2007年04月04日

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話

公式サイト:http://www.nanoha.com/


小さい頃の私は、本当に弱くて、泣き虫で
悲しいこととか辛いことに、いつもうずくまって
ただ、泣くことしか出来なくて


0071年 4月29日 ミッドチルダ臨海第8空港

燃え上がる空港のなかで、スバルは泣きながら父と姉を探して歩く。
爆風に吹き飛ばされて倒れたところに、巨大な石像が倒れてくる。

「誰か、助けて・・・」

その瞬間、展開される1つの桜色の魔法陣。
スバルが見上げた先には、バインドで石像を止たなのはの姿があった。

スバルを救助したなのはは、上空に向けてディバインバスターを砲撃。
瓦礫を全て一撃で撃ち抜いて、そこからスバルを抱えて空に脱出する。


炎の中から助け出してもらって、連れ出してもらった
広い夜空

冷たい風が優しくて
抱きしめてくれる腕が、温かくて

助けてくれたあの人は
強くて、優しくて、カッコよくて

泣いてばかりで
何も出来ない自分が、情けなくて

私はあの時、生まれて初めて
心から思ったんだ

泣いてるだけなのも、何も出来ないのも
もう嫌だって

強くなるんだって



0075年 4月 ミッドチルダ臨海第8空港近隣 廃棄都市街

陸戦魔導師Bランクへの試験を控え、スバルはシューティングアーツの素振りをし、ティアナはアンカーガンにカートリッジを装填する。
そこに試験官となるリンフォースIIから通信が入る。

「お、さっそく始まっとるなぁ」

上空には、ヘリからその様子を観察するはやてとフェイトの姿があった。
スバルとティアナは、はやてが見つけてきた子達。
最終的な判断はなのはであるが、正式に引き抜くかどうかは、この試験で決めるという。

一方のなのはは、レイジングハートと共に試験場の安全を確認。
サーチャーとオートスフィアを設置も確認したしたなのはは、全体を見ていることにする。


「レディ、ゴー」

リインフォースIIから試験の説明を受けたスバルとティアナ。
いよいよ試験開始の合図となり、2人は勢い良く飛び出していく。

まずはアンカーガンをビルに撃ち込んで、2人でビルへ。
スバルが窓から中に進入し、射撃をかわしつつオートスフィアを破壊していく。

一方、ビルの上空に上ったティアナは、ダミーに注意しつつ窓際のターゲットを連続破壊。
アンカーガンを駆使して地上に着地、スバルと合流して次のポイントへ向かう。


「いいコンビだね」

はやてとフェイトは、2人の好調な滑り出しを見て一安心。
しかしまだ試験は始まったばかり、待っているのは一番の関門である中距離自動攻撃型の狙撃スフィア。
これにどう対処してくるか、はやてもフェイトも楽しみなようである。


各ポイントで、順調にスフィアを破壊していくスバルとティアナ。
次の階ではアンカーガンをおとりに使いつつ、ティアナの魔法でスバルが姿を消して接近する。
2人は同時に射撃魔法を放ち、一気にスフィアを破壊。
これにはフェイトも満足そうである。

スバルとティアナはひと段落して話をするが、外にはスバルを狙うスフィアあり。
それに気付いたティアナはスバルを助けつつ攻撃するが、窪みに躓き転んでしまう。
それでもスフィアは破壊するが、流れ弾でサーチャーまで破壊してしまう。

サーチャーが破壊され状況を確認できなくなったなのはは、念のため現場に向け出発。
バリアジャケットを着装する。


スバルはティアナの元に駆け寄り心配する。
足を捻挫してしまっていたティアナは、自分が援護するからとスバルが一人でゴールするように言う。
しかし、ティアナとずっとコンビで、ティアナのことを見てきたスバルにはそれが我慢できない。

「だから! こんなとこで、あたしの目の前で、ティアの夢をちょっとでも躓かせるのなんて嫌だ! 一人で行くのなんて、絶対嫌だ!!」

そう叫んだスバルは、2人で一緒にゴールするための裏技を提案する。
ティアナに確認され少し弱気になるスバルであったが、ティアナに一喝され決意。

「二人でやれば、きっと出来る。信じて、ティア」


ヘリから見ていたはやてとフェイトは、ティアナの姿を確認。
ティアナは攻撃に直撃したに見えるが、ティアナは無事であった。
フェイトはティアナが囮であることを見抜く。

ティアナは瓦礫の影でフェイクシルエットを行使し続けていた。
その隙に、スバルはビルの屋上で魔法の発動を開始。

「決めたんだ、あの人みたいに、強くなるって」

地面にリボルバーナックルを突きたてたスバルは、ウイングロードを発動し道を確保。
自作ローラーで駆け抜け突入し、大型スフィアにリボルバーナックルで一撃を加える。
バリアを破壊して、離れて魔法陣を展開して。
カートリッジをロードし、ディバインバスターの一撃で大型スフィアを完全に破壊する。


後はゴールを目指すだけ。
スバルはティアナを背負って猛ダッシュ、ティアナが最後のスフィアを破壊して後は時間内にゴールするだけ。
スバルは魔力全開で突っ走るが、止まることを考えていないためゴールするも瓦礫に衝突しそうになる。

それを見ていたなのはは、アクティブガードとホールディングネットを展開。
リインフォースIIも魔法を行使して、2人対して軽くお説教する。

そんなリインをなのははなだめ、少し不満そうなリインもなのはに褒められ大喜び。
ティアナの怪我の治療はリインが担当。

「なのは、さん・・・」

ついそう呟いてしまうスバル。
4年ぶりの再会に、なのはに頭を撫でられたスバルは、思わず涙を溢れさせる。

そんな様子を空から見ていたはやてとフェイト。

「さて、なのはちゃん的に二人はどやろ。合格かな」
「どうだろうね」







いきなりの魔法アクションシーンが素晴らしすぎ!

ついに始まりました、魔法少女リリカルなのはシリーズ第3期「魔法少女リリカルなのはStrikerS」。
といっても第1話は既にリリパIIIで見ていたわけですが、実際にテレビで放送されているのを見るとまた感慨が違いますね。
第1期が始まった頃にはまさか第3期まであるとは想像も付きませんでしたが、それが実際にこうやって放送されているんですから。

今回はA’sの時と同じく、第1話から思いっきり魔法バトルアクションを堪能させていただきました。
スバルのおかげで格闘が増えているとはいえ、しっかり射撃魔法や砲撃魔法も存在。
スバルがこれらの魔法も使うのには少々驚きましたが、むしろ嬉しい誤算というやつです。

作画は全力全開といった感じで、むしろ今後の息切れが心配とはいえ。
癖の強すぎる戦闘作画傾倒のベルカ式作画になろうと私はそんなに問題ない人なので、大崩れだけはさせないように頑張って欲しいものです。
でも適度に手を抜くより全力全開で通す方がなのはらしいでしょうか(笑)。


ここからキャラ別本編感想&考察。
今期も感想形式はA’sや漫画版のときと同じで行きます。


まずはすっかり大きく成長した航空武装隊のエースオブエース高町なのは。
既にStrikerS本編から4年前、15歳の時点でエースオブエースと呼ばれているのですから凄いですよね。
スバル救出劇も見事な手際のよさ、見事な砲撃でした。

なのはの主砲は変わらずディバインバスターだったので一安心。
もっとも、威力はさらにパワーアップしているみたいですけどね(笑)。
19歳でもきっとディバインバスターでしょうし、15歳であの威力なら今はいったいどうなっていることか。

あのディバインバスターは、やっぱり殺傷設定なんでしょうね。
瓦礫を全て撃ち抜く必要がありますし。
そのための上方確認後の発射なんでしょうけど、レイジングハートとのコンビも相変わらずで良かったです。

また、今回は他にも色々魔法が増えてました。
巨大石像を固定した大型バインドは、名前が出てないので何ともいえませんが魔法陣発生後の拘束展開でした。
魔法陣が現れたときは、一瞬ラウンドシールドで防御でもするのかと思いましたけど(笑)。
流石にそれはなかったですね。

なのはの拘束系といえばレストリクトロックですが、ここまで高速発動できるようになったのか、それとも別の魔法なのか。
個人的にはレストリクトロックだと嬉しいです。

4年後は二等空尉から一等空尉に昇進。
昇格試験を見つめる姿は大人になったものだなぁとしみじみとしたものです。
サーチャーが破壊されたときの対処といい、終始落ち着いてましたね。

あのサーチャーは、全部なのはの魔力による設置だったりするんでしょうか。
サーチャーといえば第1期第3話でなのはが使ったエリアサーチで飛ばすものでしたが、これと同一なんですかね。
スフィアのほうも、大型スフィアの下部には桜色の魔法陣が気になります。
最初はバリアだけかもと思いましたが、スバルがバリアを破壊した後も残っていましたからね。
流石に巨大スフィアを生成というのはミッド式魔法としてもありえないでしょうが、何かしら強化魔法はかけていそうな感じでした。

最後に使ったアクティブガードとホールディングネットは、ネットは見たまんまとしてアクティブガードとは如何に。
名前だけ聞けば防御系魔法という感じですが、アクティブというのがいまいちピンと来ません。
アクティブプロテクションは反動による攻撃も考えた魔法だったというイメージがあるものですから。
とりあえず、このあたりの新規魔法は正確なところは全てDVDの魔法辞典待ちでしょうね。

最後のスバルとの再会シーンは、なのはさんというのに思わず笑ってしまったのは内緒(笑)。
すっかりなのはさんネタが一部で浸透してしまってますからねぇ。
でも、もう一度真剣に見直して。
いい再会シーンでした。


上空から昇格試験を観察していた八神はやてとフェイト・T・ハラオウン。
2人ともすっかり上司という立場になったもので(笑)。
この2人の間でも、はやての方がフェイトの上司だったりするわけですがね。
それはそうと、A’sでもこの2人のツーショットというのはほとんど無かったので、かなり新鮮に感じました。

こちらも今までにまして落ち着いていて、大人になりましたねぇ。
最初はヘリのドアを開けて直接見ていたはやては、別に落ちたところで飛べるので大して危なくない気もしますけど。
そういえば、あのヘリの操縦者は機動六課ということでやっぱりヴァイスだったりするんでしょうかね。

最後スバルとティアナが瓦礫に一直線だった場面では、なのはとちびリインのほかにフェイトとはやても魔法を使おうとしていたようで。
はやては夜天の書を開いて、フェイトは腕に環状魔法陣を発生させて。
結局2人が出るほどでもなかったですが、しっかり準備していたのは流石です。


立派に試験官を務めていたリインフォースII。
存分に可愛いところを見せてくれて大満足です(笑)。
ただ、やっぱりゆかなさんに声優が代わった違和感はまだ拭えなかったですね・・・。
小林さんはA’sラストの一言だけだったとはいえ、あの一言、一シーンの印象があまりにも強すぎたものですから。

語尾に「〜です」をつける喋りはベタながら可愛いですよ。
あの小ささは、やっぱり元々A’s当初の設定であったヴィータサイズが良かったかなとも思っていたんですが。
だんだん30cmでもいいと思えるようになって来ました(笑)。
これだけ小さい方が、何かとネタにもしやすいでしょうし動かしやすいでしょうし。
何より融合型デバイスという感じがするのはこの大きさのほうなんですよね。

暴走してしまったスバルとティアナに思いっきり怒っていたのは少し意外でした。
その怒り方がまた可愛いわけですが、それだけ試験官を頑張ろうという意気込みだったんでしょう。
直後になのはに褒められてもの凄く嬉しそうでしたよね(笑)。

最後はなのはと一緒に魔法を発動させていました。
ティアナが捕まっていたあの白色の柔らかそうな物体がそう見たいですが、地面に白色ベルカ式魔法陣と、その周辺から伸びる多数の枝。
一体なんの役に立つのかいまいち分からない魔法に思えるんですが、こちらも魔法辞典が楽しみです。


空港火災からなのはに助け出され、強くなりたいと願ったスバル・ナカジマ。
漫画版で最初に見たときはもう少し声が低くてもいいかなと思っていましたけど、かといって特定の声をイメージしていたわけでもなく。
もともと私はそういうタイプでは無いので、斉藤さんの声ですんなり入っていけました。
というか、元が空白なぶん一度聞いてしまうともうこの声しか考えられません(笑)。

自作ローラーとリボルバーナックルを使った格闘戦は、近接があまり好きではない私でも引き込まれるほどの見応え。
でも、それ以上に射撃や砲撃もしっかり使っていたのには驚きました。
同時に、射撃や砲撃まで近代ベルカ式で制御していたのは、適性云々の議論でまた再考の余地が生まれてしまいましたけどね(苦笑)。

自作ローラーに関しては、オンボロというティアナのセリフがマッハキャリバーへの変更の伏線になっていそうな感じ。
別にぶっ壊れるということは無いでしょうけど、六課入隊を気に新調という流れがありそうですね。
ティアナのアンカーガン→クロスミラージュも同じく。

スバルの性格は漫画版で大体分かっていましたが、ティアナ負傷の場面はそれをしっかり描いていた感じ。
ティアナに確認されて弱気になってしまうあたりが、またスバルらしいところでもあり。
そういう面もありながら、ティアナの夢を躓かせるわけにはいけない、誰かを守れる自分になりたいという強い想いをもつ強さがありました。

スバルの魔法も多数見れて、これまた魔法大好きな私には嬉しい悲鳴。
ローラーブーツでの疾走とリボルバーナックルでの単純打撃にも名称がありそうなんですが、これは魔法辞典を待つしかないとして。
カートリッジロードによるリボルバーシュートなる射撃魔法、ウイングロードなる補助魔法、そしてディバインバスターなる砲撃魔法。
最後のは、なのはに助けてもらったあの魔法の名前からとったんでしょう。

リボルバーシュートは単純な単発の射撃魔法・高速直射弾という感じでしたね。
近接のスバルにはあくまでも補助的な魔法というところでしょうか。

ウイングロードは帯状魔法陣を伸ばして、それを道にする魔法みたいです。
近代ベルカ式とはいえ、何気にベルカ式で環状・帯状の魔法陣状物体が登場するのは初めてでしょうか。
ちなみに、環状魔法陣と帯状魔法陣は以後しっかり区分予定。

そして問題のディバインバスター。
今回はカートリッジを2発ロードして、前方とリボルバーナックル上にそれぞれ環状魔法陣を発生させての発動。
足元の魔法陣がベルカ式だったので魔法自体も近代ベルカ式と思われ、環状ベルカ式魔法陣初登場ですね。
魔法の内容は、内容は普通の直射型砲撃魔法という感じ。
なのはとスバルは4年ぶりということで、スバルがなのはに憧れて自分でディバインバスターを真似しようとしたと考えていいと思うんですが、どうでしょう。

ただ、この場合わざわざ近代ベルカ式を使う理由が謎。
集束・砲撃はミッド式のほうが上ですし、近代ベルカ式はあくまでもエミュレートであるならば根本はミッド式で動いているわけですし。
ミッド式も術式自体は普通に使えるはずで、後はデバイス側の制約か、あるいは攻撃は全て近代ベルカに統一するという分かりやすさのためでしょうかね。
バリアジャケットのような常時展開や独立した補助系ならいざ知らず、確かにミッド式と近代ベルカ式を攻撃時に併用するのは大変そうですし。


脚を挫いてしまうも、スバルと力を合わせ見事ゴールしたティアナ・ランスター。
こちらも声優は一度聞いてしまうともう中原さんしか考えられません(笑)。

性格面は、スバルと同じくアニメで見てより固まってきた感じ。
そして何よりスバルとのコンビがいい感じです。
どうせワガママを通すんでしょとかね(笑)。

ティアナは銃型デバイスでしたが、今はアンカーガンということでアンカーが飛び出しました。
銃口が2段あったのは、片方はこれでもう片方は魔力の射出口ということだったようで。
あの側面のツマミも、そういういみがあったんだなと納得です。

アンカーを撃った先に魔法陣が発生するのはいい感じでした。
あれはアンカーおよび周辺の固定用の魔法陣といったところでしょうか。

単純射撃魔法は銃の先から放出で、ほかにクロスファイヤーシュートなるマルチショットの直射弾あり。
今回は敵の数から3発動時でしたが、現状で何発動時に撃てるのか気になるところ。
射撃に対するカートリッジの消費度合いというのも気になります。

そしてティアナ独特の幻術魔法は、姿を消したり分身を作ったり。
第1期の公式サイトにある幻惑系とは少し違う印象で、A’sのミラージュハイドと同じ系等なんでしょうね。
対象の意識を操作して幻影視認や不可視状態にさせるというより、実際にダミーを作り出し、あるいは不可視状態にさせている感じでしたから。
ダミーを作ると思われるフェイクシルエットは相当魔力を食うとのことですが、だからこそ使う人が少ないんですかね。

スバル含めて少し気になるのは、魔力カートリッジの出所。
近代ベルカ式もすっかり広まったようですし、ミッドチルダ式カートリッジもそれなりに広まってそうですし。
カートリッジを手に入れるのには困らないと思われ、既に管理局所属ということを考えるとやっぱり支給品なんでしょうかね。
少なくとも、自分で込めているわけでは無さそうな雰囲気。
むしろ、カートリッジに関しては守護騎士達はいまでもシャマルがやっているのかどうか気になりますt。


最後にまとめ。
今回のまとめはオープニング&エンディング感想もついた豪華版でお届けします(笑)。

オープニングは今まで以上に格好よく、そしてエンディングも過去2作とは全く違う調子で完全に空気を読んできました(笑)。
特にSECRET AMBITIONはOPアニメがついてその良さが倍増。
EDアニメはいつもどおり、ほとんどなのはしか出てきませんでしたね。

OPアニメはいきなり時空管理局のエンブレムで始まる格好よさ。
その後はなのは以上にすばるが主人公な雰囲気でしたね。
それぞれの分隊長を背景に、新キャラ4人が変身するところもいい感じ。
一瞬ずつ入った機動六課の面々も良かったです。
守護騎士達単独の出番があれしかなかったのは少し残念ですが、出番があっただけでもいい方でしょうか。

なのはとフェイトの同時変身はA’sに続いて今回も健在。
左利きと右利き、やっぱり並べると対称的で綺麗です。
ただ、角がとがって心なしか宝石部分まで大きくなったバルディッシュにはやっぱり違和感が・・・。

はやてが指揮する場面は、前作のリンディもそうですがもはや魔法少女ものではなく(笑)。
はやてがリンディの立場になったというのに感慨みたいなものもあったりしましたね。

そこから続く新キャラたちの連携攻撃は、キャロが思いのほか格好いい感じだったのにびっくりしました。
凛々しすぎ(笑)。
可愛い感じに見えても流石はリリカルなのはに登場する魔導師、やるときはやってくれるようです。

謎の少女ルーテシアは今後どう絡んでくるのか注目。
足元に光っていたのは紫色のベルカ式魔法陣で、これは古代ベルカ式や聖王教会との関連も楽しみになってきました。
(4/4-7:40修正)
よく見たら正三角形ではなく正方形でしたね(汗)。
そして、どうして最初見たとき気付かなかったのか・・・。

雰囲気はベルカ式魔法陣なんですが、新しい術式の登場でしょうか。
第3の術式も期待していただけに、これは非常に楽しみです。
(以上追記)

なのはとフェイトの戦闘シーンは、なのはのバスターは当然としてフェイトがハーケンを使ってくれていたことに感激。
やっぱりザンバーみたいな剣よりも鎌のハーケンの方が好きな私としては、A’s以後フェイトがザンバーを主力にしないか危惧していたものですから。
ハーケンはハーケンでもハーケンセイバーで射撃系にもなるのが素晴らしいんですよ。

その後はみんなそれぞれの魔力光色に光って裸(笑)。
別に良くあるシーンですけどね。
それよりも、ティアナの次にギンガが来たのには驚いてしまいました。

高速で全デバイスとそれぞれの魔法陣は、A’sでかなり気に入っていたので、今回もあって嬉しかったです。
守護騎士達のデバイスは3点セットで魔法陣も3色分割でしたが、3分割は3角形のベルカ式ならではですね。

最後は機動六課のエンブレムの上に主要全員のバリアジャケットor騎士甲冑姿で、さらに上空にカメラを移して締め。
あのオープニングに一体どんなアニメをあわせてくるのかと楽しみにしていましたが、期待以上の出来で大満足です。

エンディングの方は、まぁあんなものでしょう(笑)。
曲が空気を読んでくれるのは良いのですが、逆にクールダウンに使えないのが困るといえば困りますかね(笑)。
このままオープニングにでも使えそうな感じでしたから。

本編は、やはり空港火災のシーンから始まりましたね。
でも今回はスバルを助け出す場面のみのとどめて、それ以外のことは次回にまわす感じ。
完全にスバルメインの構成となっていました。

空港火災の現場で倒れてきた石像は、漫画版Episode-4で出てきたもののようですね。
あの時は何かサッパリ分かりませんでしたが、なるほどこれがスバルに向かって倒れてきたということでしたか。
そして空港丸ごと1つが駄目になったという火災は、近隣も廃棄させるほどだったと。
それほどの大火災を引き起こした原因であるレリックが一体どんな存在なのかますます気になるところです。

次の昇格試験は半年後とのこと。
フェイトの執務官試験も半年刻みだったので、基本的に時空管理局の試験は半年ごとにあるみたいですね。

A’sに続いて第1話にアバンタイトルとモノローグがなかったかわりに、本編冒頭にスバルのモノローグあり。
これが、あの空港火災でなのはに助けられて芽生えたスバルの想い。
次回以降はきっとアバンにモノローグがあるはずで、誰のどんなものを聞けるか楽しみです。

アイキャッチはますます格好いい感じになってましたね。
サブタイトルの背景も、やはりレイジングハート基調ではあるもののベルカ式魔法陣も重ねてなのは+スバルという感じ。
そして何より今回から16:9での制作ということで、ますます画面を広く使えるようになりました。
額縁なんて気にしない、中身が大事なんですよ、中身が(笑)。
今回のアクションも凄かったですが、次回以降はさらに期待です。


次回は今回の試験結果と、後は空港火災の詳細でしょうか。
キャロとエリオもこの2話から登場するようで、他にも機動六課が集結するとのこと。
第1話とあわせてなのはStrikerSの始まりを告げそうな、そんな第2話のサブタイトルはズバリそのまま「機動六課」。
どんな話になるのか楽しみですね。


人気blogランキング に参加中。
スバルとなのはのディバインバスター同時発射を見てみたいもの。


SECRET AMBITION
(オープニングCD)
星空のSpica(エンディングCD)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/50916616
この記事へのトラックバック
ねぇ、なのは… このバリアジャケット・ソニックフォームなんだけどさ… もう、ピチピチじゃない?! だが、それがいい! おお〜!なのは、フェイト、はやて…大きく立派になりましたね!!(#´Д`) こ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 「空への翼」【垂れっ流しジャーマン】at 2007年04月04日 03:56
魔法少女リリカルなのはStrikerS リリカルパーティ〓での先行上映での感想です。 tvkは最遅放送なので、せめて1話ぐらいは早く書きたかったのでw ・OP 奈々ちゃんの歌うOP曲「SECLET ANBITION」の乗せてキャラが動きまくってます。 今後のキーになりそうなキャラもい...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【リリカルマジカル】at 2007年04月04日 06:01
ミッドチルダ臨海第8空港 火災。 火災の話から 第1話の収め方のシーンは 人情ぽくて 割と趣味だったかも。 魔法系は苦手 と公言して憚らない割りに 見ました。 TV三重です。 「パンプキン・シザーズ」の後番組になります。 (つまり、パンプキン・シザーズの予約を....
魔法少女リリカルなのはStrikerS 。。。。 第1話 空への翼【幻影現実 私的工廠 ブログ】at 2007年04月04日 06:16
{{{ 魔法少女リリカルなのはStrikerS 1話の感想です。 完全にネタバレ感想ですので、コレより先は各人の判断で見てください。 }}} やはり感想系は簡素に書いていきます。 [[attached(1,center)]] スタートはStrikerSからの新キャラ「スバル」の幼少時代か...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 「空への翼」【3丁目の夕方〜Yahoo!BLOG支部〜】at 2007年04月04日 06:21
春アニメ感想で、1番!張り切らせてもらいます。先ず第1話、OPより新キャラ紹介いきましょう!『機動六課 前線フォワード部隊 TEAM_NANOHA』『インテリジェントデヴァイス』『なのはチーム(新人):フロントアタッカー』(CV:斎藤千和) 『なのはチーム(新人):セン...
★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 「空への翼」★感想【Daddy_Faceのコレなんだろう?】at 2007年04月04日 06:37
春アニメその5、大本命登場! え〜と、前作が04年10月からだから・・・♪2年と半年前からあ〜い〜し〜て〜る〜(アクエリオンだし短っ!) A's知識はありませんが、何とか頑張って書いていきます(`・ω・´) こ
魔法少女リリカルなのはStrikerS #1「空への翼」【ラピスラズリに願いを】at 2007年04月04日 06:53
Third Stage,Drive Ignition! やっぱりなのはだけはガチ!!
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【電撃JAP】at 2007年04月04日 06:57
「空への翼」 だけど決めたんだ。あの人みたいに・・・強くなるって!
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【本を読みながら日記をつけるBlog】at 2007年04月04日 07:01
なのは第3期が、ついにスタートです。2期のラストで成長したなのはたちが描かれましたので、続編はないかと思っていましたが、なのはに憧れる新キャラを投入して再スタートです!!...
魔法少女リリカルなのはStrikerS #1【日々の記録 on fc2】at 2007年04月04日 07:07
ついに始まったぜっ!!!! ワクワク((o(^-^)o))ドキドキ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【明善的な見方】at 2007年04月04日 07:27
4月期新アニメ第2弾。見たから書こう、眠気に耐えて。 ・魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」 初めにお断り。  ・私は元ネタ未プレイです。  ・私は前作未視聴です。  ・唯一の知識が「現代版プリティサミーなんだな」。キャラ名すら把握できてません。...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【穴にハマったアリスたち】at 2007年04月04日 07:33
「空への翼」 春の新作第4弾!! 第1話だけ見ると新キャラのスバル&ティアナが主人公みたいでしたが、公式ページをのぞく限り、今作もなのはが主人公みたいですね。 19歳……魔法少女と呼ぶにはぎりぎりの年ですが、
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【ラブアニメ。】at 2007年04月04日 07:38
「また会えて嬉しいよ…」  なのはオカヽ(´∀` )ノエリー!!ついに待望のリリカルなのは第三期、魔法少女リリカルなのはStrikerSが始まりました!!!小学生だったなのは達ももう19歳…魔法少女としてギリギリな年齢d。・゚
魔法少女リリカルなのはStrikerS 1話 『空への翼』【欲望の赴くままに…。】at 2007年04月04日 07:39
魔法幼女リリカルなのはStrikerS 第01話 「幼女の翼」の記事です。
魔法幼女リリカルなのはStrikerS 第01話 「幼女の翼」【悪魔探検紀行夢浪漫】at 2007年04月04日 07:57
だけど決めたんだ…あの人みたいに強くなるって――。 空港の火災で救われたスバル。 その時助けてくれた魔導師に憧れ同じ道を目指す… 憧れの魔導師――なのはのように強くなるって! 4月新番組その8。リリカルなのは新シリーズ! 前作から10年成長したなのはたち...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【SERA@らくblog】at 2007年04月04日 08:08
魔法少女リリカルなのはStrikerS 公式ホームページ 魔法少女リリカルなのは - Wikipedia 俺は“魔法少女リリカルなのは”は、エロゲのとらはのキャラという知識しか知りません。 一期も一、二話をちょろんと見た程度。 第3期シリーズが始まるというので、試しに見て...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【Liberty Lounge】at 2007年04月04日 08:14
『空への翼』 いよいよ、待望の『魔法少女リリカルなのはStrikerS』の放送開始です。 これが放送開始されるために2007年4月が存在していると言っても過言では無い。期待どおりに作ってりゃ名作間違い無しということで、ま??.co.jp/с
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【世界の端に腰を掛ける】at 2007年04月04日 08:15
注:題名の「少女」に突っ込んだから負け さて、今期恐らく最も多くの人に期待されているのにテレビ和歌山が最速な作品。 順を追ってダラダラと感想を書いていこうかと思う。 まずOP。 音楽は相変わらず水樹奈々らしい雀
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 「空への翼」【angel notes.】at 2007年04月04日 08:26
第1話『空への翼』 OPで聞く久々の奈々ボイスに心が震えました
第1話 白い天使降臨【睡魔と戦うのって大変だ】at 2007年04月04日 09:35
久しぶりの更新です。 三月の終わり頃からずっと忙しくて、なかなかブログを更新してる暇がない…。 そういった関係で今期は視聴アニメの数がかなり減っちゃうかも。 今期は我らがチバテレビが非常に恵まれてむ??緘??@
【新番組】魔法少女リリカルなのは StrikerS 第1話「空への翼」【おもちやさん】at 2007年04月04日 09:52
個人的な今期の大本命キタ━━━(゚∀゚)━━━ 一応、一期二期は全部見たので話は解ると思いますが メガミでやってる漫画は見てないので三期についてはノータッチです。 OPはまぁまぁ 一期のOPが神すぎたからなぁ これから慣れていくでしょう! 千和ボイスは...
魔法少女リリカルなのはStrikerS #1「空への翼」感想【サブカルなんて言わせない!】at 2007年04月04日 10:09
超期待作?自分的にはそこまでではないのですが、自分の周りを含めすごい盛り上がりなので。【初回仕様あり!】SECRETAMBITION/水樹奈々早速感想。あぁ〜、みんな大人になったな〜。いまいちなれないけどこれはこれで受け入れるしかないですから、まぁ慣れるまでの辛抱で...
魔法少女リリカルなのはStrikerS第01話「空への翼」感想【物書きチャリダー日記】at 2007年04月04日 10:43
「空への翼」  待ってました!な、「なのはStrikerS」。  関東は放送遅いから、関西組の方々に頑張ってついていかないとなあっ( ̄□ ̄;) ・エース・オブ・エース ・Bランクをめざして ・大の期待と少々の不安  最初の要約はこんな感じで。
魔法少女リリカルなのはStrikerS (#1)【Hes:TEAR】at 2007年04月04日 11:02
新作としてはOKだが続編として見ると物足りなさ過ぎる →リリカルなのはStrikerS公式サイト 水銀燈 あら あら あら あらあらあらあらあらあら シン こ com/A
魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話 空への翼【腐麗蝶の柩〜全力でオレンジ卿とCC万歳!コードギアス 反乱のルルーシュファンサイト〜】at 2007年04月04日 11:26
第1話『空への翼』  おおっっっっっっっ! 待ちに待った!「リリカルなのは」です!  「なのはちゃん」「フェイト」「はやて」も みんな立派に成長してますなぁぁぁ〜、 「おぢさん」嬉しいよっ! なにげに「なのは」
魔法少女リリカルなのはStrikerS【まるとんとんの部屋】at 2007年04月04日 11:43
僕は、まだリアルタイムでは見ていませんが、ニコニコ動画で見ました で、早め早めに感想書こうと思います。 それにしても、大人のなのはも良いですねw てか、スバルが可愛いねw 続きからどぞw
魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話「空への翼」感想【ネギズ】at 2007年04月04日 11:50
例によって画像はニコニコ動画仕様 魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話『空への翼』感想です。 まぁ感想もあるんですが・・・       //      ,.へ          ー‐-、` 、:.:.::/  \ \ __ _,.
もう少女じゃ・・・orz魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話『空への翼』感想レビュー【アキバ系無法地帯】at 2007年04月04日 12:16
 個人的 らき☆すた に並ぶ 今期アニメの 最大の目玉の一つ、 『魔法少女リリカルなのはStrikerS』が 満を持しての登場となります、 A’sで 完全に 完結したと思っていたのに 3期を制作しているという 度肝を抜かれる 発表を聞いてから もう それはそれは 首を長くして待...
[アニメ][魔法少女リリカルなのはStrikerS] 第01話 『空への翼』【もらかなです。】at 2007年04月04日 12:38
10年後・・・ということで、スッカリ大人になった魔法少女三人。はやてだけあんまり変わった感じがしませんでしたが、なのはもフェイトも美人さんになりましたな! 前作のエピローグの時はちょっと違和感を感じましたが、今回は成長した姿はすんなり受け入れられました。 ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 1話「空への翼」(新)【月の砂漠のあしあと】at 2007年04月04日 12:52
「闇の書事件終結後より10年後の話…小学生だったなのは、フェイト、はやては19歳になり、そして…」「泣いてばかりで弱くて何も出来ない自分…4年前の火災の時になのはに助けて貰ったスバルはなのはに憧れて時空管理局に入る」「魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話空へ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話空への翼【翔太FACTORY+Zwei】at 2007年04月04日 12:59
スバル 凄かった…。 すっげカッコよかった!!
(新)魔法少女リリカルなのはStrikerS 1話「空への翼」【こころに いつも しばいぬ】at 2007年04月04日 14:42
OPからユーノが消えクロノも消え・・・そしてだれもいなくなった。 さりげなくアスペクト比が16:9に変わった今作。 ライダーさん、出る番組間違ってますよ? OP曲はETERNAL BLAZEほど熱くもなく、inoccent starterほどしっとりもしていないという微妙さ。 相変わら...
魔法少女リリカルなのはStlikerS 第一話【暇潰し日記】at 2007年04月04日 15:07
さぁーいよいよ始まりましたよ、なのは3期が。 A’sラストから4年経ち、19歳のなのは達の勇士が今回見れるのか( ^ω^) このまま4期5期ってなってたらもう少女じゃないよなぁ。「魔女リリカルなのは」なんて??ora??
魔法少女リリカルなのはStrikerS第01話「空への翼」【天国と地獄と雑文ver2.00】at 2007年04月04日 15:51
大人になっても忘れない きっと 君に 出会えた日を 心から伝えたい my love... 出会えてむ??1
魔法少女リリカルなのは StrikerS 第1話 「空への翼」  感想【あるちソ日記 StrikerS】at 2007年04月04日 16:02
なんと前作、前々作は未見なの(正確に言うと無印の4話くらいまでは見た)。 理由は「私的感覚と合わない」というだけで、 別に嫌いとかそういうわけじゃないの。 暇なときにでも、ちょこちょこと見るつもりなの(しつこい)
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【フォン・ブラウンの覚え書き】at 2007年04月04日 16:23
 私のところはファミリー劇場の関係で本来はもっと遅いですけど、ありとあらゆる手段をつくしてStrikerSの第1話を見ましたー!!  では感想いきます。  魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 空への翼  アバンはなし。  OPはそれぞれのキャラが動く動く、動く...
なのはStrikerS 第1話感想【白銀の流星舞う、夜空】at 2007年04月04日 17:00
帰ってきました我らがアイドルにして管理局の白い悪魔 元の作品を突き抜けて風格まで漂い始めた作品 熱狂的なファンの多さ、非常に現代のオタク向け作品、萌えと燃えの両立 ライトアニメファンにはたまらない内容ですよ 今回はどんなアクションと感動をよんでくれるの....
魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話「空への翼」【自堕落学生日記】at 2007年04月04日 17:09
第1話『空への翼』 春の新番組2本目!!そして、今期最大の注目作です! 久しぶりのなのはです!!しかも大人ver 子供なのはに慣れてるので、馴染めないかなと思っていたんですが、案外すんなりと慣れそうです。 大人はやてと大人フェイトも。 スバルが今回の主役のよう...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【ニコパクブログ1号館】at 2007年04月04日 17:18
本日の演目・アニメレビュー(魔法少女リリカルなのはStrikierS)、漫画レビュー(ジャンプ)
はるは、であいのきせつ。7点●【ブログの果てからこんにちは。】at 2007年04月04日 17:57
魔法少女リリカルなのはStrikerS第01話「空への翼」 感想です ネタバレ注意
魔法少女リリカルなのはStrikerS第01話「空への翼」感想【Infinity Life】at 2007年04月04日 18:26
レナ「他のサイトはみんな4月に入ってから心機一転頑張ろう状態なのに、どうしてウチは更新をサボりまくってるのかな?かな?」 ルル「コードギアスが一段落した今、アニメの感想書けと言われても…ね。燃え尽きた
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」感想  ※加筆修正版【白狼PunkRockerS】at 2007年04月04日 18:32
第1話 空への扉
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への扉」【二次元空間】at 2007年04月04日 20:13
今期最大の期待作!! このために生きてます(ぇ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【えたなるお??しゃんA’s】at 2007年04月04日 20:23
春のアニメ新番組感想第二弾は「魔法少女リリカルなのはStrikerS」です。 1期・2期共に見ていたので、話の流れには着いていけそうです(´▽`*) あと、タイトルに「〜なの」がないと何だか少し寂しいですねww OPは水樹奈
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【ただひたすらに、まっすぐに。】at 2007年04月04日 20:27
あらすじ  魔導師ランクの昇格試験を受ける少女二人。近接格闘型のスバルと中距離支援型のティアナは協力して陸戦Bランク昇格試験に臨み、多少のトラブルはあれど見事合格する。 試験を乗り切った直後に彼女達の前へ現れたのは……。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」の感想文です【まぬけづらの浪漫倶楽部】at 2007年04月04日 20:37
最初に言わせて頂きますと、 最初からこんなに熱くて良いのかこのアニメwwwwwww ってくらいに燃えます。 萌えるじゃありません、燃えますwww だが、それが非常にいいのです。 ではまずOPレダ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話「ちょwwwwwwwwフェイトwwwwwwwwwww」【ロリ+お姉さん=萌死】at 2007年04月04日 20:44
2007年4月開始アニメ感想第1弾は、魔法少女リリカルなのはStrikerSですよ。 今期いちばん、楽しみにしてたアニメだったのよね〜。 それじゃあ、簡単に感想書きますです。
魔法少女リリカルなのはStrikerS #1「空への翼」【* Happy Music *】at 2007年04月04日 21:19
魔法少女リリカルなのはStrikerS「空への翼」です。 いや〜始まりましたね。 もうどどきどきです。始まる前にこんなにワクワクしたのは、ハルヒ以来です。 で見終わっての第一声は、「ますます魔法少女じゃなくなってる〜」ですね(笑)。 ということで、2クールの...
魔法少女リリカルなのはStrikerS「空への翼」【藍麦のああなんだかなぁ】at 2007年04月04日 21:35
 公式サイト 「ついにはじまりました、なのはStrikerSです! きゃー! リボルバーナックル素敵ー! 唸る風烈、爆ぜる火薬、軋む鉄鋼、そして炸裂する必倒の一撃‥。うーん、素敵すぎです‥。この躍動、すばらしいよね??/pi@
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【隠れ蓑〜penseur〜】at 2007年04月04日 22:06
ついに始まりましたなのはStrikerS!! リリパで一度見てたけど、良いものは何回みても。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!! とりあえずなのは達は序盤はあまり目立ちすぎないらしいので、自分はスターズ分隊ではスバルを中心に見
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 「空への翼」【アバトーンの理想郷】at 2007年04月04日 22:42
魔法少女リリカルなのは/魔法少女リリカルなのはA’sビジュアルファンブック <今回のあらすじ>    「4年前の空港火災。そこで、一人の少女が一人の魔導士に出会った。それが、きっ かけで始まりだった。  そして、現在。魔導士Bランクの昇格試験に臨む二...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第一話「空への翼」感想【徒然日記〜TS紀行〜】at 2007年04月04日 22:53
iframe対応ブラウザでご覧下さい。 4月新作アニメの本命キタァー(゜∀゜)ーー!!!!
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 空への翼【蒼き月と黒い宴】at 2007年04月04日 23:10
よろしければ押してやってください→  
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【初音島情報局】at 2007年04月04日 23:27
 昔出ていた18禁PCゲーム『とらいあんぐるハート』のサブヒロインだった“高町なのは”をフィーチャーしたオフィシャル同人スピンアウト企画。過去、『魔法少女リリカルなのは』『魔法少女リリカルなのはA's』と二度アニメ化されており、今回三度目。  平凡な小学生“高...
『魔法少女リリカルなのはStrikerS』第1話(新番組)【球根栽培法】at 2007年04月04日 23:30
待望のシリーズ第3弾。 おそらく今年の春の新番の中では期待度1,2を争うだろうこの作品。 もちろん去年の夏友人に布教されすっかり洗脳されてしまった自分としても楽しみにしていた作品です。 舞台は前作「A's」かむ9
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への扉」【R−30のオタクな部屋】at 2007年04月04日 23:43
[関連リンク]http://www.nanoha.com/第1話 空への翼リリカルなのはの3期目がとうとう始まりましたねーまずはオープニングから。もちろんテーマは水樹奈々嬢のもので「SECRET AMBITION」といい...
リリカルなのはStrikerS 第1話【まぐ風呂】at 2007年04月04日 23:48
魔法少女リリカルなのはStrikerS   現時点での評価:2.0〜3.0   [SFアクション]   テレビ和歌山 : 04/01 25:10〜   三重テレビ : 04/02 26:00〜   KBS京都 : 04/03 26:00〜   チバテレビ : 04/03 26:30〜   テレビ埼玉 : 04/05 25:00〜   東...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 「空への翼」【アニメって本当に面白いですね。】at 2007年04月05日 00:17
なんか随分雰囲気変わったなぁ。 世界観もそうですが前回の主役3人が落ち着き過ぎているような… まぁ思った通り今後に期待できそうなアニメでしたけどね。 毎度魔法を某ロボットアニメの技と重ねて見てしまうのは何故だろう…w 以下感想
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 空への翼【AREHUの凡骨日記】at 2007年04月05日 00:19
2007年度第2クール第7弾は,「魔法少女リリカルなのはStrikerS」.今期の期待の星,エースオブエース登場です.
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【ねこにこばん】at 2007年04月05日 00:28
ちっちゃい上司!ちっちゃい上司!
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【bkw floor】at 2007年04月05日 01:28
ついに始まりましたStrikerS!!
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話「空への翼」【萌えアニゲ情報館】at 2007年04月05日 01:47
リリカルなのはStrikerS第1話。 春新番第2弾、世間では一番期待されてる作品なのかな? そんな作品を、前作・前々作を見ないで挑むという無謀な挑戦でお届けします!
[アニメ] 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【我が人生に燃えて、そして萌える】at 2007年04月05日 02:10
魔法少女リリカルなのはビジュアルコレクション メガミマガジンスペシャルセレクション 小さい頃の私は本当に弱くて泣き虫で、悲しいこととかつらいことに、いつもうずくまってただ泣くことしか出来なくて・・・でも・・・私はあの時、生まれて初めて心から思った泣いて...
(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2007年04月05日 02:38
な の は はじまったな。期待の新作。 新番組その8
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【Hiroy's Blog】at 2007年04月05日 04:29
→スバル、ティアナの昇格試験 「期待されてる新番組が始まったわ!  実際見てみるとなのはたちがかなり成長してるわね!」 「落ち着いた感じに成長してたね」 「特に胸と胸とあとおっぱ??!
【魔法少女リリカルなのはStrikerS】 第1話 "空への翼"【ヤングの行く夏、来る夏】at 2007年04月05日 07:46
―あらすじ― 11歳の時に空港火災事故に巻き込まれそこから自分を助けてくれた魔導師に憧れるスバル・ナカジマ。4年後、自らも魔導師となり時空管理局地上部隊 陸士386部隊に所属。そして上を目指すため、憧れの人に近づくためにティアナ・ランスターと共に陸戦魔導師Bラ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話「空への翼」【愉快そうな日記】at 2007年04月05日 07:48
魔法少女リリカルなのはStrikerSを観る ボクらの!!なのはと!!フェイトたんが!!大きくなっちゃって帰ってきたッ!!>大きくなっちゃって、なんだwww なのはも、フェイトたんも、はやてちゃんも、すっかりおっきくなっちゃって…… ……ぜんぜん残念...
春の新作ウニメを観る(魔法少女リリカルなのはStrikerS、新曲奏界ポリフォニカ)【うにゃ丼亭】at 2007年04月05日 08:39
? いよいよ4月に入り、新番組のスタート時期です。私は数ある作品の中から選んだ作品をこれ からもわかりやすく楽しめるブログを目指して書いて行こうと思っています。昨年10月スタートがコード ギアスとDEATH NOTEとKanonが非常に良かったと思っていますが、正直1回...
魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話「空への翼」【アニメのストーリーと感想】at 2007年04月05日 09:31
 いよいよ来た第3期。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【LUNE BLOG】at 2007年04月05日 12:22
これから・・・半年間。。リリカルなのはと共に過ごす日々。 キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!! [画像] リリカルなのはStrikerS始りました〜!! ・゜・(つД`)・゜・やっと・゜・(つД`)・゜・やっとなのはに会える!! [画像] 今回ほぼ主役のスバルとティア...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への扉」【☆へにょへにょ日記☆彡StrikerS】at 2007年04月05日 12:48
さて、いよいよ今期の本命の登場です。 OP感想は別記事です OP感想 スバルの回想からスタート 4年前、空港火災で一人取り残されたスバルを助けたのは、 当時航空魔導師のエースオブエースだった高町なのは。 いいシ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【空の空】at 2007年04月05日 13:11
第3期になってもOPは、水樹奈々さん。EDは、田村ゆかりさんで決定ですね。 やぱ〜りOPのなのは&フェイトの変身ですかね・・・ 変身シーン万歳!! == 話しの始めに・・・ == 00(新暦)71年4月に起きたミッドチルタ・臨海第八空港での爆発現場から始まり...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【かいちょ〜せつけんの日々の日記】at 2007年04月05日 14:23
宣言どおりのキャプ付き感想です。 やはり、画像編集などしてるとなんだかんだ言って5時半くらいになってしまうというorz ちなみにまだリアルタイムの1回しか見ていません。これから半年、水曜の朝は大変になりそうです in)
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【AILE's SILENT AREA】at 2007年04月05日 14:51
■魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」     遂に始まりましたリリカルなのは第3期〜。昨日言ったとおり、管理人のうっかり!により前作を見てないのですが前作を見てなくてもギリッギリ見れるらしいとの事で気にせずとにかく見てみる事に〜...
■魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【DYG0アドベンチャー】at 2007年04月05日 16:32
今期最大の期待作!! このために生きてます(ぇ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【えたなるお??しゃんA’s】at 2007年04月05日 19:39
■第一話 空への翼 ストライカーズ一話見ましたよ。第二期をあまり知らないので認識不足なのかもしれないけど…。 もうこれ魔法少女じゃないよね(笑) 少女なんて出てないし。タイトルだけ? なのはやフェイトはも??
魔法少女リリカルなのはStrikerS 1話【k+square】at 2007年04月05日 21:29
第1話 「空への翼」 「魔法少女リリカルなのは」「魔法少女リリカルなのはA's」から、時が経つ…。 高町なのはが…19歳になりました! くそ!CDが欲しくて…聞きたくなってくるぜ! ここから始まる…。 小さい頃??
魔法少女リリカルなのはStrikerS【デバイス!マキシマム ブログ】at 2007年04月05日 22:07
どぉ〜もぉ〜さっきまで歌ってましたwwなにを??ん〜極上生徒会ベストアルバム!!ちょっと古かったですね((大汗奏会長歌わなくていいよ〜〜香ちゃんいいぞ〜〜〜〜〜アユアユ最古だぁ〜〜〜〜〜〜どうもお晩です管理人ホシノールリ参上だす!! 眩しい朝日で目...
感想書いたよ!フェイト最高!【★桜梅忍軍直系桜梅組★】at 2007年04月06日 00:29
いよっ!待ってました!!(゚∀゚ ) 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 そうよ! 私はこれを待っていたのよ!!
魔法少女リリカルなのはStrikerS第01話「空への翼」【LIV-徒然なるままに】at 2007年04月06日 01:03
いよいよ始まりました『魔法少女リリカルなのはStrikerS』です。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【白詰草のしおり】at 2007年04月06日 01:19
春の新番組攻勢の五番目は「魔法少女リリカルなのはStrikerS」です。 たぶん、今期一番の話題&期待作でしょう その期待通りの出来で満足ですよ〜 あと確実に気のせいではないけど、あんまり待たされた感覚はないな(笑) まずはOPからです。 曲の....
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 『空への翼』【よせあつめ離島】at 2007年04月06日 01:46
今期期待度ナンバーワン作品視聴出来ました。 結局、テレ玉での視聴を選択しましたですよ。 ぶっちゃけ、これは凄いですね。 待たされただけのことはあるシナリオです。 あ、ただし、作画に厳しい方は…難があるかも知れない…ですね。 顔のデッサンが微妙に狂っている事が...
リリカルなのはStrikerS 第1話 観ました【「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋】at 2007年04月06日 02:38
どうみても今期No.1です。本当に(ry 主要メンバーの年齢が変ってしまうことが少し心配だったんですが、予想してたよりも全然面白かったと思います。 OP&EDは言うまでもなく完璧、バトルシーンには相変わらず迫力がありましたし、初回としての掴みも上手く取れていたと思....
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜】at 2007年04月06日 03:13
{{{ 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話『空への翼』 }}} {{{: 4年前、空港火災がありました。 そこに取り残された少女が1人… [[attached(1,align)]] '''©なのはStrikerS PROJECT''' その少女を助けるなのは、、、 そ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話『空への翼』【ゴン太の毎日アニメ日和】at 2007年04月06日 04:49
魔法少女リリカルなのはA’s サウンドステージ 03ドラマ発売日:2006-03-08価格リリカルなのはA's14話 いろんなキャラの総まとめ。 アニメ最終13話から3ヶ月弱で出るサウンドステージ03。 ……そして14話の舞台は同じく最終13話のクリスマスから3ヵ月後の翌年4月。 最....
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」ファーストインプレッション【ここには全てがあり、おそらく何もない】at 2007年04月06日 05:24
魔法少女リリカルなのはStrikerS 公式ホームページ やっと放送されました本作。 他の地域の皆さんから、随分遅れての放送となり、かなり落ち着かない毎日でした。 で、今やっと観た印象ですが、一番は、なのはの成長ですかね。 フェイトやはやては、事実上、彼女たち本人...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【パプリカさん家のアニメ亭】at 2007年04月06日 06:20
今期個人的大本命!魔砲魔法少女リリカルなのはStrikerSがついに月曜日からスタートしました! 前作、前々作ではその作りこまれた世界観、キャラクター達、(個人的に一番好きな)デバイスたちの個性、音楽(OP、EDはむ мс
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 「空への翼」観賞〜^^【まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜】at 2007年04月06日 08:38
ここんとこ忙しかったけど感想だけでも書くようにしときます。 なのはさん最強すぎ! 言ってみれば下馬評通りロリなのはさんはここには存在しない、 がしかし!貫禄ありすぎの最強! しかしそこら辺はゆかりん演技力??pc/pi@
なのはSS1話〜あくまで魔法 少 女 〜【音ゲー・アニメ至高主義】at 2007年04月06日 11:49
★感想・第1話 新感覚SF魔法少女!
【新】魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【テトレト空想我学】at 2007年04月06日 14:26
魔法少女リリカルなのは StrikerS  4怊1
[〜FWR〜]魔法少女 リリカルなのは StrikerS 4月06日付 第1回「空への翼」【The 23rd Legion Daily Report/第23軍日常報告】at 2007年04月06日 16:28
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」新番組第11弾
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【恋華(れんか)】at 2007年04月06日 16:40
「空への翼」 新アニメ第13弾。この作品については、前作も感想を書いていたし、有
魔法少女リリカルなのはStrikesS・第1話【たこの感想文】at 2007年04月06日 19:09
 前作は、最後まで観ていないんですけど、なのは、大人になったのね。  とりあえず、Aパートだけ観ました。  テレ玉、映り悪いよテレ玉。  東京MXでも放送するみたいなので、そっちで視聴しましょかね。  他局よ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話感想【少年カルコグラフィー】at 2007年04月06日 19:18
いよいよ、待望の新シリーズ始まりました。この日を、本当に楽しみにしていました。まだ、始まったばかりという事で、数話は新キャラ紹介に使われると思いますが・・・かなり新キャラも多いので、少々お時間がかかりそう・・・。まずは、今回は「スバル」がメインの話でし...
魔法少女リリカルなのはStrikerS第01話「空への翼」【Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌)】at 2007年04月06日 19:24
「空への翼」(公式サイト) なのはさん、始まったな。 OP/EDはなのはシリーズお馴染みの水樹奈々さん/田村ゆかりさん。 どっちもいい曲ですけど、A'sや無印と比べると劣るなぁ。映像も。 うーん、本作の主役はなのはというよりは、新キャラのスバル・ナカジマ(@斉藤千...
[新]魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話【布達の橋】at 2007年04月06日 19:30
ついに来ました春の新番! やってきました「魔法少女」!! ……と、言って見たものの、なのは達もう大人です(汗) しかも、You tubeで第一期見ておこうとか言いながら 結局第4話という中途半端なとこまでしか見てい
魔法少女リリカルなのはStrikerS「空への翼」 【暴走モードと百合の花:暴走日記】at 2007年04月06日 20:34
    大人になっちまったぜなのは〜(泣)  なのはに救われたスバル(千和)がなのはに憧れて、魔導師  を目指そうって話なのかしらん?(すでに魔導師じゃん?)    1話じゃスバルとティアナがCからBランクへの昇格試験  ってこってスバルとティ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【ミルクレモンティー】at 2007年04月06日 21:25
前作と同一世界での10年後?を舞台にしたスター・システム(本来の意味と違うが) 前二作からメインヒロインが変更されたと思うほうが良いのか、後輩たちを描きながらもメインヒロイン不変なのか、いまのところ判断が出??
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【Cross Channel】at 2007年04月06日 21:32
◆サンテレビ 火曜26:00 4/3放送 /◆キッズステーション土曜13:30 4/14放映  第1話「空への翼」  実はあんまり期待してなかったので、思いの他良かったです。  
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【あにたむ素兎亭・新館】at 2007年04月06日 21:48
蓮 相変わらずシナリオの弱さばかりが目立ちます。 スバル、ティアナはそれぞれ解り合っている様ですが、肝心の視聴者側この二人の決意と覚悟が知らされていないので、どんなに頑張っても空回り。 落ちたら半年後、と言っていましたが、その程度だったらまた...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【バラックあにめ日記】at 2007年04月06日 22:59
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」 大人気なのはの第3期がスタート!今季注目のアニメです Veoh版 ↓にすべてのバージョンあります
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【youtubeテレビアニメ無料動画】at 2007年04月06日 23:59
スバル・ナカジマ 泣いてるだけなのも、何もできないのも、もう嫌だって。強くなるんだ、って。 高町 なのは(なのはさん) また逢えてうれしいよ。 A's終了から1年と3ヶ最2 httI
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 空への翼【礎 -ishizue-】at 2007年04月07日 00:19
待ちに待ったなのは。 何故、うちの視聴環境はチバテレビじゃないんだろう・・・。 OPは相変わらず良い。 そのOPで、なのは達みんなが成長してる中、ヴィータが子供のまま変わってないの姿になぜか安心してしまう一rpc/pi@
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」 感想【たまにもゆる】at 2007年04月07日 01:11
4年前、空港火災から助けられた一人の女の子は 自分の弱さと向き合い、 そして一人の魔法少女に憧れました。 ん、4年前・・・ 15歳? ま、まだ少女だわな。 まだ、ね。まだ。てかギリ?ギリアウト?  そりゃボキにいわせりゃ大アウトです....
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【ナナメから見てみる】at 2007年04月07日 01:32
さてさて待ちに待ったリリカルなのはの3期がスタート。 実は先日行われたリリカルパーティ3で先に先行公開で見ていたので再度の視聴となりました。 全体的なあらすじはこちらパラライズ日記さんの第1話にて解説されておりますので、私の方で感じた感想でも。 まずは全....
魔法少女リリカルなのは第1話感想【毎日が日々批評】at 2007年04月07日 01:56
 さてさて始まりましたなのはの新作でございます。色々と不安要素はございますが、とにかくその世界に再び出会えた事の悦びを再び噛みしめている次第であります。  …っていうか、ラスト付近(なのはとスバルの邂逅)でマジ熱いものがこみ上げてきたんですけど!?おっかし...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話・「空への翼」を見て寸評【サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改】at 2007年04月07日 08:22
2007年4月期の第1弾は 熱血魔砲少女の第3期。 その前に、このブログの アニメ感想のスタンスについて簡単に説明しておきます。 このブログ「月の魔法」はアニメ感想に関して 3ない感想 を基本姿勢としています ??
全力で 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【月の魔法】at 2007年04月07日 12:31
魔法少女リリカルなのはStrikerS第一話、空への翼の感想ですー。第一話との事でかなり気合入ってますww
魔法少女リリカルなのはStrikerS「第一話」空への翼【キャプ感想】【僕の船はシップスクラーク】at 2007年04月07日 13:18
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」第1話です。 さぁ・・待ちに待ったこの瞬間。 必ずこの瞬間がやってくると信じて祈り続けた日々は 決して無駄ではなかったと改めて その喜びを噛み締めております。 お話はやや昔のシーンから始まります。 「0071年 4月29日 ...
[魔法少女リリカルなのはStrikerS]第1話 空への翼【もえろぐ】at 2007年04月07日 13:57
今期大本命の貫禄見せつけ杉!! やっぱなのは最高。 視聴テンションを一気に限界MAXまで引き上げてくれた1話のつかみは完璧でしょ! 「うおおおおぉぉぉおおおッ!うぃああああぁぁぁああああッ!!」 ここはマ
魔法少女リリカルなのはStrikerS #01「空への翼」【アニよりすぐれた弟なぞ存在しねえ!】at 2007年04月07日 14:08
いよいよ始まりました! 今期一番の注目作。 では簡単なあらすじなど 空港火災に巻き込まれた少女。 その少女を助けたのは時空管理局の魔道師、成長したなのはだった。 その姿を見て少女スバルは憧れをいだくのだった。 それから数年後、スバルは陸...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【たむ〜(仮)の駄目駄目な日々】at 2007年04月07日 14:47
前作、前々作は、視聴していません。茶髪で、ツインテールの高町なのは。第一回は、スバル・ナカジマやティアナ・ランスターに押されて、あまり出番がありませんでしたね。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」 【ゼロから】at 2007年04月07日 14:52
ただただ新キャラ紹介だった。 これまでのシリーズを観てない人にもそれなりに観れるものだったとは思うけどあんまり新しく観る人にとってはそんなにフックのあるものではなかった気もする。 新しい視聴者を開拓する????
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」1話 空への翼【蒼碧白闇】at 2007年04月07日 15:37
 成長して時空管理局の第一線で活躍するなのは達。今回のシリーズではメインをはるの
魔法少女リリカルなのはStrikesS 第一話【ぶろーくん・こんぱす】at 2007年04月07日 15:52
航港火災現場でなのはに命を助けられたスバル・ナカジマ その日からなのはを目指し時空管理局に入っていた 今日は魔道師ランクの昇格試験。ティアナ・ランスターと共に挑む事に 途中アクシデントがあるも無事に合格を果たす なのはシリーズ3本目 まさかここまで続くシリーズ...
魔法少女リリカルなのは StrikerS 【第1話】「空への翼」【フカヒレ家】at 2007年04月07日 16:07
いよいよ、放送が開始され第2クール(全26話)でのシリーズ。今回もOPは水樹奈々、EDは田村ゆかりが曲を演出。また素晴らしい曲に仕上がっています。明日、携帯サイト(アニメロ・ミックス)で水樹奈々最新シングルの先行着うたが配信予定となっています。詳細は、...
魔法少女リリカルなのはStrikerS『空への翼』 感想【今、私たちにできる事とは… 】at 2007年04月07日 21:11
ついについについに! 始まりました「魔法少女リリカルなのはStrikerS」でありますよ! こいつはもう……涙なしでは見られないほどに嬉しい!! さて、前作までの主要キャラはしっかり成長しての登場となりまして、賛否両論あったようですが、なんつーか
魔法少女リリカルなのはStrikerS  いや……もう……【試験的日記だぜよ】at 2007年04月07日 22:13
今期始まったアニメの感想第9弾が 「魔法少女リリカルなのはStrikerS」です。
魔法少女リリカルなのはStrikerS/1話 空への翼【てけと〜な日記】at 2007年04月07日 22:30
アニメ感想 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」 <あらすじ(公式HPより抜粋)> 空港火災の現場…命の危険にさらされたスバルは、純白の衣装に身を包んだ、時空管理局の魔導師だった。我が身を省みず災害や
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【刹那的虹色世界】at 2007年04月07日 23:19
遂に始まったなのは第3期を視聴してまず思ったことは、現時点で個人的には今期視聴した作品の中で一番面白い作品と思ったことでしょうか。 某人気作品とは違って良い意味で外連味が強くなくて反発を覚えることなく、だかむpY
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」 感想 投稿者:クロのシエル【萌えと燃えの日記。】at 2007年04月07日 23:20
今期期待度ナンバーワン作品視聴出来ました。 結局、テレ玉での視聴を選択しましたですよ。 ぶっちゃけ、これは凄いですね。 待たされただけのことはあるシナリオです。 あ、ただし、作画に厳しい方は…難があるかも知れない…ですね。 顔のデッサンが微妙に狂っている事が...
リリカルなのはStrikerS 第1話 観ました【「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋】at 2007年04月07日 23:42
いよいよ、放送が開始され第2クール(全26話)でのシリーズ。今回もOPは水樹奈々、EDは田村ゆかりが曲を演出。また素晴らしい曲に仕上がっています。明日、携帯サイト(アニメロ・ミックス)で水樹奈々最新シングルの先行着うたが配信予定となっています。詳細は、...
魔法少女リリカルなのはStrikerS『空への翼』 感想【今、私たちにできる事とは… 】at 2007年04月08日 20:25
 ちょっと新作アニメが多すぎて、食傷気味のちゃむりです。 2ちゃんのアニメ板では、なのはスレの消費ペースがかなり異常で、人気ぶりがわかったので見てみました。
魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話の感想??もしかしてすごい大人気なのですか?【ちゃむりの感じたこと♪】at 2007年04月08日 20:38
19歳?そんなの認めない! ニコニコで先に観たので感想書きます。 ちなみにA'sは途中までしか観てませんorz キャプ画の画質粗いですすみません;
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」 感想【テケトケ日記。】at 2007年04月08日 20:55
・OP 燃えと萌えを兼ね備えたやつ。噂どおりの完璧な出来。 ただ、一つ気になったのはユーノ・アルフがいなかったことかな。 ま、別にいなくてもいいんですけどね(笑) 曲は意外とマッチしていて良かった。ラジオよりは??rpc/pi@
なのはS第01話「空への翼」※初回なので長めです。【StrikerS応援記】at 2007年04月08日 21:12
さぁて、8回目の観賞も終わったし、本編の記事を書きますかね…w
なのはSS 第1話「空への翼」【神音の萌え源泉】at 2007年04月08日 21:20
今期、期待度No.1で、満を持して視聴。 放映最遅のTVKで視聴なのが・・・な感じですが、ガッツリいきたいと思います。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【蒼天にかかる橋】at 2007年04月08日 21:57
見ました. 事前に情報は全く集めていなかったので,結構未来の話になっていてびっくりです.
なのはStrikerS 第01話 空への翼【suzutake-blog】at 2007年04月08日 22:07
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」 今季最大の注目の超人気シリーズ、いよいよ始まるよ??(*>ω<)ノOPだけ先に観ていましたが、やっぱりカッコイイ! 時代は「A's」のエピローグの頃。 空港が大火災に見舞われます。そこには、逃げ遅れた1人の少女...
魔法少女、育ててます【いけやんのお部屋なの??♪(^▽^)】at 2007年04月08日 23:00
『<a href="http://www
空への翼  Aパート【詩稀村通信】at 2007年04月09日 15:18
『<a href="http://www
空への翼  Bパート【詩稀村通信】at 2007年04月09日 15:18
『魔法少女リリカルなのはStrikerS』第1話【空への翼】  さて、いよいよ始まりました第3期シリーズ。  ちょっと大人になったなのはたち。少女なのかはさておき、待ってました新シリーズ!  もうね、OPから格好いい。  なんだろうね。  こ....
空への翼【詩稀の記録書庫】at 2007年04月09日 16:23
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話の感想
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【天使は瞳を閉じて】at 2007年04月09日 23:39
この作品が終わったら、俺引退するんだ。 いや、冗談ですが‥‥‥そのくらいの気持ちで応援しようかなと思って(`・ω・´)
【キャプ感想】 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 「空への翼」【魔法先生リリカル☆ハギま!】at 2007年04月10日 17:08
おそらく今期最大の話題作 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話感想です!! 魔法少女リリカルなのはA’s 高町なのは (1/8スケールPVC塗装済み完成品) (2006/12/15)グッドスマイルカンパニー この商品の詳細を見る
魔法少女リリカルなのはStrikerS #1【RAY=OUT】at 2007年04月10日 18:59
音沙汰無くなってましたが、ちゃんと生きてますよー。 ここ一週間ほどオフに行ったり実家へ帰ったりしてました。 オフの成績は、 つのおふ:6勝7敗 使用ポケモン:レアコイル、オオスバメ、ラティアス、ギャラドス??pc/pi@
第一話『空への翼』観ました〜【雑草記・赤版】at 2007年04月10日 23:50
ついに始まりました第三期! 大分出遅れてしまいましたが第1話感想です。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」 感想【三毛猫のつぶやき】at 2007年04月11日 01:29
今回は「航空火災」にさりげなく後々効いてきそうな伏線を張りつつ、スバルお嬢さんとティアナさんの機動六課への配属、ラッキースケベと天然さんのチビッコカップルの登場で、なのはさん側のメンバーは揃った感じです。  
ここから何かが始まる、そんな気がする。 魔法少女なのはStrikerS 第2話感想 〜機動六課〜【日がな一日ラらラら日記】at 2007年04月11日 06:47
「ずっと俺のターン!」 「セイッ!!」 久々に長い感想記事を真面目に作成してみたわけだが、もう懲り懲り(ぇ ブランクが長かったせいか中身は微妙だし、おかげ様で時間かかりすぎというか・・・・・かかりまくっ??i@
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 闇ノ空への翼【宇宙魔王の秘密基地】at 2007年04月13日 11:00
[とある火災事故で、なのはに救助された少女・すばるは、なのはに憧れ、なのはのような時空管理局の局員になることを目指していた。そして訓練校での友達・ティアナとともに、昇級試験を受けるところまでやってきた。試験彀@
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話【ルナティック・ムーン】at 2007年04月13日 19:51
07年度4月新アニメで… 最も注目のアニメですね♪ (´▽`*)
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第01話 「空への翼」【翡翠の颯颯と旋律を奏でる世界観】at 2007年04月14日 00:23
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」の第1話を見ました。 <感想> でっかいフェイトちゃんなんてフェイトちゃんじゃねぇ・・・ 全てはこの一言に尽きます。金髪ツインテール幼女からただの金髪少女になったのはどう見ても失敗だろ。まあフェイトちゃんらしさは失....
リインフォースII可愛すぎだろ【じろグ!】at 2007年04月14日 13:52
未だに各キャラのフルネームとデバイスの名称を覚えていない程の者がツラツラと感想を綴ります。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話 「空への翼」【アニメの魂100まで】at 2007年04月15日 19:16
なのはが生放送で見られるのは嬉しいですが…地上波から 2 話遅れは痛い (涙) というわけで、2007 年度 4 本目の感想記事です。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第 1 話【圭佑の気まぐれ日記】at 2007年04月16日 21:35
ティアナ・ランスターさん初描き そして今更ですがリリカルなのはカウンターのペー...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 1話「空への翼」(レビュー)【SnowClover】at 2007年04月19日 03:12
先週の土曜日にCSのファミリー劇場で視聴しました。昨日が2話だから1周遅れなの?なの
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」【White wing】at 2007年04月22日 22:15
火事の回想。子供が逃げ遅れる。立派に成長してロリじゃなくなったナノハさんが助ける。ていうかもう、魔法少女って年じゃないだろう。魔女って呼ぶべきだよね。それが新キャラのス...
◎魔法少女リリカルなのはStrikerS第1話「空へ...【ぺろぺろキャンディー】at 2012年05月17日 20:40
この記事へのコメント
個人的にはかなり面白くて良かったです。
2クールなのが少し不安ですけど・・・
管理人さんの考察と感想楽しみにしてます。
Posted by イカヤキ at 2007年04月04日 03:47
>イカヤキさん
感想&考察完成しました。

本当に面白かったですよね。
2クールは、作画面は確かに心配かもしれませんが、ストーリーは大丈夫だと思いますよ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 06:57
『熱い展開に燃えました!』

「なのは」専門家様の記事を、次回も楽しみにしております。
今後とも、引き続きヨロシクお願い致します。
ではでは〜
Posted by 草刈鷲士 at 2007年04月04日 07:19
ギンガのOP出演は熱血路線の定番からするとアノ展開なのかな〜
Posted by 焙煎 at 2007年04月04日 07:30
>草刈鷲士さん
いきなりの熱い展開、凄かったですよね。
とりあえず少しあった不安も吹き飛びましたよ。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いしますね。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 07:32
>焙煎さん
>ギンガのOP出演
公式の扱いみても、機動六課以外なのに結構重要そうですからね。
ギン姉の持ってる左のリボルバーナックルがどうなるか楽しみ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 07:33
・・・・我慢しきれず考察感想見ちゃいました(爆

ああ、金曜の深夜までお預け蛇の生殺し状態、
絶えられずにYouTube見ちゃうかも・・・・我慢我慢

実は私も魔法とか大好きなので、考察等参加したいなぁ〜
とか思ってます。

これから半年間リリカルなのはを大いに盛り上げましょうw
Posted by ony at 2007年04月04日 09:49
ついに始まりましたね
首を長くして待っていたため戻らなくなって大変ですよ
でわ私もキャラ別に便乗させてただきます

>OP
これ本当になのは主人公なんだろうか?
第1印象がこれでした
今期で始めてみた人はスバル主人公と思うでしょうね(笑)
新キャラは「Fate/stay night」にでてくるライダーがロリキャラ化したかと思いました(笑)
足ものと魔方陣ともども出てこないことにはなんともいえませんね

Posted by さとる0852 at 2007年04月04日 10:19
>なのは
最初女神像ディバインバスターでふっとばすと思った私は毒されてます
登場とともになつかしのBGMがかかったのは感動しました
個人的になのは出一番好きな曲でまた聞けたのが一番大きかったですねー(でも曲名は覚えていない)
ところでシューティングモードが若干変わってる気がしたんですが気のせいでしょうか?
そして妙に貫禄のある存在感
人は変わっていくのですね・・・・・・・・・・・・・・
アクティブガードは反動で勢いを相殺したのではないでしょうか?
スバルを呼び捨てにしてたのは印象的ですねー
リィンは例外にしても他人を呼び捨てにしたのは初めてなのでは?
Posted by さとる0852 at 2007年04月04日 10:20
>フェイト/はやて
悪役っぽいなー
ヘリの操縦者はヴァイスだとおもいます
ということはあのへりがJF704式なんでしょうかね?
バルディッシュに関しては若干改造したのかなとか思ったりしています

>リィン
今回裏方としてなのは以上に活躍してた気もするちびっ子
ゆかなさんの声は違和感は感じませんでしたけどテッサ(フルメタルパニック)に聞こえてしょうがなかったです(笑)
スバルとティアに怒ってたのは背伸びしたいお年頃なんじゃないかと(笑)
Posted by さとる0852 at 2007年04月04日 10:20

>スバル
見てて何度突っ込んだことか・・・・・・・・・・
ブロウクンマグナムとかラディカル・グッド・スピードとかリボルピングステークとか・・・・・・・
いや、設定的にではなくて演出的に(笑)
まあみてて動きがあってかなりよかったですねー
射撃や砲撃に関してはシグナムも似たようなこと結構やってたのであまり違和感はなかったりします
ウイングロードはともかく他のは射程それほど長いわけではなさそうですし
ミッドを使わない理由はおそらく併用が面倒というのが大きいんじゃないですかね
A’sSS03でミッドとベルカの併用は珍しく杖壊しまくってるとか言ってましたし
Posted by さとる0852 at 2007年04月04日 10:21
>ティア
声に関してはイメージどおりでしたね
幻術魔法ははじめて魔法少女らしい魔法だなとか思うこの作品って何なんでしょうね?(笑)
幻術魔法は便利そうな半面消耗も激しい感じもしたので使いどころが難しいのかも・・・・・・・・
ところでスバルともどもリィンの頭身が若干おかしいことには気づかなかったんでしょうか?

エンディングはいろんな意味で空気よんでますね
ある意味読んでないのかもという気もしますが(笑)

とりあえず第1話としては満足でした
ただ欲を言うなら何でユーノが出てこないのかと・・・・・・・・・・
いや、最初からわかってたことではあるんですけどね(笑)
やばい、長くなりすぎた(汗)
Posted by さとる0852 at 2007年04月04日 10:21
>onyさん
>我慢しきれず
まぁいいんじゃないですかね(笑)。
金曜深夜までお預けは辛そうですが・・・。
関西はA’sサンテレビの3日遅れが一番遅い記録でしたから。
ようつべは、黙ってこっそりなら・・・?

>考察等
私のレスも遅くなりがちですし(汗)、4日遅れとかの放送でも十分大丈夫ですよ。
お待ちしております。



>さとる0852さん
始まりましたね〜。
そしていきなり凄かったですね(笑)。

>これ本当になのは主人公
一応なのはで始まってますし。
まともに変身あったのもなのは(とフェイト)ですし(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 11:05
>ライダーがロリキャラ化
感想見てまわってると、他にもそういう印象は多いようで(笑)。
足元魔法陣は魔方陣と書いても目だった誤字とならないものが出てきましたという印象?(笑)
どんな魔法なのか楽しみです。

>女神像ディバインバスターでふっとばす
それ、きっと破片の雨あられでスバルが大変なことになりますから(笑)。
どのみちスバルに防御魔法が必要ですよ。

BGMは懐かしの曲、私もタイトルは忘れましたが嬉しかったです。
とくにリリパ会場では大音響なので余計に感動。

>アクティブガードは反動で勢いを相殺
どうなんでしょう。
反動付きだと逆に自分にまでダメージ行きそうな気もしたんですが、そのあたりはネットで、でしょうか。
このあたり、魔法辞典で詳しく使用目的まで解説してくれそうな気がします(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 11:15
>スバルを呼び捨て
他人の呼称関連はアキさんにお任せ(笑)。
それは冗談として、漫画版で他の人たちに対してどう言ってましたっけ。

>悪役っぽいなー
分かります(笑)。
ヘリは、あれが最新型ということなんですかね。
外装あたりに形式名でも書いてたら凄かったんですが。

>バルディッシュ
それも考えたんですが、スタンバイフォームまで変形する必要は何処に。

>ゆかなさんの声
私はあのラストの一瞬、一声で一気にちびリイン萌えになったもので、印象が強すぎたのですよ。
テッサは皆さん言われてるようですが、私はフルメタみてないので分かりません(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 11:19
>射撃や砲撃
シグナムは古代ベルカ式なので構わないのですが、スバルは近代ベルか式。
そして近代はエミュレーターで基本ミッド式ということで、ならエネルギーのみを飛ばす射撃や砲撃はミッドチルダ式の術式で組んだ方がいいのでは無いかと思ったので。
シグナムのもヴィータのも、基本的に核となる物体があって、そこに魔力を纏わせて飛ばすもの。
スバルは完全に魔力のみを放ってる感じでしたから。

まぁ逆に言えば近代ベルか式はミッド式の延長なので、そういう使用方法が出来ても不思議では無いのですけど。
二度手間ではという印象を受けました。

というかまぁ、実際のところエミュレーターの構造いまいち分からないんで(汗)、攻撃時の即時切替使用(エミュを使う/使わない)は大変なんですかね。
バリアジャケットみたいに常時展開なのは、魔力さえ出しておけばそれでよさそうですし。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 11:25
とりあえず、古代との併用であるはやての場合とはまたわけが違うと思います。

>幻術魔法ははじめて魔法少女らしい魔法
使用方法は全然魔法少女らしくないですけどね(笑)。
使い勝手は、使用者がほとんどいないなりの理由があると嬉いです。

>リィンの頭身
子供の頭身と気付いていても、30cmサイズとは思わなかったのでは。

>ユーノ
どこかで出てきて欲しいですよねぇ。


そして書き忘れ。

>シューティングモード
これは気のせいだと思います。
StrikerS-OPとA’s公式を比較しましたが同じでした。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 11:32
こんにちはhalogenさん
コメント&TB有難うございます
リンク大歓迎ですこちらこそお願い致します

文字お越し系や考察系が苦手な自分としてはお世話になりっぱなしだと思います
かと言って画像めったに貼らないのでダメダメですw

今回はOPナレーションが無かったのでオリジナルです(一部の台詞引用はご容赦)
スバルのキーワードは勇気だと思ってこの様に書いて見ました

(続きます)
Posted by 地蔵 at 2007年04月04日 12:34
今回は訓練を兼ねた昇進試験だった為に人格型デバイスの持ちこみはダメだったって事なのかなって思ってますがどんな声で話すのか楽しみです
幻術魔法は、なかなか面白いですね 諜報活動とかで複数を先行させ戻ってこさせ見てきた物を自分の知識になってな感じで使用できると話の幅が生まれそうです

性格がある程度見えてきたら感想だけでなく以前のブログで時々書いていたオリジナルネタもやりたいと思います(多すぎて見るのが精一杯かもw)
それでは失礼致します。
Posted by 地蔵 at 2007年04月04日 12:35
新年度、あけましておめでとーございまーす(ぉい)。この先身の振り方どーすべ…(ぇー)。
書いてない期間はもっと長いですが、まぁ、これこういうことで最低限ここでは復活しようと思います。

感慨はままありますが、書くのはいつもどおりですね。つらつらと(つまり長い)。

>OP
前作のノリっぷり・絵と音のシンクロで神が掛かっている印象が強かっただけに、それと比べると一歩劣る観が拭えないかも。
微細な一点一点にキレの不足を感じたり、キャラが多すぎて煩雑に思えたり。あと黒線が太すぎるか(無印最終話みたいな)。
曲調が前のようにぐいぐい力づくで引っ張ってくるものでないのでノリきれないのだとは思いますが、しかし一方で心底からふつふつと湧いてくるものがあるといいますか。
そのへん、名で体を表しているのやもしれません。
Posted by 藤(略式) at 2007年04月04日 12:36
>作画
安定、ですね。
贅沢いうならやはり最初はキャラデザ担当氏の作画監督が良かったんですが。今期は何回見れるんだろ。
重箱の隅を叩くようなタチとしては、毎度ながら中間距離くらいの視点になると細々と粗く感じるところがちらほら。
難しい距離なのかな。
服装の都合が大きそうですが、なのは(は以前から)とスバルは特に肩幅が狭すぎるように見えたり反対に女性キャラらしからぬゴツさだったりして困ります。

>スバル
後ろ回し蹴りで砲台ぶっ潰すカットと、バスターのスフィア展開の二つが格好ええですね。
良いキャプチャ絵があったら壁紙にでもしたいところで。
ローラーワークではスバル自身はただ立ってる感があったので、格闘だけでなくこちらも“動き”で見せて欲しいところ。
Posted by 藤 at 2007年04月04日 12:37
射撃魔法については、とりあえずバスターにおいては収束率の低いだだ漏らし的な、言い換えると散弾銃・ショットガン的に用いたものではないかと推測ちぅ。
貫通力・射程ともさほどでもなさそうな…(とりあえず)演出でしたし。
もともとディバインバスターはシンプルな魔法で、今日の性能はなのはの魔術師特性が多大に反映されていった結果ですから。
拡散しがちな魔力をその前に至近距離で余さず叩きつける、という用途があってもいいと思う。

さくらの波動拳がリュウとかと違って端まで届かなくてタメができるようなものです、たぶん。
単純に最低限以上の技量は持ち合わせてるのかもしれませんけど。

>ティア
双掌銃手、二代目。
先代がどうも役立たずという烙印を張られがちなため(ほかの連中が超一流すぎて活躍が出来なかったせい)ちと心配。
ていうか、やっぱり引っ張ってる引っ張ってるって言われるのか、今回の場合。
Posted by 藤 at 2007年04月04日 12:37
余談。
記事見てるとどうも『ベルカ式』が『ベルか式』になってるのがちらほらですね。
変換の添削にはご注意を。

さとるさん:
>最初女神像ディバインバスターでふっとばすと思った私は毒されてます
普通でしょ、それ。あの雰囲気だし。
いや、純粋に展開として“止める”のではなく“手早く破壊”という排除法をとるほうが普通っぽいというか。
なのはだから、ではなく熱血系アニメだから、というか、こういう場合お約束というか、予定調和というか………えぇと。
…………結局毒されてるのかしら〜?

まぁとにかく、ぶっ壊すという予想をするのはごくごく自然だと思います。

>ルーテシア
まぁ、あの容姿だと、ねぇ。どっかで見た容姿系そのに(そのいちはリインフォース・闇の書の意思ver)、と。
Posted by 藤 at 2007年04月04日 12:39
待ちに待ったパズライズさんの考察楽しく読ませてもらいました

個人的にはまだまだ出ていないキャラクターが多いのでただただ次の話が待ちきれません

それともし日曜日死んでなかったらイベントお邪魔させてもらうかもしれません、まぁ前日がてんやわんやなんで微妙ですが
Posted by オノッチ at 2007年04月04日 17:13
こんにちはー! いよいよ始まりましたね!
この日が来るのを、ずっとずっと待ちわびてましたし、待ちわびるアニメに出逢えた幸運と、スタッフの方々に感謝!

新OP、メチャカッコイイよかったです。歌詞を考えると、コレはスバルの歌なんでしょうかね? エンブレムから始まって、19歳になったなのはに繋がる演出は、ゾクッと来ました。終盤の新キャラ集団戦も◎w

本編は、第一話らしい第一話。
新キャラのお目見えなわけですが、スピード感溢れるアクションに、今後の展開を予感させます。なかでもやっぱり近接重視のスバルの動きが、目だっていた感じでした。
Posted by 天凪 at 2007年04月04日 21:32
キャラのセリフにも、何気に都築節が効いていて、安心できます。それにしてもスバルが『ディバインバスター』を使うとは、オドロキです。自分を助けてくれたなのはの、最も印象的な魔法……。憧れて、必死に練習して習得したことは間違いないと思うので、このアニメかコミックで、ディバインバスター習得の逸話をやって欲しいなと思います。

なにはともあれ、あっという間の30分。
期待通りの面白さで、にやにやが止まりませんw

今後もちょくちょく書き込みするかと思いますので、よろしくお付き合い下さい。

ではではw
Posted by 天凪 at 2007年04月04日 21:37
PS

4月8日のなのフェス2には参加なさるのでしょうか?
実は自分、今回はリベンジも兼ねてサークル参加だったりします(笑)。ちなみに売り手側でのイベント参加は、これが初めて。まさか自分がサークル参加する日が来るなんて――おそるべし、なのは熱!

参加されているのでしたら、ご挨拶に行きます。
Posted by 天凪 at 2007年04月04日 21:40
halogenさんの考察、感想、さすが読み応えがありおもしろいです。
今シリーズは長丁場なのでどのように物語が展開していくか、わくわくします。今までのなのはにできなかった時間をかけてのキャラクターの掘り下げが楽しみですね。
しかしそれにしてもリボルバーナックルはなんと素敵なことでしょう! すばらしいです!
Posted by 石田麦 at 2007年04月04日 22:17
>地蔵さん
コメントありがとうございます。
リンクの件はどうもありがとうございました。
こちらも全然問題ありません。

>文字お越し系や考察系
私はそれしか出来ない人間なんで(笑)。
画像はそういう環境にないんですよねぇ。

>OPナレーション
A’sの時も1話はなかったので、2話以降が楽しみですね。
これがあってこそのなのはですし。

>人格型デバイスの持ちこみ
持ち込みは全然問題ないというか、むしろインテリジェントデバイスの場合デバイスとの連携がアピールポイントでは無いかと。
今回は単純に非思考型のデバイスだっただけです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 22:44
声はスバルの自作ローラーがマッハキャリバーに、ティアナのアンカーガンがクロスミラージュに変わってからですね。

>見てきた物を自分の知識
やっぱりなのはのサーチャー的な使い方も出来るんですかね。

ネタ系感想は大好きなので楽しみにしています(笑)。



>藤さん
あけましておめでとうございます(笑)。

>比べると一歩劣る
オープニングの印象は人それぞれ見たいですね。
第1期が一番好きという方が多い気がしますが、それぞれに良さがありますし私にはとても比べられませんよ。
どれが一番好きかといわれれば、現時点では私はStrikerSですね。

>キャラが多すぎ
A’sでもそれなりに多かったと思います。
今回守護騎士はほとんど出てきてませんから。
逆に第1期はサブキャラ達も多かったですし。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 22:46
>最初はキャラデザ担当氏の作画監督
今回は版権イラストがいつも以上に多そうで、それどころではなかったのではないかと。
まぁ販促用版権イラストに終われて本編が疎かになるのも本末転倒かもしれませんが。

>服装の都合
なのはのタイプのバリアジャケットは、かなり書くのが難しそうです。
服の構造的にはごつさが見えるくらいが正解じゃないかとも思いますけど、どうなんですかね。

>スバル自身はただ立ってる感
これは確かに感じました。
作画を少しでも楽にするため、なんてことではないとは思いますが(笑)。
ただこれを工夫しろといわれても、さてどうしたものか。

>貫通力・射程
ビルを打ち抜いたところで終わってましたし、中距離も持つかどうかでしょうね。
貫通力は何ともですが、あるならばバリア越しに撃ってますか。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 22:52
ただ、ディバインバスターといいながらなのはのとは全然違うのでは無いかと思うのですよ。
まず術式が違いますし、なのはに教えてもらったわけでもないでしょうし。
だからなのはのディバインバスターとの比較は全くの無意味では無いかと私は思います。

>『ベルカ式』が『ベルか式』
今回も1個ありましたね(汗)。
どうも近代ベルカ式と打った場合によろしくない変換が起こりがちなようです。


>普通でしょ、それ。あの雰囲気
普通なんですか・・・。
私は魔法陣があの出方をした時点で、バスターは無いと思いました。
なのはの攻撃系は魔法陣使ったところで足元設置型ですし。

>ぶっ壊す
でもぶっ壊した後のことを考えないと大変なことに(笑)。
流石に完全蒸発は無理でしょうし。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 22:55
>オノッチさん
>まだまだ出ていないキャラクター
主要新キャラの残り2人、キャロとエリオは次回登場のようですよ。
他にも漫画版を見る限り魅力的なサブキャラも多いですし、全員集合が楽しみですよね。

>日曜日
お待ちしておりますので、是非お越し下さいませ。



>天凪さん
ついに始まりましたね。
A’s最終回から15か月、終わってみればA’sがまだ昨日のことのようでしょうか。

>コレはスバルの歌
水樹さんのコメントでは、今回はスバルとティアナをイメージして書いたそうです。
1番がスバルで2番がティアナという感じですかね。

>エンブレムから始まって、19歳になったなのはに繋がる演出
時空管理局のエンブレムから入るのが素晴らしいですよね。
本当に、リリパの会場でこれを見たときにはふるえましたから。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 23:07
>新キャラ集団戦
是非本編でもこのくらいの連携戦闘を見せてもらいたいですよね。
メンバーも増えたことですし。

>スピード感溢れるアクション
流石第1話は作画のキレが絶好調で、派手なアクションでしたね。
やっぱり近接系は映えるようで。
もっとも、私は遠距離の方が好きですが(笑)。

>憧れて、必死に練習して習得した
術式やそもそもの性質など決してなのはのと同じでは無いと思いますが、スバルの特性的に苦手であろう大威力砲撃型を習得しようと頑張った努力には凄い物がありそうですねぇ。
本当に漫画版であるかもしれませんよ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 23:12
>なのフェス2
もちろん参加予定で、ようやく発行物の目処が立ったのでブログの方と本サイトの方に詳細をアップ予定です。
とりあえずスペースはE−20。
是非お会いいたしましょう。

しかし、まさかサークル参加だったとは思いませんでした(笑)。
一度サークル参加してしまうと、その楽しさが忘れられなくなること請け合いです。
私は準備期間は色々挨拶回りに出てることが多いかもしれませんが、場所が分かればこちらから伺わせていただきますよ。



>石田麦さん
>長丁場
単純に考えて第1期+A’sの分量ですからね。
なのはを2クールで作るとどうなるのか楽しみです。

>リボルバーナックル
やけにリボルバーナックル気に入られてますね(笑)。
これはギン姉の左手にも早く登場してもらわないと。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月04日 23:16
リリカルなのはStrikerS、放送スタートしましたね。

実は、昨年までオーストラリア留学で一年間
ブリスベン市内で、ホームステイ留学を
していました。

本当に一年留学を延長しないで、良かったなと
実感しているところです。

さて、リインフォースII、大変かわいらしいなぁ・・・。
 (はやて風で)

2クールは、放送上ストーリーもかなりややこしく
なるのではないでしょうか?

でも、毎回の原画の美しさには感動しています。


唯一の放送だった、サンテレビが放送権を獲得
できないので、CSのみの選択となってしまい
ましたが、なんとかYoutubeで最新作が
見れたのでホッとしています。

明日か明後日には、感想を書き終えたいと思って
います。

約半年間、宜しくお願いします。




Posted by わっかー at 2007年04月04日 23:30
 ご無沙汰しております。

 当方もなのはSS見ました。第1話なのを差し引いても、濃厚な展開にすっかり引き込まれてしまいました。隅から隅まで自家薬籠中のものとしていますね。作っている側が、この世界観にいかに自信を持っているかがよく分かります。

 前作・前々作とあまり見られなかったので、魔法をめぐるテクノロジー(←もうこの時点で並みの魔法少女モノをはるかに凌駕しているわけですが)関係の細かいことはよく分からないのですが、halogenさんの記事を読みながら、またゆっくり勉強していこうかと思います。

 そう言えば関西では三作とも放送局が違うんですよね(笑)。テレビ大阪→サンテレビ→KBS京都ですから。関西だけ「毎度おなじみ流浪の番組リリカルなのはでございます」と前置きしないと?(←マテ)
Posted by あたしか at 2007年04月05日 00:08
コメント and 考察お疲れ様です。
てか、見に来た時にはTB・コメントともすごいことになってますね。

それでは感想を

>あのディバインバスターは、やっぱり殺傷設定なんでしょうね。
ファイアリングロック解除がそういう意味なんでしょうね。

>個人的にはレストリクトロックだと嬉しいです
自分も、見た瞬間にレストリクトロックだと思いました。空間固定ですからね。


>やっぱりゆかなさんに声優が代わった違和感はまだ拭えなかったですね・・・
自分は、A'sラストのリィンがおとなしいイメージだったので、今の性格のリィンだと声を代えてよかったのかなと
思っていますけど。
Posted by 真一 at 2007年04月05日 01:46
>ディバインバスターを真似しようとした
助けられた時に使っていた魔法を覚えていたということですか。
ただ、ディバインバスター自体は汎用性の高くて魔法学校などで普通に教えられている術式なのかなと思いました。
(無印の時には、RHにあらかじめ登録されていたものと仮定してですが。)

ところで、スバルがディバインバスターを使えるということは、エリオもプラズマランサー(or フォトンランサー)が
使えるかも?

>ティアナの次にギンガが来たのには驚いてしまいました
確かに。でもOPに出てくるということは結構出番が多いのか、後半機動6課に出向するのか。

>それは冗談として、漫画版で他の人たちに対してどう言ってましたっけ
アルトは呼び捨てでしたよね。

読みながら順番に書いていったら、まとまりがないというかなんというか。
Posted by 真一 at 2007年04月05日 01:47
最後に、ひとつ。
「空港火災のシーンは、OP前に持ってきてほしかった」
いや、けっこういい感じがするんですよね。全部スバルのモノローグだし、決意のセリフからOPが流れたら
かなりいいんじゃないかと。
でも、昇格試験の冒頭までモノローグが続いているしDVDだけアバンタイトルにするっていうのは無理そうかな。
Posted by 真一 at 2007年04月05日 01:48
第3期放送開始、おめでとうございます(ノ_<。)
実は自宅千葉での放送日に大学の旅行に行っていて、帰ってきたら録画失敗してました(泣) うちのPC、エラー多過ぎです(∋_∈)
旅行先は同じ県内で、周りが酔い潰れてる中1人でなのはを見ようとしたのに、なぜかチバテレビが映らず。これはDVDを買うまでお預けか。この記事も今はまだ読んでいません。
ちなみに旅行では海鳴スパラクーアみたいなとこに行きました。
Posted by ころりん at 2007年04月05日 02:24
でーおーくーれーたー!
折角チバが映るのに、ようやく観れました第1話「空への翼」。
いやぁ素晴らしい。素晴らしすぎる。
とはいえ4月から何かと忙しくなりそうなので、当面考察は全体・キャラ方面優先で。

OPは後でじっくりということで、本編から。
感想としては、派手なアクションシーン、スバルの決意等色々あるものの、起承転結がはっきりしているとも思いました。
スバルがなのはと出会い、再開するまでのプロセスを凝縮しているというか。
冒頭、火災のシーンでなのはに助けられて空へ――「空への翼」の一つにして、スバルが決意する場面。
前半、秘めたる決意を胸に、管理局の試験に挑戦。
後半、スバルを助けたティアナが負傷し、合格が危ぶまれる……ここでティアナによって提示された選択こそが、
スバルにとって本当の試験だったのではないかなと思います。
Posted by アキ at 2007年04月05日 17:08
誰かに守られるだけの弱さが嫌で、強くなりたくて局員になったのだから、ティアナに守られ自分だけ合格するわけにはいかない。
たとえそれで足を負傷したティアナのために合格できる確率が下がるのだとしても――という決断をすることができた。
その決断は、スバルにとって重要な意味を持つだろうな、と。

そういえば、このときサーチャーが壊れて一連の話はなのは達は見てない様子。
これを見てればなのははだいぶ気に入りそうですが……まぁ、二人でゴールしたということで概要は理解してるでしょうが。

また、スバルがティアナと一緒でなきゃ嫌だという場面。
これは初めてStSに触れた人でも分かる理屈でしょうが、漫画版で二人の絆が育まれてく様子を見てきた人の方が感慨深いだろうなぁ。

そしてラスト、二人でゴールした後。
停止できないというハプニングはあったものの、スバルはなのはと再開。
Posted by アキ at 2007年04月05日 17:08

思わず「なのはさん」と呼びそうになり、慌てて言いなおそうとするスバルを制してのなのは。
スバルが雲の上の人と思っていた憧れのなのはは、4年も前に助けた少女のことを覚えていた。
なのはに名前を呼ばれたことでそれを知ったスバルは、涙する。その涙は、冒頭で流したものとは正反対のもの。
これは恐らく、試験を乗り越えたスバルに与えられるご褒美としては、最大のものだったのででしょうね。

しかしまぁ、この一連の展開は突飛どころか使い古されたほどの王道なはずなんですが、何でこんなに燃えるんでしょうねぇ。

ともあれ、実力的に発展途上の二人が試練を乗り越えていくという今までにないパターンを表に出しながらも、
スバルの考えだったり、名前のことだったり、今までのリリなのらしさも継承し、
さらに1話内で起承転結を示し、かつなのはと再会したスバルの今後も期待させるシリーズ第1話として相応しい見事な出来でした。
Posted by アキ at 2007年04月05日 17:09
時間がないのでもう少しだけ。

BGM、既出のものが結構使われてましたね。
今までの分で結構な数があるはずですが、さて、今度のサントラはどういう形式で出るのか。
とりあえず未収録曲をいい加減入れてほしいです。

話題に上がっているので呼称関連。
なのはは漫画ではリインとアルトを呼び捨て、ヴァイスを階級付き、メガマガのSSMではエリオとキャロを呼び捨てでした。
さすがに地位も上がって、全員ちゃん・くん付けというわけにもいかなくなったのでしょうかね。

他にも色々書きたいですが、とりあえずこんな所で。
では〜。
Posted by アキ at 2007年04月05日 17:09
>わっかーさん
ついに放送始まりましたね。
始まってみれば、待っていた期間のなんと懐かしいこと。

>オーストラリア留学
1年間となると結構な長期留学ですよね。
しかも、もう1年延長も検討してあったとは。

>リインフォースII
それはもう当然です(笑)。
私ほかA’sちびリインの呪縛から抜け出せない一部の人だけの問題の声も、きっと慣れていけるはず。

>ストーリー
前半は機動六課としての日常を描いていくようなので、そこまで大変なことにはならないと思いますよ。

>サンテレビ
放送権を獲得というより、なのは側がサンテレビの枠を獲得できなかったと見るべきだと思います。
深夜枠ってそんな感じで、制作側が枠を買い取る形のようなので。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月05日 23:41
>あたしかさん
コメントありがとうございます。
1話からいい出来で、見事な展開でしたよね。
メインとなるキャラは新キャラでしたが、これぞリリカルなのはという感じでした。

>魔法をめぐるテクノロジー
もう立派な科学の一分野という感じですからね。
もっとも、こういう設定にもの凄く惹かれたわけですが(笑)。

>「毎度おなじみ流浪の番組リリカルなのはでございます」
それは(苦笑)。
第4期があったらどうなるんですかね。
テレビ大阪に復帰?
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月05日 23:43
はじめまして。

相変わらず魔法少女からはかけ離れた始まり方をしましたね(褒め言葉)

私はライトニング分隊が早く見てみたいですね。
エリオとキャロがかなり気に入っちゃたんですよね、勿論フェイト込みでw
でも登場はもうちょっと先になりそうかな?

リインがいきなり登場したのは大変良かった(笑)
ヴィータも早く出てくれることを願う。
Posted by 白詰草 at 2007年04月06日 00:49
どうもこんにちは〜。
ついにウチの地域でもStrikerSの放送が始まりましたよ!

見る前はそれこそ世代交代やなのは達の年齢が変わってしまうことに不安を抱いていたのですが、その不安も第1話を見たら吹き飛びましたね。
すっごい面白かったと思いますし、バトルもA's以上に燃えました!!
おかしな話ですが、今ではなのは達を成長させたことが正解だったとさえ思えてきますね(笑)

OPについてですが、今回も燃えバトルあり、今後の複線ありの相変わらず素晴らしい内容に仕上がっていたと思います。
やっぱり水樹奈々さんの曲はなのはのイメージにピッタリですね!
EDは・・・僕も曲調が空気を読んでいることにかなり驚かされましたよ(笑)
これなら本編の雰囲気を壊すことなく毎週聞いていけそうですね。
Posted by ノイシュ at 2007年04月06日 03:04
すいません、続きです。

新キャラとしてはスバルがかなり好きになりましたね。
熱血少女と優柔不断の二面性を兼ね備えていた性格は面白かったと思いますし、デバイスも燃え要素いっぱいで大変気に入りました。
でも雑誌なんかを見てみると、彼女はもう一個新しくデバイスを手に入れるみたいですね。
『マッハキャリバー』というローラーブレードのデバイスがそれに当たるんでしょうか?
いつ頃になるかは分りませんが、デバイス好きとしては登場が楽しみな限りですw

最後に今回もhalogenさんの感想や考察を楽しみに読ませて頂きますね!
半年間の長丁場ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by ノイシュ at 2007年04月06日 03:08
どうも失礼します。
えっと…まずは遅ればせながらhalogenさん、リリパ靴任呂声を掛けて下さりその後もお付き合いさせて頂いてありがとうございました。
おかげで最高のイベントを更に楽しめましたよ。
あいにくなのフェスには行けませんが、またお会い出来る機会があったらよろしくお願いします。

さて、とりあえずキャラ別とOP・EDの感想を。
考察もすぐに始めるつもりです。
無駄に長々と書いてしまいましたが、色々思うところがあったのでご容赦下さい。
Posted by 閲覧者A's at 2007年04月06日 07:01
・OP
想像を遥かに越えた素晴らしさでした。
音と映像のシンクロ率は、並大抵のアニメのレベルではないと思いますよ。
特に好きなのが夜の市街地上空をなのはとフェイトが駆け抜ける一瞬のシーンと、終盤での二人の戦闘。
空間の奥行きを感じさせる構図、あまりにも華麗な二人の戦闘に思わず魅入ってしまいます。
そういえばなのはやフェイト、「A's」までのキャラ達の戦いには「華麗さ」や「美しさ」というものが強く存在している気がするんですが、それに対し新人達の戦闘シーンからは全く異なる「雄々しさ」を感じたんです。
その違いは多分、StrikerSが過去二作よりも絶対的に、戦う力を持っていること、強いということに重要性を持たせているからだと思うんですよ。
バトル志向が高まったということですね。
Posted by 閲覧者A's at 2007年04月06日 07:05
想いを伝える為の手段から運命を変える為の力へと戦闘行動の必要性が強まり、魔法に込められる意志が「情」から「情熱」へと変わったとでも言うのかな。
それが抗うべき運命の圧倒的スケールを予感させてくれる。
無印とA'sを遥かに超えるだろうという確信は、その広がりを持って確かな形となってくれそうです。

・スバル
新主人公らしく大変魅力的であり、その言葉の一つ一つからは「無印」と「A's」の面影が見えますね。
自分に守れるものを全て守りたいなのは、誰よりも一途に人を想う強さを持つフェイト、出逢った大切な存在の為に強い自分であることを決めたはやて。
メインヒロイン3人それぞれの主体が全部反映されている感じ。
「誰かを、何かを、守れる自分になる」というセリフにはもう心が震えましたし、それこそが「なのは」なんだと思い返すと凄く嬉しい気持ちになります。
Posted by 閲覧者A's at 2007年04月06日 07:08
・ティアナ
これまでにいなかった、自分が誇れる自分になろうとする、その意志が強さに繋がるタイプかな。
敢えて挙げるならクロノが一番性質が近いかも。
気丈ながらスバルとの間には委ねあえる信頼があり、一人よがりにならない強さを持っている。
こちらもまた魅力的であり、そしてこの先更にその魅力が深まっていく子だと思います。

・なのは&レイジングハート
素敵な女性になったなというのが率直な感想ですね。
やっぱり私は大人なのは相当好きみたい(笑)。
それになんだか、今のなのはが一番なのはらしいなぁと思うんですよ。
多分、憧れの的という立ち位置が「始まりを与える存在」としてあまりに相応しいからだと思うんですが。
…starterって発走合図係という意味もあるようなので、「innocent starter」を「純粋なる、始まりをもたらす者」と意訳するとそれは正になのはのことだなぁなんてことを思い付いたんですが、如何でしょう。
Posted by 閲覧者A's at 2007年04月06日 07:13
そしてレイジングハートは、前にも増して有能な美人秘書になっていましたね(笑)。
10年共に闘って来ただけにその絆はかなりのものでしょうし、二人のコミュニケーションも今後楽しみです。

・フェイト
フェイトの持つ雰囲気には、本当に他の誰にも無い不思議さがあることを改めて感じました。
意外と特徴的な台詞回しがそのままだったり、髪に触れる姿がすっかり大人の女性らしかったりして、9歳の姿と照らし合わせるとなんとも嬉しいような切ないような気持ちにさせてくれます。
早くいろんな表情を見せて欲しいですね。

・はやて
A'sの時以上に存在感と存在意義が増しているという印象で、やっぱり大ボスの器なんだなぁ(笑)。
「保護する」「面倒をみる」「全体を包み込む」という役目がこの上なく適している、懐の深い大人になってくれました。
まあ元々それがはやての魅力だったんですけども。
この子もやっぱりとても好きですよ。
Posted by 閲覧者A's at 2007年04月06日 07:15
・リインフォース
いや、こんなに可愛らしくなるとは正直思っていなかったかも。
仕草が特に女の子らしい女の子な感じで、個人的にアリサとイメージが近いですね。
私も、あのキャラクターならゆかなさんの声がぴったりだなと思います。
もう確実にユーノを圧倒してマスコットの地位を獲得しつつあるはず(笑)。
これからたくさん飛び回ってくれるといいですよね。

・ED
まるっきり予想外の曲調、これがまた雰囲気があって味わい深い。
一度見てしまうと、もうこの路線の曲以外は考えられないです。
本編を見終えてから更にしっとり切ない気持ちにさせるこの曲、作品から簡単に引き離さない力があるように思えて、先を考えるとちょっと怖いかも。
「クリスマス・イブ」みたいな展開の後だと相当辛いと思うんですけど(笑)。
Posted by 閲覧者A's at 2007年04月06日 07:21
以上感想でした。
考察はまた後ほど書きますが、関連して一個だけ。
ティアナが使った姿を消す魔法の名称、ティアナの台詞からおそらく「オプティックハイド(Optic Hide)」だと思います。
視力隠蔽とかそんな感じですかね?
出来たら確認してみて下さい。
それではまた。
Posted by 閲覧者A's at 2007年04月06日 07:30
いよいよ「本丸」に突入です(何
しかし、他のコメントを既にほぼレスし終えているhalogenさんの仕事の早さに感服&感激&感謝^^

さて、第1話。何と言うか、もう感無量です。
またなのはが見れるというだけで感涙ものなのに、この素晴らしい出来は何ですかw
StrikerSの第1話であり、シリーズとしての第27話でもあり、漫画版からの第8話でもあるこの作りはもう見事としか言い様が無いと思うんですが(ベタ褒め

OPはまだ一回視聴しただけなので何とも言えませんが、今の所は1・2期よりは低印象。とはいえ充分良い出来ですし、徐々に馴染んでくる事に期待。
EDは本当空気読んできましたねwこちらは最初からかなり好印象です。
Posted by 東西南北 at 2007年04月06日 22:35
3隊長は、アニメで見ると余計に大人になったなぁという印象が強くなりますね。改めてしみじみw
リインフォース、俺もフルメタは見てませんが、左程違和感が無かったのが自分でもびっくり(汗)そしてかわいいー(爆

スバル・ティアナに関しては、漫画版読んでる身としては「うん、こういう奴等だよな」と嬉しく納得w
そして、この2人の戦闘シーンが凄い事この上なくて。これだけでも第1話としての「掴み」は充分ですよね。何か、2人の現在使える魔法全部見せてくれたんじゃないかと思いましたが。

それにしても、スバルが短距離用?とはいえ純粋魔力での射撃・砲撃を使ったのは驚きました。「ディバインバスター」って言われて泣きそうになりましたが(爆)本当、憧れなんだなぁ。
これも近代ベルカ式ですよね。大元がミッド式とはいえ、これまた難しい問題が出てきた気がします(汗
Posted by 東西南北 at 2007年04月06日 22:37
ただ、エリオのフォトンランサーにちょっとだけ希望が湧いたのは個人的に嬉しかったりw

あと、これは別記事へのしかも横レスになりますが、近代ベルカ式に空戦型がいないのは確か「現在の空戦は中距離射撃戦が主体」というのをどこかで見た覚えがあるので、そのためだと思います。フェイトやシグナムみたいな戦法の方が珍しいんでしょうね。

えー、何かまだ書いてない事がある気がするんですが、ちょっと前から情報量が自分のキャパを越えちゃってて混乱気味です(汗
というわけで、一旦これまでで。思い出したらまた書かせていただきますw

今晩、またtvkで見ますし(爆
Posted by 東西南北 at 2007年04月06日 22:37
こんばんわ。(^^
相当出遅れてしまいましたが、なのは人気の確かな形のひとつだとも言えるので端から見てても幸せな気分かも。

というか、ここ数日は出勤前に1話を見る→帰ってきてからもう1回見るというのを何回か繰り返し、既に8回くらい1話を見た様な気が。(爆
いや、やっぱり漫画版も良いですが、自分の中で「動いているなのは」を見るのがやっぱり一番テンションが上がるんだなあと再認識しました。

>OP
個人的には第1期OPが一番好きなのですが、コレも悪くないです。A'sの時よりはバトル要素的な演出は多少抑えられていますが、各キャラの関係や作品の方向性をきっちり纏めており好みの部類です。
ラストのデバイスの連続描写の時の音楽が特に一番気に入りました。

Posted by クロ助 at 2007年04月07日 00:12
>スバル&ティアナ
漫画の時よりもさらに経験を積み、より頼もしくなっていましたね。お互いの信頼関係もきちんと深まっているのが見て取れて良かったです。(^^
スバルは、憧れの人の様になりたいというその決意の強さが非常に好印象。物語の牽引役としても非常に魅力的な人物像だと思います。

>仲良し三人組
10年の月日が流れ、今では彼女たちも教え子を導く側。
漫画版でも感じていましたが、改めてみると非常に頼もしい。(笑
というか、なのはは特に懐の深さと自然な優しさ、そして貫禄が際立っていた様な。あれなら皆から「なのはさん」と言われているのも納得です。(爆

残るメンバーも早く登場して貰いたいです。
Posted by クロ助 at 2007年04月07日 00:14
さて、考察面に関しては気になる所だけ触れておきます。

>ディバインバスター
やっぱり一番気になるのはコレでしょうか。
個人的にはhalogenさんの仰る通り、スバルの独学での習得でなのはのそれとは全く別物の、憧れの人の技の名にあやかった魔法かなと。
気になるのは、近代ベルカ式が何処まで砲撃や射撃を行えるのか、という所でしょうか。(全くのゼロ……というのも無いでしょうし)

今回の使用では、「短距離砲撃型魔法」とでも呼ぶべき魔法に見えました。
全部推測ですが、ベルカ式特有の「武器に魔力を流す」という方式を利用し、本来は打撃強化に使われるべき魔力をリボルバーナックル内で圧縮・加速(タービンが回る演出)→カートリッジのブーストも用いて直射魔法として撃ち出しているのではないでしょうか?
スバル本人も「遠くまで届く魔法もない」と言っていましたし、威力重視・短射程の魔法かな?という感じです。
Posted by クロ助 at 2007年04月07日 00:29
出遅れーっ! うちは木曜深夜の放送だから仕方ないといえば仕方ないのですが……(^^;

スバルとティアナのコンビはやはりよかった……。なのはでこれほどはっきり“チームワーク”が描かれたのは初めてのような気がします。

アンカーガンを囮にしてオプティックハイドからのスフィア瞬殺の流れも最高でした。そして、透明のまま地面を走る火花に、どことなくるろうに剣心の“縮地”を思い出した自分がいます(ぇ

Posted by ユーリ at 2007年04月07日 11:25
個人的に第1話で最高の魔法『ウイングロード』。

いやもう、“空中に道を作る”類の演出が好きで好きで(笑) なのはやフェイトたちと違う空を飛べない魔導師だからこそできる、格好いい魔法でした(^^)
Posted by ユーリ at 2007年04月07日 11:34
こんにちはー。スゴイ数のトラックバックとコメント数ですね。

さて、少し落ち着いたところでスバルのディバインバスター(以降DB)について、少し考えてみました。

ミッドとベルカの術式の差がある以上、これはやはり別物なのでしょう。ただスバルなりの憧れがあってDBと名付けたのだと。

で、スバル式DBの正体ですが、自分はコレを「典型的なベルカ式の魔法」と考えます。魔力の切り離し制御、集束、放出を不得手とするベルカ式の、一体どこかが典型的であるのかは、以下の理由からです。

Posted by 天凪 at 2007年04月07日 12:39
そもそもDBとはどんな魔法でしょうか? 優れた長距離射程とそれを実現する高い舞力集束率に、高速の砲弾。この三つがDBの特徴だと思います。では、こらを得る為に必要な条件を、実際の大砲から考察してみます。砲弾そのものが同じなら、大砲はその「砲身」を長くすれば射程距離は伸び、砲速も上がります。その原理は省きますが、実際にそういうものなのでご理解下さい。今回はこの「砲身」を創る技術に注目してみました。映像では実際に砲身は見えませんけど、魔力的に不可視の砲身が存在しており、なおかつ砲身の存在が重要なことは、A’s6のエクセリオンバスターにおける「バレル展開」の解説から考えて、間違いないと思います。
Posted by 天凪 at 2007年04月07日 12:39
大砲を造る時、一番難しい技術が砲身の長身化です。巨大化ではありません。長い砲身は、僅かな制度の誤差でクセがでるため命中率が下がります。撃てば激しい衝撃が加わるので、砲身は直ぐに歪んで劣化もします。この高性能な砲身を造る技術を魔法に置き換えると、これが「魔力制御」だと思います。繊細な魔力制御ができないと、精密な砲身が構築できない。そう考えると、魔力制御を不得手とするベルカ式で「砲撃魔法」が難しい理由に説明がつきます。これに砲弾となる「魔力の集束」、撃ち出す「放出」も苦手とくれば、ますますベルカ式では砲撃は難しいでしょう。

長大な砲身も造れず、高密度の魔力砲弾もなく、撃ち出す術式も難しい。
それなのにスバルはDBを撃ちました。
そこで次はスバル式DBの考察です。
Posted by 天凪 at 2007年04月07日 12:40
スバルは思い切って長砲身化を切り捨て「短身砲化」の道を選んだと思います。いわゆる「臼砲」と呼ばれる大砲です。この場合、砲身は砲弾を加速させ、狙いを定める機能はなく、単に「弾を前に飛ばすために必要な筒」と考えて大丈夫です。判りにくい場合、狙撃用のライフル銃と、携帯用の拳銃をイメージして下さい。ライフルは銃身が長いですよね? これは上記した長射程を得るためで、逆に拳銃は射程距離は最初から無視しているので、弾さえ撃てればOKなので銃身が短いのです。極端な例えですけどね。

Posted by 天凪 at 2007年04月07日 12:40
問題は、ここまでしてベルカ式で魔力砲撃――DBを撃つ必要があるのか、という事です。
結論から先に言うと、無いと思います。でも、これはスバルにとっては必要・不必要の問題ではなく、むしろ意思や決意の問題なんでしょうね。仮に自分の考えが正しいのなら、不得手なハズの砲撃を創意工夫で自分のものにしたスバルの意思に感嘆します。是非ともこのエピソードを、本編なりコミックなりで触れて欲しいですよ。


それでは最後に、明日に迫ったなのフェス2ですけど、自分のブースはB−21「主の本棚」です。シャマルさんのSS文庫本しかなく、しかも誤字脱字が多いので赤面ものの本ですが、是非ともお寄りください。
それでは長文、失礼しました。
ではではw
Posted by 天凪 at 2007年04月07日 12:41
すんません。以下の分を五個目に入れてください(汗)

スバルはベルカか苦手する砲身の精製を、短身化することで無視したのだと思います。そうやって魔力砲弾(スフィア)の精製に集中しているのでしょう。それでも、なのはほどの集束率はないと思いますが。後は実際に、コレを撃ち出すワケですが、スバルのはどう観ても「撃ち出す」ではなく「打ち出す」です。これこそ魔力を付与して直接叩き付けるベルカ式の真骨頂ではないでしょうか? 見た目こそ違いますが、実はスバル式DBはなのはのDBよりも、むしろヴィータのシュワルベフリーゲンに近いと思います。しかしながらライフリングされていない短身砲な上に、砲弾の集束率も低いので、射程距離は皆無に等しいみたいですね。
Posted by 天凪 at 2007年04月07日 12:43
再び参上です!先のコメントで“放送見れなかったぁ”などと泣いておりましたが、テレ玉の友人に録画してもらい、視聴することができました。やはり持つべきものはなんとやらですね。

スバルの怒涛の格闘戦。ティアナの幻術も早速出てくるとは。OPムービ−でやっていたような、熱くなる集団戦が、本編でも早くみたいですね。

OPの謎の少女は気になるところ。敵側のキャラとして登場するのでしょうかね。なのは達が大人になった分、新キャラでロリータを多用してくれるとは素晴らしい(^_^)v

ラストのなのはとスバルには、思わずうるっとしてしまいました。ティアナの、不器用ながらもスバルを信頼しているとことかもよかったですね。でもここら辺で情報格差が生まれてしまったのでは……。
Posted by ころりん at 2007年04月07日 18:38
とにかく“燃え”あり“萌え”あり、そして“泣き”ありのリリカルなのはシリ−ズ第3期、次週からも期待できそうです!!

そしてSECRET AMBITIONのオリコン1位に期待しましょうo(^-^)
Posted by ころりん at 2007年04月07日 18:38
あまり飛び抜けたものはなかったものの、暑苦しいまでの熱血アクションで、1話目から大いに楽しませていただきましたよw
ただ、あえて指摘点を挙げるとすると、他の何人の方々も懸念されている通り、メガミマガジン連載の漫画を読んでいないと、予備知識やスバルコンビがここに至るまでの経緯が割愛されてしまっているといった点でしょうか。あの漫画、結構この2人の絆を語る上で、大事そうな場面もあったように思うのですがね。
何はともあれ、次回からも大いに期待しまくりです☆
貫禄漂う大人のおねーさんになったなのはさん達のご活躍に超期待です(なぜに敬語?(; ̄ー ̄)
Posted by いけやん at 2007年04月08日 23:02
自分もメガマガのマンガを読んでいるので、アニメから入った人がどういう印象を持つかわからないですけど、
ただ、ティアナがけがをしてからの二人のやりとりに、今までのことがかなり集約されてるんじゃないかと。

まあ、そこからどれほどイメージをふくらませられるかはアニメ以外の情報を持ってない人じゃないと
わからないですが。
Posted by 真一 at 2007年04月09日 01:01
レスが遅くなって大変申し訳ありません。
にも関わらずこんなにたくさんどうもありがとうございます。
第1話については考察記事は出来そうにありませんが、時間があれば第2話とまとめてということで。
魔法データベースの更新もそのときになりそうです。


>真一さん
>TB・コメントともすごいことに
本当に嬉しい限りですよ。
この分だとレスでコメント100件近く行きそうですし。

>ファイアリングロック解除
そういえばそういうことも言っていましたね。
意味的にもそれで良さそうです。

>見た瞬間にレストリクトロック
リングバインド系で空間固定でなのはの魔法とくれば、やはりこれしかないでしょうか。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 16:27
>今の性格のリィンだと声を代えてよかった
むしろ声の印象から来る性格含めて前の方が良かったですが、今の性格でも個人的には前の声を希望。
性格に関しては、まず性格ありきでそこから声優を決めた感じですかね。
逆なら小林さん続投でいいでしょうし。

>魔法を覚えていた
流石に魔法プログラムまでは覚えられるはずが無いと思いますが、見た目の印象だけなら、状況が状況だけにかなり鮮明に残るのではないかと。
ディバインバスターは、なるほど汎用性の高い魔法というのは考えられそうです。
でも術式が違うのが最後まで引っ掛かるので、やっぱり私の中でそれは無しですかね。
汎用性の高いミッド式ディバインバスターのプログラムを見て、それを近代ベルカ式にしたというのなら無いとはいえないと思いますが。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 16:29
>エリオもプラズマランサー
エリオは機動系のみミッドを採用ということですし、スバルほどミッド適性がないことも無いでしょうし。
そもそも近代ベルカの根本はミッドなので、普通に使えると思いますよ。

>結構出番が多いのか
メガマガの設定資料でも扱い大きいですし、何気に重要キャラなのではないかと思ってます。

>OP前に持ってきてほしかった
私は今回の構成でも良いと思いますが、入れ替えるのもアリですね。
ただOPすっ飛ばして空港火災ということにだけはしないでくれてよかったです。
やっぱり最初のオープニングこそ肝心ですから。


後のレスもまとめて。

>アニメから入った人がどういう印象を持つか
やはり、少し分かりづらいのでは無いかと思いますね。
こればかりは何とも言えないですけど。
でも第1話においては考えるより感じろだと思います。
それが合わない人には厳しいのではないかと。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 16:32
>ころりんさん
こちらも、後の方のコメントとまとめてのレスということで。

>帰ってきたら録画失敗
PCのエラーは辛いですねぇ。
自分ではどうしようもないだけに。
他の機器でバックアップ録画するとか、ほかに方法はないんでしょうか。

>なぜかチバテレビが映らず
U系局は場所によって全然映りが違うみたいですからねぇ。
電波が届くギリギリだと、方向は当然の問題として屋根のアンテナの位置でも違うとか。

>テレ玉の友人に録画してもらい
それはよかったですね。
ある意味テレ玉の放送が遅かったことに感謝でしょうか。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 16:43
>ティアナの幻術も早速出てくるとは
これは私も驚きました。
持ってるものは使わなければ損ですが、いきなり使ってくれるとは。
まぁ顔見せというわけで逆に考えれば当然かもしれませんが。

>集団戦
折角キャラが増えて分隊制になったわけで、是非とも見てみたいですよね。
でも近接系一辺倒はちょっとやめて欲しいので、射撃・砲撃スペシャリストのなのははもちろん、ティアナとキャロにも期待大。
ミッド主流の中距離戦闘を大いに展開して欲しいものですが、さて。

>敵側のキャラとして登場
雰囲気はそんな感じですよね。
とはいえ、またしっかりと事情もありそうで、どう関わってくるのか楽しみです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 16:54
>ここら辺で情報格差
ですよねぇ。
まだ“知らないと楽しめない”よりは“知っているとより楽しめる”レベルではあると思うんですが、少し微妙でしょうかね。

>“燃え”あり“萌え”あり、そして“泣き”あり
泣きは方向性によってはあまり好きじゃないんですが、なのははハッピーエンド方向の感動系だから大歓迎です。
もちろん第1期もA’sも完全なハッピーではないですが、別れもお互い納得のものですしね。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 16:54
>アキさん
>当面考察は全体・キャラ方面優先
私も少し落ち着きましたが、忙しいことには変わりないですからね(苦笑)。
魔法・設定関連は、第2話とまとめてA’sのときのように別記事で作ろうかと思っています。

>スバルがなのはと出会い、再開するまでのプロセスを凝縮
まさにそんな感じでしたね。
これに関しては、漫画版でスバルの背景を知っているかという情報格差はあれど、新規でも素直に楽しめたと思うのですけども。

>ティアナによって提示された選択こそが、スバルにとって本当の試験だった
ここで自分だけ合格しても、それはランク昇格試験には合格してもスバルの目指す合格では無い、というところですかね。
しかしスバルはしっかり、自分の目指すところを忘れずに、多少強引にでも答えを選んだと。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 17:16
>サーチャーが壊れて一連の話はなのは達は見てない
またいいところでサーチャーが壊れるもので(笑)。
でもなのはなら大体の所は分かってそうですよね。

>漫画版で二人の絆が育まれてく様子を見てきた人の方が感慨深い
まさに“知っていればより楽しめる”場面でしたね。
これがストーリーの方にまで絡んできている時点で、A’s漫画版の時よりも少し敷居が高い気はしますが。

>4年も前に助けた少女のことを覚えていた
相手はごく普通の少女で、でもそれをおぼえていたというのが凄いですよね。
このぶんだと、今まで管理局として関わったことは全て覚えていそうで。
なのはらしいです。

>使い古されたほどの王道
王道をしっかり王道として歩んでくれるからこそ燃えるのではないかと。
それに大筋は王道でもその背景は作品によって別々ですし、背景がしっかりしてるからこそ王道も生きるというものなんでしょう。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 17:16
>BGM、既出のものが結構使われてました
そこはやっぱりシリーズモノですし、いい曲はどんどん昔のものでも使って欲しいところ。
新規の曲もいい感じで、やっぱり音楽もいいアニメですよね。
未収録曲は、きっと今度こそ入れてくれるはず。
逆に全曲入れられるとそれがシリーズ集結宣言のようで少し辛い気がしないでもないですが。

>呼称関連
やはりまとめられてるとは流石です。
私も、なのはだけではなく他の人のも含めて全員リストにしようかとも考えているのですが、さて時間があるのかどうか(苦笑)。
敬称・階級の有無は、地位や年齢や親密さで関わってきそうですが、これを元に関係を考えていくというのも面白いんでしょうね。

それでは、レスが遅くなってしまいましたが、またお待ちしております。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 17:20
>白詰草さん
初めまして、コメント&TBありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

>ライトニング分隊が早く見てみたい
私もこの2人がかなり気になります。
キャロもエリオも2人とも可愛すぎますよ。
しかも小さい子同士くっつきそう? な雰囲気で微笑ましそうで、それでいてオープニングでは熱くて格好よくて。
魔法的にはエリオが近接なのが個人的には残念ですが、きっと射撃系も使ってくれると信じて。
フェイトは実はどちらでも良いのですが、まぁ親バカぶりは気になりますね(笑)。

>リイン
流石の可愛さでしたね。
声に関してはさておくとして、ヴィータもきっと次回出てくれることでしょう。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月10日 17:29
早くも今夜2話放送なので、その前にもう少し。

スバルとティアナ
試験開始前、リインに質問はないかと聞かれ、スバルがティアナを窺うようにしていることから、
普段は二人の間で意思決定権はティアナの方にありそう。
それでもスバルは自分のワガママを言う時は、出だしは勢いがあるんだが、尻すぼみになりがち。
そんなスバルに、最終的に「二人でやれば、きっとできる。信じて、ティア」とはっきり言わせられたのは、
やはりティアナだからなのではないかなぁ、とか。
また逆に、ティアナは失敗を他人のせいにしたり、自分のせいで人が落第するようなことが嫌で自分に厳しそうな感じですが、
そんな彼女が素直に他人のプランに協力できるというのも、相手がスバルだからかなぁ、とか。
結局、いいコンビなんでしょうね。
Posted by アキ at 2007年04月10日 22:33
なのは
冒頭終、最後まで顔を正面から出さなかったのは、今話は新人に注目してほしいというメッセージかな。
ともあれ落ち着いた大人の女性になりました。
フェイト、はやてもそうなんですが、彼女らは精神年齢がもともと高いので、これくらいの年齢の方が合ってる感じがしますね。
やっぱり今まで小さすぎたって。いや、それも嫌いではないんですが。結構今の方も好みみたいです。
RH、A’sでは指導者というイメージが残っていたんですが、今ではすっかりサポート役に徹してますね。
今話はたくさん話してくれて嬉しかったのです。

フェイト、はやて
仕草が普通に大人っぽい。え?これでまだ成人してないって?
時にティアナの幻術に、フェイトは一目で囮だと気付いたようでしたが、はやては指摘されるまで判断付かなかった様子。
やはりはやては総合でSSといっても、戦闘に関してはフェイト(恐らくなのはも)の方が上手っぽい感じですね。
Posted by アキ at 2007年04月10日 22:33
リイン
声優の違いはあまり気にならなそうです。
試験官としてしっかりした面と、子供っぽい面を一度に見せてくれました。
総合A+あれば人を浮かすくらいは余裕なんですね。

設定系も少しは。
試験会場、空港近郊で廃棄都市とのことですが、漫画版を見る限りでは被害は空港だけのような気も。
実際はそれだけの被害があったのか、他に廃棄されるような理由があったのか?判断保留中。

魔法
なのは
バスター、凄い威力。エクステンションではないのか?
ともあれこの魔法はなのはの主砲なので、残ってて良かったです。
石像の落下、魔法陣見た時は最初、同じく防御系の魔法を使うのかと思いました。
レストリクトロックというのはここで見るまで考え付かなかったです。なるほど、その可能性がありますね。
ところでこの石像、次のシーンで横倒しになっており、ゆっくり地上に下ろした感じ。
随分細かい操作ができるようになったようです。
Posted by アキ at 2007年04月10日 22:34
サーチャーは全部なのはじゃないですかね。
個人的には反撃型機械の周りの球体も全部なのは作ではないかなと。
スフィアではないですが、サンダーフォール時の目玉球の大きさを考えれば、あのサイズのスフィアも別に不可能ではないかな、と。

フェイト・はやて
無粋な突っ込みですが、ヘリを飛ばすのは金がかかるんだから、この二人の場合自力で飛んだ方がいいのでは。

リイン
クッションのような魔法。魔法習得が戦闘に偏ってなさそうなのは嬉しい所。

スバル
ディバインバスター
近代がミッドを元にしてるなら、なのはと同じ魔法というのもありな気がしますが。
魔方陣ですが、今の所ウイングロードとこれにしか使ってないはずなので、一概に魔力付与関係の術式を担当するとも言えないですし。
ベルカ式魔法陣の外観でやってることはミッド式魔法陣と同じ、みたいな可能性を考えることはまだできるかな、とか。
Posted by アキ at 2007年04月10日 22:34
リボルバーシュート
初回時は青い光弾が出てるようですが、直撃時や後半での使用から、威力があるのは衝撃波の方ではないか、とか。
であるなら、魔力付与しかしてないシグナムの衝撃波で陣風の例もありますし、近代ベルカ式でもさほど違和感はありません。

ウイングロード
足場、というとフローターフィールドで結界系の応用、という印象が強いのですが。
ビル側に刺さるだけの威力もある様子で、また始点と終点を定めて発動完了する魔法のようです。


ティアナ
クロスファイアーシュート
デバイスなしで3つ。フェイトもバルを使う直前では4つが限界でしたか。

オプティックハイド
動いている人間二人に発動した魔法まで消すって、かなり凄いような。
そういえば、これは術者以外の人間も消せるようで、ミラージュハイドもそれが出来るとしてA’s#09では
二人分アリアが使ってた、というのでいい気がしますね。
Posted by アキ at 2007年04月10日 22:34
フェイクシルエット
これだけ幻術っぽい幻術が1話から見れるとは思ってなかったので、嬉しいですねぇ。
かなり正確に映し、動かせるようす。しかも影がある?

新デバイスへ変更する理由は、ローラーブーツはオンボロ、アンカーガンは囮で使った時に集中砲火受けたからかなぁ。
アンカーのギミックは面白いので残してほしいものです。
カートリッジは、スバルがシグナムらに近い瞬間威力系、ティアナはなのはらに近い魔力増強系みたいな使い方でしょうか。

忘れてましたがアクティブガード、ぶつかる直前の爆発っぽいのの反動で衝撃を和らげたのかなぁと。
それくらいしか魔法の痕跡が見当たらないので。

ふぅ、これで一通り書けましたかね。
何とかためずに次話に入れそうです。
Posted by アキ at 2007年04月10日 22:36
TBありがとうございます。
こんなしっかりしたBlogの管理者様からいただけるとは思っていなかったので、びっくりしてしまいましたがとても嬉しいです。
魔法の考察などとても参考になりますので、これからも拝見させて頂きますね。
私個人としてはスバル一押しでいきます、いつかなのはの破壊力を超えることを期待して!
え?無理ですか?
Posted by みけねこ at 2007年04月11日 01:38
>ノイシュさん
コメントどうもです。
そちらに先にコメントしておきつつ、レスが遅れて申し訳ないです・・・。
こちらではもう第2話の放送が終わってしまいましたし(汗)。

>不安も第1話を見たら吹き飛びました
ですよね〜。
まぁ私はあまり不安は無かったわけですが、それでも期待以上のものを見せてくれました。

>OP
今期も変わらずいい感じでしたよね。
バトルはしっかり連携戦で魅せてくれたのが燃えました。

>ED
どうやら都築さんからの注文とのことですが、それにしても空気読みすぎですよね(笑)。
今までのは今までのでいいクールダウンにはなりましたが、やっぱり空気読んでる方がいいですから。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月11日 08:36
>デバイスも燃え要素いっぱい
近接系好きな人にはたまらないでしょうね。
私はむしろティアナのアンカーガンが思った以上に良かったですが。
仰るとおり、デバイスは今後変わるみたいです。
スバルのはローラーブーツがマッハキャリバーに、ティアナはアンカーガンがクロスミラージュになるので楽しみです。

>半年間の長丁場
まだまだ始まったばかりなんですよね。
半年このペースを続けられるか心配ではありますが、全力全開。
コメントレスは今回みたいに遅れ気味になるかもしれませんが、こちらこそよろしくお願いいたします。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月11日 08:37
>閲覧者A'sさん
>リリパ
こちらこそ、おかげで楽しくなりましたしどうもありがとうございました。
なのフェスは仕方がないですが、なのすぺ☆は是非お越しいただければ。

>音と映像のシンクロ率
いつもそうですが、オープニングはアニメつきで見ると本当に凄いです。
これも歌にしっかり合っているからなんですよね。

>特に好きなの
私はやっぱり新人4人の連携戦闘ですね。
最後のデバイスのシーンは言うまでも無く(笑)。

>「華麗さ」や「美しさ」というものが強く存在
>全く異なる「雄々しさ」を感じた
なるほど。
単純に近接系中心の連携戦からくる印象かとも思いましたが、そういう考え方があるんですねぇ。
勉強になります。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月12日 19:05
>メインヒロイン3人それぞれの主体が全部反映
まさに主人公を継ぐに相応しい存在というところでしょうか。
目指すところは凄く厳しいところだとは思いますが、それに向かって何処までも駆け抜けて欲しいもの。

>敢えて挙げるならクロノが一番性質が近い
やはりそういう印象の方が多いみたいですね。
でもスバルの存在はかなり大きいようで、いなかったら果たして今頃どうなっていたか。

>大人なのは相当好きみたい
それはよかったですね(笑)。
一番なのはらしいというのは、今が一番生き生きとしてるからかなと思いました。

>starterって発走合図係
確かに競馬でもスターターはいますが、ここでその意味でこの単語を聞くとは(笑)。
私にどうこう言える問題じゃないですが、その解釈かなり良さそうに思えます。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月12日 19:12
>意外と特徴的な台詞回し
まぁそのあたりの個性はいつまでたっても変わらないものなんでしょう(笑)。

>大ボスの器
まぁ最後の夜天の主として守護騎士達を従えてましたからね(笑)。
その騎士達からの厚い信頼は、はやての性格・雰囲気のたまもの。
でも大ボスと言われるとちょっとなんだかなと思わないでもないです(笑)。

>あのキャラクターならゆかなさんの声がぴったり
結局キャラクターが先に決まったという感じなんでしょうね。
私もキャラにはピッタリだと思いますが、やっぱり小林さんのも見てみたかったなぁと未練たらたら(苦笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月12日 19:21
>もうこの路線の曲以外は考えられない
今回は都築さんからの依頼もあったみたいですしね。
田村ゆかりさんのシングルとしては初めての傾向の曲らしいですが、いい曲です。

>「オプティックハイド(Optic Hide)」
やっと意味が分かりました。
私、この部分を「“オプティックハイド”使って」ではなく「“オプティックハイ”を使って」と聴き取ってしまってました(汗)。
確かに良く聞いてみれば「を」ではなく「ド」と聞こえ、意味的にもそうなんでしょうね。
どうもありがとうございます。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月12日 19:24
>東西南北さん
>他のコメント
本当はコメントしていただいた順番にレスするのが一番なんでしょうけど、細かいレスは後回しにすると埋もれてしまって大変なんですよ。
なので、出来るだけ先に、しかも少しの空き時間で上手くレスするように心がけてます。

>シリーズとしての第27話
アニメ第27話ですが、サウンドステージを足すと第33話、漫画版を足せばさらに凄いことに。
この先何処まででも行ってほしいものです。

>1・2期よりは低印象
このあたりは好みが別れるところでしょうね。
やはり映像含めると第1期派が多少強いようですが、私にはとても比較なんて出来ません。
どれも素晴らしいです。

>左程違和感が無かった
それは羨ましいです。
あまりにA’sのちびリインが可愛すぎて頻繁に聴いてたのが拙かったですか。
可愛いのは当然ですけどね(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月12日 19:30
>2人の現在使える魔法全部見せてくれた
そんな気がしますよね。
まぁ防御系魔法が全然出てないわけですが、流石試験だけあってもてる力をしっかり全て見せてくれた感じです。

>純粋魔力での射撃・砲撃
これは驚きましたよねぇ。
何とも考察班泣かせですが、逆に楽しくもあり。
とりあえず起動はベルカ式魔法陣だったので近代ベルカ式だと思いますが、発射機構(環状魔法陣)は実はミッド式では無いかと思い始めています。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月12日 19:37
>エリオのフォトンランサー
これは普通にあるかもしれませんね。
エリオはミッドへの適性云々はまだ言われてませんし、たとえ苦手としても射撃にそこまで放出は関わらないでしょうし。
むしろ制御能力でしょうから。

>「現在の空戦は中距離射撃戦が主体」
これは小説でしたっけ。
中距離射撃戦でも砲撃で無い限りベルカでも何とかなりそう(ヴィータとか)な気もしますが、アームドデバイスの最大の利点がなくなるでしょうか。
でも弓みたいなのもありますし、これだけだと少し弱いような気がしないでもないです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月12日 19:38
>クロ助さん
>出勤前に1話を見る→帰ってきてからもう1回見る
それは凄いです(笑)。
私は放送当日こそ感想書きつつ裏で5〜6回ほど流してましたが、それ以外は他のアニメも忙しいもので(苦笑)。
見た回数では負けない自信もありますけどね。

>第1期OPが一番好き
やはりそういう方が多いようで。
私はなんだか最後に見たのが一番好きになりそうな感じです(笑)。
その時点で一番印象に残ってるのっていう。
ラストのデバイスは、音楽ともしっかり合ってましたよね。

>さらに経験を積み、より頼もしく
実際に管理局で部隊に配属されて、色々経験を積んでるでしょうしね。
このあたりは漫画版を知ってる者ならではの楽しみ方。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月12日 19:39
>仲良し三人組
なんだかすっかり仲良し三人組という単語が“なのは・すずか・アリサ”から“なのは・フェイト・はやて”になってしまったなぁと思いつつ。
私はこの単語聞くとやっぱりすずか&アリサが出てきますが、それはさておき。
すっかり3人とも導く側になりましたねぇ。
なんだか怖いくらいですよ(笑)。

>憧れの人の技の名にあやかった魔法
基本線はこれで良いと思うんですけど、これだと問題の半分も解決してないんですよね。
砲撃や射撃は、一応古代ベルカにも砲撃魔法は存在し、近代ベルカはミッド式が元ですから砲撃や射撃はそれほど問題はないとは思います。
ただ、使えるとは思いますがミッドの方が上でしょうから、何故近代ベルカを選択したかが謎。
もっとも、環状魔法陣まで近代ベルカ式だという保証が何処にもないことに気付いて今悩んでいるわけですけど。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月12日 19:44
>ユーリさん
>出遅れ
まぁこのコメント欄では出遅れかどうかはあまり気にする必要ないと思いますよ。
関東から何日遅れかいつも気にしてる人の言う台詞ではないかもしれませんが(苦笑)。

>これほどはっきり“チームワーク”が描かれたのは初めて
そんな気がしますね。
そして新人の方ではこのあたりが描かれていきそうで、コンビにあこがれているというキャロもエリオとのコンビが楽しみです。

>アンカーガンを囮
この戦法は驚きましたね。
まさかデバイスを囮にするとは。

>空を飛べない魔導師だからこそできる、格好いい魔法
まぁ空戦魔導師だとそんなものすら必要ないといってしまえばそれまでですが、飛べなくても方法はあるのだという工夫がよかったです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 14:16
>天凪さん
>スゴイ数
私もまさかここまでとは思いませんでした。
感謝感激ですが、その分レスが遅めになるのはご了承を。

>DBとはどんな魔法
直射型砲撃魔法、基本長距離でエクステンションなら超長距離ですか。
そこから考えると、まぁその3点になるんでしょうね。

>「砲身」を長くすれば射程距離は伸び、砲速も上がります
それは知ってるので大丈夫です。
その長身化がそんなに難しいのは知りませんでしたが。
単純にコストの問題かとばかり。

>ベルカ式で「砲撃魔法」が難しい理由
集束と放出が苦手として、単純な魔力制御までそこまで難しいんでしたっけ。
とりあえず私としては放出苦手な時点でベルカで砲撃はほぼアウトだったのですが。
ラグナロクやミストルティン程度で、あれはベルカだからというよりは本人の適性によるのも大きいでしょうし。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 14:27
ただ、最近の近代ベルカ式の解説を読んでいると、スバルは

“近代ベルカ式”だから“集束や放出が苦手”

ではなく、

“集束や放出が苦手”だから“近代ベルカ式を選択”

になっていると思うんですね。
近代ベルカ式がミッド式によるエミュレートである以上は。

そう考えると、スバルが撃つ限りミッド式だろうが近代ベルカ式だろうが砲撃は苦手で、逆になのはが撃てば近代ベルカ式でプログラムを組んでもそれなりの砲撃を撃ちそうな気がします。
もっとも、そうなってくると術式の違いは何かということになりますが。
とりあえず、運用面での違いはあくまで魔力放出に向いているか、魔力載せの近接に向いているか、だけだと思うんです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 14:32
最近こう考えていると、
向いていないだけであってゼロではないですし、それなりの砲撃魔法も古代ベルカ式にある以上は近代ベルカ式でも砲撃は大丈夫だと思うようになってきました。
もちろんその魔法をわざわざ近代ベルカ式にエミュレートする必要がないわけですけどね。
ミッド式で同じことしたほうがはるかに効率的でしょうし。

というわけで、以下はスバルがどうやって撃ったかとして。

>「短身砲化」の道
これは分かります。
というか、こうなると強引にでも魔力を放出するだけいいような気もしますけど(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 14:37
>魔力を付与して直接叩き付けるベルカ式の真骨頂
あくまでも直接たたきつけるであって、どう見てもデバイスや身体から魔力が放出されている以上、私には真骨頂には見えないですけどね。
一応窓の外までは砲撃飛んでましたし。

>ベルカ式で魔力砲撃――DBを撃つ必要があるのか
ここに注目したのが、なのフェス2発行の本でも書いた考え方の発展版です。
詳しくは後日更新予定の第1話・第2話合併の考察記事にまわす予定なのですが、環状魔法陣は実はミッド式であるという説。
起動魔法陣がベルカ式なのは、発射までのシークエンスのうち初期部分を近代ベルカ式で、後半部分をミッド式で“いいとこどり”して、砲撃苦手と考えられるスバルが少しでも上手く撃とうとした結果ではないかと。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 14:39
>いけやんさん
>暑苦しいまでの熱血アクション
とにかく1話目からアクションで魅せてくれましたよね。
分かっているものにとっては、今後に期待でき安心できる最高の第1話でした。

>予備知識やスバルコンビがここに至るまでの経緯が割愛されてしまっている
スバル&ティアナに関しては、知ってるか知ってないかでかなり変わってきてしまいますからねぇ。
知らなくても見られるレベルだったとは思いますけど。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 14:42
>アキさん
>意思決定権はティアナの方
これは単純にスバルが気弱という性格からくるだけに見えましたが、その性格ゆえに決定権もティアナというのは普通にありそうですね。

>自分のせいで人が落第するようなことが嫌
結局、この部分はお互いにそうなんですよね。
お互い正反対だったり似ているところもあったりと色々ですが、本当にいいコンビです。

>今話は新人に注目してほしい
私もそう思いました。
基本的には漫画版後半の延長線上でしょうか。

>今ではすっかりサポート役
本当に、そんな感じですねぇ。
もう10年の付き合いとは長いものです。

>これでまだ成人してない
まぁ成人なんてものは日本で20歳以上と決めた単なる目安のようなものですけど。
19歳は十分大人なんだと思います。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 15:39
>戦闘に関して
とくにフェイトは近接型で、こういう戦法も経験してそうですからね。
広域型のはやてにとっては敵がしてもあまり気にしなくてもいい(まとめて攻撃できる)作戦に思えますし。

>総合A+あれば人を浮かすくらいは余裕
なんだか魔導師ランクと魔法のランクの無関係度が増している今作ですが、とりあえずはリインにとっては余裕のようで。

>被害は空港
空港島となっているならまだしも、空港施設と付近の都市が隣接しているのなら都市に被害が出るのも仕方がないのではないかと。
空港全焼で付近無影響というわけにはいかないでしょうし。

ただ、レリックが原因の火災事件のようですし、ほかの破棄理由というのも大いに考えられそうですね。
何気に重要な伏線かもしれません。

>エクステンションではないのか?
距離は必要なさそうですし、ノーマルでもいいのではないかと。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 15:45
>防御系の魔法を使うのかと
同じ感想の方がいて嬉しかったです。
みんな砲撃とか何とか、気持ちは分かりますがいきなりそれは・・・(笑)。

>ゆっくり地上に下ろした感じ
言われてみれば、確かに。
しっかり成長しているようですね。

>反撃型機械の周りの球体も全部なのは作
そこまで行きますか。
とはいえ、可能性としては十分考えられますかね。
サンダーフォールは納得で、サーチャーがなのは作ならすべてなのはが作ったほうが管理もしやすそう。
あとは、試験する管理局側としても、お金かからないですし(笑)。

>自力で飛んだ方がいい
あまり平時から勝手に空を飛ぶのは禁止という可能性も?
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 15:54
>ベルカ式魔法陣の外観でやってることはミッド式魔法陣と同じ
これだと、いよいよ魔法陣の違い=現時点で分かる、おそらく最大の術式の見た目における違いの意味が不明になってきます。
ちなみに、足元魔法陣はいつも一番最初に出てることから、私は魔法プログラム起動のためのものだと考えてます。

>威力があるのは衝撃波の方
言われてみれば、確かに。
陣風は思いつきませんでした。

>フローターフィールドで結界系の応用
そういえばあれも結界系でしたっけ。
空間になにか作用させるものはひっくるめて結界系なんでしょうかね。

>動いている人間二人に発動した魔法まで消す
無茶苦茶凄いと思います。
動いている人間までというのがミラージュハイドと決定的に違うところ。
ここまでできる幻術系の使い手が減っているのは、やはり魔力消費が大きい(明言はフェイクシルエットの方ですが)からなんですかねぇ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 15:57
>ローラーブーツはオンボロ、アンカーガンは囮で使った時に集中砲火
これでよさそうですよね。
オンボロはともかく、あの囮による集中砲火はちょっとどうかと思いました。
デバイスをもう少し大切にしろと思わないでもなかったり。

アンカーは残るんじゃないですかねぇ。
一応発射口は2つあるはずですし。

>スバルがシグナムらに近い瞬間威力系、ティアナはなのはらに近い魔力増強系
それぞれ近代/古代ベルカ式とミッド式。
しっかり使い方が分かれてるのがいいですね。

>ぶつかる直前の爆発っぽいのの反動
ほかでもそういう意見がありましたし、それで良さそうですね。
そう考えるとなかなか強引な魔法です。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 16:01
>みけねこさん
こちらこそ、コメントどうもありがとうございます。
そして、初めましてなのにレスが遅くなって申し訳ありません。

ブログにしっかりしたも何もないと思いますよ。
参考になれば幸いで、こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

>なのはの破壊力を超える
スバルも(ティアナから見れば)魔力バカらしいので、将来的にはひょっとしたら?(笑)
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月13日 16:03
またコメントさせて頂きます〜。

>何故近代ベルカを選択したかが謎。
>もっとも、環状魔法陣まで近代ベルカ式だという保証〜
う〜ん。これは私も気になってました。(^^;
例えば、術式の違いというのがまんまパソコンで言う所のOSの違いであるのなら、ミッド式OSの上で古代ベルカ式OSをエミュレートした近代ベルカ式アプリケーションを動かしているという形になり、現実世界においてユーザーがOSがどう言った原理でOSが動いているのか良く知らなくてもアプリの使い方を熟知していれば何の問題もなくアプリを使える様に、スバルがミッド式というOSを上手く運用出来ないために近代ベルカ式というアプリケーションを主力としている……なんていう力技の屁理屈もこねられたのですが。(ぉ

まあ、そうなると、そもそもミッド式が扱えなければ、それを基にして動いている近代ベルカ式もまともに扱えないじゃんという事で没なのですが。

続く
Posted by クロ助 at 2007年04月14日 00:32
となると、スバルの習得しているシューティングアーツにこれらの疑問を紐解く鍵があると思われるのですが、既出の情報にSAに関連するモノってありましたっけ?(^^;

起動魔方陣がベルカ型という事は、魔力の収束・制御などの一連の流れも近代ベルカ式を基本とした物だと自分は思っているのですが、halogenさんの仰られている
>もっとも、環状魔法陣まで近代ベルカ式だという保証〜
の部分もやっぱり無視しづらいんですよね。(苦笑

近代ベルカ式というエミュレータを起動させている状態で、果たしてミッド式の術式を好き勝手に混入させられるのか、というのが自分にとっての疑問点です。
土台部分がミッド式なんだから、好きな様に出来るかも?とも思えますし、「いやいや、エミュレータとは言え、プログラム部分がベルカ式に切り替わってるんだから、迂闊にミッド式のプログラムを割り込ませると不具合が発生するのでは?」とも。

続く
Posted by クロ助 at 2007年04月14日 00:51
という訳で、先の「リボルバーナックルを用いたスバル式DBの発動」に追加して、今の所の私見としましては、

スバル自身はミッドチルダ式の術式と相性が悪いが、スバルが習得しているSAがベルカ式の弱点である射撃・砲撃部分をカバーする形となっており、不得手なミッド式でDB用の術を組む不安定な形よりも、基礎戦法である近代ベルカ式のバトルスタイルに合わせ、SAと近代ベルカ式の組み合わせで、格闘中にスムーズに攻撃に組み込める短距離砲撃型魔法としてのアレンジ型DBのプログラムを組む形を取った

という説を挙げさせて頂きます。
もちろん、「近代ベルカ式をエミュレートしている最中は、エリオの様に近代ベルカ式とミッド式の魔法を単体として発動させられる他、近代ベルカ式のプログラムの中にミッド式のプログラムを混入してひとつの魔法を形成しても問題なく動作する」という事実があるのなら前提条件からして崩れ去ります。(笑
Posted by クロ助 at 2007年04月14日 00:57
>クロ助さん
>パソコンで言う所のOSの違い
>スバルがミッド式というOSを上手く運用出来ないために近代ベルカ式というアプリケーションを主力
これは流石にねぇ。
ちょっと厳しすぎる気がしますね。

>シューティングアーツにこれらの疑問を紐解く鍵
それは可能性としてはあるのかも。
私は魔法とは完全に別個のものだと考えてましたが、案外関係あると言うことですか。
既出情報にSAに関するものはなかったと思います。

>魔力の収束・制御などの一連の流れも近代ベルカ式を基本
詳しくは後で書こうと思ってますが、実はこの魔法は完全に2分割できるのでは無いかなとも思っていたり。
近代ベルカ式にミッド式を混ぜるのではなく、近代ベルカ式→ミッド式という流れ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月14日 07:57
>ミッド式の術式を好き勝手に混入させられるのか
これは私も疑問に思いましたが、混入ではなく完全分割ならまだ可能かな、と思ったので。
エミュレータがどの程度なのか分かればいいのですけど。

>今の所の私見
とりあえず、あくまで全て近代ベルカ式ということですね。
確かにこの方が自然ですか。

ただ、ミッドとベルカの両立に関しては、そもそも古代とミッドではやてがラグナロク使ってるのが何とも。
あれは逆パターンでしかもはやてが別格とはいえ、1つの魔法の中に2つの術式が存在するのは問題ないと思うのですが。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月14日 08:02
スバルのDBについて。

私の考えはミッド式のDBを使っているというもので、本記事でhalogenさんが書いておられる内容が一番近いでしょうか。

魔法陣に注目してみたのですが、VFBの説明から魔法陣とは
発動する魔法の術式の一部をあらかじめ図式化しておくことで発動を補助するもの、と捉えています。
足元魔法陣については、それぞれの術式における多くの魔法の初期プロセスを担うものだから一番最初に展開されると考え、
魔法起動そのものに魔法陣が必要とは考えていません。
Dシューターの例から、術者なりデバイスなりでそのプロセスを容易に行えるなら、魔法陣は使われないだろう、と。

ここでミッド式魔法を見てみると、円形魔法陣は形が同じでも、使う魔法によってその性能は違うのではないでしょうか。
例えばDBフルパワーやフローターフィールドでは足場になるようですし、ラウンドシールドでは盾にもなります。
Posted by アキ at 2007年04月14日 12:57
展開する場所の違いもありますが、ここでは魔法によって性能が違う、と考えてみます。

さて、近代ベルカ式について考えたとき、これはミッド式を元に古代ベルカ式をエミュレートしたものですが、
バリアジャケット等補助系はミッド式を使っているようで、疑似再現した内容は魔力付与系がメインではないでしょうか。
そうすると、近代ベルカ式は補助系等でミッド式を併用するのを前提とした術式ということになります。
この状況を考えると、魔法陣は魔法によって性能が違うとしたとき、近代ベルカ式魔法陣には
ミッド式魔法の発動を補助する使い方も可能ではないか、と考えられないでしょうか。
無論、魔力付与系の発動補助の性能で使う機会の方が本来は多いのでしょうし、ミッド式魔法の補助として使えるにしても、
ミッド式魔方陣の方が補助効果は高いということは十分ありえるでしょうが。
Posted by アキ at 2007年04月14日 12:57
ともあれ、近代ベルカ式がミッド式の併用を前提としているなら、戦闘中にミッド式を発動する機会を想定して、
近代ベルカ式魔法陣でミッド式にも対応できるように作られているのではないか、という考えです。
この考えを元に、結論としては、スバルのDBは、近代ベルカ式魔方陣をミッド式補助性能用で使用して、
ミッド式のDBを発動した、というもので、魔法の術式としては全てミッド式で、その発動補助としての魔法陣に
近代ベルカ式を使用している、という感じです。

こうすると、クロ助さんが最後に挙げた仮定に近いものがありますかね…?
環状魔方陣については、ミッド式か、近代ベルカ式のミッド式補助用、といった所ですかね。
他の近代ベルカ式で環状魔方陣が使われると判断がつきそうですが、まだ何とも。
Posted by アキ at 2007年04月14日 12:57
では便乗して、スバルのDBについて俺も私見を。

考えてみて、環状魔法陣はミッド式とするのが一番しっくりきました。足元の近代ベルカ式魔法陣と並列している事については、

ミッド式(ハードウェア)→近代ベルカ式(エミュレータ)→近代ベルカ式魔法陣→魔法プログラム読み込み→魔法・効果発動

と普通なっている(仮説)ところを、スバルのDBでは読み込むプログラムを上層回帰プログラムとして

ミッド式(ハードウェア)⇒近代ベルカ式(エミュレータ)→近代ベルカ式魔法陣→回帰プログラム(⇒に戻る)→ミッド式環状魔法陣→魔法プログラム読み込み→DB

としているのではないかと。ちょっと遠回りですが、むしろこの位の方が純粋ミッド式と差別化が出来ていいかと。

あ、一応書いておきますが、魔導師が普段魔法を使う際にアクセスするのは魔法陣(ソフトウェア?)と言う事で。
Posted by 東西南北 at 2007年04月14日 16:59
これだとスバルのDBにおいて足元の近代ベルカ式魔法陣は直接術式に関与せず、環状魔法陣だけで発動してる事になりますが
短射程の理由のひとつとして説明できますし、もしかしたら実際は回帰先で実行するプログラムまで書かれてる可能性もあります。

もちろん、わざわざ上層回帰せずとも混在なり分割並列なり出来るかもですが、それだとエミュレートというよりは
ミッドとベルカの融合術式、遠中近全距離対応の最強汎用術式になってしまう気がしまして。
なので、こういうのも有りかな、と言う事で考えてみました。

あ、エリオのようにミッド式を並行取得してる場合は、エミュレータを通さない別ルートを組んでいるんじゃないかと。
なので、この場合足元魔法陣はミッド式になるだろうと考えます。
これ、「並行取得」という言葉にすごくしっくりくるんですが、どうでしょうか。
Posted by 東西南北 at 2007年04月14日 16:59
なんだかさっさと考察記事作ってそっちでやったほうがいい流れみたいですね。
申し訳ない。

というわけで、簡潔に。
なんだかミッド式環状魔法陣説の影響も大きそうですねぇ。


>アキさん
>発動する魔法の術式の一部をあらかじめ図式化しておくことで発動を補助するもの
そういえばそうでした。
ただ、確かに起動そのものには必要ありませんが、足元は一番最初に出るので、やはり起動プロセスを図式化して補助するものだと考えてしまいます。

>使う魔法によってその性能は違う
これは十分そうだと思いますが、問題は術式を超えられるのか。
また、ミッド式魔法の補助を近代ベルカ式魔法陣でする意味は何か。
これはアキさんも問われてますが、ベルカ式デバイスであるマッハキャリバーで発動するからというところに意味を求めるしかないと思います。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月14日 17:59
ただ、

>補助系等でミッド式を併用するのを前提とした術式
は全くそのとおりだと思いますし、気になるのはウイングロード。
これも環状(というより帯状)魔法陣使用で足元ベルカ。
案外これもミッド式かとも思ってたりします。
そうなると、ベルカ魔法陣で中身はほぼ全部ミッド式というのも無いとはいえなさそうですね。

>他の近代ベルカ式で環状魔方陣が使われると
これだけでは判断がつきかねるようにも。
この魔法陣がミッドかベルカかの判断はつかないでしょうし。
古代ベルかで一度でも環状魔法陣が出てきてくれていると話は早かったんですけどねぇ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月14日 18:01
>東西南北さん
なるほどですが、私はディバインバスターに関してはもっと簡潔に、完全に分離してるのではないかとまで思いました。

>純ミッドとベルカの融合術式、遠中近全距離対応の最強汎用術式
これは、私は全然問題ないと思いますよ。
むしろ、本人の魔法適性として近距離資質も遠距離資質も保有するものはこうするだろうと考えて。
ただ問題は、アームドデバイスとインテリジェントデバイスの違いと考え、ここでミッド式優位が出ると思いますが。

スバルが近代ベルカなのは、あくまでも本人に遠距離(放出・集束)などの資質が無いからと考えます。
となれば、いくらミッド式を使ったところで高々知れてるはずですから。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月14日 18:07
エリオだけ並行取得と言われてますが、スバルだってバリアジャケットですしやってることは変わらないと思いますよ。
エリオは数が多いからそういわれてるだけ、スバルは最低限と、仮定ですがディバインバスターのみだから並行とは言われないだけ。
並行というのはあくまで、今後も近代ベルカとミッドの両方を覚えていくという意味だと思います。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月14日 18:07
何か、「ミッドがベース」という単語に引き摺られ過ぎな気がして来たぞ・・・。
ミッド式の下層に近代ベルカ式がある、というのは間違いか・・・?
そもそも、スバル達のバリアジャケットがミッド式だという記述もどこにも無い・・・。

と考えた結果、近代ベルカ式はミッド式をベースに古代ベルカ式をエミュレートした、しかしてどちらとも別個の独立した1個の術式と考えるのが良いかも知れないと思いました。
ただし、独立はしてるけど基本的なプログラム構造はベースのミッド式と当然似通ってて、両術式で共通の魔法(バリアジャケット等)も存在する、という感じで。

ただ、あくまで別個の術式なので、共通する魔法(共通式、とでも言いましょうか)以外はお互い使う事は当然出来ない。
そこで、エリオは機動系のみミッド式も並列取得している、と。
Posted by 東西南北 at 2007年04月14日 20:30
この考えだと、どう見ても共通式とは思えないDBを近代ベルカ式魔法陣で撃ってる以上、環状魔法陣共々あれは近代ベルカ式魔法と言う事になります。魔力付与に特化してるはずなのに砲撃を撃ってる事になるのですが・・・これはスバルを良く頑張ったと呆れつつ褒めるべきなのか、俺が首吊るべきなのか?(爆

ただ、向かないだけで、この考えでも簡単なものなら近代ベルカ式でミッド式魔法を再現する事も出来なくはないでしょう。
(その究極が共通式魔法、という感じで。)
ただそれは、例えるならパソコンで文章を書く際に描画専用ソフトで手書きしてるようなもの(ワード使えよ!)みたいな。
・・・むぅ、この例えはイマイチだな(汗)。とにかく、そんな感じに考えを改めてみました。
新たに考察記事を作ると仰られているのに、またここに書くのをお許し下さい(汗)ではでは。
Posted by 東西南北 at 2007年04月14日 20:30
4/14 13:30・・・や、やっとの事でなのはSS第一話を見ることができました!|(^^)|・・・ケーブルTVを契約していたことをこれほど嬉しいと思った事はありません!
たとえ2週遅れでもDVD販売を待つ事を思えば何ほどのことがありましょう・・・か・・・いややはり少々悔しい。
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月14日 21:20
それにしてもスバル回想シーンD.B.、最低でも5〜10層の間隙装甲に等しいビルの全階層を主構造に衝撃を与える事無く(でなければ倒壊して生き埋め!)天井まで貫通・・・お、恐ろしい・・・
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月14日 21:31
>東西南北さん
>引き摺られ過ぎ
それは確かにそうかもしれませんねぇ。
でも近代ベルカ式は完全別個と考えると、バリアジャケットは近代ベルカ式バリアジャケットとなり私が一番最初に考えていたイメージに近くなってかなり嬉しいところではあるのですが(笑)。

>エリオは機動系のみミッド式も並列取得
どうして“そこで”になるのか、あまり分からなかったりするのですが。
この場合、素直に近代ベルカ式の機動系を利用すればいいように思います。
また逆に、スバルもミッド式を使わない理由が無くなるのではないかと。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月15日 01:44
私がエミュレートにこだわるのは、これによって適性を“術式そのものへの適性(そもそもベルカが使えるか使えないか)”から、“それぞれの術式の個性への適性(近接に向いているか、集束・放出・魔力運用は得意か)”へと転換できたからなのですよ。
もし完全別個にするのなら、適性は前者寄りになると思うのです。
後者なら、完全別個でも近代ベルカ式とミッドチルダ式を両方使用できることになって、状況は最初とあまり変わりません。
まぁ別にそれでも矛盾は発生しないのですけどね。

>魔力付与に特化してるはずなのに砲撃を撃ってる事
これ自身には、特に私は文句無いんですけどね。
スバルが撃ってることについては頑張ったと褒めてやりたいですが、近代ベルカ式で撃ってることに関してはそんなにおかしくないと考えているので。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月15日 01:44
>渋川雅史さん
そういえば、今日はファミ劇でのなのはの初回放送でしたね。
私はすっかり見逃しました。
一応ファミ劇でも見てみたいので、月曜にでも見ることにします。

とりあえずは、無事に見られたようで何より。

>主構造に衝撃を与える事無く(でなければ倒壊して生き埋め!)天井まで貫通
あれで崩れないのが凄いですよね。
やっぱりレイジングハートがしっかり計算していたのだと思いますが、凄いコンビです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月15日 01:50
自分もやっと見ることができました。今回CS加入もこれのためが一番大きかった。今まではDVD組でした。
あときずいた事ですがベルカの魔法陣でスバルのものにも剣十字があるのが、剣十字は夜天の書固有だと思うので気になりました。まあ聖堂教会のほかのベルカのデバイスがでれば剣十字が固有かどうかわかりますが。
Posted by 宮内 at 2007年04月15日 20:48
>宮内さん
今回はCSでも1週送れながら放送してくれてよかったですね。

>スバルのものにも剣十字がある
これは別に、そんなに不思議とも思いませんでしたけど。
剣十字が夜天の書固有のものかどうかなんて分かりませんし(示されてないはず)、そもそも剣十字は元々ベルカ固有で、それを夜天の書がベルカ式である印として利用したのかもしれません。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月15日 21:02
本編は5回、OPは10回リピートしました!
・・・これはSSとは関係ありませんがちょうど『水戸黄門』新シリーズが始まった関係もあって言ってしまいましょう。
以前からザフィーラの人間形態はどこかで見たような?と思っておりましたが最近、『水戸黄門』の「風の鬼若」(照英)がモデルだと確信いたしました。するとヴィータのモデルは彼の主君である少女忍者アキということに・・・ファンの方どうか石を投げないでください。
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月16日 22:34
次にキャスティングについて。
スバルの斉藤さんは「ケロロ」の夏美ちゃんしか知らなかったせいで気弱な部分が実に新鮮でした。
ティアの中原さんも「おねツイ」の深衣奈しか知らなかったのですが他に考えられないほどドンピシャですね?
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月16日 22:39
さてOPですが・・・見事!キャラの全裸もエロいというよりは裸婦を描いた名画の雰囲気すらありますね?
ティア・キャロ・エリオ・スバルの大見得シーンのカタルシスは「貫け!撃ち抜け!」と声を飛ばしたくなります。
そして「ロリ化ライダー」と評判の謎の少女(ルーテシアというんですね?)の美しさに妖気を見るか儚さ・可憐さを見るかによって今後の展開の予測が違ってきます(後述)
ラスト近く、空を覆うガジェットの大編隊・・・中央はガンダムのガウ攻撃空母のごとき飛行空母と思われますが、あれのブリッジにいる今回のラスボスはどんな人物なのやら・・・しかしあの大軍相手といえど二人で十分に立ち向かえるであろうなのは&フェィトの力が十分に伝わってきます!
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月16日 22:55
本編、負傷したティアとスバルのやりとり・・・「戦友を決して見捨てるな!」・・・米海兵隊のモットーを思い出してしまいました。それからアクティブガードとホールディングネット・・・空母艦載機の最終制動手段であるクラッシュバリアーを思い出して笑えました・・・スバル、ほとんど墜落してたんですね〜あそこでなのはとリィンがいなかったらと思うと・・・(^;
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月16日 23:09
ここからは私の完全な妄想ですので笑ってみてやってください。
今後の展開についてですが、第一期は「なのはがフェイトを助ける」第二期は「はやてがヴォルケンリッター&闇の書を助ける」というのがそれぞれストーリーの主軸であったと思えば今回は「フェイトがルーテシアを助ける」というのがストーリーの軸の一つになるのではありますまいか?なのはにもらった思いを自らの中で暖め、育てていったフェィトが今度はかつてのなのはのようにかつての自分に似通った立居にいるルーテシアを助けるというような・・・(『他人を助ければ自分が助かる。人の運命は複雑さをともなっているようにみえるが、この年になってふりかえってみると単純なものだ。平凡であるとさえいえる』:宮城谷昌光著『孟嘗君』より)
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月16日 23:29
で、私は以下のような妄想を抱いております。
 ルーテシアは物語中盤ごろ(10話前後)にガジェットを率いて6課の前に直接登場、これにかなりの損害を与えて実力を誇示するのでしょう。彼女のバックにいる黒幕はガジェット自身の高性能とフィードバックによる発展性から相当な技術力の持ち主であることは明らかなのでこんな人物像はいかがですかね?
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月17日 00:04
・科学的原理、原則、法則と言った学術的真理の探求にいうなれば魂を売った(「岸和田博士的の科学的愛情」的に)魔道学者、古代魔法を研究してミッド、ベルカ、その他の世界のすべての魔法を包括する大統一魔法式を見出す事が彼の目的。そのためにはいかなる法的、道徳的制約も無意味であると断じる究極の確信犯にして科学的虚無主義者。ルーテシアはこの目的の為、彼の見出した新魔法式(あの正四角形プラス円の魔法陣!)のモニター&探求者としての自身の後継者として作り上げた存在、さながら芸術家が自身の作品を愛するがごとくに彼女を愛し、教育し、鍛え上げており、彼女もこれに自らの意思をもって答えている。
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月17日 00:05
・・・男やもめの彼は一時期結婚していたことがあり、ルーテシアはその際に生まれた娘のクローン体である。もともとの娘の魔法資質が優れていたのは多分に偶然であるが「奇貨おくべし!」として更に遺伝的資質に磨きをかけて誕生させた・・・娘の名はアリシア、前妻の名はプレシアと言う・・・
 ここまで来るとギャグですね?」(^;
Posted by 渋川雅史 at 2007年04月17日 00:07
>渋川雅史さん
多くのコメントありがとうございます。
ただ、このくらいの分量なら2個を1個にまとめて(つまり今回だと合計4個に)送ってくれたほうがありがたいかもです。
その位なら一度に送れる(400字制限)と思いますし、その方が管理もしやすいので。

>『水戸黄門』の「風の鬼若」(照英)がモデル
水戸黄門知らないので何とも。
別にそんなところからモデルは取ってないと思うんですけどねぇ。

>キャスティング
私は流石にもっとほかに色々知ってましたが、今まで誰をやっていたかよりもこの役をどう演じるか。
ついでに漫画からあまりイメージを入れない私にとって、2人とももうこれしか考えられません。

>ティア・キャロ・エリオ・スバル
これは良かったですよね。
早く本編でこういった連携戦闘を見てみたいです。

>謎の少女
ルーテシアですね。
足元の魔法陣が新出なのが気になります。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月17日 00:53
>米海兵隊のモットー
またとんでもないところに行きましたね(笑)。
まぁ漫画版のあれを見る限り、とんでもないと言えないのが辛いというか何というか。

スバルはあれが無かったら大変なことになってましたね。

>「はやてがヴォルケンリッター&闇の書を助ける」
はやてだけがと言い切って良いものか。
今期もルーテシアを助けるというのは良いとして、フェイトがというのはどうなんでしょうね。

>ガジェットを率いて6課の前に直接登場
どうでしょう。
そもそもガジェットとのつながりも不明と言えば不明。
まぁ普通に考えて出所は同じみたいですけど、既に和歌山で放送された第3話の情報を聞くに思うところもあるので。
魔法陣に関して・・・。

最後のは完全にギャグですね(苦笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月17日 00:59
>halogenさん
文字数制限に関しては携帯からだと200字だったはずです
渋川雅史さんが携帯からだとこんな感じになるはずですよ
Posted by さとる0852 at 2007年04月17日 12:20
>さとる0852さん
あ、これは大変失礼致しました。
渋川雅史さんどうも申し訳ありませんでした。

なるほど、200字だからこちらの感覚のちょうど倍になるわけですね。
というか携帯でここまで頑張って書かれたのに、重ね重ね申し訳ないです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月17日 13:29
正確な歌詞も手に入ったので、OP・EDについて一度。

OP、アニメ放映前に聞くなんて初めての経験でしたよ。
ともあれ当時の予想通り、映像がついた時のインパクトは大。
個人的にはA’sを継承しつつ今作に合わせる形に昇華したな、という感じでした。
日常と魔法という感じで趣きが違っていた1期とは一概に比較できませんが、
戦闘色が強いOPとしてA’sと比べると、戦闘シーンにやや物足りなく思っていたのと、
短いカットが連続して現れる演出が好みなのもあって、今作のを結構気に入っています。

物語の主軸であろう、機動六課+なのはとスバルで始まり。
タイトルロゴ背景の大都市、3話の映像から後ろのタワーは首都の管理局中央議事センターの様子。
完全に舞台はミッドに移った感じですが、首都で何か事件でも起きるのかなぁ。
確かにミッド地上本部崩壊とかになったら、局と全世界が震撼してもおかしくないでしょうが。
Posted by アキ at 2007年04月24日 21:33
各隊長をバックに変身する新キャラ組。
3話の予告から見ても、陸隊制服の時に光っているのがデバイスの待機形態の様子。
文字は何と書いてあるんでしょうかね。
コールサイン、名前、デバイスの名前のようですが、デバイス名の前に何かあるような。
判別できたのはスバルのXMとエリオのXS、X+デバイスの頭文字?

ロングアーチスタッフ、グリフィスはシャーリーと幼馴染のはずなのに一緒にいるのはルキノなのね。
そして守護騎士一同。制服+デバイスとは珍しい組み合わせながら、何故か無性にかっこいい。
風に髪をなびかせる姿は、なのは・フェイトやスバルらとは違った気高さのようなものを感じます。

意外にも今回も入れてきたなのはとフェイトの変身。
赤いランプが点灯、はやての指揮で飛び立つ二人は完全にロボットものか戦隊ものの発進シーンでしょう。
格好よくて仕方ありません。是非とも本編でもやってほしい。
Posted by アキ at 2007年04月24日 21:33
このシーンも背景は首都のようで。
六課は移動にヘリを使ったことからも少々離れている様子。
となると、意外と首都へ攻めてきた敵軍相手になのはとフェイトが防戦というか
相手が可哀そうになるほどに大破壊を行う可能性もあるかもしれませんね。

ガジェット4体に未出の機械兵器(ガジェット二型?)1体と対峙する新キャラ4名。
これも勢いがあっていい感じ。
カートリッジロードしたエリオの雷撃、見覚えがあると思ったら、1期#04でのフェイトの封印と似てるんですね。
しかもBDのシーリングフォームも槍だったはずなので、これもストラーダとの共通項。
煙を突き破って駆け抜け拳を叩きつけるスバルもいいですね。
発展途上らしいがむしゃらさというか、なのは達とは違った格好よさがあります。

新キャラはどのように関わってくるのか期待大。
成長した分新規で平均年齢を下げようという目論見を感じますが。
Posted by アキ at 2007年04月24日 21:33
発進した後のなのはとフェイトは驚異的な破壊力で大量破壊。
そしてハーケンセイバーがOPで登場したのはなかなか嬉しかったですね。

恐らくはレリックを背景に現れるメインキャラ。レリックの事件に皆が飲み込まれていくということなのか。
間には各隊集合。一瞬ながらそれぞれの関係が見て取れそう。
しかし、随分はやての背が低いような。そしてグリフィスとシャーリーの距離が遠い。
この作品では幼馴染は関係が進展しない運命なんだろうか……がんばれユーノ!
前半3人が一人ずつだったのに、はやて+リイン、エリオ+キャロ、なのは+フェイトは二人ずつ。
スバル・ティアナは個人の面も出し、逆にエリオとキャロはコンビとなる方に重点がある、ということかな。

前作に引き続きデバイス連続描写。
白い魔法陣に蒼天の書……思えばこれって、ユニゾンデバイスが別のデバイスを使っていることになるんですね。何か妙な感じも。
Posted by アキ at 2007年04月24日 21:33
気になったのが夜天の書+騎士杖、魔法陣が黒紫となっている点。
はやての魔力光は2話からも明らかに白色。
これは初代リインの色なわけですが、そちらを選んだというのはどういうことなんでしょうね。

ラストを飾る六課のエンブレム上に防護服で集合。
1期、A’sのラストが共に私服でデバイスを持っているという日常と魔法の両立を暗示する形だったのが、
今回では完全に魔法よりで、しかも全集合ということで集団としての色が濃くなるのでしょう。

EDは個人的にかなり気に入ってます。
弦楽器系のバックが好きで、その音質でジャンというのや何度か出る三連譜が妙にツボりました。
これは伴奏込みで楽譜が欲しいかも。
歌詞も「真夜中の太陽」「真夏のオリオン」等一見矛盾したフレーズは色々考えたくなってしまったり。
そんなこんなで割と連続再生中です。
Posted by アキ at 2007年04月24日 21:34
>アキさん
>アニメ放映前に聞くなんて初めての経験
そうだったんですか。
といっても私も他はなのはA’sくらいでしたけど。
予め聴くのは本編始めてみたときの驚きが減るという半面、映像がついてどうなるのかと楽しみにしたり、実際に映像がついてより凄いなと思えたり。

>A’sを継承しつつ今作に合わせる形に昇華
A’sと似通ってるじゃないかという批判もあるみたいですが、むしろ私はその方がいいと思うんですけどね。
別に全く同じじゃないですし、むしろ仰るとおりしっかり今作に合わせる形になってますし。
戦闘シーンも今回の方がいいですよね。

>完全に舞台はミッドに移った感じ
というか、“ミッドチルダ”に留まるのかそれとも他の次元世界まで巻き込むのか。
舞台は時空管理局ということで、さてどこまで広くなりますかね。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月26日 23:33
>ミッド地上本部崩壊
それは一大事ですよねぇ。
そういえば、どこかで最近誰かが書いてたかもしれませんが、これってあくまでミット地上本部なんですよね。
以前ユーノが本局からミッドと地球との距離を言ってましたが、本局ってどこにあるのやら。

>文字
ちょっと細かすぎて、解像度の問題もあって読めないですよねぇ。
そもそも私の所はアナログ受信なのですが、デジタルならもっと読みやすいんでしょうか。
X+デバイスの頭文字としたら、Xの意味が気になります。

>シャーリーと幼馴染のはずなのに一緒にいるのはルキノ
そういえば一緒にいましたっけ。
全然注目の対象外でした(笑)。

>守護騎士一同
これは格好よかったですよね。
しっかり守護騎士勢ぞろいの絵があったのも嬉しかったです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月26日 23:56
>はやての指揮で飛び立つ二人
これは最高に格好よかったです。
ちょうど前作のリンディみたいな感じでしたが、本編でもあるといいですよね。
まぁはやてには指揮だけでなく魔導騎士としての活躍もしてほしいところではあるんですが。

>相手が可哀そうになるほどに大破壊を行う可能性
間違えて地上を巻き込んでしまうと、結界張っていたとしても修復が大変そうです(苦笑)。

>1期#04でのフェイトの封印と似てる
他でもそんな感想を見かけたのですが、確かに良く似てますよね。
シーリングフォームも槍だったというのはすっかり忘れてましたが(汗)。

>ハーケンセイバーがOPで登場した
これは本当に嬉しかったです。
てっきりザンバー中心になるのではと危惧していたものですから。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月27日 00:06
>随分はやての背が低い
まぁ6年後でも一番低かったですし、こんなものではないかと。
幼馴染は誰しも進展するわけじゃないですし、こんなものじゃないですかね。

>ユニゾンデバイスが別のデバイスを使っている
一応そういうことになるんですかね。
今回は蒼天の書が単純なストレージではなくストレージ“デバイス”とのことですし。

>夜天の書+騎士杖、魔法陣が黒紫
これは単純に絵的な問題のようにも。
白が続くというのもどうかと思いますし。

>ED
私も結構気に入っています。
というか聞けば聞くほど好きになってきました。

>一見矛盾したフレーズ
「真夏のオリオン」は南半球なら普通では・・・、と考えてしまった私は完全な理系頭です(苦笑)。
確かに色々と意味を考えたくなりそうですね。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月27日 00:13
>文字
X+数字で最初に思い出すのがガンダムシードの機体ナンバーだったり。
そこでのXは試作機(experiment)の意味で、英和辞典でもXで引くとexperimentalの略としても使われる様子。
4話でのデバイスの説明からも案外これで当たっているかもしれません。
機動六課での試作機と考えるなら、RHやBDの前にX+アルファベットの表記がないのも分かりますし。

>単純に絵的な問題
まぁ、そう考えるのが正解だとは思うのですが。
何がしか初代リインに触れられる展開も妄想してみたり。

>南半球なら普通では
そう来ますか。そういえば、当然ながらミッドの星空は地球とは異なるんでしょうね。
それ以前に昼の時点でだいぶ大きな星がいくつか見えてますが、近い距離に大質量があったら潮汐が凄いことになりそうとか、
日中どうして円形に見えるのかとか、芋づる式に謎が出てくるんですが。
Posted by アキ at 2007年04月28日 21:36
>アキさん
>ガンダムシードの機体ナンバー
>試作機(experiment)の意味
なるほど、試作機ですか。
英和辞典でも略として扱われているのなら可能性はかなり高そうですね。

>何がしか初代リインに触れられる展開
いよいよStrikerSからの御新規さんと情報量で決定的な差がつきそうな気もしますけど、あるいはA’sにおけるリニスのような感じとか?
シリーズをずっと追ってきた身からすれば、是非見てみたいところではあります。

>そう来ますか
まぁ、ちょうど北半球的な偏見(北=寒い、南=暖かい)について考えていたところなので。
ほら、ベルカ自治領ってミッド北部と言いますが、イコール寒いのかなと考えてしまってふとこう思ったんです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月28日 22:01
普通に考えるなら、真夜中の太陽も真夏のオリオンも、見えないけれど確実に存在するものという意味あたりでしょうか。
厳密には北半球の真夏でも、夜明けくらいにはオリオン座見えるらしいですけど。

>ミッドの星空
月らしき衛星が2つあった時点でそうでしょうねぇ。
連衛星って地学系好きにはかなり心惹かれるのです(笑)。

潮汐は、そもそもミッドチルダにおける太陽が分からないことにはどうにも。
太陽も大きければ、それはそれでバランスが取れるはず。
まぁ大潮になるとますますすさまじいことになりそうですが、公転周期の関係で常に直角に存在するか、あるいは各方向に大質量がいくつか存在するなら分散されて大潮は存在しないのでは。
・・・と、下らないことを考えればキリが無いですねぇ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年04月28日 22:04