2006年09月17日

うたわれるもの 第23話

今回はゲンジマルがハクオロにクンネカムンを止めてもらおうとするお話でした。
戦は一段落しましたが、今度は真実を知ったエルルゥの心が大変なようで。
そんなエルルゥに心だけは誰のものでも無いと言葉をかけてあげたウルトリィは、最初から全部知っていたとは驚きでした。

やられたときの夢をみてうなされるハウエンクア。
ディーにすがり付いていましたが、こいつは結局このまま生き延びるんでしょうか。
一方のディーは覚醒云々、ハクオロのことなんでしょうけど一体何を企んでいるのやら。

クンネカムンに帰ってクーヤに報告するヒエン。
またしてもヒエンとゲンジマルの相反する進言を受けるクーヤは、もう引くわけにはいかないと全土統一を続行。
何だかもう意地になっている気すらしますね。
結局はヒエンに流されてるだけの気もしますが、あくまで自分で決めたい、自分で決めたことにして押し通したいという。

ディーを問い詰めようとしたゲンジマル。
しかしディーの動きは速すぎてどうしようもなく、というかディーの正体に気付いたようで。
あなた様だとか目覚められたとか言ってますが、ディーの言うもう一度とは何なのか。
過去に何があったというんでしょう。

ふかふか布団ではしゃぐアルルゥを見て、契約のことを思い出すエルルゥ。
アルルゥはいつも無邪気ですが、そのぶんエルルゥは・・・。
ハクオロの正体を知ってしまって契約を改めて思い知らされて、辛そうです。

今後の戦いを会議する中、ボーっとするハクオロ。
自分が変化したであろうあの姿を思い返して、呆然として。
記憶がはっきりしていないのがまた辛そうですし、エルルゥに見られたらしいと言うのもまた辛そう。
エルルゥもその話題に触れないようにしていますしね。

エルルゥを追いかけようとして、突然眩暈に襲われたハクオロ。
気付いてみればそこは何処かの研究室、いたのはエルルゥ似の少女と仮面をした男。
水島さんと呼ばれたホログラムと、それにアイスマンと呼ばれた仮面は一体何者なんでしょう。
仮面の方は前回撃たれた研究者と同一人物としても、そもそもの状況が意味不明です。

3510号と番号で呼ばれるエルルゥ似の少女。
実験体だからとのことですが、一体何の実験体なんでしょうか。
自分以外ならいいだろうとアイスマンがつけた名前は3510からミコト。
安直かもしれないですけど、やっぱり嬉しそうでした。

そこまで見たところで現実に引き戻されるハクオロ。
エルルゥの表情が辛そうでした・・・。

アヴ・カムゥから逃げるゲンジマルとサクヤ。
途中まで追われたところで迎え撃つゲンジマル、いくら自分の国のもので弱点も知ってるだろうとはいえ、単身で撃退するとは強すぎです。
装甲が薄そうなところを突くのはともかく、あの剣を受け止める力は尋常じゃないですよ。

ハクオロに対して、いずれクンネカムンが滅びる前に今のうちに止めて欲しいと頼むゲンジマル。
ハクオロの言うとおりどう考えたって謀反ですが、誠の忠義だというゲンジマルの覚悟を信じて申し出を了承。
まぁ放っておいてもまた攻め込まれるでしょうし、それよりはこちらから動いて、相手の事情にも詳しくかなりの戦力であるゲンジマルがいた方が、トゥスクル的にも良さそうですしね。
怖いのはゲンジマルの言葉が嘘だった場合ですが、それは無いとすぐに判断できたからなんでしょう。

エルルゥの手当てを受けるハクオロ。
初めてあったときのことを思い出して、ずっとエルルゥに支えられて。
これからもずっと側にいてくれないかという言葉は、エルルゥには嬉しいはずでしょうけど契約のせいで複雑そうでしたね・・・。

クンネカムンに対抗するには、その小規模反勢力を統制する必要があるというベナウィ。
それが出来るのはウルトリィ達の父オルヤンクルだけ、そしてゲンジマルによれば生きているとのこと。
一気に殺してしまわなかったのは、今後利用するためだったんでしょうか。
クンネカムンにとっては最大の敵、ましてや率いるのがハウエンクアでは即殺していてもおかしくないと思いましたが。

オルヤンクル救出に出発するトゥスクル軍。
そんな中、ハクオロは城に残留したのはちょっと意外でした。
今までのことを考えれば、ましてや相手が相手なので自分から出るかと思いましたよ。

エルルゥの手は冷たくなったと言うユズハ。
でも、また大好きな人に暖めてもらえばいいと一言。
ユズハは病気の分か体が弱い分か、こういう気持ちには本当に敏感ですよね。

髪の手入れをしつつ、思わず涙を流すエルルゥ。
そんなエルルゥにウルトリィが話したのはエルルゥが一番気にしていたこと。
ウルトリィは全て知っていたというのには驚きました。
でも、心だけは誰のものでも無いあなたのもの、神の契約でも繋ぎとめられないもの。
その優しい言葉を聞いた後のエルルゥの笑顔が良かったです。

そしてその夜、もう一度あの言葉を言って欲しいと言うエルルゥ。
これからも側にいてくれないかという言葉。
その言葉にしっかり返事をして、立ち直れたようで良かったです。

救出したオルヤンクルに会って、お力添えをと願うハクオロ。
オルヤンクルはその位をウルトリィに譲ると宣言、いよいよクンネカムン攻めでしょうか。
しかし、救出そのものは案外あっさりしてましたね。

次回はクンネカムン攻め、再びクーヤとハクオロが対面しそうです。
あくまでもクーヤを止めて助けることが目的でしょうけど、ディーも動きそうでどうなるか楽しみです。


人気blogランキング に参加中。
装甲弱そうなところさえ突けば、カルラやトウカでもアヴ・カムゥを倒せそうな気も。


うたわれるもの BOX 章之一
(DVD−BOX)
うたわれるもの 第一巻(DVD)

夢想歌(オープニングCD)
まどろみの輪廻(エンディングCD)
TVアニメ「うたわれるもの」オリジナルドラマCD(ドラマCD)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/50718963
この記事へのトラックバック
「心の在り処」  おぼろげながら物語の構造が見えてきたような気がする23話。え? もう23話! ………あと3話かぁ。  謀反を起こしたゲンジマルによってあっさり倒されてしまうアヴ・カムゥ。弱点は鎧に覆われていない部分だった? でも、それってあたりまえなんじゃ...
アニメ雑感 『うたわれるもの』  第23話【憔悴亭 sunny side】at 2006年09月17日 21:04
ディーは一体何者なんでしょうね。 ニウェやハウエンクアに取り入るあたり悪人なのかと思ったけどゲンジマルの反応を見てる限りそうでもなさげ。うーん、そのゲンジマルとも知り合いのようですが。 というか今まで全瀉Y
うたわれるもの 第23話「心の在り処」【おもちやさん】at 2006年09月17日 21:10
覚醒ハクオロに瞬殺されて、一気にヘタレ化したなハウエンクアってば。 前回の悪夢見てたり、ディーに縋ってたりするし(笑) そんなディーは、ハクオロの覚醒に気付き、何を思うのか? でも、クーヤは戦争を止めようと????Y
うたわれるもの 23話「心の在り処」【* Happy Music *】at 2006年09月17日 21:12
【10秒で分かる、今日の『うたわれるもの』】 エルルゥ鬱モードへ ハクオロ回想モードへ ゲンジマル裏切りモードへ トゥスクル救出モードへ ウルトリィぶっちゃけモードへ 愛する者達は寄り添いモードへ ういうい、んでは「うたわれるもの」を見ての感想なんか....
うたわれるもの「心の在り処」感想【ここには全てがあり、おそらく何もない】at 2006年09月17日 21:14
凄え、あの爺さん。アヴ・カムゥをぶち壊しやがった。しかも二体も。 ハクオロ以外、あのカルラですら倒せなかったというのに。流石はエベンクルガとしか言いようがない。 カルラクラス、もしくはそれ以上の破壊力をもつであろう一撃を完全に受けきったし、もうゲンジマル....
うたわれるもの 第23話 心の在り処【なななな駄文】at 2006年09月17日 21:26
あからさまに怪しすぎるディーの動向。そして心ここにあらずなエルルゥが痛々しい。果たして物語はどういう方向に動くのか注目していましたが、これ実は未来の話でSFだったのか!? どうやらすっかり騙されていた。
うたわれるもの 第23話「心の在り処」【シロクロの小屋】at 2006年09月17日 21:28
第23話 心の在り処
うたわれるもの 第23話 「心の在り処」【二次元空間】at 2006年09月17日 21:40
ゲンジマルとディーは知り合い みたいですね。どういう関係だったのか気になりますねぇ。 アルルゥが「お腹痛いの?」ってエルルゥをなでなでする様子が なんとも良かったです(*´∇`*) ハクオロの記憶 「お目覚む
うたわれるもの 第23話「心の在り処」【のらりくらりダイアリィ】at 2006年09月17日 21:41
 エルルゥを縛っているものは、ウルトリィの言葉で、とりあえずは解消されたみたいです。  ハクオロも、躊躇うことなく、昨日と同じ言葉を繰り返してくれました。  そ
■うたわれるもの 第23話「心の在り処」【ゆかねカムパニー2】at 2006年09月17日 21:47
今回も過去(?)のお話が、ちょっとだけ登場しました。 現在の格好のまま、例の科学研究施設にいるハクオロ。 世界観があまりにも違いすぎて、何だか不思議な感じですが・・・。 そこに現れたのはエルルゥによく似た女??
うたわれるもの 第23話「心の在り処」【のほほんホビー】at 2006年09月17日 21:55
アルルゥのふかふかは、可愛いですね。
うたわれるもの 「心の在り処」【ゼロから】at 2006年09月17日 21:57
TVアニメ「うたわれるもの」オリジナルサウンドトラック ついにテレビアニメ「うたわれるもの」のサントラが発売です! うたわれるものらじお10回目のゲストは、クロウ役の小山剛志さんでした 力也さんがお仕事の都合????
うたわれるもの 第23話 「心の在り処」【はーくるのアニメな日々】at 2006年09月17日 22:01
うたわれるもの 第23話 心の在り処  終盤に向けて伏線の回収をするのかと思っていたのですが、さらなる謎が出てきました…
うたわれるもの 第23話「心の在り処」【アニヲタキング】at 2006年09月17日 22:08
「滅びゆくもの」 賢大僧正に指名されたウルトリィの呼びかけにより、反クンネカムン
うたわれるもの・第24話【たこの感想文】at 2006年09月17日 22:15
ウィツァルネミテアの契約のことを思い出したエルルゥ。 今回は、契約によりハクオロさんに好意を寄せていたと思ったエルルゥが悩むお話です。 そして、ハクオロさんのもうひとつの過去であるアイスマンとしての過去も少し登場。 全体的に、最終回に向けて端折られてい....
うたわれるもの 第23話 「心の在り処」【〜MUDAI"無題"POWER〜「アニメとか模型とかのブログ」】at 2006年09月17日 22:32
第23話「心の在り処」 今週はいつもより30分早く放送 しかし一話オンリー、2話やれよABC… ディーが喋るわけですが、この声キャラに合ってないと思うのは俺だけですか? 正直シャアの声は渋すぎるというかなんというか…なんかシックリこない 後OPで夢想唄が流れるわけです...
うたわれるもの 第23話【ゲーム好きのBlog】at 2006年09月17日 22:52
「うたわれるもの」の第23話を見ました。 <感想> ラストの盛り上げに向けて下準備をやり終えた感がした今回。 前回の記事で書いた3つの時代のうちの2番目、 ハクオロが冷凍保存されて解凍された時代が描かれ、 そこにこれまた予想通りというかお世話役の獣人の....
ミコトの無垢な目がたまらない【じろグ!】at 2006年09月17日 23:04
※当記事は、アニメ「うたわれるもの」視聴感想記事です。 内容には本編の過度なネタバレが含まれておりますので、閲覧の際は十分にご注意下さい。 また、原作ゲーム(PS2版含む)を未プレイの方や、先の展開を楽しみされている方の為に、記事全体を反転表示処理させて頂く事...
3-5-10【I'll be dis-ABSOLUTER】at 2006年09月17日 23:13
<<< うたわれるもの >>>●○あらすじ○●迷えば、迷うだけ。避ければ、避けるだけ。痛んでいく、心。でも、故に心は不可侵で。私だけのものでもあった。だから、在るがままに。だから、想うがままに。心のままに、生きていこう―――●○できごと○●▼覚悟この戦、...
うたわれるもの 第23話 「心の在り処」感想。【ぼくのありか。】at 2006年09月17日 23:50
覚醒に伴いハクオロも着実に過去の記憶が戻りつつある感じ。 回想に出てくる現代技術が栄えた世界に存在する仮面を被った“アイスマン”と呼ばれる人物は間違いなくハクオロですよね。 銃殺された後なのか、それ以前の記憶?? ??
うたわれるもの 第23話 『心の在り処』【暁の夜明けと夕暮れの空に】at 2006年09月18日 00:55
ディーってのは出てくるたびに「貴方様は…!」って 言われてるけど あんな若造なのに何様なんだ?? 若く見えて実は300才とか コールドスリープで蘇った太古のお偉いさんとか? あんまり強そうな描写がないので説得力に欠け
うたわれるもの 23話「心の在り処」。【◎こころんてんとち◎】at 2006年09月18日 01:19
【うたわれるもの 第23話「心の在り処」】「私は私だ。それ以上の者では無い」
うたわれるもの 第23話「どんな事情があるか知らないけど!どんな事情があるか知らないけど!!」【今更館】at 2006年09月18日 01:51
 すっかり憔悴しきって国に戻り、ディー(声:池田秀一)にすがるハウエンクア。
うたわれるもの 第23話「心の在り処」【移り気な実況民の日々】at 2006年09月18日 03:26
☆うたわれるもの 第23話「心の在り処」 クウヤはアブ・カムゥが倒された事を知るも、戦を続けることを決意する
うたわれるもの#23【wondertaste】at 2006年09月18日 06:32
まったまた世界観ぶち壊し映像が・・・。
うたわれるもの 23 心の在り処【猫煎餅の斜め下ブログ】at 2006年09月18日 07:21
今回の話は、あまりに進行が緩やかで 正直コメントに困るのですが...(´Д`; いや、でも原作よりだいぶ早いはずなんですが、この不安は一体? アバンタイトル。 ディーの「自らの意思で覚醒したか...」とは、 なぜ彼はわかったんでしょうかね? いちい...
アニメ-うたわれるもの 第23話 心の在り処【寂漣堂】at 2006年09月18日 11:40
エルルゥが契約した全てを捧げるというのは具体的にどういうことなんでしょうね。今のところ特に何もなさそうだけど。死んだ後、ウィツァルネミティアに魂が吸収されるとか・・うーむ、どうもエロい想像してしまう私は脳が腐ってますねw この契約のせいで、ハクオロと...
うたわれるもの 第23話 心の在り処【猫が唸る感想日記】at 2006年09月18日 12:28
「心の在り処」  う〜ん、、、どうも僕には「エルルゥ」が悩んでいる理由がよくわからないのですが?怪物の正体がハクオロだと分かっているのに、なぜに悩むの?それに悩んだあげくに「心まではしばられない」みたいな??pi@
うたわれるもの【まるとんとんの部屋】at 2006年09月18日 12:34
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国]うたわれるもの DVD-BOX 章之二うたわれるもの DVD-BOX 章之三 ワンコインフィギュアシリーズ うたわれるもの BOX (8/下 発売予定) <送料無料> 【心の在り処】 ハクオロさん、あっちの世界じゃ「ア....
うたわれるもの 第23話【Cosi Cosi】at 2006年09月18日 12:40
OPの出だしを聴くともはや放送禁止用語を隠してるようにしか聴こえない件について(笑) さて、今回は聞いてた通りのゆったりとしたお話でした。 でも、アイスマンとミコトの話やエルルゥとウルトの話などあって展開的には悪くはないですね。 こういう話も必要だと思....
うたわれるもの 第23話 『心の在り処』【よせあつめ離島】at 2006年09月19日 00:13
「自らの意思で覚醒したか・・・」 池田秀一様祭りだ〜い♪ (いやっほ〜い!)  ↓  ↓
うたわれるもの #23 「心の在り処」【マンガに恋する女の ゆるゆるライフ】at 2006年09月19日 07:14
ホントにディーとは何者なんですか?ゲンジマルまでディーの正体がわかるとそれまでとは一転「あなたさま」という敬語を使うようになり、さらに「目覚めた」とも言いましたが。 前回負傷したクロウですがどうやらたいしたことなかったみたいで、よかったよかった。 オボロは...
うたわれるもの 第23話「心の在り処」【地元は静岡の名古屋の大学生】at 2006年09月19日 10:16
2006年09月11日26時23分 朝日放送 うたわれるもの 23話「心の在り処」 よく分からないけど、 別世界のエルルゥが見られて、よかった〜。ヽ(´ー`)ノ とってもレアな、 髪下ろしエルルゥとか見られて、よかった〜。ヽ(
うたわれるもの_20060911_23「心の在り処」【おたくの視聴ログ】at 2006年09月19日 10:47
この記事へのコメント
>しかし、救出そのものは案外あっさりしてましたね。
原作ではハクオロもいくんですよね
で、ヒエンが守っていて一悶着あるんですがカットですね・・・・・・・・
しかもあのギャグシーンもなかったし・・・・・・・・・
期待していただけにちょっと残念ですね
最もそれだけの時間があるとも思えませんけどね
Posted by さとる0852 at 2006年09月18日 01:26
>さとる0852さん
なるほど、そうだったのですか。
カットしてあっさり済ませたのはやっぱり時間の問題なんでしょうかね。
あのギャグシーンとやらは気になりますが、仕方が無いところでしょう。
Posted by halogen(管理人) at 2006年09月18日 07:58
アニメのヒエンは要らない子、といわれても仕方ない。
24話見て少し泣きたくなりました…。兄妹揃って恵まれぬ。
覚悟はしてましたが、他にも色々と削られてるのはつらいものがありますな。なんとも『勿体無い』です。
家庭用の販促としての一面がある以上、わざと明かしきらない部分もあるでしょうし。

エルルゥ・ウルト関連あたりは、尺の都合の描き方のひとつなのかな。
エルルゥについてはもともとは契約時のいきさつをはじめすべてハクオロ視点から描かれていたと記憶してますし。
ウルトはある種前倒しでしょうか。知っていることが示されるのはもう少し先だったはず。
ゲームとは違う見せ方とかいろいろ絡んでる印象で、一概に良し悪しを言えないところかも。
Posted by 藤篠 融 at 2006年09月21日 22:19
まぁ、前半はともかく後半は「削りすぎだ」といわずには要られないのですが。
仕方ないとはいえ切り捨てるのが勿体無い部分がいろいろと。

>ゲンジマル
一番凄いのはアレで折れない刀。

>サクヤ
やはり不遇ですか、このキャラは。
以下、原作での経緯。
ゲンジマルがサクヤをハクオロの室に入れることを申し出ます。
状況を鑑みれば明白なのですが、これはゲンジマルがハクオロの信を得るための人質として。
しかも、念が入って逃げられないように脚の腱を切っています。

ゲンジマルの覚悟とともにそれを受け容れたサクヤの覚悟も示す一幕。
やっぱりこれが無いとちょっと印象と根拠が薄いかと。

>小規模反勢力を統制する
この軍議のシーンがさりげにひとつの肝。
地図。
Posted by 藤篠 融 at 2006年09月21日 22:20
>オルヤンクル
これは役職ですので。“権大僧正”だったかな。
本人の名前はワーべです。

>救出そのものは案外あっさり
戦闘ステージが2つもあったり、火山地帯というまた異色な舞台だったりするんですけどねー。
さとるさんも言ってるように、普通にメイン戦闘ユニット全員+ゲンジマルで向かいます。
対してゲンジマルが離反したことで唯一止められるかもしれないヒエンが防衛に派遣されてます。

ヒエンとの戦いに勝利すると誰かさんが要らんちょっかい出してきてまたアレコレあるのですが、これを端折ったおかげで24話へのつながりが明らかに不自然に。
さすがにこれはちょっと、駄目だと思うのですけども。

>あのギャグシーン
ギャグ自体は覚えてないんですが、そのあとの反応はだいたい記憶しています。
ハクオロ「………殴ってもいいか?」
ウルト「えぇと………お手柔らかに…」
Posted by 藤篠 融 at 2006年09月21日 22:20
>藤篠 融さん
>アニメのヒエンは要らない子
24話見ましたが、確かに要らない子(苦笑)。
でも、削られた部分とやらは気になりますが、別にどうでもいい気もします。
結構見所のあるエピソードだったりするんでしょうか?

>すべてハクオロ視点から描かれていた
こちらは描かれ方が違うだけ、とったところでしょうか。
ウルトリィの方はまだ引っ張っていたんですね。

>アレで折れない刀
確かに。
カルラの持ってる武器じゃないんですからねぇ。
でもそれ並みに凄かったり?

>原作での経緯
脚の腱を切る、しかもそれをサクヤも受け入れた上とは、よくやりますね。
それがゲンジマルとサクヤの覚悟ということですか。
しかし、サクヤは流石に可哀相にも。
Posted by halogen(管理人) at 2006年09月23日 20:40
>地図
なるほど(笑)。
しかし、ということは私が思っていた以上に広いかも。
もっと小さいかと思ってました。

>これは役職
それは分かってたつもり、感想もそう読めるように書いたつもり(その位等)ですが、やっぱり分かりづらいですかねぇ。
というか、本名分からなかったもので。

>戦闘ステージが2つ
>火山地帯というまた異色な舞台
2つということは結構なステージだったわけですか。
しかもヒエン戦、と。

>そのあとの反応
殴ってもいいかって、一体どんな反応ですか(笑)。
ますますギャグが気になります。
Posted by halogen(管理人) at 2006年09月23日 20:45
>ますますギャグが気になります。
えーと、「踊る大捜査線 The Move」(1作目)のラスト といえばだいたいわかりますか?
Posted by さとる0852 at 2006年09月24日 12:19
>さとる0852さん
えー、申し訳ないのですが分からないです。
そういうのって滅多に見ないもので・・・。
Posted by halogen(管理人) at 2006年09月24日 22:45
>ウルトリィの方はまだ引っ張っていたんですね
24話でようやく、『実は知っていた』という明かされ方をします。ご都合っぽいですが。
もともとはトゥスクル建国のころからなにか予感のようなものを感じて、傍観というか観察というかしていたんでしょうね。
中盤の立場がほぼ完全に傍観者なのでひどく唐突感があるんですが、これは第3者視点からのほうがよくわかる、ということになってるのかな?

>でもそれ並みに凄かったり?
ゲーム中では幕間としてカルラやトウカと父親からの縁があったことが明かされています。
たしかカルラは父親(かつてのギリヤギナの皇)とガチで渡り合った猛者として知っており、トウカも父親との知り合いであり自身も子供のころに面識があった、というもの。
Posted by 藤篠 融 at 2006年09月28日 12:10
で、ちょっと因縁みたいなのを感じてるのか、カルラとゲンジマルが手合わせすることになるんですが。
ゲンジマル、カルラのあの大刀をぶった切ります。
鮮やかに、真っ二つに。格の違いすら見せ付けかねないような。

>役職
“権”ではなくて“賢”らしいです。

さとるさん:
>「踊る大捜査線 The Move」(1作目)のラスト 
えぇと、たしか…、
「オルヤンクル?」
「オルヤンクル!!」
「………………Zzzzzz……」
「………」
「………」
みたいなでしたっけ?
確かに一見“後事の全てを託して逝く”みたいな雰囲気があったような。
Posted by 藤篠 融 at 2006年09月28日 12:13
> 藤篠 融さん
そんなかんじです
もっともオルヤンクルのいびきはもっとすばらしかった記憶がありますけどね(笑)
Posted by さとる0852 at 2006年09月28日 13:52
>藤篠 融さん
>24話でようやく、『実は知っていた』という明かされ方
なるほど。
そんなにご都合っぽいとは思いませんが、しかし観察していたということは最初から確信があったというわけでも無いんですね。

>カルラやトウカと父親からの縁があった
カルラもトウカも両方ともですか。
世間は狭い(笑)。

>カルラのあの大刀をぶった切ります
一体どうやったらそんなことが出来るんでしょう(笑)。
技術でどうにかできるものでも無さそうな気もするんですが、技術も刀も両方凄いんでしょうねぇ。

で、カルラの大刀はちゃんと修理したんですよね?



>さとる0852さん
藤篠 融さんのでたぶん分かりました。
あとは、いびきはもっと凄かった、と(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2006年09月28日 15:51