたので反撃開始。 でも良いところで変な仮面被った怪しい人にそそのかされて、ヴォルケンリッターが闇の書の力を解放して離脱。 ヴィータとなのははA'sのお笑い担当ということですね。 真剣勝負している...
魔法少女リリカルなのはA's 第05話 それは小さな願いなの(前編)【なななな駄文】at 2005年11月02日 21:00
こんなイラスト描いてみました〜 うん。一応フェイト・テスタロッサのつもり。(ぉ ごめん。あんまり似てない・・・
魔法少女リリカルなのはA’s 第5話 「それは小さな願いなの(前編)」感想&イラスト【じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり〜】at 2005年11月02日 22:12
対峙する”なのは”と”ヴィータ”。 ”フェイト”と”シグナム”。 ”アルフ”と”ザフィーラ”。 それぞれの中に秘めるもの。 『それは小さな願い』
魔法少女リリカルなのはA's #5【anges's gao!!】at 2005年11月02日 22:12
魔法少女リリカルなのはA's  第5話 「それは小さな願いなの(前編)」ちょこっと感想です。 なのはもフェイトもかわいいけど、ヴォルゲンリッター側とはやても回を追うごとに可愛いです♪今回はどうやらなのはとフェイトと、ヴォルゲンリッターたちとの会合。ヴィータ達と....
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな願いなの(前編)」【ALISAのLoveDestiny新館】at 2005年11月02日 22:21
魔法少女リリカルなのはA’s 第5話「それは小さな願いなの(前編)」 アイキャッチが可愛いすぎる デパートで夕飯の買い物をするシャマルとはやて。 今日はとても寒いため、夕飯は鍋にすることに。 すずかも来るということで、肉は
魔法少女リリカルなのはA’s 第5話「それは小さな願いなの(前編)」【初音島情報局】at 2005年11月02日 22:35
はやての台詞でスタート。シグナム達が闇の書を完成させるのははやての病気を治すためっぽい?でもはやての「守るから」という台詞の意図が良く掴めない。こいつ強いのか? シグナムは現場に到着しますがそこには強力な結界が張られています。レヴァンティンの声がドイツな....
魔法少女リリカルなのはA's 第05話 「それは小さな望いなの(前編)」【Anime Watch】at 2005年11月02日 22:37
さいごに、最後に衝撃の結末が! と言って、アクセス数を稼ごうとする姑息な手段。いや、衝撃の結末なのは間違いないですよ。
魔法少女リリカルなのはA’s第5話「それは小さな願いなの(前編)」【朦朦たる日記】at 2005年11月02日 22:59
新たな力を手にしたなのはちゃんたち。その力は健気なデバイスたちのおかげ。 反撃開始です。
魔法少女リリカルなのはA's 第5話【LUNE BLOG】at 2005年11月02日 23:19
かなり本題に入ってきた感じカナ〜? 「決戦第二ラウンド」 なのはとフェイトのカートリッジ強化はかなり効いてたね。ただまだ無理はするなとのこと そして出ました!仮面男!魔法モノではあるあるww 今回も痛みわけって感じですかね〜。 想像したのははやてとす....
魔法少女リリカルなのはA's 第5話「それは小さな願いなの(前編)」【桃月学園blog】at 2005年11月02日 23:37
第5話はぺと子はやての語りから。 自分は何も望まない、ただみんなが居てくれるだけでいい。 果たしてヴォルケンリッターの戦う理由は・・? 「和平の使者は槍を持たぬ」 まあ・・なのはさんは「話を聞いて」って全力射撃する方ですから(笑 ・なのはさ
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 それは小さな願いなの(前編)【doomsday -2nd edition-】at 2005年11月02日 23:40
今回のアバンは、はやてのナレーションだったな? なのはとフェイトで、回すと思ってたけど。 しかも、なんか暗いし・・・不安だ(汗) 結界にヴィータとザフィーラを閉じ込めて、話を聞こうとするなのは達。 でも話し合いしたいとか言って、けっきょくバトルしてるし
魔法少女リリカルなのはA’s #5「それは小さな願いなの(前編)」【* Happy Music *】at 2005年11月02日 23:50
さて今回の話のポイントはやっぱりレイジングハートエクセリオン&バルディッシュアサルト! そしてはやて一族の野望(笑) 前々回でエイミィがやたら驚いていたのが印象的で気になっていたのですが。。。 仕組みとしてはインテリジェンスデバイスのような繊細なものに
魔法少女リリカルなのはA’s第5話【innocentkyk】at 2005年11月03日 01:05
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな希望なの(前編)」 それは小さな願いでした。 何事もない静かな日々。 ただ穏やかに続いてい
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな希望なの(前編)」【Yotch Chronicle】at 2005年11月03日 01:17
俺的今期最高傑作認定のなのはA's、第5話です。 今回も萌えも燃えもしっかりフォローした良作でした。 檜山声の新キャラも登場で今後も面白くなりそうです。
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな願いなの!(前編)」【カラフルにぃにぃのチラシの裏】at 2005年11月03日 01:19
 買い物中のはやてちゃん。いつも一人で寂しいけれど、いつも笑顔を絶やさない。本当に素晴らしい娘です。       
謎の男出現 魔法少女リリカルなのはA's#5【new discovery】at 2005年11月03日 01:30
#5 「それは、小さな願いなの(前編)」  パワーアップした なのは&フェイトのデヴァイスの新技のおひろめ?? ヴォルケンリッターとの魔法合戦第2ラウンドすごかったです! 買い物をする はやて&シャマル。 闇の書の完成を急ぎ留守がちなことで寂しい思いをして...
魔法少女リリカルなのはA’s #5【+ SERAらく日記 +】at 2005年11月03日 01:38
話がさくさく進むので見ていて楽しいですねぇなのはは。
魔法少女リリカルなのはA's 第05話 「それは小さな願いなの!(前編)」【PAWA-TYPE 〜Zの鼓動〜】at 2005年11月03日 01:56
毎週一番の楽しみは、やっぱり「なのは」なわけでして!!! 今回は、がんばってリ
魔法少女リリカルなのはA’s 第5話「それは小さな願いなの(前編)」【TAKE THE DREAM】at 2005年11月03日 02:04
魔法少女リリカルなのはA’s 公式ホームページ アニメ・パプリカ 先週、緊張の中での再会で終わったのに、植田さんが喋り終った途端、買い物しているシャマルとはやてが…。 『えっ!? まさか、あんな良いところで終っておいて…CDに入ってるとか言ったりするの....
魔法少女リリカルなのはA’s ♯5「それは小さな願いなの(前編) 」【パプリカのアニメ鑑賞よた話】at 2005年11月03日 02:04
 冒頭の鬱屈としたはやての語り……。  なのは( 時空管理局)の執拗な妨害により
『魔法少女リリカルなのはA's』05「それは小さな希望なの(前編)」【ブライア城二の丸】at 2005年11月03日 02:08
OPにユーノ君いたお、ってか一話からいたよねなのはの肩の上にorz どうしてただ買い物してるだけなのにあんなに萌えるんだろう。和むね。 戦いに来たわけじゃないって言った直後に「手出さないでねサシで勝負したいから」はねぇだろ、流石なのはやっぱりまだまだ小学生です
魔法少女リリカルなのはA's #5「それは小さな願いなの(前編)」【寒いのも熱いのも嫌】at 2005年11月03日 02:35
クロノ側の捕獲結界の中、 新たにカートリッジシステムを搭載した レイジングハート・エクセリオンと バルディッシュ・アサルト と共になのはとフェイトはヴォルケンリッターと対峙。 そして、なのは vs ヴィータ、フェイト vs シグナム、アルフ vs ザフィーラの
リリカルなのはA's 5話 「それは小さな願いなの(前編)」【線香花火】at 2005年11月03日 02:40
今回はヴォルケンリッターとはやてがメインの話
なのはA's 第5話【海の蒼、空の青】at 2005年11月03日 03:18
本編感想の前に先日買ったメガミマガジン12月号のピンナップに反応してみる
[アニメ] 魔法少女リリカルなのはA's第5話「それは小さな願いなの(前編)」 キャプ感想【【馬と戯れる少女逆転スリーラン】】at 2005年11月03日 05:05
■リリカルなのはエース #5 「それは小さな願いなの(前編)」  満足度★★★☆ 来月のメガミマガジンはなのはとフェイトのクリスマスオリジナルドラマCDが付くそうですよ~。これは絶対買いです!! 今回のOP前の語りははやて。 いつものセリフを関西弁にパロった....
魔法少女リリカルなのはA's #5【anilog】at 2005年11月03日 09:43
「それは小さな願いなの(前編)」 ヴィータらの前に現れた新たなデバイスを装備した
魔法少女リリカルなのはA’s・第5話【たこの感想文】at 2005年11月03日 10:20
最近、どうにも涙腺が緩みすぎなようですねぇ(爆) やっと見る事ができた所為もあったのでしょうが; 感動系の話だけではなく、「なのは」の熱さにまで泣ける様になってきてしまいました(^_^;) と言うわけで、まだ感想を書いていませんでしたので、「なのはA's」の4話
魔法少女リリカルなのはA's 第4話「新たなる力、起動なの!」 第5話 「それは小さな願いなの(前編)」 感想【ARIA’s Diary】at 2005年11月03日 11:25
なに、番組名が違うだと?馬鹿ものぉおおお!!! レイ「リリカルなのはなら正しくてリリカルフェイトなら間違いなのか?リリカルフェイトで正しい…オレはそれでいい!」 というわけで魔法少女リリカルフェイトA's…始まります!
魔法少女リリカルフェイトA's♯5【The Southern Cross!】at 2005年11月03日 14:19
(公式サイト) ヴォルケンリッター達、闇の書の守護者は闇の書が作り出した擬似人格でした。 人とも使い魔でもない。 闇の書を集めてしまうとどうなうのかな?ヴィータが前に言ってた「はやてと、一緒に静かに暮らしたい〜・・・」の言ってた時のシャマル達の反応から見....
魔法少女リリカルなのはA's 第05話「それは小さな願いなの(前編)」【布達の橋】at 2005年11月03日 16:16
ほんとまった、マジでまった。 このなのはの日がきましたよ。 では感想へ。 今日ははやてが最初か。 うっ、リッター一家へのはやての気持ちが語られてる。 なんかちょっと感動(ぇ さて、本編へ。 はやてとシャマル母はお買い物ですか。 はやてはなんか最近みんな...
魔法少女リリカルなのはA's【〜気まぐれ人間の日常〜】at 2005年11月03日 18:28
変態仮面参上!!
魔法少女リリカルなのはA's 第05話【Fashionable attendant】at 2005年11月03日 20:28
[カートリッジシステムを取り入れたレイジングハートとバルディッシュ。それを使ってなのはとフェイトは、騎士達に戦いを挑む。新たな力をチューンナップされたデバイスの力に驚く騎士達。なのははヴィータと、フェイトはシグナムと、アルフはザフィーラと、1対1で矛を交
魔法少女リリカルなのはA's 第5話【ルナティック・ムーン】at 2005年11月03日 20:33
 魔法少女リリカルなのはA's 第5話「それは小さな願いなの(前編)」 アバンタイトルのモノローグははやてかぁ。ちょっと関西弁で読み上げられるタイトルに違和感が…。今回と次回ではやて&ヴォルケンリッター関連の過去と目的が明らかになるのかな。破壊しかできない
新技炸裂【オタクのミカタ】at 2005年11月03日 21:03
いよいよ本格的な戦闘開始!!やっぱり、この作品は、戦闘シーンがウリの一つですから。スピード感、迫力ともトップクラスのクオリティーだと思いますから。そして、戦うべき相手が完全に決まってきましたね。なのは VS ヴィータフェイト VS シグナムアルフ VS...
魔法少女リリカルなのはA's第05話「それは小さな望いなの(前編)」...【Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌)】at 2005年11月03日 22:45
悪なのふぁんが相談に乗っていました。 おーもしもし、どうした。 自殺したい?そうかーーじゃあ今から言う事をよーく聞いてくれ。 簡単や。お前はんはどうせ自殺する気でおるからそれに沿ってアドバイスをする。簡単や。えっ?それさっきも言うたやと?どうせ自殺する....
再会【魔法少女という花】at 2005年11月03日 23:04
リリカルなのはA's第5話です。 生まれ変わった新たなデバイス達のお披露目回でしたね。 敵の正体も少しずつ出てきましたし、これから更にヒートアップしていきそうです。
魔法少女リリカルなのはA's 5話 【星屑の記憶R 〜アニメとゲームを語るブログ〜】at 2005年11月03日 23:21
どうでもいい話、『ETERNAL BLAZE』ってすごくテンポ速くない? だいたい、T=150くらい。絵を見ながらだとさほど感じないんだけど、絵を見ずに聞いてると「いっそがしい曲だなぁ」と思えてしまう。 『それは小さな願いなの(前編)』 作画はイマイチ
魔法少女リリカルなのはA's 第5話【世界の端に腰を掛ける】at 2005年11月03日 23:39
もう5話なんですね??。この1ヶ月間はホント幸せな日々だったと思っていますw 【魔法少女リリカルなのはA's 第5話 それは小さな望いなの(前編)】 買い物中のはやてちゃんとシャマル。最近みんながいないことが多いのを気にするはやてちゃん。 みんなやりた...
魔法少女リリカルなのはA's 第5話【イム-るのつらつらレビュー日記】at 2005年11月04日 00:04
魔法少女リリカルなのはA’s 第5話「それは小さな願いなの(前編)」 パワーアップしたデバイスでの戦闘開始。女の子組が戦って、ユーノくんはサポート、クロノくんは闇の書を持っている者を探す係。・・・強いな、女の子。 闇の書を持ったシャマルを
魔法少女リリカルなのはA’s第5話【未来型思考】at 2005年11月04日 02:08
なのはA's第5話のレビューです。 今回は、とうとうデバイスのニューパワー炸裂ですね。 なのはのバトルは、見てる分には最高に楽しいんですが、 レビューを書くとなると、どう手をつけていいのか難しいです。 そして、ついに仮面の男が出てきました(;゜∀゜)=3
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな希望なの(前編)」【徒然ナる戯ゴト】at 2005年11月04日 02:19
「魔法少女リリカルなのはA's」第5話です。 スーパーでお買い物中のシャマルとはやてちゃん。 最近ヴォルケンリッターの皆が外出すること多いね?? なんて話し出すはやてちゃん。 本当のことを話せないシャマルは返答に困ってしまいます。 今は忙しいっていうことに・...
[魔法少女リリカルなのはA's]第5話 それは小さな願いなの(前編)【もえろぐ】at 2005年11月04日 04:25
パワーアップしたら互角以上の勝負になりましたよ。あのハンマーもなの はは結構涼しい顔で防御してたし。そして、フェイトの時と同じく、勝ったら 話聞かせてもらう戦法ですな。どうやらヴィータも口説き落とす気らしいw フェイトの方もいい勝負してたね。そういえば...
魔法少女リリカルなのはA's 第05話 それは小さな願いなの(前編)【猫が唸る感想日記】at 2005年11月04日 04:35
悪なのふぁんがプロレスを観ていました。 「いよいよ始まりました。富士重工杯A’s級タイトルマッチ予選 ヴィータVS高町なのは の対決を天下一武道会会館よりお届け致します。」 「いやー小学三年生同士ですよ。って言うか天下一武道会会館って…」 「いいんです....
プロレス風味【魔法少女という花】at 2005年11月04日 07:42
若干作画が微妙になってきたのが気になりますが 相変わらず内容は面白いですね。 レイジングハートやバルディッシュは 自分たちの力不足でなのはやフェイトを守れなかったことが悔しくて 自ら身の危険を冒してまでパワーアップすることを望んだんですか。 泣かせますね
魔法少女リリカルなのはA's #5 それは小さな願いなの(前編)【ジェリタの気まぐれアニメ日記】at 2005年11月04日 12:28
魔法少女リリカルなのはA's公式サイトサンテレビ26:05-26:35 第5話「それはちいさな願いなの(全編)」 「はうう?なんか作画が崩れ出してますか?」 「今まできっちりしていたぶん、一気に力尽きた感が
リリカルなのはA’s#5 それが騎士の心意気なの【あにたむ素兎亭・別館】at 2005年11月04日 14:43
はやて激萌え(*´Д`*)ハァハァシャマルかわいいよシャマル(≧∇≦)【第二回戦】なのは「レイジングハート、カートリッジロード!」フェイト「ヴァルディッシュ、カートリッジロード」なのはvsヴィータヴィータ「やぁぁあああああぃ!」『プロテクション』ヴィータ「か、...
魔法少女リリカルなのはA's 第5話【ろくなの個人的報告書】at 2005年11月04日 14:45
今回はついになのはとフェイトが新ドライブの能力を発揮させる。 戦闘はどっちかというと管理局が優勢に進めたな。いや、なのはとフェイト、それにアルフと言うべきか。しかし、戦闘中に敵と会話か。緊張感がない連中だ。特になのはは。まあ、しょうがない。戦闘はシャマ...
魔法少女リリカルなのはA's 10月30日分【第23軍日常報告】at 2005年11月04日 16:56
カートリッジシステム燃え(何 倒して話を聞くとか何故そんなに好戦的なんだ('A`) 話を聞く気なんでしょうが 力を背景に話し合い=脅迫 な訳で。 下手するとフリーダム化しそうな方々。 まぁ色々と展開しそうですが。 檜山仮面とは知り合いじゃなかったのかこ...
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 「それは小さな希望なの 前編」【遑】at 2005年11月04日 17:07
はやてさんの昔が気になるのは、私でしょうか? 『私は、もともとずっと一人だったから』の台詞は、すっごく気になります。 さてさて、話は元に戻って前回の続きの戦闘シーンです。 なんか、「魔道の書」を集める理由を尋ねたなのはとフェイトですが、ヴィータに無茶な反論...
『リリカルなのはA’s』第五話 観ました【「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋】at 2005年11月04日 23:04
魔法少女リリカルなのはA's 第05話 「それは小さな願いなの(前編)」
魔法少女リリカルなのはA's 第05話【MADの日々】at 2005年11月05日 00:51
 今回は、新たな力を手にしたなのはとフェイトが、騎士達を追い詰めるお話。  前回、カートリッジシステムを組み込んだレイジングハートとバルディッシュ。それを得たマスターの力は、今まで苦戦していた騎士達と互角になったどころか、じりじりと追い詰めてさえいた。と...
魔法少女リリカルなのはA’s第5話・「それは小さな願いなの(前編)」を見て【サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改】at 2005年11月05日 01:14
#5「それは小さな願いなの(前編)」
魔法少女リリカルなのはA's #5【鷹の森BLOG】at 2005年11月05日 01:48
かなり本題に入ってきた感じカナ〜? 「決戦第二ラウンド」 なのはとフェイトのカートリッジ強化はかなり効いてたね。ただまだ無理はするなとのこと そして出ました!仮面男!魔法モノではあるあるww 今回も痛みわけって感じですかね〜。 想像したのははやてとす....
魔法少女リリカルなのはA's 第5話「それは小さな願いなの(前編)」【桃月学園blog】at 2005年11月05日 02:08
「それは小さな願いなの(前編)」 ヴィータとザフィーラの前に現れたなのはとフェイト。 自分達は戦いにきたのではなく、話を聞きたいというが「話し合いに来たやつが武器をもってくるか!」といった旨を伝え拒否。 そこに、結界の外からシグナムが強引に侵入してくる。 ...
魔法少女リリカルなのはA's 第5話【趣味のハナシガイ】at 2005年11月05日 04:41
魔法少女リリカルなのはA's    第05話 それは小さな希望なの(前編) ・今回のアバンタイトルの台詞(はやて) それは、小さな願いでした。
なのはA'sな感想 第05話  新デバイスでのバトルで燃えなの【宿の日記帳】at 2005年11月05日 15:09
2005年11月01日26時05分 サンテレビ 魔法少女リリカルなのはA’s 05話「それは小さな願いなの(前編)」
魔法少女リリカルなのはA’s_20051101_05「それは小さな願いなの(前編)」【おたくの視聴ログ】at 2005年11月05日 16:49
強化したバルディッシュ・アサルトとレイジングハート・エクセリオンを手に再度対峙するなのはとヴィータ達・・・
魔法少女リリカルなのはA’s:それは小さな願いなの(前編)【自由で気ままに】at 2005年11月05日 20:38
評価 B 冒頭。シャマルとはやての買い物シーン。 って、アレ?戦闘はどうした?…と思ったら、よく考えたら戦闘に参加してたのはヴィータとザフィーラだけでした。 戦闘。 なのはvsヴィータ、フェ
魔法少女リリカルなのはA's5話【MAY STREAM】at 2005年11月05日 23:32
この子を見てると小学校にいた頃を思い出してきちゃいました。あの車椅子の子は今どうしてるんだろう…。 水樹奈々さんが見事オリコン2位を獲得しました。おめでとうございます。自分はカウントダウンTVでそのCDランキングを見ていたのですが、ネギ魔の曲がオリコ....
魔法少女リリカルなのはA’s 第5話「「それは小さな願いなの(前編)」【 ささやかな ひとりごと 】at 2005年11月06日 01:26
高町なのはこと、田村ゆかりん萌え萌え萌え萌え。 今回のファーストキャラは、はやてちゃん。 ちょっとダウナー気味の関西弁前口上。 ここで元気ちゃんになっちゃうと、確実にぺと子化するので、これはこれでいいのかも・・・? スーパーでお買い物するはやてとシャ
魔法少女リリカルなのはA's 11月3日放送【萌えアニメ系 ダメブログ】at 2005年11月06日 16:17
それは、小さな願いでした。 何事もない静かな日々、ただ穏やかに続いていく毎日。 あたしは何も望んだりせえへん。あたしはどんな力も欲しないから。 ただ傍に居てくれたら良かった。そしたらあたしがみんなを守るから。 気持ちが少しすれ違うときも、だけど、そ
魔法少女リリカルなのはA's 第05話 レビュー【Black Costume Blog】at 2005年11月06日 19:26
前回の続きですね。 戦闘シーンだらだら えーとこれとこれがライバル設定?= 印象付ける 回に見える。 で、お姉様(;´Д`)ハァハァフンフンソウソウしてたら うごーーーーなんじゃーーー あの仮面野郎はw なんかかっちぇーーー やべえーーーーーー 最終的にこいつとお姉....
魔法少女リリカルなのはA's 第05話 「それは小さな望いなの(前編)」【萌る背中】at 2005年11月07日 08:54
 冒頭のハヤテの買い物シーンですっかり忘れていたけど、そういえば前回は変身シーンで終わってバトルをするところだったのですね。  …相変わらず今回も面白いなー。前からずっと書いていますが、現在のアニメの中では「なのは」と「ぱにぽにだっしゅ!」が2トップです。...
アニメ「魔法少女リリカルなのはA's」5話「それは小さな願いなの(前編)」感想@TVK組【無重力実験とアニメについて】at 2005年11月07日 12:39
第5話「それは小さな願いなの(前編)」 なのは、フェイト、アルフが、事情を聞きだすために ヴィータ、シグナム、ザフィーラに一騎打ちを挑む話。...
魔法少女リリカルなのはA’s【星の海でトーク】at 2005年11月11日 06:27
今回のアバンの担当は、はやて。はやてが騎士たちを想う気持ちがなんか痛々しい。 そして、前回変身したところで終わった戦闘シーン。新杖でのバトルシーン、とってもかっこいい〜! スピード感と命を削るかのような緊張感。気づけば手のひらは汗でじっとり。 パワーア....
魔法少女リリカルなのはA's 第5話「それは小さな願いなの(前編)」【くらろぐ−アニメとゲームと小説と−】at 2005年11月14日 01:11
【作品情報と感想】 halogenさん、トラックバックありがとうございます!
『魔法少女リリカルなのはA's』第5話「それは小さな願いなの(前編)」【SIDE 6】at 2005年11月19日 22:13
スーパーで買物をするはやてとシャマル はやては最近のみんなの行動に疑問を持つ それにシャマルはなんとか誤魔化しつつも、はやてに対して罪悪感を感じる 一方その頃ヴィータ、ザフィーラたちを追って結界内へと強行突入を試みるシグナム この辺いちいちカッコいいな~ ...
魔法少女リリカルなのはA's 第5話 『それは小さな願いなの(前編)』【リコテキイニシアチブ】at 2005年11月20日 16:23
今年一発目の感想はなのはです。 StrikerSも春から放送開始ということでめでたいですな。 まぁ、それはそれとしてA'sの視聴再開〜 前回はエロかっこいい変身で終わって今回はのっけからバトルです。 結界突き破って登場のシグナムはかっこいいな〜 なの...
魔法少女リリカルなのはA’s 第5話 『それは小さな願いなの(前編)』【よせあつめ離島】at 2007年01月20日 17:08
第二戦の幕開けでございます。
魔法少女リリカルなのはA's 第 5 話【圭佑の気まぐれ日記】at 2008年04月19日 23:06
この記事へのコメント
トラバありがとうございます♪

>崩し顔
チョットやばかったですねw
前作の5話も崩れまくってましたがw

はやての為に戦っていても、それがはやてを寂しくしてしまうすれ違いが悲しいですね。

ではお邪魔しましたw
Posted by ゆうじん at 2005年11月02日 11:45
>ゆうじんさん
コメントありがとうございます。
作画はまだ踏みとどまったほうだとは思いますけどね。

前作は5話が強烈過ぎました。
のっぺらぼーすずかがいたり小人さんなファリンがいたり(笑)。
流石にDVDではミスは直ってましたけど。

>はやての為に戦っていても、それがはやてを寂しくしてしまうすれ違いが悲しいですね。
そうなんですよねぇ。
戦いを始めてしまった以上は仕方がないんですが、寂しいものです。
本当は守護騎士たち自身も平和に暮らしていたいと思ってるんですけどね・・・。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月02日 12:20
『線画が息切れしてきたな…』

このテのサイトを見回るようになったお陰だと思いますが、そんなところから見ることが多くなった自分が少し悲しい…。

閑話休題。
新デバイスのお披露目には申し分無い戦闘演出でした。
お二方、バリバリにパワーアップしておりますな。今度は守護騎士側の立つ瀬が無いくらい。
各種新技の性能、ハーケンフォームでの斬撃の名前(『サイズスラッシュ』ではないでしょ)など、気になることが多いですが、その辺は追々かな。

次回予告の雰囲気から、話の謎も少しずつ明らかになっていくようで。アニメでここまで『先が楽しみ』なのはホント久しぶりです。
データベース作りたくなってきた…。
Posted by 藤篠 融 at 2005年11月02日 17:44
halogenさん、こんにちは。

カートリッジシステムは犯則に近い強さでしたね。
特になのはのパワーアップっぷりはスゴすぎ!!
一気にパワーバランスが崩れちゃった気がします。

>作画は今までで最低でしたが、第1期で最低だった5話と比べると格段に良い出来。
確かに1〜4話と比べると悪かったんですがこれぐらいならまだ許せますねw
今回のを最低レベルに、今後とも頑張っていって欲しいと思います!
あと第1期の5話ね・・・・思い出すだけで涙が出てきますorz
Posted by ノイシュ at 2005年11月02日 20:18
>藤篠 融さん
>そんなところから見ることが多くなった自分が少し悲しい…
確かに私も昔はあまり気にしなかったです・・・。
今も別に指摘してるだけで、作画が悪くてもほとんど作品としての評価は下げないですけどね。
クオリティが無茶苦茶高ければもちろん上げますけど。

>ハーケンフォームでの斬撃の名前
ベタにいくとハーケンスラッシュ?
やっぱりDVDの魔法辞典待ちでしょうか。

>データベース
とりあえず、今はNanohaWikiさんに書き込むのでいいと思ってます。
以前私もデータベース作ろうかと思いましたが、とにかく時間が無い・・・。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月02日 22:59
>ノイシュさん
>一気にパワーバランスが崩れちゃった
シャマルの言葉から察するに、ヴィータにももう一つ奥の手がありそうなのでそれが楽しみです。
でもなのはもお得意の大威力砲撃をまだ見せていませんからね〜。
2人の全力全開の勝負が見てみたいです。

>今回のを最低レベルに
そうですよね。
今回だけの作画の悪さよりは、だんだんと悪くなってきてることのほうが心配ですし。

>第1期の5話
完全に捨て回扱いでしたよね・・・。
作画が悪いのはおおめに見てもいいですが、ミスはいただけないです。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月02日 23:01
予想外な、しかしよく考えれば有り得たはやてで始まった#5。またも凄まじい終わり方で。
魔法等の話は後ほどにして。

冒頭のスーパー、前作の動物病院に続き原作に関係あるそうな話を小耳に挟んだり。やってみたいが時間が…。
なのはとフェイトは、もう想いを決めている分迷いがない。
そしてなのはの崩し顔が凄く久しぶり。無印の生き物の如きなのはの髪の動きもやらないかなぁ…。

なのは達の言葉を一蹴するヴィータ。まあ正論なんだが、ザフィーラが突っ込み役になるとは。
しかし最後はなのはを実力者と認めたのか、騎士道に則り名乗ったようでいい感じ。ただ、殺すという単語が出てくるのは意外でした。
フェイトとシグナム、デバイス含めて言葉を交わすなどかっこよすぎですっ。
特にシグナム、結界突入のシーンなど、お気に入り度急上昇中だなぁ。
ザフィーラは熱血の面と同時に公式どおり一歩ひいて全体を見ている面も。
Posted by アキ at 2005年11月03日 00:10
イマイチ活躍できないクロノ君。
いや、主捜索の判断といい、シャマルにS2Uを突きつけるシーンといい、やることはきっちりやってるわけですが。
隙を作ったのは痛かったが、まあ相手が悪かったって事で。蹴りのダメージが余りなさそうなのはジャケットのお陰?

仮面の男は完全に謎ですね。サーチャーに引っかからなかったてのは、それだけジャミング系を極めてるってことか…。
魔法を使わなかったのは、そこから正体を探られたくなかったからではないでしょうか。
前作、管理局はプレシアの雷撃から魔力波動を調べ本人と断定しているので。個人の魔力波動は指紋のように特定に使えそうです。

若干ヴィータとシューターのシーンで使いまわしがありましたが、変身を除けば基本的に同じ魔法でも新たに映像化する姿勢が素晴らしい。
新BGMはまた増えたなぁ…。完全にロボット+RPG風味。サントラ、前作の残りも含め全部入れて欲しいところ。
Posted by アキ at 2005年11月03日 00:10
徐々に明らかになっていくはやて周辺。
闇の書の真の所有者……漫画にあった覚醒段階?
漫画の内容も大体本編に出てきてますが、これはなし。漫画だけというわけではないでしょうから、次回あたりに説明があるのか。

守護騎士は闇の書のプログラム。
なるほど、闇の書の一部であるから、共に悠久の時を生きられたわけですか。
同時に闇の書が破壊できない現状、守護騎士は永遠の時を生きねばならないと言う意味でも。
「はやてとずっと一緒」というのは、そもそも無理な話だったということになります。
だからといって、守護騎士がそれを恐れ、はやても永遠のシステムに組み込むために動いているとは考えたくない。
考えたくないのだが、闇の書の完成がはやてが真の所有者になることに繋がり、永遠の命を手にするとかだったら、
ヴィータの台詞はそういう風にとることも出来なくはない。深読みのしすぎであってほしいが……。
Posted by アキ at 2005年11月03日 00:10
闇の書の製作者はベルカ式魔法の使い手のようですが、現在もベルカ式の集団があるような予想はとりあえず外れのようです。
それでも十分状況は複雑で、伏線も前作を超えて、しかしまだ5話目。

次回はリーゼ達が出るようですね。しかし、クロノを指導できるレベルの使い魔を二体も維持できるギル・グレアムがさすが。
そして#1の冒頭の続きがここで明かされるようです。ついでの闇の書の入手ルートも知りたいところだが、果たして。

わざわざ前後編にした意味も考えつつ、期待と共に次回を待つとします。
Posted by アキ at 2005年11月03日 00:10
>アキさん
公式でも3大ヒロイン扱いなのではやてのモノローグは十分考えられましたが、意外でしたよね。

>スーパー
>原作に関係ある
え、そうなんですか?
院長先生が出てきた病院はともかく、名前と様子だけであろうスーパーまで関係あるなんて。

>なのはとフェイトは、もう想いを決めている分迷いがない
今回で特になのはがヴィータを圧倒していたのは、単にデバイスのパワーアップだけではなく想いの力も大きいですよね。
迷いがなくなったときのなのはの強さは凄い。

>殺すという単語が出てくるのは意外
これはヴィータらしいなと思いましたけどね。
名乗りあいはよかったですが、むしろここでギャグを入れてくるとは思わなかったです。
戦闘開始前の言葉もそうですが、ヴィータはこういうキャラというわけですか。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月03日 15:37
>蹴りのダメージが余りなさそうなのはジャケットのお陰?
凄い勢いで吹っ飛んだわりには平気そうでしたね。
なのは達がビルに突っ込んでもあんまり問題なかったですし、バリアジャケットは純粋な物理攻撃に対しては無敵に近いということでしょうか。

>正体を探られたくなかった
なるほど、術式云々以前に魔力波動がありましたか。
そこまでは考えませんでした。
しかし、そうなると仮面の戦士は魔力波動で断定されうる人物ということに。
やっぱり普通にクロノの父親ですかねぇ。

>基本的に同じ魔法でも新たに映像化
バンクシーンがほとんど存在しないのは凄いの一言。
しかも全部手の込んだ演出になっていますし。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月03日 15:44
BGMは増えましたが、それ以上に増えたのが杖ボイス。
今作では普通に会話文まで入っていますし、全て完全収録というのは流石に無理でしょうか。
サントラを2枚組みにするとか、杖ボイスだけ別CDで出すとかしてくれないですかねぇ。

>闇の書の真の所有者……漫画にあった覚醒段階?
そんな気がしますね。
しかし、なんにしても分かっているのは用語ばかり。
もちろん徐々に明らかになっていくのだとは思いますが、とりあえず次回どれだけ明かされるか注目です。

>守護騎士がそれを恐れ、はやても永遠のシステムに組み込むために動いているとは考えたくない
むしろ、あるとすればその逆のような気がします。
はやてが闇の書に取り込まれるなどという状況だけは何としても阻止使用と頑張っている、とか。
“永遠に”はやてと一緒というのは彼女達の望みとは違うでしょうし、違ってほしいです。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月03日 15:44
>闇の書の製作者
最近は、本当に闇の書の製作者なんていたのか、などと考えるようになったりしています。
だったらどうして存在するのかと言われそうですが、破壊すれば他の世界で再生し、(時空管理局の知る限りでは)破壊にしか使用できないという代物は、どう考えても人間の作れるものじゃないという気がします。
また、それだけの力を持つ術者だったとしたら、どういう理由でこんなものを作ったのかますます理解できない。

あるいは、ベルカ式は廃れたとなっていますが、ベルカ式の魔導師たちが結集して闇の書に全てを託したとか?
何れにせよ、闇の書の本当の力が明らかにならないことには何ともいえないですが・・・。


次回は今までで一番楽しみですね。
あえて前後編にした意味を知るためにも、次回は必見です。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月03日 15:57
>スーパー
確かに原作で名前が出ていますが、本当にただそれだけです。
これは舞台が同じという設定だから、くらいだと思いますよ。
それ以前に地名(桜台とか)も原作と同じですから。

余談ですが、ゲームに直接関係しているという意味では前作の動物病院
の院長さんのみがそう言える人かなと。あの院長さんは原作ゲームで
メインヒロインだった人なので。

#まあ、同じ舞台でちょうど動物病院のシーンがあったからこそのファンサービスかと。


Posted by ID at 2005年11月03日 16:28
それとアニメ版『なのは』を原作付き作品と考えている方が妙に多いんですが、
ゲームとアニメは全くと言っていいほど内容が違います。登場人物や設定
が根底で共通しているだけで、ストーリーもテーマも全然異なっている
だからゲームの原題を引っ張ってくるならば、原作というよりむしろ原案
に近いんですよね。

“えろげ原作だから”つまらない、“原作者が書いているから”
面白い
という意見は、だから全く見当違いだったりする訳です(笑)
Posted by ID at 2005年11月03日 16:29
>守護騎士
もともと『作り出した』という説明がコミック版あたりであったはずなので、ある程度の予測はしていましたが、こうして『プログラム』なんて明かされてしまうとやはり釈然としないところが。
けど、どことなく『3』でのノエルに通じる雰囲気があるの…かな?作られた存在でもきっと『想い』はあるのでしょうね。

IDさん:
>原作で名前が出て
確か他にもドラッグストアとか、恭也たちの行き着けの刃物屋(研ぎ屋だったかな?)とかいろいろ名前がついてましたっけね。
確かに舞台が同一であるがゆえですが、こういうところをきっちり押さえてあるのは、ゲーム版から知っている人にはありがたいものでしょう。
Posted by 藤篠 融 at 2005年11月03日 19:16
>アニメ版『なのは』を原作付き作品と考えている方が妙に多い
自分もそう…かな。
無印のアニメ化情報が出た当初はともかく、今となってはちゃんと『別物の話』と割りきってますけど。
もともととらハの世界は『様々なifのひとつでしかない』ということですからね。ついでに書けば自分はファンの立ち位置としては半端なところに居るのである意味こだわりも薄いのです。
何より純粋に面白いし。

>“えろげ原作だから”つまらない、“原作者が書いているから”面白い
それだと、肩書きとかみたいなものを評価することになっちゃいますからね。確かに正当な評価には成り得ないというもの。
勿論『“都築真紀だから”面白い』というのも行き過ぎれば誤った評価になるわけで。
真っ直ぐに『作品』を見て、モノを言うべき……なのですが、それって難しいのですよねぇ(苦笑)。
どうしても贔屓目とかをしたくなってしまうのが人情です。
Posted by 藤篠 融 at 2005年11月03日 19:55
こんにちは
「星屑の記憶R」のクライストです

騎士っていってもヴィータはそんな感じ全然しないですよね。シグナムの従者って言ったほうが納得できるような・・・

バトルに関してもフェイトと互角のシグナムに比べ、ヴィータは完全に押されてましたしね。デバイス強化したって言ってもちょっと弱すぎ・・・。本気じゃなかったんでしょうか。

クロノ君は偉そうな割に弱いっすねぇ(^^
判断はいいんだけど詰めが甘いっていうか・・・

最後のクロノの言葉が一番気になりますね。作られた擬似人格って・・・そんな感じ全然しないんですが。

あ、犬ころには興味なし(笑)

しかし、よくここまで感想書けますね。感心しちゃいました。アニメ見直すのが面倒な時にここくると便利ですよ。
Posted by クライスト at 2005年11月03日 23:19
>IDさん
>舞台が同じという設定
それだけでも十分です。
そういう細かい設定を大事にしているのがいいなぁ、と。

>原作ゲームでメインヒロイン
原作キャラだというのは聞いてましたが、メインヒロインだったんですか。
それは知りませんでした。

>原作付き作品
>原作というよりむしろ原案
大分違うというのは知ってますが、一応原作ivoryとなっていますし原作付きと考えていました。
なのはに限らず、原作からかなりいじってくるというのは結構ありますし。

>“えろげ原作だから”つまらない
こういう意見が多いのはどうかとおもうんですけどねぇ。
どうしてエロゲ原作をそこまで嫌うのか納得できないです。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月03日 23:41
>藤篠 融さん
>『プログラム』なんて明かされてしまうとやはり釈然としないところが
あまりにも衝撃の事実でしたよねぇ。
漫画版に書かれていたことで大体覚悟はしていましたが、予想以上に厳しいものでした。

>作られた存在でもきっと『想い』はある
きっとそうですよね。
だからこそ、はやてを守るため自分の意思で蒐集をはじめた、と。


>『“都築真紀だから”面白い』
こういう肩書きから見てしまうのは、むしろ「都築真紀だから面白いはずだ」とか過剰な期待を抱いてしまって、実は案外な出来(でも本当は結構面白い)で必要以上に評価を下げてしまうのが怖いです。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月03日 23:47
>クライストさん
コメントどうもありがとうございます。

>騎士っていってもヴィータはそんな感じ全然しない
ヴィータはまだまだお子様って感じですしね。
第2話でのシャマルの不意打ちも騎士としてどうかという気もしました。

>デバイス強化したって言ってもちょっと弱すぎ・・・
ヴィータが弱すぎるというよりなのはが強すぎるんです(笑)。
でもシャマルの言葉で「ヴィータのギガント級の魔力」というのがあったんで、まだまだ本気じゃないことは確かでしょうね。

>作られた擬似人格
全然そんな感じがしないところが、また悲しい・・・。
はやての願いは叶いそうに無いのが辛いです。

>よくここまで感想書けますね
なのはに全てを注ぎ込んでますから(笑)。
2〜3時間くらいかかってるんですけど、そこまでしたいと思えるアニメなのです。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月03日 23:56
>闇の書の製作者
私は製作者はいたと考えてます。「ロストロギア」なので、技術的にも可能だったのではないかと思うので。
また、闇の書の管制人格と守護騎士の人格の元は、製作者自身とその関係者だったのではないかな、などと。
守護騎士としての能力をみるなら少女より成人男性の方が有効そうです。
それがああいうメンバーになっているということには、やはり理由があるのではないか、と思いまして。

>原作付き作品
原作つきであることは、「なのは」に関してはそのお陰で出会えたので、個人的にはむしろありがたく思っていたりします。
深夜アニメを全く見てなかったあの頃、やってみたいと軽くキャラ把握してたゲームのキャラと同じ名だと思ってTVをつけたのが始まり…。
#3のバスターで一気にはまりそのまま今に至る、と。
ただ、やはりえろげ原作というのは嫌われる傾向にあるようで、そのせいで正当な評価がなされないのは嫌ですね。
Posted by アキ at 2005年11月04日 01:02
さて、魔法関連。とりあえずミッド式を。

素晴らしい性能を見せてくれた新魔法の数々。
特にAシューターは、ヴィータとRHのやり取りや#1の練習、漫画で8つほど同時制御してたこともあり、単にデバイスの強化でなく
なのはの技量上昇のお陰だとも見れるのが好印象。#1とBGMも同じですし。
実はなのはの複数シューターがあんな風にならないかと想像してたので、実際に出てきて非常に嬉しかったり。
ジャケットの強化で機動性がダウンしたためか、アクセルフィンはあまり高速化した印象がないな…。

プロテクションパワード。バリア系の上位魔法にしたのではなく、プロテクションに手を加えた様子。
そしてバリアバースト。
いやまあ、何というか、凄まじくなのは&RHらしい戦術でした。
要は自分のジャケットの防御力をあてにし、自分をも巻き込む爆発を生んで強引に距離を取ってるんですよね。相変わらず無茶をする。
Posted by アキ at 2005年11月04日 01:02
無茶と言えば、なのはが単独でヴィータと戦おうとしたのにクロノが「マジか?」ユーノが「マジだよ」。
さすがにユーノの方がなのはの無茶っぷりを分かってるようです。

気になるのはエクセリオンモードですね…。
早急にフレーム強化してほしいところ。バルが戻りフェイトが戦線復帰した今ならその余裕はあるはず。
RHだけ言っているのは、なのはの方が瞬間出力が高いということでしょうかね。
ブレイカー+クラスの出力はフェイトでも出せなそうな気がしますし。

フェイト&バルディッシュ
バルは変形時にもリボルバー周辺がせり上がったりするなど、公式の説明を実践してくれます。
プラズマランサー
Pランサー…略し方が同じだ…ええと、とりあえずPLランサーとでもしておいて。
今までに比べ弾数増加+誘導性能追加。
どうも小説の話だとどちらも術者の技術に依るもののような気が…。同時制御や遠隔操作が苦手ともありましたし。
Posted by アキ at 2005年11月04日 01:02
今回のパワーアップに先立て#2でのランサーの弾数を増やして成長を見せてくれてたらよりよかったかな、などと思っていたり。
Sブレイドと今回の魔法陣は方向制御用ですかね。バスターのものと同じ効果でなくてもいいでしょうし。
そしてSブレイドもPLランサーと同等の性能がありそうで、それを防いだザフィーラの防御力が際だっていく。
Pランサーの性質を受け継いでいるなら、発動時の球体がスフィアに相当するのでしょうか。
となると連射用もあるのか、ファランクスシフトはPLランサーでやることになるのか。期待。

アルフも結構ザフィーラを押してました。熱血してます。
ただ、今回の戦闘での物理被害はアルフが一番多そうだっ。

最後の防御魔法は、ユーノの個別防御+アルフの魔法陣を使った何か、の二人同時使用ではないでしょうか。
ユーノ側はバリア系のようでしたが、アルフの魔法は謎ですね。

ひとまずこれにて。
Posted by アキ at 2005年11月04日 01:02
>アキさん
>「ロストロギア」なので、技術的にも可能
ロストロギアが全て人が作ったもの、ではなく昔は上手に制御できたがいまは出来なくなっただけというのも無い気がしないでもないですが。
まぁ、私も闇の書に製作者はいない説は推しているわけではないですが、そういう可能性もありかな、と思ったので。

そもそも、闇の書の製作目的が不明なんですよ。
再生を繰り返す必要がどこにあるのか。
唯一あるとすれば、ベルカ式というものを伝えるため(強大な力を与えるというのは注目させることで忘れられないようにするため)ではないかと。

ひょっとしたら、何かの間違い(魔力の異常使用による暴走とか)で、誤って今の様な仕様になってしまったのかもしれませんが。

>闇の書の管制人格と守護騎士の人格の元は、製作者自身とその関係者
なるほど、管制人格=製作者というのは普通に出てくる論ですが、関係者までは思いつかなかったです。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月05日 02:19
>原作付き作品
>深夜アニメを全く見てなかったあの頃
>#3のバスターで一気にはまりそのまま今に至る
はまった部分は同じようですね(笑)。
私はまずタイトルに惹かれ、でも第1話オープニングの時点でこれは何か違うぞと思い始め、3話のバスターと、なのはの責任感で一気にはまりました。

>なのはの技量上昇のお陰
努力の成果が現れた、って感じでしたね。
なのはの誘導操作弾はアクセルシューターで一応完成形ということでしょうかね。

>アクセルフィンはあまり高速化した印象がないな…
ジャケットによる機動力の低下を補うための変更ですから、フライアーフィン+フラッシュムーブ時代と変更が無いのは当然ではないかと。

>バリアバースト
この作戦は見事でしたよね。
まさかバリアを爆発させて強引に距離をとるとは思いませんでした。
自分の射撃距離を保つためなら何でも利用するというのが素晴らしいです。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月05日 02:24
>早急にフレーム強化してほしいところ
修理時にフレーム強化しなかったのは、なのはのカートリッジ使用時の魔力が予想以上に強大だったからか単に時間が無かったからか。
どっちにせよ、このせいでレイジングハートが壊れたら半分はエイミィのせいです。

>RHだけ言っているのは、なのはの方が瞬間出力が高い
バルディッシュは打撃用のため強化したから耐えられるのだと思ってましたが、どうなんでしょう。

>弾数増加+誘導性能追加
>術者の技術に依る
あれは誘導性能と言っていいのかどうか。
一度停止しないと方向を変えられないというのは、単にランサーを再利用しているだけという気がします。
その点では、やっぱり誘導制御は苦手なのかもしれませんね。
あとは、制御にばかり集中せず、威力に重点を置いたり咄嗟の反撃にも反応できるように余力を残していると言うのもあるかもしれません。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月05日 02:29
>方向制御用
方向が変わってから魔法陣が出ているので、方向制御というよりは姿勢安定という感じがしました(ひょっとして同じ意味かな?)。
確かに同等の効果である必要はないかもしれませんが、バスターも同じく姿勢安定と考えても良さそうですし。

>発動時の球体がスフィアに相当
>ファランクスシフトはPLランサーで
プラズマランサー・ファランクスシフトは是非とも見てみたいです。
発動時の球体がスフィアに相当というのは、確かにそんな感じ。
でも1発ずつ出すだけで消えてましたけど、あれは単に消しただけですかね。

>ユーノの個別防御+アルフの魔法陣を使った何か、の二人同時使用
ユーノが3人それぞれに個別バリアを張っていたのは見えてますが、アルフも魔法陣の外周同士を結ぶ魔力流っぽいものが流れてたので、あの部分はバリアなのかな、と思いました。
とりあえず、新たなシールド形魔法である可能性は高そうですね。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月05日 02:35
どうも、カヨウです。

今週は家に居なかったので逃しちゃいまして、
見てません(ノД`)

その分、補給させて頂きましたー
いずれ見れるタイミングがあるまでここを元に
脳内でがんばっておきます。折角の新魔法が・・・

来週はリーゼ姉妹ということで、頑張って見ますー では。
Posted by カヨウ at 2005年11月05日 16:13
>カヨウさん
>今週は家に居なかったので逃しちゃいまして
それは惜しいことを・・・。
早く視聴機会が訪れることを祈ってます。

新魔法は、特になのはが凄かったです。
アクセルシューターは今までのディバインシューターのイメージとはちょっと違いました。
速すぎます。

>来週はリーゼ姉妹
ネコミミ姉妹は必見ですよね。
クロノの師匠として、最近不甲斐ないクロノをどう教育してくれるか楽しみです(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月05日 19:57
>闇の書の製作目的
ベルカの王様が世界の崩壊を予知し、自分の子を生き延びさせるために闇の書に管理人格として封印。
その子と仲がよかった騎士をつけて、最終的には闇の書を完成させられるだけの実力を持った人間の体を使い復活させる。
闇の書の力と騎士を共にするその子はその後不自由なく暮らせるはずだった…
などと妄想。いや、妄想するなら今のうちってことで。

>修理時にフレーム強化しなかった
AAAクラスの二人のとりあえずの戦線復帰を優先したため時間がなかったのではないでしょうか。
ただ、バルだけ強化してRHを強化しないというのがあるのかなぁ、と疑問。
そもそも、デバイスのフレームってどのように作られるんでしょう。
SS02では部品を買って組み立てるようでしたが、RHはなのはの望んだ形になっています。
Posted by アキ at 2005年11月05日 23:38
これは、あらかじめ作られたフレームを、デバイス側で術者の望む形に組みかえることができるのではないか、とか考えてみたり。
となると、今回のRH・バルのカートリッジシステム以外の変化部分は、デバイスの判断で既存の部品を組み替えたのか、などと。
デバイスの説明の「リソースを振る」「セッティング」等の表現はこれに相当。
すると管理局は二機ともフレーム強化は間に合っておらず、バルの変化は自己判断によるもの、と、一応説明がつくかなあ、とか。

>RHだけ言っているのは、なのはの方が瞬間出力が高い
うーん、Sクラスの威力はフェイトには出せないのではないかなぁ、と考えているのですが、どうなんでしょう。

>PLランサー
Pランサーでも単発の場合スフィアが直接ランサーとして発射されているので、消したわけではないのでは、と。

毎度長文失礼します。では。
Posted by アキ at 2005年11月05日 23:39
>アキさん
>妄想
これはまた凄い妄想で。
でも生き延びさせるために管制人格として封印、というのはありそうですねぇ。

>バルだけ強化してRHを強化しない
打撃に使うか否か、じゃないでしょうか。
そもそも管理局としての修理はあくまでも現状維持で、カートリッジ含めた追加仕様はデバイスの意見という感じですし。
まさか管理局が2人の魔法特性をそこまで考えてチューンアップするとは思えませんし。

ただ、欠点に気付いてあげることは出来たと思うんですよ。
その点でレイジングハートのフレーム強化をしなかったのが不満なのです。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月06日 16:59
>デバイスのフレーム
クロノも暇を見つけて組み立てるといってますし、レイジングハートが特異な存在であるというのは考えられると思います。
先端部分の変形もメカニカルな変形じゃなくて再構成ですし。

>あらかじめ作られたフレームを、デバイス側で術者の望む形に組みかえる
組み替えるというのがレイジングハートのイメージ生成や再構成変形だとすれば、この特異な能力を持ったのがレイジングハートである、とか。

フレームについて考えるとき、バルディッシュの「コアさえ残っていれば簡単に再生可能」が引っかかってきます。
これが出来るということは、フレームも魔力で出来ているはず。
そうでないと簡単に再生なんか出来ないでしょうし。

>Sクラスの威力はフェイトには出せない
カートリッジシステムさえあればフェイトでもSクラス可能で、それでもフレーム強化が必要ないのは既にフレームが強いからだと思いました。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月06日 17:08
> 作画は今までで最低でしたが
 同感です。絵がちょっと落ちているかなというのは見ていて感じました。…いや、それだけです。失礼します。
Posted by 中谷 at 2005年11月07日 12:40
まぁあくまでも比較の問題で、前作に比べればかなり良い出来ですからね。
このまま徐々に悪化するということさえなければ問題ないレベルです。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月07日 17:11
初めまして。いつも参考にしています。

RHとバルのフレーム強化に関して、自分なりに考えてみました。
何故、RHだけフレーム強化が間に合わなかったか。
それは術者と杖の出力の問題ではなく、使用魔法の衝撃が問題ではないのでしょうか?
つまり「鎌」と「砲」の違いです。 

RHはバルと違い、砲撃時には杖本体が砲身に近い役割を果たしているように見受けられます。これは砲撃の威力を上げている反面、杖(フレーム)に相当な負荷を掛けているのではないでしょうか? 実際の大砲も威力が大きいものほど、その反動も大きいものです。砲の威力を上げれば上げるほど砲撃時の衝撃は巨大化し、砲本体までダメージを与えます。この衝撃を緩和させる技術を無視して、砲弾の威力だけを上げようとしたら、砲はその衝撃に耐えられません。

Posted by 天凪 at 2005年11月07日 20:42
つまり砲撃時の衝撃をフレームが受けきれず、本体であるコアにまでダメージが及んでしまう。
これが現在のRHだと思います。

バルの場合、砲撃は展開したスフィアから射出しているので、杖本体への衝撃は皆無であるように思えます。
又、刃(鎌)を形成する場合でも、出力が同じSクラスであっても、杖への負担は砲撃の衝撃よりも軽いように思えます。
なのでRHよりも、簡単なフレーム強化で充分に間に合ったのでは?
逆になのはの、スターライトブレイカー級の砲撃魔法の衝撃を受けきれるフレーム強化は、短期間では不可能だったのでは?
Posted by 天凪 at 2005年11月07日 20:43
「鎌」と「砲」が生んだ、魔法使用時におけるフレームへの衝撃の差。
強化したくてもできなかった、なのはのバカ魔力+カートリッジシステム。

いずれにしても、私もRHが砕け散る瞬間なんて見たくないので、早急にフレーム対策をして欲しいです。

それでは長文、失礼しました。
Posted by 天凪 at 2005年11月07日 20:44
>天凪さん
初めまして、コメントどうもありがとうございます。

>使用魔法の衝撃が問題
>砲撃時には杖本体が砲身に近い役割
なるほど、確かにディバインバスターはサンダースマッシャーよりもデバイスに近い部分から直接撃っている感じはしますね。
ただ、集束型だからかもしれませんが、バスターよりも威力の大きいスターライトブレイカーは砲身利用でない感じがするのが気になりますが。

>衝撃を緩和させる技術を無視して、砲弾の威力だけを上げようとしたら、砲はその衝撃に耐えられません
確かにその通りで、非常に説得力があります。
ただ、ディバインバスターにしても直接じゃなくて、一応先に魔力の集束点があるんですよねぇ。

フェイトのサンダースマッシャーに関しては小説によると杖無しでも撃てるらしいので、デバイスはほとんど補助のみで衝撃皆無というのは正しいように思えますね。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月07日 21:32
>砲撃は展開したスフィアから射出
砲撃と言うよりはプラズマランサーやフォトンランサーの射撃のほうだと思いますが、なのはもディバインシューター時代はスフィア生成で放ってました。
それが今回アクセルシューターになって、砲撃魔法だけでなく射撃魔法もデバイスからになったので、よりデバイスへのダメージは増えたのかもしれません。

ただし、問題はフルドライブモードの仕様です。
私にはエイミィの言葉が起動させるだけで危ないみたいに聞こえたのです。
つまり、カートリッジとなのはの全魔力を注ぎ込むだけで危ない、という感じに。
全魔力を注ぎ込むという観点ではバルディッシュも同じでしょうから、これは攻撃用フレーム強化のおかげではないかと考えたわけです。

でも、天凪さんの意見もなるほどと思うところがありますね。
強化したくても時間が無かったというのは、おそらく間違い無さそうですし。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月07日 21:40
どうもです、こちらではデバイス関連が話題に上がっているみたいですね。
今回はとりあえず既存の情報から判断し得ることを参考までに箇条書きしておきます。
主にインテリジェントデバイスについて
・変型の流れ…
‖垉‐態⇒基本形態(アクセル・アサルト・旧デバイスモード)
基本形態⇔特殊形態(専用モード)
B垉‐態⇒特殊形態は例が無い
※待機状態へはどの形態からも戻れる?そしておそらく,狼動と呼ばれる?
・待機状態でも対話機能は働く
・起動状態で受けた外傷は待機状態に戻っても残っている
・自動修復機能有り(魔力による回復)
Posted by 閲覧者As at 2005年11月07日 23:57
・As2話より…
.丱襯妊ッシュは戦闘中に欠損したシャフトを修復できた
損傷したレイジングハートはシューティングモードからの変型はせず、同形状のままで発展型を見せた(ウイングの巨大化)
・部品交換やカートリッジシステムの搭載など組み立て及び組み換えが可能
・カートリッジシステム搭載後も待機状態での質量と形状に変化は無い
・魔法プログラムの保存が基本的な用途(のはず)
…とりあえずこの程度でしょうか。
間違いは多分無いと思うのですが、もしあったら悪いですがそこは無視して下さいm(_ _)m。
Posted by 閲覧者As at 2005年11月08日 00:17
>閲覧者Asさん
>既存の情報から判断し得ること
これはわかりやすいですね。
どうもありがとうございます。
ただ、間違いというわけではないですが、

>損傷したレイジングハートはシューティングモードからの変型はせず、
>同形状のままで発展型を見せた(ウイングの巨大化)
シューティングモードでの魔力翼の生成は第1期でもあったはず。
どのタイミングかのディバインバスターを放つときに使ってました。

>待機状態へはどの形態からも戻れる?そしておそらく,狼動と呼ばれる?
待機状態へは、レイジングハートではすべての形態から戻っていたことがあると思います。
起動という言葉の意味も、それであってそうですね。

>外傷は待機状態に戻っても残っている
これはフェイトの言葉から察するに、コアの外傷ということでしょうね。
Posted by halogen(管理人) at 2005年11月08日 12:28