2006年12月24日

はぴねす! 第12話(最終回)

今回は、雄真が最後の最後で立ち上がって無事全てを解決するお話でした。
やっぱり凄かった雄真の力、最近沈みまくっていたぶん詠唱時はかなり格好良かったです。
魔法戦闘はもう少し派手に見せてくれても良かったですが、そういうアニメじゃないと思うので十分でしょう。

ということで本編は番組タイトルどおり幸せなハッピーエンド。
でも流石に準にゃんの出番は少なめで、最後の最後で過去最低ですね。
仕方が無いと分かってはいますが寂しいです。

それでもやっぱり出来る限り準にゃん語録を軸に感想を(笑)。
女の子以上に可愛い男の子は最高、準にゃんのようないい子なら尚更です!


いきなり杏璃と小雪が倒れていて驚きましたが、倒れたフリだったとは。
嫌な映像が見えてしまったら、それをわざと実現してしまえということ。

つまりあの映像はやられた映像ではなくやられたふりという映像、視覚のみの情報だからこれで予知魔法は満たされたことになるわけですね。
この手のことは深く考え出すと原因と因果がひっくり返りそうな妙な事になりそうなので、このあたりでやめておきます(笑)。
とりあえず、倒れている杏璃の表情がかなり良かったということで。

伊吹はついに秘宝の元に辿り着くも、願いはそれだけにあらず。
まだあった真の願い、那津音を蘇らせるというものも持っていたんですねぇ。
それもあるかと考えもしましたが、ずっと隠していたようで完全に騙されました。

分かっているけど止めないという上条兄妹はどうなのか。
当人には思うとおりにさせて他の方々には迷惑がかからないようにするということのようですけど、やっぱりそれも仕え方の一つなんですかね。
過去の件があるから仕方が無いということでしょうか。

「ホントに? 見つかったのね?」
雄真の隣にいつのまにかハチ登場。
準はやっぱりまだ水族館にいたんですね。
普通水族館から外に出てるなんて考えないというか、放置されてた準にゃんが可哀相というか。
まぁ雄真の状況が状況だけに、準にゃんはそんなことなんて気にしないいい子なのです。

死者の魂を使役することが出来る、それがシキとのこと。
完全に制御できれば使者を蘇らせることが出来るらしいですが、果たして本当に出来た人っているんでしょうか。
出来なければ暴走と言いますが、暴走してからもまだ少し頑張れるんですね。

「雄真、ハチ」
「ハチ、よくこんな早く見つけられたわね」
準も雄真のところに駆けつけ集合。
空を飛んでくる春姫よりも先にやってくるのは流石準にゃん、雄真への想いの表れですね(笑)。

ハチが見つけたのは男の直感、本当にこの数話で友達思いの良いところを存分に見せてくれました。
まぁ男の直感というならば準にゃんも男ですけど(笑)。

「学園の方よ」
準たちも学園の方向に暴走体を確認。
結構やばそうな状況ですが、まだ雄真はこの有様。
もっとしっかりしてくれないと。

「あ・・・」
俺の魔法は周りを不幸にするという雄真は、まぁ結果からみれば分からないでもないです。
といっても2分の2、前回と今回だけという気もするんですが。
2回くらいじゃまともな確率なんて出ないのですよ。

それでも、ようやく雄真は春姫があの時の女の子だと知ったようで。
まだ女の子を助けたという意識はあっただけマシでしょうか。

「笛?」
笛を受け取るときに笛の音が聞こえたらしい雄真。
準はこの辺は聞いてるだけの見てるだけ、まぁ仕方がないですよねぇ。

「っっ! マジ!?」
御薙先生が雄真の実の母親だというのには流石に準もハチも驚いたようで。
あれは雄真の記憶ということなのか、記憶消去ではなくあくまでも封印なのはそのためなんですね。
那津音の魂ならあの笛に封印解除の魔法があったというわけではないでしょうけど、御薙先生はいずれはこういうことがあるかもと考えてたんでしょう。

「きゃぁっ」
雄真に勇気を出してもらうためにキスする春姫。
準にゃんはそんな様子をみて興奮気味、嬉しそうですが自分も雄真ととか思ってたり(笑)。

とりあえず私は準にゃんとキスしたい(笑)。
どんなに可愛くても準にゃんは男の子、でもそれでもという背徳感が本当に可愛い女装っ子の良さなのです。

春姫にキスまでしてもらっては、雄真としては立ち上がらないわけには行かないわけで。
ようやく雄真復活で笛を手に伊吹の元へ出発。
一方魔法とは無縁の準とハチはそこで見送り見守るだけも、今まで最高の親友ぶりを見せてもらいました。
準にゃんにはそれ以上のものも感じますし(笑)、ハチも普段はあの調子でも親友のため格好よかったです。

鬼達が出現するところに雄真到着、普通に強い強い。
ただ笛を吹くというか単一音を鳴らしているだけという感じですが、それだけ高いポテンシャルを持っているということなんでしょう。

それはそうと、以前の過去のシーンの例があるだけに、雄真が裸で触手絡めになったらどうしようかと冷や冷やしてました(笑)。
いくらなんでも普通の男の裸は要らないですからね。
もちろん準にゃんのハダカなら大歓迎、是非お目にかかりたいですけど(笑)。

鬼達は消滅したかと思ったら集合して巨大化、対する雄真も皆の力でその中へ。
状況的には燃えるものがあっても少々地味だった気がしますが、まぁ燃えるアニメでもないのでそれはそれで。
雄真は力が足りないと悟って覚悟も決めたようでしたが、そこにまず信哉、それから伊吹も加わったのはいい展開、演出でした。

そして魔法詠唱する雄真の声は力強く、こんな声も出せるんだなと感心したもの(笑)。
格好良くて、魔法少女も良いですがこういうしっかりした魔法使いも良いものだと再確認です。

伊吹も那津音から言葉を受け取って、もう大丈夫でしょう。
大切に思ってくれる人が側にいるって素晴らしいことですから。
すももも無事起きてめでたしのラストでした。

「知らなかったの? ハチ」
「皆とっくに知ってるわよ」
その後雄真は魔法科に転入、準とハチはちょっと寂しそう。
でももちろんいつまでも友達、親友ですよね。
魔法使いにはそうじゃない親友が必要なのですよ(笑)。


ということで最初から準にゃんを目当てで見てきたこのアニメ。
女の子以上に可愛い男の子というロリショタ萌えな観点以上に、本当に気配り上手で空気の読めるいい子でした。
ますます好きになってしまいましたよ(笑)。

お話の方も序盤は笑える面白さ、終盤もシリアスに面白くて好感触。
最後もタイトル通りにハッピーエンドでしたしね。
作画も引き絵は悪いと言われてますがはっきり言って私にはほとんど気になりませんでしたし、十分です。
DVD全巻買うレベルというほど思いっきりハマったわけでは無いですが、普通に良い作品でした。

さてその周辺商品をどうするかですが、とりあえずDVD1巻は買ってたりします。
準にゃんの設定資料が付くというのに負けました(笑)。
そのおかげで冬コミ用軍資金が大変なことになりそうですけど、これも準にゃんのため。

資料はパンツのみバージョンまで載ってて大満足でしたが、その隣の女性化ってやっぱりコンシューマ版ゲームの特典らしいアニメ用なんでしょうかね。
準にゃんはあくまで男の子だからいいのに(笑)。
ということでコンシューマ版をどうするべきか悩み中、コミケとその直後にもう一度東京遠征を控えてるみとしては辛いですが何だかんだで買ってしまいそうな気もします。


人気blogランキング に参加中。
さよなら準にゃん、また会う日まで!


はぴねす! Vol.1
(DVD)
はぴねす! Vol.2  Vol.3  Vol.4  Vol.5  Vol.6

はぴねす!(オープニングCD)
マジカル★ジェネレーション(エンディングCD)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/50822835
この記事へのトラックバック
= 第12話(終):「幸せの魔法」 =  冒頭。いきなり戦闘に破れた杏璃と小雪先輩の姿が…!?  と思ったらワザとみたいです(^^;  予知魔法でやられるのが分ってるからって、ワザとやれれるとは小雪先輩らしいというか何というか。  この時の杏璃の表情...
「はぴねす!」第12話(終)【月日夜の嗜好感想記(改)】at 2006年12月24日 10:58
第12話「幸せの魔法」     というわけではぴねす!も最終回・・・。     って雄真くんフルバーストです! 男の子だから 魔女っ子コスとかはないみたい・・・   ちっ! (←え?     最終的には   「オラに力を??!」   ってことで元気玉で勝利...
+はぴねす!【12】+【ウタウタイ☆アニメ館】at 2006年12月24日 11:15
あ??あ、はぴねすも今週で最終回か。 準ちゃんもこれで見納めなのね、残念…
はぴねす #12【妄想閉鎖空間】at 2006年12月24日 11:49
高峰 小雪 まだ時間はあります。切り札がやってくるのを待ちましょう。 小日向 雄真 大丈夫。皆の力を俺に預けてくれ!! happinessなラス??Ã
はぴねす! 第十二話 幸せの魔法【礎 -ishizue-】at 2006年12月24日 12:10
いきなり小雪さんと杏璃が倒れてて焦った! いくらなんでもカットしすぎだろ!と思ったけどなるほどやられたふりか。ちょっぴり安心。 ついに式守の封印は伊吹の手によって解除される。 しかし秘宝の力はあまりにむ??Y
はぴねす! 第12話「幸せの魔法」【おもちやさん】at 2006年12月24日 12:35
第12話『幸せの魔法』 はぴねす!もついに最終回。 過去の事件が繰り返し起こってしまう・・・ やっぱ最終回だし、キスシーンはあるんですね。コレ定番! ハルヒのキスでようやく雄真もやる気を出したようで。 伊吹のお姉さんも手助け。 無事封印でハッピーED。 まぁ....
はぴねす! 第12話(終)【ニコパクブログ1号館】at 2006年12月24日 13:44
大丈夫。勇気を出して――。 魔法のせいで人を不幸にする。 そう思い魔法を封じてきた雄真――。 暴走する式守の秘宝。 封じることができるのは、雄真の魔法のみ。 そんな感じで最終回。 なんだかんだで最後の切り札は、主人公なんですね(笑)
はぴねす! 第12話(最終回)「幸せの魔法」【SERA@らくblog】at 2006年12月24日 14:33
雄真本気。 It's a happy and heart full school life はぴねす!
はぴねす! 第12話「幸せの魔法」【Hiroy's Blog】at 2006年12月24日 14:56
銀色のオリンシス  第3話「黒色の来訪者」 今回の感想を一言で表すと……「横チチ」かな。 ……う〜ん。 作画はしょぼいし、 ヒロインは電波系だし、 ストーリーもわけわかんねーし、 見続けても報われなさそうだし、今回で切ります。 OPはカッコ良かった。 ゴースト...
水〜金曜日に視聴したアニメの感想。【sincere】at 2006年12月24日 15:04
最終回〜。 主人公が結局まともに動かないまま終わっちゃいました。 なんかハチのほうが主人公っぽい気がします。 雄真と春姫のキスとか展開が急すぎ(;´ー`) 最初の頃にオリジナルな話ばかりで伏線をほとんど入〕)
はぴねす! 第12話 「幸せの魔法」 感想【仕様ですにゃ】at 2006年12月24日 15:38
ある意味、一番影の薄かった人間が一番美味しいところを持っていく話?
はぴねす!【第12話】【美しい夢想家-BeautifulDreamer-】at 2006年12月24日 17:19
ついに最終回なはぴねす! お話としましては無難にまとめたと言った所でしょうか? 予想してた通りの展開だったので物足りないといえばそうなんですが、 変にひねくれられても困るのでこれはこれでいいか。 伊吹との魔法戦はカット しかしまぁ、見事に占....
はぴねす! 最終話 『幸せの魔法』【よせあつめ離島】at 2006年12月24日 18:44
式守の秘宝を廻る最終話。 おっかしいなあ?春姫のキスで元気になるのはお約束事でかまわないけど、雄真は主人公だったのか? 「不幸の魔法」と思い込み雄真が魔法を封印した秘密、偶然雄真の魔法で助けられた幼い春姫、学倀
はぴねす! 第12話「幸せの魔法」(最終話)【Cross Channel】at 2006年12月24日 19:44
「幸せの魔法」  ホームページからあらすじ・・・ 伊吹がついに式守の秘宝を手にする。その時、春姫と雄真は・・・。はぴねす!怒涛の最終回。  ってな訳でホームページのあらすじが手抜きにしか見えないのですがダrpc/pi@
はぴねす!【まるとんとんの部屋】at 2006年12月24日 19:46
 コノヤロウ雄真、最後までウジウジしてやがって!男ならなぁ、男ならなあぁ、基本は『やってやれ』だ!女の子等が危険な目に遭っているというのに、男がそんな寒風の中のチン○ポコみたいに縮こまっててどうするんだ。    しかも最後には美味しいところまで持って行っち...
はぴねす! 第12話・「幸せの魔法」を見て寸評&総括【サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改】at 2006年12月24日 21:46
はぴねす! 1巻 (1) 良い意味でも悪い意味でも、非常の安定したまま最終回を迎える事が出来たのではないかと思います。 結局伊吹が式守の秘宝をあそこまでして強硬に使おうとしたのは、かつで同じ秘宝が原因で命を失った那津音を蘇生させるため。しかし伊吹が秘宝を自在に...
はぴねす! 12話 「幸せの魔法(最終回)」【猫耳と少女とメイド服。】at 2006年12月24日 22:35
幸せの魔法欲しいよなあ、宝くじでも当たらんのう。そういえば、もうすぐ有馬記念の出走が始まるんでねえの? ディープインパクトが勝つのかな? この馬には華があるからのう、優勝で引退を飾るんでねえの。こんな時に予知魔法が欲しいよね
はぴねす!第12話「幸せの魔法」【White wing】at 2006年12月25日 00:23
姉を殺すことになった秘宝を使って姉を復活させようとするとは。 伊吹は私利私欲に走ったのか。 過去のたった一つの事実だけでゆうまと春姫ができあがってしまった。 そしてゆうま最強過ぎる。 やっぱり魔法の力は恐ろしいものですよ。 ストーリー的にも唐突過ぎまし....
はぴねす! 第12話 (最終回) 幸せの魔法【なななな駄文】at 2006年12月25日 08:19
はぴねす! 第12話(最終話)「幸せの魔法」 サブタイトルの通り、ハッピーエンドです^^
はぴねす! 第12話(最終話)「幸せの魔法」【恋華(れんか)】at 2006年12月25日 15:01
はぴねす! Vol.1 伊吹の前に打ち倒れた高峰と杏璃。そして、ついに伊吹は式守の秘宝の元へとたどり着きます。伊吹が秘宝を手にした時、再びあの災厄が繰り返されるのでした・・・。
(アニメ感想) はぴねす! 第12話 「幸せの魔法」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2006年12月25日 15:18
あぁ……ついに来てしまいました。 「はぴねす!」も最終回。最終回・゜・(ノД`)・゜・。 さー、いったいどんな結末が待っているのでしょう!? いつもいつも、多くの方々からトラックバックをいただいた「はぴねす!」の試聴日記も今日で終わりかと思うと、
「はぴねす!」最終回―\―\お疲れさまでした!【試験的日記だぜよ】at 2006年12月25日 16:15
はぴねす! 第12話 「幸せの魔法」 伊吹・信哉の前に敗れた杏璃・小雪さん。 伊吹と信哉は先に進むが、合流した沙耶はその場に残る。
はぴねす! 第12話 「幸せの魔法」【伏雛的BLOG】at 2006年12月25日 20:58
アニメの内容的には最後まで雄真がイマイチ煮え切らない感じでしたね ただ、思いっきりまちがえた興味の方向で原作がほしくなりましたが
はぴねす!第12話「幸せの魔法」【自堕落学生日記】at 2006年12月25日 22:07
ファンタジーな魔法学園アニメ、『はぴねお。』も最終回。(※『はぴねす!』です) え? タイトル画面じゃない? つい春姫の脚に目が行ってしまいました。(壊)
はぴねす! #12(終)【鷹の森アニメBLOG】at 2006年12月26日 00:12
「皆ー! はぴはぴー!」 「はぴねす、足りてますか?」 「今回で最終回じゃ」 「さて、総括……」 「途中からは、ラジオと平行して視聴していたなのです。  まぁ、楽しめたアニメだったなのです」 「??
はぴねす! 第12話(最終回)感想【少年カルコグラフィー】at 2006年12月26日 10:31
{{{ はぴねす! 第12話『幸せの魔法』 }}} [[attached(1,align)]] '''伊吹は小雪と杏璃を倒し、ついに「式守の秘宝」の元へと辿り着く。'''(二人はやられたフリですが…) そして念願の秘宝を取り返した伊吹でしたが… = なんとその力を...
最終回シリーズ〓はぴねす! 第12話『幸せの魔法』【ゴン太の毎日アニメ日和】at 2006年12月26日 10:50
さーーーーーーーーーーいーーーーーーーーーーしゅーーーーーうーーーーーーーーかーーーーーーーーーーーーーーーーいっ!!!何だか忙しくて寝不足気味な感じですが、頑張って行きましょ〜!さてさて、ついに式守の秘宝を発見してしまった伊吹さまですが、信哉の静止を...
はぴねす!-第12話「幸せの魔法」【趣味(アニメ・ライトノベル関係)のブログ】at 2006年12月26日 11:07
クリスマスプレゼントの『はぴねす!でらっくす』が届いてないぞーーーサンタさん!!などと発売もされてもないモノをとか以前に「その年になってサンタ信じてんのかよ!」と言う事全く関係ない事を考えながら第12話最終回『幸せの魔法』始まった早々倒れている杏璃ちゃん...
『はぴねす!』第12話見ました〜〜♪【おい、ちょま、まてよ(゚Д゚;)!!】at 2006年12月26日 16:43
いよいよ「はぴねす!」の最終回感想です。 ・・・そういえばこれって恋愛アニメ? 魔法アニメ? ま、いっかww はぴねす! Vol.2ういんどみる、 他 (2007/01/25)メディアファクトリー この商品の詳細を見る
「はぴねす!」#12(最終回)幸せの魔法【ラピスラズリに願いを】at 2006年12月26日 18:49
臣下たる者 いざとなれば 一命に換えてでも主君の 間違いを正すのが 務め。 上条兄妹は そこのところを 噛み違えていたようです。 身命に換えて 伊吹が 事を起す前に 諌めるべきでしたでしょう。 ハッピーエンド、それしか似合わない このアニメ。 鬼が イマイチだとか...
はぴねす!。。。。 第12話 幸せの魔法 。。。。 最終回 。。。。 壮絶なタマちゃんたち の自爆を見るかと 思っていたが 少々 安堵【幻影現実 私的工廠 ブログ】at 2006年12月26日 20:58
 式守伊吹に簡単にやられてしまった小雪先輩と杏璃。
はぴねす! 第12話【最終話】「幸福の魔法」【移り気な実況民の日々】at 2006年12月28日 18:22
博士「結局準にゃんは最後までガチじゃった!!」 助手「勝手にしろよ、もう・・・」
はぴねす! 第12話「幸せの魔法」(最終回)【電撃JAP】at 2006年12月29日 00:24
第12話 「幸せの魔法」     最終回だけとビデオに撮りやっと視聴しました   式守家の秘法も取り戻すって言うからそれがなければ当主になれないかと思いきや全然違いました 式は鬼の事らしくそれは死者を生き返らせるアイテムの様でしたがお約束の如く暴走します ...
やっと見れた【睡魔と戦うのって大変だ】at 2007年01月03日 13:43
「幸せの魔法」 俺の魔法は不幸の魔法なんだ
はぴねす! 第12話【本を読みながら日記をつけるBlog】at 2007年01月05日 15:38
2007 年持ち越しになってしまったため、すっかり乗り遅れてしまいました。 というわけで、最終回の感想行きます。ただ…今更感ありありだよ…(涙)
はぴねす! 第 12 話 (最終回)【圭佑の気まぐれ日記】at 2007年01月05日 19:59
“式守の秘宝”を封印する為に死んだ姉・那津音を蘇らせるべく、 遂に“式守の秘宝”を手にした伊吹でしたケド・・・
『はぴねす!』 #12 [最終回]【【T】 Tsukasa♪'s Blog!】at 2007年01月05日 21:05
PCソフトとして発売され大ヒットをした「はぴねす!」が遂にアニメ化。そして待望のDVD発売!声の出演は大原崇、榊原ゆい、成瀬未亜ほかで贈るハッピー!?学園ストーリー。第11、12話収録の第6巻。
はぴねす! Vol.6【DVDジャンル別リアルタイム価格情報】at 2007年02月25日 01:22
この記事へのコメント
どうも、圭佑です。
そちら側も既に最終回を迎えましたか…。

多分スカパー!以外は年内に最終回を迎えてしまうでしょうね…。スカパー!のみ最終回が年明けの 1/4 深夜までおあずけなのがかなり痛いですよ (涙)

スカパー!ユーザーだけ年明けまで待たされるなんてあんまりですよ…orz

> コンシューマ版をどうするべきか
 準にゃんファンの halogen さんでもやっぱり悩みますよね。でも…いつの間にか手を出してたりして (苦笑)
 …現に僕もいつの間にかはぴねす!PC 版シリーズに手を出していた…という感じですし (笑)
Posted by 圭佑 at 2006年12月24日 11:25
>圭佑さん
>最終回が年明けの 1/4 深夜までおあずけ
もう3年前ですが、ヤミと帽子と本の旅人がMBSで最速放送だったのに、12/25の放送が休みになってもちろん1/1も休みで、最終回だけ年明け1/8まで待たされたということがあります。
2週遅れのTVKよりも先を越された(1/7)のは辛かったです。
それを思えば、最初から遅いというのはそれなりに納得・・・できないですかね(汗)。

そういえばヤミ帽は世界観かなり気に入って、DVDまでも買っななぁとしみじみ。

>準にゃんファン
まさに準にゃんのため、初回限定版の特典のために買おうとしているようなものですからね。
買ったところでゲームの方はしばらく放置になりそうな(笑)。
本末転倒というかなんというか。

まぁコミケ次第だと思います。
そういう意味では発売延期してくれたのは大歓迎でした。
Posted by halogen(管理人) at 2006年12月24日 14:59
おはようございます。圭佑です。

> それを思えば、最初から遅いというのはそれなりに納得…できないですかね(汗)。
 …そういえばスカパー!の方は 1 話放送当時から最遅だったのを思い出しました。でもただでさえ一番遅いのに余計に遅くしてどうするんですかという感じで (汗)

> 買ったところでゲームの方はしばらく放置になりそうな
 準にゃん目的となるとゲーム本編は放置しかねないですね…。ある意味本末転倒ですな (苦笑)

> コミケ
 コミケ行ける人が羨ましく思います。島根県からだと遠距離になる上、交通費がばかにならないので行くのは無理ですね (涙)
Posted by 圭佑 at 2006年12月25日 09:01
雄真から魔法科に転入したことを聞かされなかったハチは本当に親友だったんでしょうか?w

放送時間が近かったのでリアルタイムでhalogenさんの萌えっぷりを楽しませていただきました。
コンシュマー版買っちゃった報告も期待してます。

では、大晦日に某所で(^^;。
Posted by OOE at 2006年12月25日 16:20
>圭佑さん
>ただでさえ一番遅いのに余計に遅くしてどうするんですか
元から遅かったら遅かったでそういう心理になるんですかねぇ。
やっぱり最速が最遅になる方が堪えそうな気もしますけど。

>ゲーム本編は放置しかねない
別に売ったりはしない(というかDVDだけ残して売るなんて出来ない)ので、積みゲー状態でも多分いつかはする・・・と思います。
準にゃんが本編で攻略対象だったらなぁ。

まぁそんなゲームだったら悩まず購入しますけど(笑)。

>コミケ行ける人
関西でもまだ恵まれてる方かもしれませんね。
島根は、コミケで知り合った人の中にそのあたりに住んでおられる方がいました。
やっぱりなかなか遠征となると辛いそうです。
Posted by halogen(管理人) at 2006年12月27日 19:12
>OOEさん
>ハチは本当に親友だったんでしょうか?
言われてみれば確かに?(笑)
準は聞いて知っていたのか単に情報が早いのか。

>コンシュマー版買っちゃった報告
それがですね、実は予想外にお金があったので買っちゃった報告できそうです(笑)。
まぁコミケでどれだけ使うか分かりませんけど。

それでは、大晦日にお会いしましょう。
楽しみにしています。
Posted by halogen(管理人) at 2006年12月27日 20:02
>準にゃんが本編で攻略対象だったらなぁ。
確かPC版のファンディスク「はぴねすりらっくす」では攻略対象だと聞きましたが。
どういう内容かは分かりませんが、魔法かなにかで性変換すると思われます。

ただ、つまりこの場合完璧に女の子になってるわけで、「女の子っぽい男の子」が好きな管理人様にとっては
もしかするといただけない物かも知れませんが、どうでしょうか。

あ、これは俺の勝手な憶測ですので、もしかすると男の子のままかも知れませんが・・・それで攻略対象ってどういう事だろう(汗
Posted by 東西南北 at 2006年12月28日 05:03
>東西南北さん
わざわざありがとうございます。
でも「りらっくす」の話は当然知っています。
先のコメントで本編と書いたのは、このファンディスクに対応させての意味合いもあったり。
はぴねす第1話の感想の書き始めを参照のこと(笑)。

発売当時から2ちゃんねるの女装少年スレで知っていましたが、よく知りもしない準にゃんのためだけにファンディスクを買うのは流石にどうかと思ったもので。

>魔法かなにかで性変換
性変換は魔法か何かはしりませんが、選択性だったはずです。
だから、女の子になった準はもちろん、男の子のままの準にゃんとだってあんなことやこんなことを・・・(笑)

性別変換なんて、誰がそんな勿体無いことを(笑)。
女の子になっても準にゃんは準にゃんとはいえ、やっぱりそのままの姿が一番というものです。

そもそもこれがあるのが、女性化設定資料と合わせて「でらっくす」についてくるアニメの内容について心配している理由だったりもします。
Posted by halogen(管理人) at 2006年12月28日 06:53
どうもです。

> 元から遅かったら遅かったでそういう心理に
 まあそうですね。今のふたご姫シリーズが典型的な例ですね。まあ 2007 年からは 8 話遅れと遅れがすこしだけ縮まりますが (笑)

> 準にゃんが本編で攻略対象だったらなぁ。
 PC 版同様、CS 版でも攻略は不可能のようで…。やっぱりりらっくすだけのあれなのだろうか (汗)
 りらっくすのアナザーシナリオは…買って自分の目で確かめてとしか言いようがないですが、選択肢によっては準にゃんは攻略できないのは確かです。(実証済み)

> やっぱりなかなか遠征となると辛いそうです。
 …でしょうね。やっぱり会場に向かった時点でまず交通費だけでかなりの金額になるわ 1 日で帰るのが難しいわで大変でしょうし。特に沖縄県に住む人とか北海道に住む人あたりが大変そうですが (苦笑)
Posted by 圭佑 at 2006年12月28日 08:59
うわ、恥ずかしい(滝汗
でしゃばりました〜失礼(滝汗

>男の子のままの準にゃんとだってあんなことやこんなことを・・・(笑)
え〜っと、あ〜っと、う〜んっと・・・(滝汗

何かさっきから汗ダクだ俺w
とりあえず男準にゃんバンザイ!(爆
Posted by 東西南北 at 2006年12月29日 07:24
>圭佑さん
>ふたご姫シリーズ
そこまで極端に遅かったら遅かったで、もうなんとも思わないですけどね。
気にしたって仕方がないというか。
関西のローゼンメイデンがちょうどそんな感じでした。

>遅れがすこしだけ縮まります
それは良かったですね(笑)。

>CS 版でも攻略は不可能
まぁ普通に考えてそうでしょうねぇ。
りらっくすはあくまでも夢の世界でしたっけ?

>選択肢によっては
選択肢分岐表を見たことがあります(笑)。
ですから一応知ってますが、やっぱり実際にしないと分からないですよね。
今回ではぴねす!は一応知ったわけですし、コンシューマも買おうかと考えているわけですし、そのうちりらっくすも買いましょうかね。
Posted by halogen(管理人) at 2006年12月31日 00:18
>まず交通費だけでかなりの金額
> 1 日で帰るのが難しいわ
社会人になれば金額はそれほど気にならないようですけど、とにかく時間がかかるというのが大変そうです。
1日で買えるのはほぼ無理ではないかと。

沖縄と北海道は、飛行機さえ使えばそんなに大変じゃないと思います。
それをいってしまえば島根もそうなのかもしれませんが、飛行場ありましたっけ。



>東西南北さん
まぁまぁ、わざわざ書き込んでくださってどうもでしたよ。

>え〜っと、あ〜っと、う〜んっと・・・
そういう世界もあるということです(笑)。

大丈夫、可愛ければ何だっていいんですよ。
むしろ男の子だからこその良さってものが(笑)。
準にゃんバンザイ、ですね(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2006年12月31日 00:22
どうもです。

> 島根もそうなのかもしれませんが、飛行場ありましたっけ。
 斐川に出雲空港がありますし、鳥取まで出れば米子空港もあります。島根県内に限定すると出雲空港と石見空港の 2 箇所くらいですね。

> コンシューマも買おうかと考えているわけですし、そのうちりらっくすも買いましょうかね。
 報告楽しみにしてます。ただ…PC 版シリーズとアニメ版・CS 版とでは春姫、杏璃、小雪以外は CV が異なるので PC 版シリーズを買う場合は覚悟しておいてください…。
 とはいっても、ほとんどのキャラクターは CV の違いが気になるレベルではありませんが、特に伊吹は声に違和感がありすぎなので…。もしかしたら僕も準にゃん目的で CS 版に手を出すかも (笑)
Posted by 圭佑 at 2006年12月31日 12:10
>圭佑さん
>出雲空港
>鳥取まで出れば米子空港
とりあえず、飛行場じゃなくて空港っていうべきでしたね・・・。

それはさておき、鳥取まで出るのはやっぱり大変じゃないかという気がします。
それも住んでいる位置にもよるんでしょうけど。

>報告楽しみに
コミケで予想外に使いすぎたので、たぶんりらっくすの方はかなり遅くなるかも・・・。

>CV
別名義というわけではなく、完全に別の人ということですか。
まぁそういうのはそれなりに慣れていますし、アニメ見て原作PCゲームを買うのはたまにありますし、多分大丈夫です。
Posted by halogen(管理人) at 2007年01月01日 00:08
いやー本当にこのアニメは面白かった。
というのも、
ここのブログと組み合わせて見る事で何倍も楽しめたアニメだったと思います。

また詳しい感想をコメントすると思います。

とりあえず、予想っぽいの(今更ですが)が、かなり当たってて驚いてます。
正直、嬉しさもあります。
ああいうのは、リアルタイムでやるべきなんでしょうけど。
Posted by ふじゅふじゅ at 2007年02月27日 04:10
>ふじゅふじゅさん
最初から最後まで男の娘な準にゃん一辺倒な感想でしたけど、あわせて楽しんでいただけたのなら嬉しいです。

予想はかなり当たっていましたね。
11話へのコメントを見て軽くビックリだったり。
まぁこのくらい、普通の人は分かるのかもしれないですけど(苦笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2007年02月27日 07:41
このアニメは良くも悪くも準が目立ってた気がします。
良い部分は言わずもがな、ネタになって非常に面白かった。
逆に目立ちすぎているその割に、あまり話に関わらないので、本編に集中できなかった部分も。
一話だけ準がメインの話を作ってくれれば、もっとネタキャラだと割り切って見れたかもしれません。
準の謎に迫る。みたいな。
と、準ファンで無い僕が言ってみたり。
特に、このブログが無かったら、
恐ろしく濃いキャラなのにあまり目立たせようとしない人物の存在に戸惑い続けたかもしれません。

>準にゃんとキスしたい(笑)
いやー・・・考えてみましたが・・・準とならならまだ雄真との方がましかな・・・とか。すいません。

>予想
姉に会いたいとなるとどっちかでしょう。会いたがってるかどうかは微妙でしたが。
死にはしませんでしたね。まあ当然か。達哉じゃあるまいし。
Posted by ふじゅふじゅ at 2007年03月01日 14:15
>ふじゅふじゅさん
>良くも悪くも
それは確かにそうかもしれませんね。
ストーリーでは、雄真と春姫をくっつけるのに頑張ってましたが(笑)。

準メインの話は、あったらあったで私は喜びましたが、ストーリー的には要らないようにも。
まだ感想かいてませんが(汗)、コンシューマ版ゲームの特典に作ってくれたのでそれで良しとしています。

>準とならならまだ雄真との方が
それは流石に(笑)。
やっぱり「可愛い“けど”男の子の方」というのがいいのですよ。

>死にはしませんでした
流石にそれをすると過去の繰り返しなのでお話的にもよろしくないかと。
Posted by halogen(管理人) at 2007年03月01日 17:25
>あったらあったで私は喜びましたが、ストーリー的には要らないようにも。
知らない人からすれば、濃いキャラなのにあまり触れないのは、余計混乱すると思ったわけなんですよねー。
一話入れてくれれば、以降割り切って見れるようになると。

>「可愛い“けど”男の子の方」
残念ながら僕は、男としての魅力も、女としての魅力も、どっちも足りない、と感じてしまいまして・・・

>過去の繰り返し
そういえばそうでした。
Posted by ふじゅふじゅ at 2007年03月03日 08:24
>ふじゅふじゅさん
前にそういう意見もありましたね。
まぁ早いうちに、内容とも上手く絡むように触れればメイン回があってもよかったでしょうか。

メインが見たかったのは確かですが、むしろこのくらいの扱いがちょうど準らしいかなとも思ったり。
メインヒロインになれないのなら、ひたすらサブキャラに徹してほしい気もするのですよ。
私だけかもしれないですけど。

>魅力
それが何を差すかですが、とりあえず女の子の気持ちもよく分かるからの気遣いというのはよかったですね。
あとはもう健気さですか。
それこそ、上で言った脇に徹するというのがそう。

最初は単純に「可愛い女の子みたいな男の子キャラ」というだけで好きでしたが、見てみてその性格の良さにますます好きになってしまいましたから。
Posted by halogen(管理人) at 2007年03月03日 14:59
ちなみに、私がこういうキャラに男の子らしさも求めるのは主人公がこのタイプ(好例はおとボクでしょうか。私はむしろ別に例を挙げたいですが)だけですね。
Posted by halogen(管理人) at 2007年03月03日 14:59