2006年05月27日

うたわれるもの 第8話

今回は戦が終決したこともあって、終始ほのぼのしたお話でした。
作画監督がキャラデザ&総作監の中田正彦氏ということもあって楽しみだったのですが、期待以上の絵で大満足。
キャラデザ自身が作監なので当然ながら絵は忠実で私の好みにピッタリ(女の描き方も男の描き方も)。
アルルゥがいつも以上に可愛かったですし、カミュの夜の湖上のシーンなんか物凄かったです。

ヤマユラ村の人々は村へと帰ることに。
寂しいですが、生まれも育ちもヤマユラですし、その村でよりよく過ごせるために戦ったんだから当然のことですね。
ずっと過ごしてきた人たちと別れるエルルゥとアルルゥは、一番辛そうでしたが・・・。

報告文章を読み上げるエルルゥ。
こういう雰囲気は苦手だから出ないというのはオボロらしいところですが、エルルゥも流石に慣れていないようで緊張しまくり。
「お姉ちゃんが寝言で笑ってた、不気味・・・」
って、言ってから気付いても遅いです(笑)。
寝言でどんな感じで何に笑ってたのか気になるところですが、確かに不気味そうですね。

ミツァルネミテアの総本山にして調停者を名乗るというオンカミヤムカイ。
カタカナがこれで合っているのか不安ですが、そういえばこの物語に出てくる色々な名前がどうやってつけられたのかは気になるところです。
調停者を名乗り介入してくるというのはなんだか偉そうですが、実際に偉いんだったら仕方が無いですか。
今回やってきたのは王女のウルトリィとムントで、王女自ら友好のためにやってくるなど、かなり良い人たちの様ではありますし。

ウルトリィとムントにお茶を出すエルルゥ。
女官といわれて家族と、皇后と訊かれて妹みたいなものと答えるハクオロに、少しがっかりするシーンがなんとも良かったです。
粗茶だという謙遜は当然と思うんですが、どうなんでしょう。

エルルゥの案内で村を見てまわるウルトリィとムント。
子供達にムントが羽根をむしられるシーンには笑いました。
村の方は、それ以前のインカラ支配時代があまりよく分からないので比較は出来ないですけど、本当に活気に溢れているという感じでしたね。
反動の面も強いでしょうからそのうちある程度落ち着くんでしょうけど、それでも以前とは全然違うことでしょう。

目を通すべき書類の多さにため息をつくハクオロ。
いきなりあの分量は半分ギャグだと思ったものの、新しい国ならあのくらいはあるんですかね。
約100巻位ありそうですけど、かさばるだけで文章量自体はそこまででもなさそうですけど。

薬師としての仕事をしているエルルゥを訪ねるウルトリィ。
エルルゥが薬師になりたいのは、祖母であるトゥスクルのようになりたかったから。
今のところは、立派にその道を歩めているような気がします。

湖にやってきたハクオロが目にしたのは、楽しそうに飛びまわるカミュ。
カミュ自身の絵とか水しぶきとか背景とか、このシーンの作画が凄すぎます。
他も綺麗で流石という感じでした。

部屋に戻ってみると、ベッドでカミュが寝ているのを発見したハクオロ。
見えてるかどうか訊いてたり、謎の高速詠唱で姿が一度消えてたり。
まだまだ色々とそういう技を使えそうですけど、どんなのがあるのか気になるところ。
まぁ消えるのは失敗していましたけどね(笑)。

慌てて立ち去るもムックルから逃げ帰ってきたカミュ。
カゴに入って、カゴごとムックルに飛ばされるシーンに笑いました。
あれ、相当痛かったでしょうね〜。

「お父さんと寝る・・・」眠そうにやってくるアルルゥ。
可愛いったらありゃしなかったり、一緒に寝ようと言われるハクオロがやたら羨ましかったり(笑)。
カミュってウルトリィの妹だったんですね。
そのわりには、ムントと比べてもカミュだけ羽の色が違うのが気になりますが。
客人として歓迎、ここにいてもいいと言われたときのカミュは本当に嬉しそうでした。

新たな書簡を持ってくるベナウィ、兵の増強を頼むオボロ、ウォプタル増強を頼むクロウ。
ハクオロも大変そうですが、オボロとクロウが張り合うおかげでやたら賑やか(笑)。
兵そのものかウォプタルかどっちが大事かは難しいところでしょうか。

勉強中に外にアルルゥの遊ぶ声を聞いたカミュ。
一緒に遊ぼうとするカミュと、人見知りして逃げるアルルゥの追いかけっこが楽しかったです。
特に逃げるアルルゥが可愛いったらありゃしなくて、穴掘ってたらスコップ放り投げて逃げたところは最高。
木の実だけサッととって逃げるすばしっこさも良かったです。

アルルゥを見失って、ハクオロに会ったカミュ。
勉強と公務のサボり同士なのでした(笑)。
「また・・・、ですか・・・」と少々怒り加減なベナウィが面白かったんですが、あと20巻程度なら我慢して読めたんじゃないかとは思いますね。

アルルゥとお友達になりたいというカミュに、取って置きの方法を教えるハクオロ。
アルルゥはハチミツが好きみたいですね。
貰って差し出して、「一緒に食べる」というアルルゥが可愛いですが、カミュは食べたこと無いようで。
美味しかったみたいだから良かったですけど、もしカミュの口に合わなかったらどうなってたやら(笑)。

ハクオロを探しているベナウィ。
縄で縛られつつ維持で這ってくるムントに笑いましたが、一体何事かと思いますよねぇ。
実際はカミュが逃げるために縛っただけですが、当のカミュはアルルゥとユズハと共にムックルに乗って遊び中。
ユズハがいると分かった瞬間に血相変えて大声で叫ぶオボロに爆笑でした。
それだけならいいものの、追いかけてまた叫んでましたからね〜。

アルルゥとカミュとユズハは3人一緒に遊んだりお風呂に入ったり寝たり。
このシーンが1枚絵でまた綺麗なんですが、とりあえずお風呂シーンが良いということで(笑)。
アルルゥのお風呂シーン、子供らしくいい貧乳ぶりで嬉しかったです。
このあたりのほのぼのさ、微笑ましさは、最近まで戦いの連続だったぶん余計に楽しげな感じでしたね。
でもユズハはあんなにはしゃいで大丈夫なのか、流石にオボロじゃなくても心配になったりします。

夜にエルルゥの部屋で話をするウルトリィ。
話はトゥスクルのことになって、思い出して悲しんでしまうエルルゥ。
そんなエルルゥに、そういうときは思いっきり悲しみの中に身をおけばいいというウルトリィの言葉が良かったです。
アルルゥとカミュに対してこちらは姉同士、そして国の重要な人物同士の交流で、いいシーンでした。

翌日、ムックルに餌をあげにきたハクオロ。
ムックルを枕に寝る3人という光景が、本当に微笑ましくて平和でした。
ハクオロのというとおり今の穏やかな暮らしが続けばいいんでしょうけど、実際は厳しそうなのが辛いところです・・・。

新たな国「トゥスクル」のことも大体分かり、帰ることになったウルトリィ達。
アルちゃんとユズっちですか(笑)。
アルルゥとカミュとユズハはすっかり仲良くなったようで、別れるのは寂しそうでしたけどまたすぐに会えるといいですね。

次回はまた戦乱に逆戻りですか。
戦闘は戦闘で面白いし好きなんですけど、次にほのぼのな話が見られるのはいつになるのか・・・。


人気blogランキング に参加中。
作画の出来も手伝って、とにかくアルルゥが可愛かったです。
でもやっぱりハクオロとは遊べてないんですよね・・・


夢想歌
(オープニングCD)
まどろみの輪廻(エンディングCD)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/50571796
この記事へのトラックバック
戦争も終わったので元居た村に戻るテオロとソポク達。 お別れの言葉が痛いですね、まるでもう会うことのないような死亡フラグといった感じで。 すでに王様の椅子に完全に座り込んでいるハクオロの元に、オンカミヤムカイ国からウルトリィが訪れてくる話。 ついでにさり....
うたわれるもの 第08話 調停者【なななな駄文】at 2006年05月27日 10:16
タイトル「調停者」。ウルトとカミュの鳥姉妹がやってくる話ですね。……
うたわれるもの8話/TV【波濤屋日記】at 2006年05月27日 10:31
ムックル最高だなw。
うたわれるもの 08 調停者【猫煎餅の斜め下ブログ】at 2006年05月27日 10:40
【うたわれるもの 第8話 調停者】 いくら緊張しているからといっても、最後まで読んでから気づくなんて(笑) ま、そこが可愛いんだけどね(;゚∀゚)=3 ハクオロに妹みたいな存在と言われて、シュンとなるエルルゥも最高(*´д`*) ...
うたわれるもの 第8話【イム-るのつらつらレビュー日記】at 2006年05月27日 10:42
新キャラのウルトリィとカミュが登場 どちらもなんでってぐらいご立派なナイスバディーでした。 ってかカミュのソレは反則だろ(笑
うたわれるもの 第8話 調停者【SOBUCCOLI】at 2006年05月27日 10:44
インカラ帝国は滅び、 トゥスクル国が始まる回ですので、 今回から第二幕とでも言いましょうか。 テオロさんら村人達は皆、 元いた村へ戻ることに。 (以下、ネタバレです)  ??????
うたわれるもの #8 「調停者」【マンガに恋する女の ゆるゆるライフ】at 2006年05月27日 10:55
戦に勝ったハクオロ達。だが、しっかり戦後処理をして、新国家の方針を定め、安定した
うたわれるもの第8話 『調停者』【ツレヅレ】at 2006年05月27日 11:00
第8話「調停者」 新しい国トゥスクル、王はハクオロ。 争乱の後片付けが終わるとテオロ達は自分達の村へと帰っていった。 ゆっくりと動き出した新国。 「では最後の報告を。”おねえちゃんがねごとでわらってた、ぶきみ”・・・・・ぇっ!?」 アルルゥもちゃ...
うたわれるもの 第8話【孤狼Nachtwanderung】at 2006年05月27日 11:48
<<< うたわれるもの >>>●○あらすじ○●調停者の訪問は変化のきっかけ。アルルゥには“ともだち”ができて。エルルゥは理解者と出会った。そんな穏やかな日々。●○できごと○●▼生まれた場所村の人々は帰っていく。生まれて、育って。だから死ぬときも・・・。ア...
うたわれるもの 第8話 「調停者」感想。【ぼくのありか。】at 2006年05月27日 14:03
戦も一段落、お待ちかねの日常ですよ。
うたわれるもの第8話「調停者」感想【うつろねこのゲーム人生。】at 2006年05月27日 14:14
■うたわれるもの 第08話 「調停者」  初期から一緒に戦ってきたテオロ以下が元々住んでいた所に帰るという。 生まれたのも育つのもあの村だといい、死ぬ時もあの村だという・・・。 ソポクからアルルゥとエルルゥはメッセージを受け取る。 そして村へ帰っていく...
うたわれるもの 第08話【螺旋階段】at 2006年05月27日 14:36
■うたわれるもの■
うたわれるもの 第08話【King Of ヘタレ日記】at 2006年05月27日 16:28
ついに一国の皇となったハクオロ。 たくさんの臣下達。 そして、ハクオロの側にはベナウィも。。。 皆の前で書簡を読み上げるエルルゥ。 「では、最後の報告にまいります。お姉ちゃ??>????É
うたわれるもの 第8話「調停者」【のほほんホビー】at 2006年05月27日 17:19
ソボク「アルルゥ、おかしなものを食べてお腹を壊すんじゃないよ」 前例があるのか?w テオロ達と別れるハクオロ。 いつの間にか支配者になってるしw まあ順当な流れだが・・・
うたわれるもの第8話「調停者」:青虫のようなムント【知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ】at 2006年05月27日 18:17
第8話 【調停者】 お姉ちゃんが寝言で笑ってた、不気味・・・。 byアルルゥ 想像したら笑えましたww って事でうたわれるもの8話です〜♪ 新キャラキター!! カミュ@釘宮理恵 ウルトリィ@大原さやか・・・。 流石うたわれるもの!!声優人が豪華ですね♪ カミュ ...
うたわれるもの #8【★虹色のさくらんぼ★】at 2006年05月27日 18:33
「調停者」  トゥスクルの皇となったハクオロ。執政としての激務に翻弄される日々が続くが、そこには戦時には得られない安らぎがあった。そんな時、オンカミヤムカイからウルトリィ皇女を団長とする友好使節団が来訪する。  各キャラクターの魅力にあふれた楽しい話だった...
アニメ雑感 『うたわれるもの』  第8話【憔悴亭 sunny side】at 2006年05月27日 18:51
「調停者」 ウルトリィ&カミュ登場!! 今回は嵐の前の静けさなのでしょうか? ウルトリィ&カミュ姉妹がハクオロ達の国・トゥスクルを訪れ、コミカルな感じの話でした。 村人??0} ??Q 
うたわれるもの 第8話【ラブアニメ。】at 2006年05月27日 19:32
今回は異国のお客さんが来るの巻。ほのぼのとしたストーリーで癒されました。 OP曲前はハクオロ一家とテオロやソポクなどの村人達とのお別れです。ハクオロは皇になったから皇都にいなければいけないのですね。テオロ達は今後登場しないのかなと寂しい気分。 巻物を読ん....
第8話/調停者(うたわれるもの)【細々アニメ感想部屋】at 2006年05月27日 21:20
インカラを倒し、トゥスクル国を建国したハクオロたち。 でもテオロさん達ヤマユラの人間は、里に帰ってっちゃったよ。 ヤマユラで生まれ育ったからこそ、死ぬ時もヤマユラで――うむ
うたわれるもの 8話「調停者」【* Happy Music *】at 2006年05月27日 21:50
3648 名前:名無しになるもんっ♪ :2006/05/23(火) 03:02 ID:???俺好みの剣士はいつ出てくんねん 3650 名前:名無しになるもんっ♪ :2006/05/23(火) 03:02 ID:???今週この羽根っ娘が出てくるのか
うたわれるもの 第8話 実況メモ【Hones】at 2006年05月27日 22:08
うたわれるもの 第8話 調停者です。 おやっさん帰っちゃった…。何気に気に入ってたのに。
うたわれるもの 第8話 調停者【空想÷妄想≠幻想】at 2006年05月27日 22:24
悪政から開放された民、民意を踏まえた政により 復興しつつある国土。 かなかな よい内容でした。 ある程度、足場を固めてから 再び 新たな敵が登場するまでの息継ぎかもしれませんが、調停者の来訪は よい題材でしょう。 新しいキャラの登場がありましたが、今...
うたわれるもの 。。。。 第8話 調停者 。。。。 和製的な香りのする舞台に 翼を持つ種族が加わって どんな世界を見せていくのか・・・・期待です。【幻影現実 私的工廠 ブログ】at 2006年05月27日 22:39
うぉぉぉぉぉおおおぉぉぉぉぉおおおおぉぉおぉおおおおお!!!! アルルゥのお風呂ぉおぉぉぉぉぉぉぉぉおおぉおおぉおおお!!!!
うたわれるもの第8話「調停者」【ここはチラシの裏】at 2006年05月27日 23:21
笑うつもりで「うたわれるもの」見てるわけじゃないんだから困るよオボロ〜。勘弁してよオボロ〜。
うたわれるもの 8話「調停者」【こころに いつも しばいぬ】at 2006年05月27日 23:32
 ペナシコウルペ国の皇王インカラを倒し革命を成し遂げたハクオロは、国名を「トゥスクル」に変更 して新皇王に就任した。一方でテオロやソボク達は、生まれ育ったヤマユラ村に帰ろうとしていた。 彼らとハクオロ達と別れの時がやって来た。ソボクは、妹同然のエルルゥと
うたわれるもの第8話(調停者)【アニメな感想】at 2006年05月28日 06:03
「調停者」本当に、こんな日々がずっと続いてほしいと思うような、穏やかな時間でした。 聖上としての山のような仕事をこなしつつ、ウルトリィたちをもてなすハクオロ。そんなハクオロを補佐するエルルゥにベナウィ。エルルゥは一体どんな夢を見て、寝言で笑っていたのだろう...
うたわれるもの 8話【164】at 2006年05月28日 09:24
うたわれるもの 第8話「調停者」 インカラを倒し、やっと少しは休息できるようになる。
うたわれるもの 第8話「調停者」【恋華(れんか)】at 2006年05月28日 14:06
第8話「調停者」 戦を終え、村に引き返すテオロたち。 姉御肌のソポクとの別れでエ...
うたわれるもの 第8話【Todasoft Blog】at 2006年05月28日 16:26
新展開突入で、それに伴い新キャラ登場。 ウルトリィとカミュの姉妹登場です。 とりあえずまず一言 カミュかわいいよカミュ エルルゥ弄りは相変わらず面白いな〜 ていうか全部読む前に気づけよ(笑) 妹のようと言われてしゅんとなるエルルゥもカワイス ...
うたわれるもの 第8話 『調停者』【よせあつめ離島】at 2006年05月28日 17:50
ちょ アルちゃん ユズっちw という訳で、こちらはインターバル。 きょにゅー姫VSかわいそうエルルゥ。 ツンデレ対決かと思われたが 声とは逆で全開元気娘VS真ツンデレアルルゥ 羽が生えてる人はみんなきょぬーか。 男ドモ出番ないじゃんと。 ....
うたわれるもの 第8話【ナナメから見てみる】at 2006年05月28日 22:17
<font color=red size=3><b>第8話 「調停者」</b></font> <font size=2><b>国づくりも落ち着き、ひたすら書簡に印鑑を押す毎日のハクオロ。 皆もハクオロを慕っていろいろと相談するため、ハクオロも忙しい。 そんなある日、とあ...
うたわれるもの 追記6【Geallza's Power】at 2006年05月29日 00:20
<font color=red size=3><b>第8話 「調停者」</b></font> <font size=2><b>国づくりも落ち着き、ひたすら書簡に印鑑を押す毎日のハクオロ。 皆もハクオロを慕っていろいろと相談するため、ハクオロも忙しい。 そんなある日、とあ...
うたわれるもの 追記6【Geallza's Power】at 2006年05月29日 00:20
うたわれるもの リニューアルパッケージ アルルゥ、ユズハ、カミュ…。3人揃って、私を殺そうとしている…。 可愛すぎ(*´∇`*) そんな、第8話。
うたわれるもの 第8話「調停者」【NON日常】at 2006年05月29日 00:54
戦もひとまず終わり、ホッとできる今回の話でした。そして、いよいよ登場のウルトリィ。平和が戻った国にさらに彼女の存在で、国に全体にやさしさに包まれた感じがしました。これまで、出てくる物たちは戦いのことばかりで、血の気の多いキャラばかりだったので、ハクオロ...
うたわれるもの第08話「調停者」【Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌)】at 2006年05月29日 03:50
束の間の平和、皇となったハクオロを待ち受けていたのは大量の政務。新しい国を造るハクオロ達に“調停者”であるウルトリィ達が現れ・・・? さてさて今回はまずウルトリィ・ムントのハクオロへの謁見から。どうやらウルトリィ達は「友好」を深めにハクオロの元へやって....
うたわれるもの 08話 「調停者」【Every day absorbed in hobby...】at 2006年05月29日 06:19
「調停者」 皇都を制し、反乱は集結。親父さんたちは、村へと戻り、ハクオロは、指導
うたわれるもの・第8話【たこの感想文】at 2006年05月29日 09:17
来週、番組がお休みだそうで1時間スペシャルでした。 8話「調停者」 翼を持つ一族
うたわれるもの8話+9話【暇人適当記】at 2006年05月29日 14:19
ウルトリィの胸で泣くエルルゥ、やはり悲しみを隠していたのですね。
うたわれるもの 「調停者」【ゼロから】at 2006年05月29日 17:30
エルルゥとアルルゥ以外みんな村へ帰ってしまいました。 さすがに、内乱も終わったのに田畑を放置したままでは国として成り立たないですしね。 ああ、インカラの時は違いちゃんと文官達が出席するなかで政務を執り行っているようですね。 そういえば、ベナウィの役職は...
うたわれるもの 第08話 「調停者」感想【nekoyama01-blog】at 2006年05月29日 20:23
TVアニメ「うたわれるもの」オープニング主題歌: 夢想歌/Suara インカラを打ち倒し自らが皇となったハクオロ。膨大な執務に追われ忙しい毎日・・・。そんな時、大神、ウィツアルネミテアを奉る総本山の巫女がこの国を訪れます。国や部族間の仲介や災いを防ぐことを自ら...
(アニメ感想) うたわれるもの 第8話 「調停者」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2006年05月30日 01:08
ぽちっとな! 夢想歌/Suaraまどろみの輪廻/河井英里 ワンコインフィギュア うたわれるもの BOX(再販予約) 【調停者】 戦争が続いていたましたので、しばしの平和なひとときといった感じ。 木陰でムックルを枕に転寝の少女達の姿はハクオロさんじゃなくても....
うたわれるもの 第8話【Cosi Cosi】at 2006年05月30日 14:25
二話連続放送。 勿体無いから、こういうのは遠慮していただきたい! ちょっと嬉しいですけどね。 「調停者」 おいおい、ずいぶんと立派になっちゃったじゃないですか。 社長に就????)
アニメ うたわれるもの【アーリオオーリオ ドゥーエ】at 2006年05月30日 23:56
マヂハマりますこのアニメ!! 日常パートなのに退屈しません。やっぱこれはある意味才能なのかなー・・。普通の日常パートアニメだったらあくびが必ず出るので。(笑) 今まで戦闘戀
うたわれるもの 第8話【JUNKS】at 2006年05月31日 05:09
ようやく訪れた平穏な日々。 うず高い書簡に囲まれ、ハクオロは慣れない皇の仕事に悪戦苦闘していました。 第8話「調停者」です。 戦いが終わり、国の復興も一段落したことから、テオロたちはヤマユラに帰っていきます。 ハクオロは新しい皇として、政務に追われる日々を過...
やすらぎの少女「うたわれるもの」第8話【その他省その他局執務記録】at 2006年06月20日 21:55
この記事へのコメント
>神様の名前
ウィツァルネミテア、です。『解放者』の名を冠する神様。

>皇后と訊かれて妹みたいなものと答えるハクオロ
ゲーム中ではたしか、訊かれたときにエルルゥが顔を赤らめる反応があったような。
そこは素で流してしまっていたのでちっと残念でした。

>物語に出てくる色々な名前
多分にアイヌ語が含まれてるのは確かです。

>目を通すべき書類の多さにため息をつくハクオロ
国が出来たばかり(ほぼ直後)の頃に、ハクオロが『何故私が皇になっているんだ…』と愚痴るシーンがあるんですよ。
…が、それは容易くべナウィに言い負かされるのですが。
「『最後まで見届けろ』と言ったのは貴方でしょう」という台詞の前に、ぐぅの音も出なくなってしまうのでした。
Posted by 藤篠 融 at 2006年05月27日 11:35
>カミュ
今まで釘宮さんの役は思いっきり『子供』なキャラのしか聴いたことがなかったので、内心では声が随分不安だったのですが思ったほどは違和感無し…かも。
カミュはオンカミュー族の中では例外中の例外。なので翼が黒い以外にもいろいろあるのです(まだ秘密)。

ちなみに。
翼が黒いのはもう一人います。OPをよく見るべし。
こっちの声も釘宮さんなのかな?

>まぁ消えるのは失敗していましたけどね
コレはたしか失敗じゃないんですよ〜。
いや、かなり曖昧な記憶ですが『カミュの失敗』だけではないはずです。
細かいことは……これもマダ秘密ですかね。

……ていうか、このへんはまだ明かせないことばかり。
Posted by 藤篠 融 at 2006年05月27日 11:36
今回はほのぼのした雰囲気で、安心して観られましたねー。
アルルゥは可愛かったし、湖のカミューのシーンは綺麗でしたし。

>粗茶
まぁ、これは文化の違いという事で……。
実際、お客に出したお茶を「粗茶です」というのは日本ダケで、他の国でそんな事を言ったらムントと同じ反応をされるそうですよ。

>語に出てくる色々な名前
アイヌの言葉がベースですが、色々と創作はしているようですね。

>アルちゃんとユズっち
実はエルルゥにも「エリンガ」という渾名が(命名:アルルゥ)。
ちなみに『厠の禍津神』も同じ発音で「エリンガ」だったりいます。
狙っています、アルルゥ(笑)。
Posted by 天凪 at 2006年05月27日 21:59
>粗茶だという謙遜は当然と思うんですが、どうなんでしょう。
国と国との付き合い(外交)をご近所付き合い感覚でやっちゃいけませんということですね。
家主と客人との関係なら謙譲の美徳をすれば良いのですが、国主と使節の関係ならばそうはいかず、相手と良好な関係を築きたいと思うなら、お互いに自分達はあなたと[貴方の国]に敬意を持っていますよという事をすべての言動で示さなければなりません。
ましてやあれは皇と他国の皇族との正式な会談の席ですから、あれをスルーしたらエルルゥの真意はともかくオンカミヤムカイが新興の国に嘗められたという事になり、国の権威が落ちると(落ちていくと、といったほうが適切か)最悪に最悪な場合他国と戦争になります。だからこそ、そこまで深刻に考えてはいなかったでしょうがムントが不快な態度を示したのは国家使節としては当然です。
Posted by 眞尋か手下 at 2006年05月27日 22:08
で。ここで注目すべきは報告文読み上げの時と同様、エルルゥの朝廷の仕事(環境)に慣れていない故の失敗と、それを波風立てることなく最良の方法でフォローしたウルトリィ皇女の優しさと有能さでしょう。
外交会談の席でこういう事を自然に何気なくできる「気品ある優しさをもつウルトリィ皇女」という描写で良かったのではないでしょうか。
Posted by 眞尋か手下 at 2006年05月27日 22:09
>藤篠 融さん
ミじゃなくてウィでしたか。
解放者ねぇ。

神様って他にも一杯いるんでしょうか。

>多分にアイヌ語
そういわれればそれっぽい・・・んでしょうか。
私には語感がそれっぽいのかすらよく分からないです(汗)。

>『何故私が皇になっているんだ…』
それは見てみたかったかも。
何故って、当然の流れじゃないですよね(笑)。

>思いっきり『子供』なキャラ
カミュは子供じゃないんですか(笑)。
外見は子供こどもしてなくても、アルルゥと遊んでいるあたり十分子供に見えるんですけど。
Posted by halogen(管理人) at 2006年05月28日 16:44
>翼が黒いのはもう一人
あとで見返してみます。
とりあえず、特別だけどカミュだけというレベルじゃなくて、他にもそれなりに見られるレベルなんですかね。

>まだ明かせないことばかり
まぁそのうち明かされるんでしょうし、それまで楽しみに待つことにします。



>天凪さん
カミュのシーンは本当に綺麗でしたよねぇ。
アルルゥの可愛さは素晴らしいです(笑)。

>日本ダケ
まぁ敬語なんて概念が英語には無かったりしますし、当然ですか。
でもそうなると、普通はそういうときってなんと言って出すものなんでしょうか。
謙遜は不味いとしても、わざわざ大きく出るとそれまた失礼・・・と思うのは日本人の感覚だからなんですかね。

>「エリンガ」
そんなものがあるんですか(笑)。
しかも命名がアルルゥとは、是非聞いてみたいところです。
Posted by halogen(管理人) at 2006年05月28日 16:53
>眞尋か手下さん
>(外交)をご近所付き合い感覚でやっちゃいけません
なるほど、色々と勉強になりました。
その敬意の示し方というのが、難しそうです。

>ウルトリィ皇女の優しさと有能さ
何気なく見ていたのですが、そういう外交についてのことが分かった上で見ると、成る程な描写になるのですね。
Posted by halogen(管理人) at 2006年05月28日 18:33
>解放者ねぇ。
うさんくさいと思った貴方は正しい(ゑ)。

>神様って他にも一杯いるんでしょうか。
所謂『八百万の神々』みたいな概念の世界だったと思いますよー。
細かいことは……忘れてしまいました。

>カミュは子供じゃないんですか(笑)。
だって、ねぇ。もともとそーいうゲームなんだし(下世話)。
キャラは子供子供でも、声はあんまり同様なイメージはありませんでした。
Posted by 藤篠 融 at 2006年05月30日 08:47
>他にもそれなりに見られるレベルなんですかね。
“例外中の例外”ですよ〜。
もうひとり、というのはそも立ち位置というか各付けと言うか、そういうのが別物なので。
『もう一人』の居る域にカミュが含まれる、っつーか。

>「エリンガ」
『エルンガー』じゃなかったっけ?
アルルゥのネーミングセンスはいろいろとイってます。
最たるものは……2・3話は先か?
Posted by 藤篠 融 at 2006年05月30日 08:52
>藤篠 融さん
>『八百万の神々』みたいな概念
なるほど。
別にそれだけ分かれば、それ以上細かく無くても大丈夫です。

>声はあんまり同様なイメージはありませんでした
私は声をイメージするときはキャラの個性からで、多少そういうゲームだろうがなんだろうが関係ないですね。

>“例外中の例外”
カミュだけじゃなくて、黒い翼自体が例外中の例外なんですね。
カミュが例外で他にも色々と秘密があって、黒い翼自体はもう一人いるようにそこまでも珍しくは無いのかと勘違いしてました。
考えてみれば、勘違いしすぎ・・・。

>『もう一人』の居る域にカミュが含まれる
だからカミュが変わっている、と。
まぁそのうち分かっていくんですよね。
Posted by halogen(管理人) at 2006年05月30日 15:20