2007年05月16日

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話

最初の出動のときも
それなりに上手くはやったけど
ただそれだけだった

毎日の訓練も
あんまり強くなってる実感が無い

でも中には
優秀すぎる相棒がいて

私の周りには
天才と、歴戦の勇者ばっかり

今も疑問に思ってる
自分がなんでここにいるのかを

あの人はなんで、私を部下に選んだのかを




ミッドチルダ 首都南東地区

ヘリの中で、機動六課の面々に対してはやてが説明をする。
内容は、ガジェットの製作者・レリックの収集者の捜査状況と、今これからの任務について。
捜査に関しては、ジェイル・スカリエッティの線でフェイトが進めている。

今回の機動六課の任務は、取引許可のあるロストロギアも出品される、骨董美術品オークション会場の警備。
ただし、この手のオークションは密輸取引の隠れ蓑にもなり油断は禁物だと注意が入る。
隊長達は建物の警備で、前線は副隊長達の指示の元で新人達も務めることとなる。


ホテル・アグスタ

ドレスに着替えたはやて達3人は、受付から会場内へ。
警備の厳重さなどを確認、そのレベルにとりあえずは一安心の様子である。

「でも今日は、八神部隊長の守護騎士団、全員集合かぁ」

会場外の警備中、ふと思ったスバル。
そんなスバルへのティアナの疑問に、スバルがはやてと守護騎士に関して知っていることを伝える。
ただし、詳しい出自や能力の詳細は特秘事項であり、スバルも詳細は知らない。

「六課の戦力は、無敵を通り越して明らかに異常」

改めて、ティアナは機動六課のメンバーの優秀さや将来性を思う。
そして凡人は自分だけと思い返す。


ゼストとルーテシアが会場周辺の森まで接近。
ルーテシアはガジェットの接近を感知する。

一方、周辺探査を行っていたシャマルもガジェットの反応を探知。
地下警備を行っていたライトニング分隊の副隊長以下は、シグナムがザフィーラを伴って前線へ迎撃に。
エリオとキャロは地上でティアナ達と合流する。

守護騎士達も騎士甲冑に身を包み、シャマルは現場指揮へ。
デバイスのレベル2起動承認を得たヴィータとシグナムは、ガジェットを迎撃するため森林方面へと飛び立つ。
オークションは様子見で開場を遅らされる中、ヴィータとシグナム、そしてザフィーラは順調に迎撃を進める。


「ごきげんよう、騎士ゼスト、ルーテシア」

近くで状況を見ていたゼストとルーテシアの元に、スカリエッティから通信が入る。
レリックとはまた別の骨董を会場から奪ってきてほしいというスカリエッティの依頼。
ゼストは断るがルーテシアは了承、コートを脱ぎ、アスクレピオスを起動させ召喚魔法陣を展開する。

「我は乞う、小さきもの、羽ばたくもの、言の葉に応え、我が命を果たせ」
「召喚、インゼクトツーク」


キャロのケリュケイオンやシャマルのクラールヴィント、管制のシャリオ達が反応を探知。
ルーテシアは極小の召喚獣を呼び出しガジェットに取り付かせ、ガジェットをコントロールする。

ガジェットの動きが急に良くなったことを受け、守護騎士達は作戦転換。
ヴィータは新人達の元に下がり、ザフィーラはシグナムと合流する。

ルーテシアは続いてガジェット11体を新人達の警備する会場周辺に転送。
リインは姿だけでも確認に行こうとするが、虫型極小型召喚獣の襲撃により断念せざるをえない。
一方で目標の骨董を発見したルーテシアは、ガリューを呼び出し収集に向かわせる。


新人達はガジェットに対して防戦中。
ティアナは意気込み、ガジェットを全て落すといい新人達を指揮。
エリオを下げ、スバルとのツートップで戦う。

ティアナはカートリッジを4発ロードして射撃魔法を連射。
多数のガジェットを貫くが、その中の1発がスバルを狙ってしまう。

「ティアナ、この馬鹿、無茶やった上に味方撃ってどうすんだ」

寸前で打ち返したヴィータはティアナを叱責。
フォローに入ったスバルもまとめて下げる。

ルーテシアは目標物を確保。
それをガリューにそのままスカリエッティに届けさせ、自らもゼストと共に引き上げる。


状況が一段落して、オークションが開始される。
召喚士は追いきれなかったもののガジェットはほぼ撃墜、任務は順調。
はやては会場で、同じく仕事中であったヴェロッサ・アコース査察官と会う。
そして会場では、若き考古学者として無限書庫司書長のユーノが紹介される。

外ではヴィータとシグナムがガジェットを全機撃墜。
しかしティアナは会場裏手を警護するといい、スバルも追い返してひとり涙するのであった。

「私は、私は・・・」






ルーテシア本格始動!

ついにルーテシアが共々動き出しましたね。
キャロと似たデバイスを使っているだけあって召喚魔導師でしたが、思いのほかその能力は高そう。
そしてどうやら古代ベルカ式らしい術式のようで、魔法陣関連ともども面白くなってきました。

スカリエッティからは単純な監視対象かと思いきや、相互に面識があって場合によっては協力もしているというのが意外でした。
スカリエッティからアスクレピオスにデータを飛ばせたり、逆にスカリエッティに物を届けることも出来たりと結構情報のやりとりも出来るみたいですね。
まぁ基本的には全てスカリエッティ主導ではあるんでしょうが。

しかし一方で、機動六課のほうではティアナがいよいよ大変なことに。
今までの様子を見る限りでは凡人だと卑下することもないと思うんですが、劣等感とは難しいもの。
それでも頑張ろうとした結果があれというのは可哀相です。

ということでストーリーもしっかり進んで、いよいよティアナにスポットが当たりましたね。
気になる言葉も出てきて、ますます世界が広がってきた感じ。
ここまでで全体の4分の1ほどで、この先どう展開していくか注目です。

作画はよろしくなかったようですが、私はあんまり気になりませんでした。
斉藤氏の個性的戦闘特化作画の古代ベルカ式作画に対して単純崩れの近代ベルカ式作画というのは面白いですが(笑)。
なのはって元々こんなものだと思いますし、ルーテシアや変身シーンなど良いところは良かったです。
今回のドレス等サービス回に限って作画が悪いという評は、そもそもリリカルなのはにおいてそういうのはサービスシーンではないということなんでしょう(笑)。
私もそんなドレスなんかに作画力をかけるくらいなら、そのぶんで戦闘シーンを最大限頑張って描いてほしいです。


それではいつものようにキャラ別本編感想&考察。
ユーノの登場があれだけだったとは可哀相に。


まずは、アスクレピオスと共に見事な召喚魔法をみせてくれたルーテシア。
キャロと似たアスクレピオスはこちらもブーストデバイスということでいいんでしょうね。
ケリュケイオンが反応していたことからも、ブーストデバイスは普通に召喚用のデバイスと考えるのが良さそうです。

ゼストと一緒にいる理由や何をしているのかなどはまだまだ謎ですが、スカリエッティとの繋がりはあるようで。
ルーテシア自身はスカリエッティのことをそんなに嫌いでもないとのこと。
ただゼストはスカリエッティを嫌ってるようで、名前の出てきたアギトなる人物共々その関連が気になるところです。

小型の召喚獣による無機物操作はその数が半端ではなかったですね。
それにより操られたガジェットの動きも、守護騎士達をも一度は戸惑わせるほど。
ウーノによれば魔法名シテーレケレゲンというようですが、あの虫は探査も出来るようでかなり便利そうです。

キャロ曰く、優れた召喚士は転送魔法のエキスパートでもあるとのこと。
召喚の原理は基本的に転送みたいなものだったりするんですかね。
召喚する元から転送してくると考えれば、通常の転送と考え方は同じですか。
問題は召喚元にアクセスできるかが召喚と通常転送の違いというだけで。

また、エリオの言葉よりあの正方形魔法陣は召喚魔法陣で確定しましたね。
もっともまだ名前が確定しただけですけども。
今までのキャロのとは意匠がかなり違う感じ、あちらが本人の術式どおりミッドチルダ式の雰囲気を持っていたのに対してこちらはベルカ式の雰囲気でした。
魔法名もドイツ語でしたし、近代ベルカ式はどうかんがえても無関係でしょうからルーテシアは古代ベルカ式みたいですね。
一緒にいたゼストも騎士ということでベルカ式の使い手のようで、最後の一言から本人もかなりのレベルなんでしょう。

正方形型の召喚魔法陣に関しては、ミッド式が起動用は通常の魔法陣で被召喚側のみ召喚魔法陣だったのでオープニング映像からルーテシアも被召喚側かと思いましたが、その可能性は低くなった感じ?
今回ルーテシアは召喚魔法陣しか使ってませんでしたからね。
ただ、最初のも一見足元発動の起動用に見えて実は同じところからインゼクトが出てきたわけで、被召喚と考えられ、転送の場面でもルーテシアの足元は見えなかったのでまだ断言は出来ないでしょう。
逆にオープニング自体がルーテシアが足元から何かの召喚中であったとも考えられますが、まだ召喚魔法陣が被召喚側のみの可能性も捨てきれないでしょうね。

ルーテシアがアスクレピオスの中に飼っているらしいガリューなるものも気になるところ。
竜とは限らないでしょうが、キャロの使役竜に近いものと考えていいんですかね。
こうなるとキャロが従えるもうひとつの竜も、同じくケリュケイオンの中にいるということでしょうか。

なお、ルーテシアの声優は桑谷夏子さん。
StrikerS出番がほとんど無くなってしまって今だ未登場のアルフからの使いまわしですね(笑)。
流石の声で、かなりいい感じでした。


無茶をして仲間を誤射しかけるというミスしてしまったティアナ・ランスター。
ついに恐れていた事態になってしまったという感じですか。
いままでどちらかというと影の薄かったティアナですが、こんな形でスポットが当たるのは辛いものもあります。

とりあえず問題の作戦は、無茶ではあるんですが悪い作戦では無いと思うんですよね。
ケチの付きはじめは、ガジェットのレーザーを跳んで回避したことでしょうか。
前回なのはが教えていた、集団戦闘内での射撃型の心構えから外れたわけですし。
防御系魔法がなかったのかと思いつつ、あの場は回避しかなかったかもしれませんがあの状況に追い込まれたのがそもそものミスでは無いかと。

最初にガジェットへの射撃を外していなければ、回り込まれてレーザーを撃たれることもなかったはず。
これで移動せざるを得なくなって、中距離戦闘の主導権を握られてしまったのが戦況悪化の原因、
だからってそのくらい想定の範囲で動けないといけないとは思いますけどね。
精神的に追い詰められていた感じで、余裕がなかったのが拙かったんでしょうねぇ。

問題の一撃となったクロスファイヤーシュートは、その後も連射していた雰囲気から考えるに誘導操作ではなく自動誘導なんでしょうけど、同時15〜6発は流石に無茶しすぎだったかもしれませんね。
とりあえずカートリッジ4発ロードはやりすぎでしょう。
誘導操作で制御しきっているのならまだしも、制御不可ないし自動誘導なら味方に飛んでいった弾を回避させるのは難しそうです。
ガジェットも相当数潰してはいるんですけどねぇ。

スバルに関しては、流れ弾に気付いたのなら防御するなり避けるなり出来なかったのかなとも。
ウイングロードも結構融通は利きそうですし。
まぁ、「もしも流れ弾が飛んでも自分で何とかしてね」という作戦自体がチーム戦では無茶もいいところでしょうし、ティアナにそんな意思はなくともヴィータの叱責もなっとくではあるんですけど。
防御に関しては、ヴィータがいなかったら普通に防御したかもしれませんしね。

エリオとキャロが完全に無駄になっていたのも問題ではあるんでしょう。
明らかに自分の力を見せたいがための、ティアナ自らの最前衛進出という感じでしたし。

ただ、今回はそれでも当たりそうになったとはいえ射撃乱射作戦には味方は少ない方がいいでしょうし、エリオがキャロの護衛を兼ねることも考えるとこれまた何とも言えないんですよねぇ。
他からの攻撃のためエリオを待機させておくという感じで。
カートリッジを使いまくるくらいならキャロのブースト系を利用した方が効率は良かった気はしますけどね。
当初の作戦無視と無茶による減点も、成功さえしていれば臨機応変で悪くはなかったのではと思います。

無茶をしての減点といえば思い出されるのは第1話の陸戦Bランク昇格試験。
結局、このとき受けさせられた安全教育や前回のなのはによる射撃型センターガードの在り方の教えが全然生かされてなかったのが問題なんじゃないですかね。

ティアナの魔法に関しては、クロスミラージュになってもアンカーは健在でした。
今回のはどうも魔力による構築になったようで、対象物を選ばない・破壊しないであろうという点で進歩してそうです。
ただ、全てが魔法だと考えるとAMF空間に対しては使い物にならなさそうですねぇ。

機動六課のありえない戦力集中ぶりは、ティアナに言われるまでもなく無茶苦茶ですよね。
ロングアーチも将来有望なスタッフばかりというのは、アルトやルキノも優秀であるようで。
あの歳で陸戦Bランクのエリオは、こうやって色々言ってる視聴者だけでなく、中のティアナから見ても驚くほど優秀という認識みたいですねぇ。


味方を誤射してしまったティアナを思いっきり叱りつけたヴィータ。
少し言いすぎかもという気もしましたが、良く考えればあの場ではあのくらいは当然でしょうか。
ガジェットを撃ち抜くことを考えると殺傷設定の弾丸とも考えられ、まともに当たっていればシャレになってなかったかもしれませんし。
後でフォローは入れるべきとしても、戦闘中にそんな呑気なことは言ってられないでしょうしね。
最後はティアナのことも気にかけていたみたいですが・・・。

ヴィータ自身はシュワルベフリーゲン8個同時操作を初めて見せてくれたので大満足でした。
確かにVFBには最大8個との記述があったものの、A’sから今まで見せてくれたのは最大4個。
5個以上の場合は2回に分けて撃つというのもまさに設定どおり見せてくれましたね。
ひょっとしたら制御能力も上がってもっと撃てるようになってるかもしれないかと思うと楽しみです。

シグナムに過保護と言われたのは、それだけ新人達を大事に思ってるということですかね。
ティアナとスバルへの叱責もその裏返しでしょうか。
もっとも、強く出すぎて少々厳しすぎた気がしないでもないですけどね。

変身シーンは、他の主要キャラみたいにもう少ししっかりしたものが用意されてるかと思いました。
まぁA’sの一瞬に比べるとしっかり作られている方ではあるんでしょうけど。
シグナムもシャマルもそうですが、各人のとまでは行かないまでも守護騎士のテーマ曲つきで3人完全に繋げてだったらもっと燃えた気がします。
まぁあるいは、今後あるであろうはやての変身で守護騎士達の2回目も期待していいのかもしれませんが(笑)。

他の守護騎士達では、ザフィーラが喋ってキャロとエリオに驚かれていたのが笑いました。
寡黙な守護獣ですしいつも一緒にいるわけではないとはいえ、そこまで驚かなくても(笑)。


最後にまとめ。
ユーノはともかく、ヴェロッサも顔見せ程度でしたね。

この2人が今後どう関わってくるのかは気になるところ。
立場上書き方が難しいとはいえキャラ紹介に無いユーノは、ひょっとしたら第1期からのファンのためのサービスということでこれで終わりかもしれませんけど(苦笑)。
逆にこれが考古学者で無限書庫司書長ユーノの顔見せ、今後ロストロギア調査関連で少しでも関わってくると考えたいものです。

ヴェロッサは仕事中とのこと、はやてが知らないことを考るまでもなく機動六課とは無関係。
査察官として一体何をしていたのか、気になるところです。
単純にオークションそのものの状況をチェックしにきただけかもしれないですけどね。
一応ロストロギアも多数集まるようで、裏で非認可のロストロギアの密輸もあったりするみたいですし。

気になったのは、はやてや守護騎士達の能力や出自の詳細が特秘であるということ。
やっぱり闇の書絡みで守護騎士は過去に色々管理局の敵として関わってたりするんでしょうし、完全にオープンにすると拙いだろうということなんでしょうかね。
はやてに関しても闇の書あらためリインフォースからの蒐集行使の能力を受け継いでいますし。
ただ、はやてに関しては、レアスキル持ちはほぼ全員能力は特秘事項みたいな言い方でしたけどね。

あとは、守護騎士達ははやて個人が保有している特別戦力ということですか。
保有とはいえそれぞれ別々に部署についてたり、そもそもザフィーラは管理局の人間ではなかったりしますけど。
どういう扱いかは分からないですが、かなり優遇されているのは確かなようです。

あと、ザフィーラに関しては魔導師ランク持ってないわけでリミッターもおそらく無関係。
今回も地味ながら思いっきり鋼の軛でガジェットを破壊しまくってくれてましたね。

アイキャッチは戦闘モードの守護騎士達勢揃い。
ザフィーラもしっかりいてなんだか安心しました(笑)。
中心がヴィータだったのは、背の高さなどから考えてその方が絵になるからですかね。


次回は引き続いてティアナがメインになりそう。
今回のことを受けて、どう考えどう行動するのか。
本筋に関しては、今回でまた一段落しましたしティアナ関連に時間をかけるでしょうからあまり進まない気もしますが。
腐れ縁なスバルもどう動くか楽しみで、とにかくティアナには早く立ち直ってもらいたいものです。


人気blogランキング に参加中。
どういう方向にせよ、射撃魔法が前面に出てくる戦闘は大好き。


魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1
(DVD)
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.8
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.7
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.6
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.5
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.4
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.3
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2

魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ02(ソング&ドラマCD)
魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ01

SECRET AMBITION(オープニングCD)
星空のSpica(エンディングCD)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/50951196
この記事へのトラックバック
バルディッシュ・アサルト・セットアップ!! って、自分で着替えるのかよ!((((;゚Д゚)))) 凡人の自分が何で選ばれ、この場にいるのか…わかりません… 魔法少女リリカルなのはStrikerS…はじまります…('A
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【垂れっ流しジャーマン】at 2007年05月16日 03:57
どう見ても公○9課です 本当にありがとうございました(ォィ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【電撃JAP】at 2007年05月16日 05:35
魔法少女リリカルなのはStrikerS   現時点での評価:2.0〜3.0   [SFアクション]   テレビ和歌山 : 04/01 25:10〜   三重テレビ : 04/02 26:00〜   KBS京都 : 04/03 26:00〜   チバテレビ : 04/03 26:30〜   テレビ埼玉 : 04/05 25:00〜   東...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【アニメって本当に面白いですね。】at 2007年05月16日 05:36
『死んだ魚のような眼をしているヴェロッサ・・』やっとこさ小野大輔さん登場! クロノ・・杉田智一は何時になったら出てくるんだろう。 今週、話はシリアスだったんだけど・・が凄かったね(苦笑) それで、本編なんですが・・。 ティアナって、屈折した劣等感を持っ...
★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」感想【Daddy_Faceのコレなんだろう?】at 2007年05月16日 05:54
今回は予想以上にベルカ式作画でしたねww前回の予告である程度予想はしてましたが、まさかこれほどとは。よかったことといえばヴィータの変身とルーテシアの活躍でしょうか。StrikerSではこの7話が一番作画荒れたんじゃないかと思いましたね。キャベツもありましたしwでは...
魔法少女リリカルなのはStrikerS・第7話「ホテル・アグスタ」【ひきこもりかけぶろぐ】at 2007年05月16日 06:07
魔法少女リリカルなのはStrikerS「ホテル・アグスタ」です。 ゆかりんの「星空のSpica」初登場8位ですか。 初動売り上げが、自己新記録らしいので、それはなのは効果でしょうか。でも、もう少し売れると思っていました(「童話迷宮」が1万9千、「星空のSpica」が2...
魔法少女リリカルなのはStrikerS「ホテル・アグスタ」【藍麦のああなんだかなぁ】at 2007年05月16日 06:57
ティアナも大変だ??。 一芸に秀でた者ばかりの機動六課、 その中で自分は凡人であると実感して――― そんなわけでなのスト第7話だ??。 そんなティアナの不安は的中してしまうことに…...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話【えたなるお??しゃんA’s】at 2007年05月16日 07:17
ティアナ…やっちゃった_| ̄|○ il||li  7話にして早くも課内の空気が重くなるような事態が発生(`・ω・´) シャキーン これはチョット意外な展開でした。 魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ01  以下ネ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 7話 『ホテル・アグスタ』【欲望の赴くままに…。】at 2007年05月16日 07:25
ホテルで行われるオークションの警護をすることになった機動六課。今回のメインは、ティアナでした。アバンはティアナのモノローグから。強力すぎる機動六課の面々の力や人間関係に、...
魔法少女リリカルなのはStrikerS #7【日々の記録 on fc2】at 2007年05月16日 07:33
今回は、ティアナがメイン。 ルーキーのリーダーにだって悩みはあります。
魔法少女リリカルなのはStrikers 第7話「ホテル・アグスタ」【明善的な見方】at 2007年05月16日 07:34
『ホテル・アグスタ』 うわ、変身シーン、マジで全員分作ったんだ!(笑) どこにやる気出してんだよっ!? 守護騎士の分は、かなり短いですが。 ヴィータが一番エロいと思った私(爆)。 ユーノが出??
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話【世界の端に腰を掛ける】at 2007年05月16日 08:09
ティアナ 何弱気発言してんだよー 部隊全員がエリート揃いの中で気持ちは分からなくもないですが ってか逆にうまくいきすぎて 見てるこっちはあんまり面白くないというかw とうとう、ヴォルケンリッターの変身シーンありましたねぇ もうね (;゚∀゚)=3 ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS #7「ホテル・アグスタ」感想【サブカルなんて言わせない!】at 2007年05月16日 08:11
「六課の戦力は 無敵を通り越して 明らかに異常だ」 と、考えて、自身と比較して悩んでいるティアナ。 スランプでしょうか。 それとも 他の隊員と比べて はやり実力不足気味? 護っているだけでは 埒が明かないと、スバルと討って出たティアナ。 少々 勇み足ではない....
魔法少女リリカルなのはStrikerS 。。。。 第7話 ホテル・アグスタ【幻影現実 私的工廠 ブログ】at 2007年05月16日 08:29
EDの星空のsupicaも絶好調のようですね これはHEY!HEY!HEY!に呼ばれたりするのか(不吉な予言) 本格的な戦闘、守護騎士達の変身シーンに注目 年上属性なみなさん大・興・奮ですね
魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話「ホテル・アグスタ」【自堕落学生日記】at 2007年05月16日 08:58
んー作画がな・・・・。 見ててそれが目立つ、ストーリは凄く良いんだが。 メインは、ティアナです。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【ネギズ】at 2007年05月16日 09:15
私の周りには、天才と、歴戦の勇者ばっかり。 今も疑問に思ってる。 自分がなんでここにいるのかを。 あの人はなんで、私を部下に選んだのかを…。 自分の力に焦りを覚えるティアナ。 化け物ばっかりの六課ではキ??jp/rpc/pi@
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【SERAらくblog’L’】at 2007年05月16日 09:21
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」 前回ようやくカジェット・ドローンの製作者であり、レリックの収集者である敵の存在が明らかになりました。 それはジェイル・スカルエッティというもので、いかにも怪しげな風貌をしています。 さて、今回はテ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【+7 アニメ・声優情報局】at 2007年05月16日 09:47
変身シーンを見て分かっちゃいたけど、なのはさんの胸が明らかに育ちすぎ! それはそうとティアにまで「六課の戦力は無敵を通り越して明らかに異常」とか言われてますよ。 この課だけ明らかにパワーバランスおか??p/rpc/pi@
魔法少女リリカルなのは StrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【おもちやさん】at 2007年05月16日 10:34
第7話 『ホテル・アグスタ』  出だしは「ティア」の語りから、どうやらなぜ自分が、 この部隊にいるのかが、よく判ってない様子、 周りには才能のある人達ばかりで、自分は強くはなっているが、 他と比べるとたいし??c/pi@
魔法少女リリカルなのはStrikerS【まるとんとんの部屋】at 2007年05月16日 10:59
    ┌─┐  ┌─┐ おっぱい!.      ┌─┐  ┌─┐    │●│  │●│.      おっぱい! │●│  │●│    └─┤  └─┤.  __    __  ├─┘  ├─┘     _ ∩   _ ∩  |.●|    |.●|  ∩ _...
第7話 「ホテル・アグスタ」【半ヲタの気ままな辛口ブログ】at 2007年05月16日 11:42
シグナム「お前も、結構過保護だな」ヴィータ「うるせぇ」 今回はルーテシア達の立ち
trikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【スリングの雑記帳】at 2007年05月16日 12:16
まさか、こんな形でティアナにスポットが当たるとはねぇ・・・ 確かに新メンバーの中で前作キャラとの関係のないのはティアナだけなんですが・・・ 初めて機動六課全員集合でした。 今回の任務場所は取引可能ロストロギアのオークション会場となるホテルのため
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【空の空】at 2007年05月16日 13:14
今回も戦闘、でも前回の次回予告の時点で作画が結構やばそうな雰囲気ですが・・・TVアニメ『魔法少女リリカルなのはStrikerSVol.7』早速感想。あぁ、作画やばいね。でも冒頭でいきなりぶっ壊れてたから最初から作画は変に気にせず見れました。でも変身シーンは気合入って...
魔法少女リリカルなのはStrikerS第07話「ホテル・アグスタ」感想【物書きチャリダー日記】at 2007年05月16日 14:32
「ホテル・アグスタ」 守護騎士の変身シーン、キターっっ!! 今回はティアナの葛藤の回でした。 任務はなんとかこなしたものの、機動六課において、なのは達隊長クラスの突出ぶりは勿論、守護騎士達もA+以上の実力、
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話【ラブアニメ。】at 2007年05月16日 14:36
最初の出動のときも それなりに上手くはやったけど ただそれだけだった 毎日の訓練も あんまり強くなってる実感が無い でも中には 優秀すぎる相棒がいて 私の周りには 天才と歴戦の勇者ばっかり 今も疑問に思ってる自分がなんでここにいるのかを あの人は何で 私を部下に選...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【☆へにょへにょ日記☆彡StrikerS】at 2007年05月16日 15:57
相変わらず作画が酷すぎる…… 基本的にグダグダ作画について言及したくないが余りに酷い。 この調子だと本当にキャベツになってしまいそうで怖い。 相変わらずベルカ式言う人が居ますが、これはそういう問題じゃないってw
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【angel notes.】at 2007年05月16日 16:57
第7話『ホテル・アグスタ』 今回はホテルでのミッションのようです。 シャマル、シグナム、ヴィータの3人の変身シーンが!! しかし、やけに短いような気がする・・・ あと変身してないのは、はやてだけか・・・ ザフィーラは変身なし?というより、すっとあのかっこう?...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話【ニコパクブログ1号館】at 2007年05月16日 18:25
第7話『ホテル・アグスタ』 その感想です
第7話 黒化の前兆か?【睡魔と戦うのって大変だ】at 2007年05月16日 18:52
▼魔法少女リリカルなのはStrikerS     第7話 「ホテル・アグスタ」前トップ絵のなのはの横がスカスカだったし、弟子2人を描き足そうとしましたが、あんまり縮めてしまうのもアレなのでコンビででっかく差し替えた。 その分、粗さが目立つけど気にするな♪ さて本編...
ティアナ・ランスターの憂鬱【フェログ ??love soul day??】at 2007年05月16日 18:59
「ホテル・アグスタ」 あたしは・・・あたしは・・・・・・
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話【本を読みながら日記をつけるBlog】at 2007年05月16日 19:36
危ない空曹長。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【bkw floor】at 2007年05月16日 20:34
 真っ先にホテル・カルフォリニアが思い浮かんだ。  変な漫画だったという記憶しか残っていないが。  第6話の感想以降、だいぶ二年前の調子が戻ってきたかな…という次第。  というわけで、7話感想はじまります。
魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話 ホテル・アグスタ 感想【EWI Wanderer】at 2007年05月16日 20:42
「最初の出動のときも、それなりに上手くはやったけど、ただそれだけだった。毎日の訓練もあんまり強くなってる実感が無い。でも中には、優秀すぎる相棒がいて私の周りには天才と、歴戦の勇者ばっかり、今も疑問に思ってる。自分がなんでここにいるのかを。あの人はなんで...
魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話ホテル・アグスタ【翔太FACTORY+Zwei】at 2007年05月16日 20:51
完全に飼い犬と間違えられていますwww
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話【1日26時間】at 2007年05月16日 21:22
六課の戦力は無敵を通り越して明らかに異常だ。 今も疑問に思う。 あの人は何で凡人の私を部下に選んだのか。 魔法少女リリカルなのはStrikerSはじまります――
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【LIV-徒然なるままに】at 2007年05月16日 21:46
ティアは一つ勘違いをしています 六課の隊長たちは天才と歴戦の勇者ばっかりではありません 天才でなおかつ歴戦の勇者です 会場警備と人員警護なの 取引許可の出てるロストリギアって ロストロギアってオーバーテクノロジーみた...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第8話 ホテル・アグスタ【真☆DAY69】at 2007年05月16日 21:57
ホテル・アグスタ オークションの警備にあたる一行 中の警備にあたるなのは・フェイト・はやて せっかくのドレスなのにイマイチでありますよ 六課の異常な強さに引け目を感じるティアナ シャマル・ヴィータ・シグナムの変身シーン うむ、やはりフェイト...
アニメ感想 〜魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話〜【紅日記〜ベニッキ〜】at 2007年05月16日 22:00
ホテル・アグスタ オークションの警備にあたる一行 中の警備にあたるなのは・フェイト・はやて せっかくのドレスなのにイマイチでありますよ 六課の異常な強さに引け目を感じるティアナ シャマル・ヴィーむjp/rpc/pi@
アニメ感想 〜魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話〜【紅日記〜ベニッキ〜弐号館】at 2007年05月16日 22:01
行き成りアバンからティアナの暗い語り・・・・・・・・・。 相当自分自身に劣等感ですねぇ、ネガティブまっしぐら〜。 まぁ、あの強力メンバー六課の中じゃ仕方ないよ・・・・・・・・・・。 今作何度目かの作画崩壊。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【アンテの日常】at 2007年05月16日 22:34
[関連リンク]http://www.nanoha.com/第7話 ホテル・アグスタ任務開始。まずはガジェットなどの発明者であるジェイルについての説明があり今回の任務の説明がされます。会場警備。すでにシ...
リリカルなのはStrikerS 第7話【まぐ風呂】at 2007年05月16日 22:40
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1 冒頭からイキナリやさぐれモードのティアナ!一体急にどうしちゃったの!?なのはさんの地獄特訓と、ティアナ自身の特性を無視した、戦術思想の無理強いで、心が疲れちゃったの!?・・・と思うくらい、ヤバヤバなティアナ。果たして....
魔法少女リリカルなのはStrikerS 7話 「ホテル・アグスタ」感想【月の砂漠のあしあと】at 2007年05月16日 22:53
今回はティアナがメインの回のようです。 最初の出動のときも それなりにうまく当たったけど ただそれだけだった 毎日の訓練もあんまり強くなってる実感がない 手の中には優秀すぎる相棒がいて あたしの周りには 天怩
全力で 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【月の魔法】at 2007年05月16日 23:09
「今回はティアナさんがコンプレックス感じちゃってお仕事失敗するお話。凡人は去れーってお話ですね。去れー!」 「またひどいことね。」 「ティアナは三期ではいちばん好きかも。葛藤があって逡巡があって決意があって 
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【隠れ蓑〜penseur〜】at 2007年05月17日 00:50
魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話。 超えられない壁と、焦る気持ち。 自分の存在意義は──?
[アニメ] 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【我が人生に燃えて、そして萌える】at 2007年05月17日 01:15
今回はヴォルケンズにも変身シーンが! 期待してたユーノは華麗にスルーで、実はティアナの焦りからくる心情表現がメインだった罠ww
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【アバトーンの理想郷】at 2007年05月17日 01:43
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【紙の切れ端】at 2007年05月17日 01:53
まずは、今回は、この驚きのカットでしょ〜!!TVの前で何人が、「オッー」と声をあげたことでしょう。隊長たち犯罪的に美しい〜です。あんな格好していたら、ナンパされまくりでしょうね〜。私もしてしまうかも(笑)まあ、この話はこのあたりにしておいて・・・・・本...
魔法少女リリカルなのはStrikerS第07話「ホテル・アグスタ」【Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌)】at 2007年05月17日 03:25
第7話 ホテル・アグスタ
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【二次元空間】at 2007年05月17日 07:21
今回の六課の任務は、ホテル・アグスタで行われる、骨董美術品オークションの会場警備と人員警護だと。 品物の中に、取引許可の出てるロストロギアが何個か在るから、それが狙われるかもしれないからか。 外の警備は副隊長以下に????A
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【* Happy Music *】at 2007年05月17日 11:26
★感想・第7話  なんのペンション・クヌルプ!
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【テトレト空想我学】at 2007年05月17日 14:07
今回はティアナの心情を描いた話・・・でいいのかなw とりあえずティアナ暴走w 作画に関してはスルーの方向で。脳内補正で対応してください。 アーチャー「イメージするのは常に最高の作画だ。現実が酷いのなら、せめて最高の作画を幻想しろ」 シン「・・・!?...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【ラスの憂鬱な?日記】at 2007年05月17日 16:19
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1 毎日の訓練も強くなっている実感がない。だが中には、優秀すぎる相棒がいて、自分の周りには天才と歴戦の勇者ばかり。なぜ、私はこころにいるのか? あの人はなんで私を選んだのか? ティアナは考え続けるのであった・・・。
(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人】at 2007年05月17日 18:52
最初のナレーションが暗いです・・・ティア
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」 感想【幻想領域 unlimited delusion the world-無限の妄想世界-】at 2007年05月17日 19:51
→ホテル・アグスタの警備を任された六課 自分は六課では凡人と悩み、挙句の果てに 大きなミスをしてしまったティアナさん… 「このまま落ちるとこまで落ちて  人間不信に陥ったティアナさむ 0
【魔法少女リリカルなのはStrikerS】 第7話 "ホテル・アグスタ"【ヤングの行く夏、来る夏】at 2007年05月17日 20:05
SECRET AMBITION/水樹奈々 <今回のあらすじ>    「オークションの出品物に反応してガジェット・ドローンが現れるかもしれない、というこ とで、機動六課はホテル・アグスタへと警護の任務で出動した。はやてたち隊長三人は ドレスに着替えて室内を、副隊長以下...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」感想【徒然日記〜TS紀行〜】at 2007年05月17日 21:20
キャプの動作が上手くいってなかったようで、ファイルが分割されてました……orz でも、飛ばされてしまったのは後半の二分くらいだったので、なんとか視聴w 足りない分は妄想でカバーだっ! そんなわけで「魔法少女リリカルなのはStrikerS」の7
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」 第7話 実戦ではよく……あるのか!?【試験的日記だぜよ】at 2007年05月18日 00:04
まあ、次回予告を見てわかってはいたんですが・・・ 作画が予想以上に酷いじゃないですか(^^; せっかく、隊長たちがドレス姿を披露したのに。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【【リリカルマジカルS】at 2007年05月18日 00:25
今回の機動6課の任務はホテル・アグスタで行われる骨董美術品オークションの会場警備と人員警護。 レリックは関わっていないものの出品される取引許可のあるロストロギアの反応をレリックと誤認したガジェットが出てくるかもしむ+偁
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【R−30のオタクな部屋】at 2007年05月18日 01:13
諸事情により更新できませんでしたorz 更に、千葉テレビと東京MXを間違えて(前の番組が同じセイント・ビースト) アバンを録画し損ねるというミスを… 今更更新しても…って感じですが、こういうのは一度でもやめると続
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【AILE's SILENT AREA】at 2007年05月18日 02:01
魔法少女リリカルなのはStrikerS 公式ホームページ 今回は、オークション会場の警備という任務につく軌道六課。 既に、シグナムたち守護騎士たちは、前日からはっているとのことで、今回は本格的に六課の総力を挙げての出撃となっている様子。 前回、フェイトが突き止め...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ【パプリカさん家のアニメ亭】at 2007年05月18日 06:16
・魔法少女リリカルなのはStrikerS #7「ホテル・アグスタ」 古美術品のオークション会場、ホテル・アグスタの警護。 なんかえらくガタイ良かったぞなのはさん(笑 淫獣、もといユーノ君キター! いっちょまえに先生
「行くぞアイゼン!」「ヤーヴォール」【doomsday -2nd edition-】at 2007年05月18日 10:33
アニメ感想 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」 <あらすじ> 今回、機動六課の任務は骨董品オークションが行われているホテル・アグスタの警護。レリックはオークション内には存在しないも??
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話【刹那的虹色世界】at 2007年05月18日 11:02
今週はティアナの当番回。 こう、各キャラを掘り下げていくのはいいんですが、今回のティアナの場合は掘り下げ方が強引だったような気がします。 作画がいよいよをもってやばい感じになってきました。 変身シーンと一
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【かがみのひだまり日誌】at 2007年05月18日 12:26
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【恋華(れんか)】at 2007年05月18日 12:28
面白くなってきたーーー!!! 前回までとは一転して今回の話は暗く、そして重い展開になってましたよね。 まぁ、これはこれでようやく“なのはらしさ”が出てきたと言ってもいいんでしょうけどww 魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1都築真紀 ivory 草川啓造 2007-...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜】at 2007年05月18日 12:30
「エリート揃いの集団の中で、なんであたしだけ…あたしのような凡人が、どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして」 ティアナが冒頭からいきなりL5発症で視聴者も苦笑せざるを得ないリリカルなのはStrike
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・あぐ☆すた」【白狼PunkRockerS】at 2007年05月18日 13:36
■魔法少女リリカルなのはStrikerS■
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【King Of ヘタレ日記】at 2007年05月18日 13:59
{{{ 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話『ホテル・アグスタ』 }}} なにやらロストロギアのオークションが行なわれるというホテル・アグスタ 機動六課は、ガジェットの出現を想定し、警護にあたる事となった。 その中で一人現在の立場に悩むティア 「凡人は私...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話『ホテル・アグスタ』【ゴン太の毎日アニメ日和】at 2007年05月18日 16:39
魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話「ホテル・アグスタ」待望の第三期だというのに作画レベルが低調な本作。売れるのが分かってるから作画にあんまり金と時間をかけてない、ってオチだったらヤダなぁ(でもありそう…)。今回は、天才揃いの隊員達に囲まれて焦る努力の...
ゴスロリ副隊長・ヴィータに敬礼! - 魔法少女リリカルなのはSt...【艦長セリオのアニゲーブログ】at 2007年05月18日 18:58
[機動6課はオークション会場の警護任務を担当することになり、なのは、フェイト、ハヤテは正装して会場内へ、新人4人は会場外部の警備にあたっていた。ティアナは、優れた能力を持つ仲間や上司達の中で、自分の凡庸さについて悩 
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話【ルナティック・ムーン】at 2007年05月18日 19:31
酷いね、今回は。作画もシナリオも。 2クールのシリーズ構成も、今のところは成功しているように感じない。 グロス制作(制作協力)は、JCF。 テレビシリーズのグロス請けするほどの体制があるとも思えないのだが。 ダjp/rpc/pi@
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【Cross Channel】at 2007年05月18日 20:21
フェレットもどき登場の7話。
魔法少女リリカルなのはStrikerS/7話 ホテル・アグスタ【てけと〜な日記】at 2007年05月18日 21:07
『<a href="http://www
ホテル・アグスタ  Aパート【詩稀村通信】at 2007年05月18日 21:22
『<a href="http://www
ホテル・アグスタ  Bパート【詩稀村通信】at 2007年05月18日 21:23
今回の任務は、 ロストギアの取引会場の警備.なぜ、ここを警備するのか?それは、ガジェットドローンがロストギアをレリックと誤認する可能性があるためだそうです。 内部では、なのは、フェイト、はやてが警備に辺り、外部は、ヴィータ、シグナム、シャマル、ザフィーラ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話【炎龍 空を泳ぐ赤い龍】at 2007年05月18日 21:48
        <劣等感!>  モンスタークラスの隊長たちに、精鋭揃いの6課。同期の  スバルは潜在能力の塊っぽいし、キャロやエリオはフェイト  の秘蔵っ子(らしい)・・・。そんな連中に囲まれてるせいか 自分は凡人じゃないかと感じるティアナ。 ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【ミルクレモンティー】at 2007年05月18日 21:53
1〜5話のように意味のないダラダラ展開も無くなったので少しは面白くなってきました。 しかしこのアニメはまだまだ速さが足りない!! 続編ということもあって素材は良いんだから旨く演出すれば何倍も面白くなると思うんですけどねぇ…
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 ホテル・アグスタ 感想【AREHUの凡骨日記】at 2007年05月18日 22:17
魔法少女リリカルなのはStrikerS # 「ホテル・アグスタ」 う〜ん、先週の不安がまさに現実となった1話だったなぁw これが噂のベルカ式作画システムかw メイン3人のドレスアップ姿もベルカ式作画システムの前じゃなん??p/rpc/pi@
【Anime】魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話をみた!【感想】【Soul of Silver FoX】at 2007年05月18日 22:22
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1都築真紀発売日:2007-07-25価格ヒーローものの神髄。なのはもフェイトも19歳になりました。「とらいあんぐるハート3」からのスピンオフ作品として原作を持つ「なのは」ですが、「魔法少女リリカルなのは」としてアニメがスタートした...
魔法少女リリカルなのはStrikerS「ホテル・アグスタ」感想【ここには全てがあり、おそらく何もない】at 2007年05月18日 23:29
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 複数感想記事。瀬戸の花嫁あり
戦う者に道が2つある。勝利と、死と!【Fere libenter homines id quod volunt credunt】at 2007年05月19日 00:13
え〜〜〜〜っと… これなんてデスラー戦法?! とか… これ、何処のルミュちゃん!?! 的な戦闘がありましたが… 前回出てきた何気にねこねこの『朱 -aka-』的な二人連れは、件のドクターの手下と言うわけでない事が発覚。とは言え、敵ではない。敵対とまではいかないけ...
リリカルなのはStrikerS 第7話 観ました【「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋】at 2007年05月19日 00:34
普段、まったくやらない魔法少女リリカルなのはStrikerSの記事。 別に、感想書くわけではなくて、第七話「ホテル・アグスタ」でやっとシグナムが変身して戦ったので。 シグナムの記事。 シグナムかわいいよシグナム
シグナムかわいいよシグナム【しがない日々の傷痕?】at 2007年05月19日 01:06
『彼は次元犯罪者、ジェイル・スカリエッティ。』 『しかし、それは偽名で、本名はケン・ナリタ。彼は、今までイケメンから変態まで数多くの役に変装する人物よ。 最近では、オレンジの件で世間を騒がせたわ。』  
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」 感想【たまにもゆる】at 2007年05月19日 01:31
ティアナ、いつの間にか自責キャラ。 突然過ぎて1,2話飛ばしたかとすら思いましたが、 一応合っていますね。 しかし強引だなぁこのキャラ割り振り。 頭いいキャラは大変だねぇ、という感じなんでしょうか。 それから一応もう一つの見せ場。 あぁ....
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話【ナナメから見てみる】at 2007年05月19日 01:34
訓練に明け暮れる日々の機動六課のフォワード陣。そんな中、次第に明らかになる敵の存在とキャロと同じ形のデバイスを持つ新たな人物。徐々にではあるけど物語は動き始めてきましたが、、。 第7話を観賞しました〜^^
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」観賞〜^^【まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜】at 2007年05月19日 07:27
リリなのS’s『ホテル・アグスタ』個人的な感想等
『魔法少女リリカルなのはStrikerS』第7の回想【starlightmemories】at 2007年05月19日 11:37
なんかよくわかんない話でした、 というよりもティアナのキャラが まだ掴めてないだけですかね??? そういえば彼女の過去ってあんまり話されてないから どういう経緯で今があるのか いまいちわかりません・・・ っ《9
魔法少女リリカルなのはStrikerS #7【RAY=OUT】at 2007年05月19日 11:53
iframe対応ブラウザでご覧下さい。 iframe対応ブラウザでご覧下さい。 ユーノ君がキタァー(゜∀゜)ーー!!!! と思いきや・・その出番は殆ど数秒に近かったりします。そのために水橋かおりさんを呼んだデスか? ユーノ君
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【赤き血潮と白い虚像】at 2007年05月19日 12:41
ティアナのいきなり凡人は自分だけ云々という話しが出てきて違和感。 あの機動六課に配属されてるだけで十分エリートなんじゃないの?自分であれだけ精鋭揃いだということを認識してるんだったら「てことは自分もかな?」
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」7話 ホテル・アグスタ【蒼碧白闇】at 2007年05月19日 13:02
本日の演目・アニメレビュー(魔法少女リリカルなのはStrikerS)、漫画レビュー(ジャンプ)
これ、いころすひゃくず。7点●【ブログの果てからこんにちは。】at 2007年05月19日 13:02
変身祭りその2
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【Hiroy's Blog】at 2007年05月19日 13:04
体長さん達のお仕事着は、ドレス。で、兵隊さん達は普段着です。これも階級特権の役得ですね。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【ゼロから】at 2007年05月19日 13:40
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」 今回の任務は防衛。シリーズにおいても珍しいケースです。 そして、注目の新キャラが本格参戦! それでは、テイク・オフ!(*´▽`)ノミッドチルダ 首都南東地区 ヘリの中で、機動六課の面々に対しては...
隊長、最終防衛ライン死守します!ヽ(#`W´)ノ【いけやんのお部屋なの??♪(^▽^)】at 2007年05月19日 14:44
今回の前説は中原さん。大好きです。 機動六課の任務は「ホテル・アグスタ」での骨董
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【アニメ-スキ日記】at 2007年05月19日 18:21
 英雄や天才揃いの機動六課。その中で自分だけが凡人だと劣等感を抱くティアナ。自分
魔法少女リリカルなのはStrikesS 第七話【ぶろーくん・こんぱす】at 2007年05月19日 19:23
 うーん、やっぱり微妙…という他ないか。面白いんだけどね。もう少し回が進んで、敵側の意図がハッキリ出てこないとそっちの観点からも考察を勧められないからな…って、俺はいつ考察をやったっていうんだ。  ルーテシアの能力の一端が初お目見え。キャロが驚愕するくら...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話・「ホテル・アグスタ」を見て寸評【サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改】at 2007年05月19日 21:34
作画がヤバい感じになってきました。 変身シーンと一部の作画以外は作画監督の仕上げが間に合ってないようです。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【神奈川辺境交通(かなへん)】at 2007年05月19日 22:17
本当にお時間をお掛けいたしまして、申し訳ありません。やっと、アニメを見ましたので本日UPしますが、今回はあらすじと感想を簡潔に、まとめたいと思っています。 (最後に記載)では、早速いってみましょう〜!! (オープニング)↓最初の出動のときもそれなりに上手...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【今、私たちにできる事とは… 】at 2007年05月19日 22:28
よろしければ押してやってください→  
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【初音島情報局】at 2007年05月19日 22:44
『魔法少女リリカルなのはStrikerS』第7話【ホテル・アグスタ】  最初の出動の時もそれなりに上手くはやったけど ただそれだけだった  毎日の訓練もあんまり強くなってる実感がない  手の中には優秀すぎる相棒がいて あたしの周りには天才と歴戦の勇者....
ホテル・アグスタ【詩稀の記録書庫】at 2007年05月19日 22:49
第7話感想。ティアナいいよティアナ。
魔法少女リリカルなのはStrikerS【第7話】ホテル・アグスタ【キャプ感想】【僕の船はシップスクラーク】at 2007年05月19日 23:10
ヴォルケンリッターの戦闘シーンが。。。 やっときたよぉ〜!!! (´▽`*)
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【翡翠の颯颯と旋律を奏でる世界観】at 2007年05月19日 23:49
今回は独力志向のティアナさんが、「仲間」の存在を再認識する話の前編。 第一話から、ティアナさんは独力志向である事が描写されてきましたが、なまじ要領がいい為にこれまでは何とか切り抜けて来られたのですが、機動
やっぱり、うちの部隊で凡人は私だけか・・・ 魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話感想 〜ホテル・アグスタ〜【日がな一日ラらラら日記】at 2007年05月20日 06:40
今回は・・・、ヴィータ・シグナム・シャマルのエロエロ変身シーンktkr!でも、他のメインの人たちのと比べるとやはり変身シーンは短い・・・。とりあえず、この人たちは下着を着ける気なしか?w
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【戯言】at 2007年05月20日 09:22
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」第7話です。 前回名前の出てきたスカリエッティを とりあえずは現状の最重要容疑者って線で固めた様子。 で、今回の機動六課のお仕事は 骨董美術品オークションの会場警備と人員警護。 何でこんなことをするのかってゆーと ロスト...
[魔法少女リリカルなのはStrikerS]第7話 ホテル・アグスタ【もえろぐ】at 2007年05月20日 11:59
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」 2007/5/19 03:15 tvk 感想です。 ストーリー: 今回の機動六課の任務は、骨董美術オークションの会場警備と人員警護。 なのは、フェイト、はやての隊長陣はドレスアップし会場内の警護を、 ヴィータ、シグナム...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」感想です。【ゆうつなあまいゆうわく。】at 2007年05月20日 16:31
今回はオークションが行われるホテルの警護を六課が行う。そして、そこに色々と敵が攻めてくる話。 それにしてもさ、今回はティアナの迷いの話だな。 まあ、分からないでもない。周囲はあまりにも才能がありすぎるんだ
[〜FWR〜]なのはStrikerS 5月16日付 第7回【The 23rd Legion Daily Report/第23軍日常報告】at 2007年05月20日 18:26
■魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」     今週は化物だらけにの部隊の中に、ただ一人存在する凡人としてティアが苦悩するお話。まぁ、確かにあの部隊では・・・。^^;世界最強クラスの魔術師3人が揃ってるんですからねぇ。クリ...
■魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「自分を信じ...【DYG0アドベンチャー】at 2007年05月20日 19:27
―あらすじ―  私の周りには天才と歴戦の勇者ばかり。何故私がこの部隊にいるのか不思議でならない。私には特別な能力も才能もないのにどうしてあの人は私を部下に選んだのか理由が分からない。けれどもそれを悲観することはない。理由なんてこれから作ればいい。今ま...
魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話「ホテルアグスタ」【愉快そうな日記】at 2007年05月21日 12:49
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【ルル色模様】at 2007年05月22日 00:08
「ホテル・アグスタ」 スバル「殺す気か、テメエ!」 ミッション遂行中、ティアナがスバルを誤射してしまう事件が発生。 ティアナ「私の射軸をウロウロしているオマエが悪いんだろうがボケ!」 スバル「なん????
アニメ 魔法少女リリカルなのは S【アーリオオーリオ ドゥーエ】at 2007年05月22日 00:57
= 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」 = [[attached(1,center)]] 次元犯罪者 Dr,ジェィル・スカルエッティ 今回の事件は、この犯人の路線で固める方向に・・・ メインは、フェイトが追うという形だけど 一応、みんな知っておくように知らさ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【平凡な大学生による日記】at 2007年05月22日 05:51
品質評価 23 / 萌え評価 28 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 12 / お色気評価 14 / 総合評価 18<br>レビュー数 144 件 <br> <br> 今日の機動六課の任務は、骨董品オークションが行われるホテルの警備。 隊長・副隊長の揃った総員出動の中、ティアナはずっと感...
レビュー・評価:魔法少女リリカルなのは StrikerS/第7話 「ホテル・アグスタ」【ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン】at 2007年05月22日 18:43
残り4つ〜♪さくっと消化しちゃいまッすぅー♪
なのはSS 第7話「ホテル・アグスタ」【神音の萌え源泉】at 2007年05月22日 20:01
今回はティアの回。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 「ホテル・アグスタ」【Starlight Breaker】at 2007年05月22日 20:18
第7話 「ホテル・アグスタ」 それは…ティアナの劣等感だった…。 スバルは潜在能力の塊らしきもの…。 キャロとエリオはフェイトの秘蔵の子…?? ティアナは…自分は凡人じゃないかと感じる…。 と言うわけで、「ダ????Q
魔法少女リリカルなのはStrikerS【デバイス!マキシマム ブログ】at 2007年05月22日 21:10
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」の第7話を見ました。 <感想> 周りが天才ばかりだと嘆き、自分を凡人と言い放つティアナを見ていると、「ダイの大冒険」のポップを思い出す。でも結局ラストで頼りになったのはポップを見ると、自分のキャパを正確に把握して努力を....
なのは君、君のドレス姿にはがっかりだよ【じろグ!】at 2007年05月22日 21:40
ホテル・アグスタでオークションの警護の当たる事になった機動六課。そんな任務のなか、ティアナはなぜ優秀な人材ばかりが揃う機動六課に凡人である自分がいるのか、なぜ私は選ばれたのか疑問を持つのだった。 今回は悩める凡人・ティアナの話でした。ティアナの疑問も....
魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話「ホテル・アグスタ」【オタの境界】at 2007年05月23日 00:29
意味深なアバンタイトルからスタート。 何この鬱な感じ^^ ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS : 第7話 ホテル・アグスタ【話し処A's】at 2007年05月23日 02:32
今回はレリックオークションの警備。ティアの劣等感を絡めながらのお話でした。ティアも言ってたけど、やっぱり六課は制限つけられちゃうぐらい強い人が集まりすぎなんですな??。なのは達はもとより、エリオとキャロも年齢にしては強いらしい。スバルは潜在能力の高さ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第07話 ホテル・アグスタ【猫が唸る感想日記】at 2007年05月23日 13:12
魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話感想。
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【白詰草のしおり】at 2007年05月23日 13:55
周りの才能の中で、自分の凡庸さに悩むティア。 周りがすごすぎるだけだと思うんだけど。 ザフィーラ、喋んないからただの犬だと思われてた!(w ヴォルケンリッターの騎士甲冑装着シーンはかっこよさのほうが目立ってて安心しました。 シャマルが多少エロいか? ...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【酒茶浸け】at 2007年05月26日 21:34
絵コンテ:井草かほる 演出:笹木史郎 作画監督:清山滋崇  骨董品オークションが開催される会場の警備のため、ホテル・アグスタへむかう機動六課の面々。  ガジェットの襲撃に対し、副隊長およびティアナをはじめと??
[アニメ] 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話 「ホテル・アグスタ」【名前の無いブログ】at 2007年05月26日 22:45
今週は忙しい一週間だったよーっ。そんな中で深夜1時からAT-Xで今週から放送されている「マリア様がみている??春??」にはまってしまいました。この手のアニメには全く興味が涌かなかった私なんですが、改めて食わず嫌いだと感じました。なのはとは全く関連性のない記事...
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話【White wing】at 2007年05月27日 00:35
&lt;font size=5&gt;シャマル大先生が・・・シャマル大先生が・・・&lt;/font&gt; &lt;font size=7 color=red&gt;脱いだ!!&lt;/font&gt; あのはちきれんばかりの胸よく揺れる・・・&lt;font size=5&gt;(;´Д`)ハァハァ&lt;/font&gt; シグナム姉も・・・&lt;font si...
魔法少女リリカルなのはStrikerS  第7話 「ホテル・アグスタ」【かいちょ〜せつけんの日々の日記】at 2007年06月14日 01:13
最初にはやてからの説明。 レリックを狙っているのはスカリエッティの線が濃い。 調
魔法少女リリカルなのはStrikerS 第7話「ホテル・アグスタ」【mop3さんの日記もどき】at 2007年06月14日 15:04
ティアナ:強くなってる実感がない。 :周りは天才や歴戦の勇士ばっかり、 :あの人はなぜは私を部下に選んでいるのか? :魔法少女リリカルナノハストライカーズはじまります。...
◎魔法少女リリカルなのはStrikerS第7話「ホテ...【ぺろぺろキャンディー】at 2012年06月28日 21:10
この記事へのコメント
この手の話に共通する
かうぁいいロリっ子=いい子の法則wからすれば、
ルー子に嫌われてないスカ博士は多分悪人ではなく、
ただのマッドドクターか快楽主義者なのかも、

管理局で保管されている筈のジュエルシードが持ち出されていること、
はやてたちが捜査を担当していることなどの情報が漏れていること、
はやてが捜査担当の筈の一〜五課ではなくわざわざゲンヤに協力を依頼したこと、
から管理局内部にスパイが居る可能性が大きい。
はやて達がガリューに気付けなかったことと、
あの場にヴェロッサが登場したことが偶然でなければ(ヴェロッサがジャミングを掛けていた?)、
スパイはヴェロッサ、そして黒幕はカリム及び聖堂教会の可能性が考えられます。
Posted by yagy at 2007年05月16日 07:31
(続き)

聖堂教会も管理局とは別に独自にレリックを追っているみたいでしたし。
物語としても、わざわざ新シリーズから新たに作った聖堂教会という外部組織、
しかも、はやてのリミッター解除の権限やヴェロッサという管理局内にも通じるキャラを
配置しながら、ただの六課のうしろだてだけで終わらせるのはもったいないし、
なによりそのほうが面白いので、この可能性に期待してます。
Posted by yagy at 2007年05月16日 07:32
>yagyさん
>かうぁいいロリっ子=いい子の法則
これもまた凄い法則ですが(笑)。
まぁスカリエッティは悪いことをしようとして研究してる感じでは無い気がしますよね。
私がマッドサイエンティスト好きという偏見含みとしても、結果が悪になってるだけとか。

>管理局内部にスパイが居る可能性
これはかなり可能性が高そうですよねぇ。
問題は誰かですが、そういえば最近ヴェロッサの存在をすっかり忘れてました(笑)。

査察官としての仕事はオークション関連の方かと思うんですが、あるいはその任務の裏でという可能性もあり。
ただ、今回に関しては狙いがレリックでは無いので、何が何でもスカリエッティに協力するという以外に協力の可能性は低い気もします。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月16日 07:53
ちなみに聖堂教会ではなく聖王教会なので。

>独自にレリックを追っている
管理局に依頼する以外にも独自でも追っている感じなんですよね。
ただ、第5話の件などからスカリエッティ側ではない気がします。
とりあえず、作品的にただの後ろ盾で終わらせる可能性は無いと思いますよね。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月16日 07:56
ティアナが執務官を目指す理由が今のところ亡き兄への憧れでしかないように感じていますので、なのはやフェイトが悲しい思いをする人を助けたいという気持ちから管理局での仕事を決めたようにレリック事件を通じて管理局の一員として自分が本当にすべき事に気付くティアナの姿が描かれる事を期待しています。
今回の失敗も力を示す事に拘るあまり、自分の役割を見失った事が原因みたいですから。
Posted by チョビ at 2007年05月16日 10:44
>チョビさん
>執務官を目指す理由
憧れだけと捉えていいのかどうかまだ微妙な気がしますが、そのあたりも含めて次回以降明らかになることに期待。
とりあえず、今回はちょっと焦りすぎでしたよね。
無理も無いのかもしれませんが・・・。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月16日 14:09
ユーノとなのは、同じ会場に来ている事をそれまでお互いに知らなかったくらいですから、あまり連絡を取り合ってはいないって事ですよね。仕事が忙しいって事なのでしょうけど・・・
Posted by 有民社 at 2007年05月16日 18:31
>有民社さん
>あまり連絡を取り合ってはいない
そういうことなんでしょうね。
まぁ仕事が忙しく、そもそもその仕事が充実していて大好きだということでは無いかと。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月16日 21:17
ティアナのアバンに始まり、初の曲・決め台詞変更でのスバルの次回予告に終わった今回。
モノローグを聞いて遂に来たかと思い、予想通り行ってくれました。次回以降、どう立ち直るかが肝でしょうね。

それにしても2クールだと分かってたつもりなんですが、今回の話を観て、時間があると何でもできるなぁと改めて感じています。
今まで基本的に話の筋がシンプルで、キャラの心情も一つの事件を中心にさほど分散してはいませんでしたが。
今作は群雄劇というのでしょうか、とにかくそれぞれのキャラが独自の不安や想いを持っていて、それを描いてきているなぁと。
そうして皆が何かを乗り越えた先に改めて集っていくようなら、非常に盛り上がることだろうなと期待が膨らみます。

5話といいバトル回は新キャラスポット回も含むのかと思いつつ、今回も色々と。
とりあえずユーノの出番の少なさには泣けますが。
Posted by アキ at 2007年05月16日 23:48
まずはティアナ。
ちょうど視聴者側がなぜ彼女がいるのかと疑問を募らせたであろう時期を狙ってるんでしょうね。
彼女の背景はアニメではほとんど触れられてないので説得力が薄かったかもしれませんが、まぁ次回やってくれるでしょう。
漫画で多少分かっていたことに加え、今回気になったセリフは
「あたしは、ランスターの弾丸は、ちゃんと敵を撃ち抜けるんだって」
ランスター、と言い直しているあたりに、兄を意識しているような気がしています。
執務官を目指すのは憧れだけでなく、兄が撃ち抜けなかった何かを撃ち抜くために、という想いがあるのかな、と。

彼女のミスは撃墜を目指したことではないかと思っています。
あの状況だと敵をホテルに近づけさせずにヴィータの到着を待てば十分に思え、攪乱して時間稼ぎすべき場面だったのではないかなと。
レーザーの回避は、なのはの教えも忘れるほど視野が狭まっていた表現でもあるかなぁとか。
Posted by アキ at 2007年05月16日 23:48
あえてヴィータに叱らせたのは、冒頭での問題提起がなぜなのはが自分を選んだのかであるのと、
叱責は厳しい方が文脈に沿うからかなぁとか。なのはだと怒鳴りつけるとこまではいかなそうですし。

フォローしようとして出来なくて、ティアにも拒まれたスバル。
こういう拒絶はなのはだと珍しいですよね。
ショックを受けた様子ですが、予告を見るに彼女なりの結論を出す模様。
来週は二人の関係が掘り下げられそうな感じです。

守護騎士
正直、変身シーンがあるとは思ってませんでした。本当に2クールだと何でもできるなぁ。
こういう形の共同戦闘はあまり見れなかったので面白かったです。
惜しむらくは作画。他はほとんど気にならなかったのですが、レヴァのカートリッジロードだけは無性に気になった……
A’sではあまりなかったバックアップとしての活躍を見せたシャマル先生。相変わらずはやての着せ替えを楽しんでないか。
Posted by アキ at 2007年05月16日 23:49
本部の承認が必要なシグナム・ヴィータに対し、さり気なく成果を上げまくるザフィーラ。
よくあれ程の戦力を所属させずに済んでるなぁと思うのですが、使い魔や守護獣は局入りせずに主人に協力できるとか想像してみたり。

そして今回のもう一つの見どころ、ルーテシア。
これはこれは、予想していたのとだいぶポジションが違ったかもしれません。
レリックウェポンというセリフからもっと1期のフェイトに近いような、Dr.の道具みたいな扱いかと思っていたのですが。
ゼストが保護者みたいな感じで、ルーテシア独自に探し物もあるようで、レリックウェポンがデバイスやその中の何者かを指すとすれば、
彼女とDr.の関係は意外と薄いとも考えられるわけですか。
こうなると、どういう形で話に噛んでくるのか読めなくなってきたなぁ。面白い。

キャロとの関連も、力の一端という表現が対応したり、デバイスや転送時の反応などなど気になる所。
Posted by アキ at 2007年05月16日 23:49
それにしても、同じ無表情キャラのはずの1期時フェイトにはさほど感じなかったのですが、ルーテシアの方は随分気に入りました。
何故だろうなぁ、ゼストとの関係か、Dr.に対する評価の仕方か、詠唱や被召還者にかける声か。
虫っぽいのの足の動きで情報を得たり、「Dr.の玩具」という言い回しや、既にある物を利用する戦法とか。
隠密行動や戦闘にも慣れてる感じがしますが、ともあれやることなすことツボに入ってるみたいな。どう動くか楽しみです。

さて、事件としては前回フェイトがDr.の目的を察したままですが、今回密輸物が奪われたりと、裏でじわじわ進行してる感じです。
こうした緩やかに、しかし確実に収束値に向かっていくのは時間があってこそできる展開でしょうから、期待も高まります。
まだまだ4分の1、これがまだ後4か月以上続くんですよね。素晴らしいなぁ。
Posted by アキ at 2007年05月16日 23:50
>ゆーの・すくらいあ
ユーノを次回予告に出した意味っていったい・・・・・・・・・・
まあたぶんジュエルシードの真贋鑑定で出番あるとは思うんですけどね
今回オークションに呼ばれてたのもその仕事でしたし
そこを事後報告で済まされたら笑いますけどどうやらなのはとの絡みもあるようなこと田村ゆかりさんが何かで言ってましたし・・・・・・・・・
気になるのはヴェロッサに先生呼ばわりされてたこと
ヴェロッサとの共通の知人については知らないのかもしれませんね
ちなみになのはとお互いに来てること知らなかったことについては、連絡はしてるけど互いの仕事内容までは知らないと予想
ユーノ自身こういうことを誇るようにも思えませんし、教えたとしても遠出するということくらいじゃないでしょうか?
なのはにしたって管理局内部の信頼できる”友人”とはいえ任務内容いちいち流すわけにはいかないでしょうしね
Posted by さとる852 at 2007年05月17日 00:30
>るーてしあ
桑谷さんがやってるということは本編でのアルフの出番は無いということでせうか?
まあそれはおいておいて
召喚魔法はキャロの使うものとは違うみたいですが古代ベルカかどうかは現時点では保留ですね
まあここにきて第4の術式登場とかされても困りますけどね(笑)
ゼストと彼女は主従というわけでもなさそうですね
今回に関してもゼストは止めはしないけど手伝う気もなさそうでしたし・・・・・・・・・・・
まあ一番気になるのは彼女が奪取したものがなんなのかですけど・・・・・・・・・・
Posted by さとる852 at 2007年05月17日 00:30
>てぃあな・らんすたー
物語には所謂「お約束」が存在します(またの名を「フラグ」)
例えば出撃前に思いで語ったりするとたつ死亡フラグ
例えば"〜するな"といわれると後でやる禁止破りフラグ
今回ティアナがやったのは功をあせるとたつ失敗フラグですね
今回に関しては完全にティアナのミスでしょうね
自分だけでしとめようと思ったのが最大の間違いかと
上を見すぎて今いる場所が見えてないというのが今のティアナでしょうか?
まあ個人的には意外に早くメインが回ってきてうれしいところです
とりあえずは次回以降に期待
こういう失敗するキャラはとことん墜ちるかこれを糧に大きく成長するかのどちらかですしね
ちなみにスバルは気づいたときには当たる直前だったんでしょう
弾速決して遅いわけでなくむしろ早かったですし
Posted by さとる0852 at 2007年05月17日 00:31
>う゛ぃーた
>えればあの場ではあのくらいは当然でしょうか
たぶん「あの事故」が頭よぎったんでしょうね
自分と同じ思いさせたくない
さらに言うならあそこでスバル大怪我してたら、ティア心折れて再起不能になっても不思議ではないと思います
防げたからこそ強く言わざるおえなかったのでしょう
また同じことされても困りますしね
ティアがするとも思えませんが・・・・・・・
Posted by さとる0852 at 2007年05月17日 00:32
エラー出たので携帯しよう

>機動六課
やっぱり異常なんですね、この部隊(笑)
バックアップが凄いとはいえ少々おかしいですよね、この部隊
後々このことでいろんなところ敵に回しそうな予感がします
とりあえずザフィーラ新人の前ではしゃべりましょう(笑)
A'sラストバトルでもそうでしたがシャマルは指揮官技能ありそうですね
しかし医務担当が指揮する部隊っていったい(笑)
Posted by さとる0852 at 2007年05月17日 00:59
ティアナが成長しそうなことになってますね
ヴィータのフォローも含め次回の話に期待
ユーノの出番が増えますように
今回でユーノについてここまで語ったのは私だけでしょうね・・・・・(笑)
で、クロノはどうしたんでしょう?
Posted by さとる0852 at 2007年05月17日 01:02
ティアナに関して大変なことになった第7話。ちょっと無茶をしすぎてしまいましたか。単純な数の比較はできないでしょうが、あの弾数はA'sなのはのアクセルシューターを超えてますからね。
ティアナの苦悩は、同時に、なのは達がいかに天才であったかを再認識させてくれました。とはいえティアナは自分の才能を卑化しすぎですよね。スバルやアルト、ルキノと比べてもそんなに悪いんでしょうか(まぁ通信2人の能力は未知数ですけど)。
そんなティアがどう自分にけじめをつけ、また、スバルとの絆を深めるか、次回の目玉はこんなところでしょう。
Posted by ころりん at 2007年05月17日 20:03
それにしてもヴィータ副隊長、「馬鹿!タコ!馬鹿共!」って、少し怖いですね。それだけ危険な状況だったということでしょう。ですが「次は殺すかんな、絶対だ!」の時よりか大人になってる感じがします。

ルーテシアに桑谷夏子さんを使ってきましたね。あんなかわいいロリっ子に嫌われていない(というより慕われているようにも)ドクターは、きっと悪いやつではないんでしょうね……多分。

ユーノは、最後まで誰にも気づかれなかったら面白かったのにな。案外次話で関わってきたりして(ティアナとは別に)。ついでにザフィーラも、人間体を見せずにラストを迎えそうですね。
Posted by ころりん at 2007年05月17日 20:04
> 他の守護騎士達では、ザフィーラが喋ってキャロとエリオに驚かれていたのが笑いました。
> 寡黙な守護獣ですしいつも一緒にいるわけではないとはいえ、そこまで驚かなくても(笑)。

声を出してもこれですから、人型に変身してもまたびっくりでしょうね。

> 気になったのは、はやてや守護騎士達の能力や出自の詳細が特秘であるということ。

P.T事件も特秘扱いなのでは。だから事件に関与した人間から噂だけ広まったんでしょう。
(THE COMICS 第5話 スバルの噂話より)


次回のタイトルを見る限りでは、スバルとティアナの友情にスポットが当たりそうですね。
ティアナが六課に招かれた理由?はおあずけになりそう。
個人的予想では、指揮官適性が高いとか考えてるんですけどね。
Posted by 真一 at 2007年05月17日 22:13
7話の冒頭の独白と彼女の経歴から、
あまり魔法の資質には恵まれておらず、彼女自身もそのことにコンプレックスを持ち続けてきたように感じます。
しかし、一度は挫折しながらも、夢を諦めずに努力を続け、
一歩ずつ着実に執務官への道を登ってきたことから、
彼女は、たとえ才能が無くても、努力でその差を埋められると考えていた筈です。
だけど、六課の隊長達は聳え立つ山のように高い存在でした。
(特に目の前にある「なのは山(さん)」が)
その頂はリミッターという雲に隠れていて、想像することも出来なくて、
支給されたデバイスは、その優秀さをもって、
自分をあっさりと高みへと持ち上げてくれましたが、
それでも山の頂は遥かに遠くて、日々の訓練による歩みが
まるで止まっているように感じられたのだろうと思います。
Posted by yagy at 2007年05月18日 01:13
無力感に襲われ、積み上げてきた自信が崩れかけたことで弱気になり、
一緒に山を登っている同僚達とのちょっとした差にまで、
劣等感を感じてしまったのでしょう。
それでも、六課の面々が彼女を見下したことなんてありませんから、
彼女が自分の力を証明したかったのは、きっと誰よりも自分自身に対して、
崩れかけた自信を取り戻したかったのだと思います。
しかしそれも失敗し、完全に自信喪失状態。
この先、底まで落ちたティアの心が折れて、
「私はなのはさんとは違う、才能なんか無いんですっ」と自暴自棄になるような展開が浮かびます。ちょっと鬱だけど。
Posted by yagy at 2007年05月18日 01:17
六課の戦力は、それだけの力を投入しなければ解決することが困難な、
大事件を想定して組織されたものであることは明白です。
そのことに最初に気付くのはやっぱりティアでしょう。
そのとき、無力感に打ちのめされた彼女は、
「私(達)なんかが、この部隊に居る意味なんてあるの?」と
自分が六課に居ることの意味や、目的を問われるはずです。
それは、他の新人達にとっても同じで、ただ六課に居るからではなく、
自分の意思で事件を追う、その理由を見つけることになるのではないでしょうか。
と言うことで、そのあたりまで彼女の絶望と焦燥は続くのではないかと予想します。
Posted by yagy at 2007年05月18日 01:21
>アキさん
>初の曲・決め台詞変更
A’sでもここぞという場面ではしっかりと雰囲気に合わせてきていましたが、そのあたりは流石ですよね。
ティアナで始まりスバルで締めて、出番的にも今回は完全にこの2人、とくにティアナの回でした。

>時間があると何でもできるなぁ
時間もあるようなないようなですけどね、今後どれだけ展開が壮大になっていきそうかを考えると。
とはいえこれもその一端ではあるんでしょうし、本当にA’sまでではなかったことではあるんでしょうが。
どちらかというとこういう各キャラ個別の思いはサウンドステージとか漫画版の領域でしたからね。

>ユーノの出番の少なさ
まぁ所詮キャラ紹介にも出てない人はこの程度ということなんでしょう。
きっと今後もう少し出番があるはず・・・。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 14:59
>彼女の背景はアニメではほとんど触れられてないので説得力が薄かった
このあたり、やはり描写不足感、唐突感を指摘しておられた方が結構いたみたいです。
仕方がないところではあるんでしょうけど。

>ランスター、と言い直している
これは確かに何かの意識を感じさせられましたよね。
兄の撃ち抜けなかった何かというのは可能性高そうな気がします。

>ミスは撃墜を目指したこと
根本的にはそうなんでしょうね。
ただ、作戦さえ間違えなければヴィータが来る前の迎撃も無茶ではなかったとは思うんですよ。
ティアナの言うとおり先に迎撃したほうが良いのは確かでしょうし。

>なのはだと怒鳴りつけるとこまではいかなそう
過保護気味なヴィータだからこそのあの叱責という感じですよね。
もしあの場にいたのがなのはだったらどう言ったかを考えてみるのも面白そうですが。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 15:04
>来週は二人の関係が掘り下げられそう
漫画版で描かれて以来、本編ではあまり描写がなかったですからね。
どう描いてくれるか楽しみです。

>変身シーンがあるとは思ってませんでした
それは流石に酷いのではないかと(笑)。
とはいえ若干の中途半端さを感じました。

>シャマル先生
医務官ということで戦闘には関わらないのかと思いきや、しっかりと指揮・管制を担当していたのに驚きました。
バックアップはまさに本領発揮といったところなんでしょうね。
クラールヴィントからクロスミラージュにデータを移せるらしいのは何気に新しい注目点かもしれません。

>使い魔や守護獣は局入りせずに主人に協力できる
というか、それが使い魔という気もしますけどね。
使い魔は、局入りさせない場合は主が単独で試験を受けねばならない代わり、任務での主人への協力は自由とかだとバランスも取れるかも。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 15:10
>Dr.の道具みたいな扱い
なるほど。
ただ、フェイトの場合はあくまでも記憶の授受などによってフェイトの側からプレシアを慕っていたわけで。
ルーテシアにそれは無いと思ってたので、私は道具とまでは考えてませんでした。
とりあえず、ルーテシアが何を探しているかが鍵でしょうか。
私はむしろゼストとの関係のほうが気になります。

>ルーテシアの方は随分気に入りました
まぁ現状での第1期フェイトとの共通点は無表情という点くらいの気はしますけどね。
ともあれお気に入りのキャラが出来るのはいいことでしょう。

>密輸物が奪われたり
レリックとは無関係だったみたいですが、これもやっぱり関係してくるんですかねぇ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 15:17
なんというか・・・
ティアがこんな事になるのは予想通りだけど、逆に拍子抜けしそうな・・・
文芸部とかで言われてる様な事にだけはならない事を願います(ティアナスレなんか見てるともう、哀れと言うか何と言うか絶望しか感じない)
Posted by ? at 2007年05月18日 15:19
>さとる0852さん
>ユーノを次回予告に出した意味
スタッフの気まぐれ(笑)。
あの少なさならむしろ予告で出さずに本番で驚かせたほうが良かったかも。

>なのはとの絡みもあるようなこと田村ゆかりさんが何かで言ってました
そうなのですか。
それなら結構期待は持てそうですね。

>連絡はしてるけど互いの仕事内容までは知らない
まぁいちいち仕事の予定なんて普通伝えないと思いますしね。
こういうことがあったとか、過去の仕事の話はするかもしれないですけど。

>本編でのアルフの出番は無い
むしろ、皆無の危機が、少しだけならば出番があるのではと思いました。
ルーテシアのついでにやってもらえますし。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 15:21
>古代ベルカかどうかは現時点では保留
確かに断言は出来ませんね。
騎士と呼ばれたゼストと一緒にいるからといってルーテシアも一緒とは限りませんし。

ゼストとはかなり対等な関係という感じでしょうか。

>所謂「お約束」
存在しますねぇ(笑)。
とりあえず、ティアナは焦りすぎました。

>意外に早くメインが回ってきてうれしいところ
今までの影の薄さを考えると、むしろ早めにメイン回をもってこないと忘れ去られそう(苦笑)。
あと、この手の内容は早めにしないとダメでしょうしね。

>スバルは気づいたときには当たる直前
とはいえ、気付いてからヴィータが割り込んでハンマー振ってますし、それだけの時間があればプロテクションくらい使えるかなぁと。
とりあえず、ヴィータがいなかった場合でも、あの程度なら何とかして対処してほしいと思うので。
無論ティアナのミスが消えるわけでもなんでもないんですが。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 15:26
>「あの事故」が頭よぎった
やっぱりそうなんですかね。
あの事故の内容次第では、あるいはヴィータがその立場だったのかも?

>やっぱり異常なんですね
ですね、中から見ても(笑)。

>ザフィーラ
そもそもこれまで新人達と接する機会がどれだけあったのやら。
スバルとティアナは喋れることを知ってるんでしょうかね。

>医務担当が指揮する部隊
どちらも後方でいいんですし、人員削減にはなりそうですよ(笑)。

>クロノはどうした
クラウディアに乗って巡航任務にでもついてるんじゃないですかね。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 15:32
>ころりんさん
>あの弾数はA'sなのはのアクセルシューターを超えてます
ですね。
まぁあちらは誘導操作なのに対してこちらはおそらく誘導“操作”では無いでしょうし、本当になんとも言えないところではありますが。

>スバルやアルト、ルキノと比べても
スバルは漫画版でティアナがバカ魔力と評しているように潜在能力は高いだろうとして、通信2人は謎ですよね。
まぁティアナと同じくらいの年代でいくつか資格も持っているようですし、分からないでもないですが。

>「馬鹿!タコ!馬鹿共!」
あれだけ怒られると少しどころじゃなくて相当怖いです。
でもそれだけの理由があったということなんでしょう。

>かわいいロリっ子に嫌われていない
それが判断基準でいいものか(笑)。

ユーノはきっとそのうち関わってくれるはず・・・。
ザフィーラは、まぁ狼形態が本来ですしそれもありではないかと。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 15:46
>真一さん
>人型に変身してもまたびっくり
喋るとは思われてなかったぐらいですからね(笑)。

でもそうなると、ただの犬か狼かという認識だったということに。
使い魔や守護獣ではなく純粋に動物でこういう立場っているのかなとも思いましたが、まさにキャロの連れてるのがそんな感じですか。

>P.T事件も特秘扱い
こうなると、むしろ特秘ではない事件ってどんなレベルなのかが気になります。

>六課に招かれた理由
2人そろって訓練校では主席卒業のはずですし、単純に将来性だけとも言えなくもなさそうですが。
スバルも同じく。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 15:54
>yagyさん
>あまり魔法の資質には恵まれておらず
これに関しては、ちょっと上を見すぎという気もするんですけどね。
一般の武装隊員レベルから見ればティアナも十分才能のある人でしょうに。
目指すところである執務官が、それだけ上の存在で才能の必要性も大きいからなのかもしれませんが。

>山の頂は遥かに遠くて
遠すぎるがゆえに、少しずつ近づいても知覚出来ないというところですかね。
そしてそこから焦りも生まれてくると。

>自暴自棄になるような展開
鬱ですが、大いにありえそうなんですよねぇ。
この先ティアナはどうなってしまうのか・・・。

>自分の意思で事件を追う、その理由を見つけること
これは本当に大事でしょうしね。
逆に、まず最初にこれを見つけられるのもティアナになるでしょうか。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 16:08
>?さん
>文芸部とかで言われてる様な事
いったいどんなことを言われているのやら。
流石にそんな考えられうる限りの酷いこととかにはならないと思うんですけどねぇ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月18日 16:09
思ったよりも作画崩れが気にならなかった第7話。
しかし、レヴァンティンカートリッジロード→紫電一閃のトコだけは駄目だ・・・酷すぎる。
前座のアニメでも剣劇ならもうちょっとマシなの描いてるのに(毒
シグナム姐さん、せっかくの先週のカッコイイ台詞が台無しでしたorz

ティアのこういう話は、来ると思ってたしこのタイミングなのも多分正しいんでしょう。
あとは次回、どれほどの話が来るかで一つの評価が下されそうな気配。最高の都築節を期待しておきます。
ただ、ティアは後半にもう1、2波乱くらいありそうですね。何とも苦労人なキャラだ(汗

今回は軽く、これくらいで。次回はさて、どの程度ティアを救ってくれるのか・・・。
Posted by 東西南北 at 2007年05月18日 23:06
初めて「SECRET AMBITION」を聴いた時から、ティアナは作中で大きな成長を遂げる…その時彼女の本当の魅力が見えるだろう、という確信がありまして。
今回も勿論ですが、次回の展開はより気になるところです。

今回まで内面の描写がほとんど無かったからこそ、私はかえってティアナの苦悩がそう単純ではないように感じました。
エキスパート部隊に所属して、そこで現状できることをこなしてきて、それでも立ち止まっているように感じるというのは。
自分一人が凡人なんだとの劣等感、集団の中にいてなお感じる疎外感って、本当に自分の存在価値を見失わせるんですよね。
それを払拭せんといきり立つあたり彼女の精神力の強さが窺えますが、よりによってスバルへの誤射はかなり辛い失態だったでしょう。
不甲斐なさと無力感に流した涙は見ているこっちも胸が痛いです。

Posted by 閲覧者A's at 2007年05月19日 01:07
「なのは」という作品は、誰一人として独りのままじゃないんですよね。
6話でエリオが言っていたように、「優しくしてくれる、あったかい手」によってそれぞれ救われていて、敵側にさえ深い絆や思いやりが存在している。
そんな中ティアナには、どうしても孤独を感じます。
「誰かのために」という部分が今はまだ見えなくて、或いはそれは「憧れの兄」にしか向けられないでいるのかも知れません。
それ程に重い意志を背負っていて、同時にそれだけを支えに独りで努力してきたのではないかと。

だけど多分、彼女はその孤独から抜け出すことで大きく成長できるんじゃないかと思っています。
そしてその為には間違いなく、スバルの存在が必要。

「パートナーだから」、わかりあいたい。気持ちを分け合いたい。
後悔も悲しみも、願いも、ふたりで。
スバルの想いはきっと、かつてのなのはと同じはず。
Posted by 閲覧者A's at 2007年05月19日 01:11
ティアナがその想いを受け止めて、自分の居場所を見つけてくれるのを私は待っています。

他には…まずはお久しぶりのユーノを。
意外に今後もちょくちょく関わりそうな気がするのですが、まぁ希望的観測ですか(笑)。期待してはいますけど。
考古学者のユーノが解説・鑑定というのはなるほどでした。

続いてはヴェロッサ。
はやてとのやりとりが仲のいい兄弟っぽくてなんだか良かったなーと。
やはりまだどんな立ち位置かは分からないですね。
私情で言えば裏はあって欲しくないし、特にはやてのことを欺いて欲しくないんですけれど。
Posted by 閲覧者A's at 2007年05月19日 01:19
そして新勢力のルーテシアとゼスト。
ルーテシアの魔法陣はベルカ式寄りのようで、また色々と楽しくなってきましたね(笑)。
しかし、色々考えてもこんなに性質の読み取れないキャラは初めてです。未知で底が知れない。
ゼストは騎士と呼ばれていましたが、仮にルーテシアが古代ベルカ式術者ならば彼もまた同じくなのか。
二人とも、思っていた以上に秘めている力は強そうです。
そして更にこの先謎の黒い影ガリューとアギトなる人物の存在まで明らかになっていくわけで。

どうも物語の舞台は、計り知れないほどの壮絶な規模になっていきそうではないですか。
しかもここに来てなお始まったばかりという印象。
どれ程のものが待っているのか、こんなに楽しみなことはないです。

とりあえず以上で。では、失礼しました。
Posted by 閲覧者A's at 2007年05月19日 01:20
ティアナって自覚がないようですが、意外と凶悪な能力持ちです。
はっきり言って幻影系があるだけで十分凶悪なんですが。

無論、現在のではなく、的確な判断ができるというのが前提ですが、
現時点での公開情報に基づく評価としてはリミッターつきの副隊長より上です。
特にチーム戦で幻影を使われると厄介なことこの上ないわけで、
アグレッサーの視点で見ると
 ・攻撃力のあるメンバーをフリーにしてしまう
 ・事実上、コスト効率の悪い広域攻撃のみが確実な攻撃方法となる
 ・見通しのいい地形ならともかく、複雑な地形では一方的に遮蔽を使われてしまう
 ・相手の選択肢が思いっきり広がるため、こちらの行動を制約されてしまう。

など、地味ですが厄介なことになります。
なので、個人的には幻影系がんばって伸ばしてほしいなと。
あ、でもまともな広域攻撃ってティアだけなのか。
Posted by loopy at 2007年05月19日 12:53
なのは StrikerS の視聴感想記事アップを切り、視聴のみ継続することに決めた圭佑です。

楽しみにはしているんですけどね…感想記事を書くとなると、予備知識ゼロ状態では意外なほど扱いにくいことが分かった理由から視聴のみ継続という結論に達した次第です。(既に第 5 話から感想記事アップを切っています)

それにしても…なのは感想記事だけコメント件数とトラバ件数がずば抜けてますね (笑)

放送最遅側からすれば TB 送信だけで気が遠くなりそうですね…。僕は TB 送信には結構消極的でして、相互リンクしているブログと巡回ブログのみに TB を飛ばし、送信していない相手から TB が来たらその都度返すという対応をとっています。(TB の伸びが悪い原因はまさにそこにあるわけですが…)

ただ、一気に送ろうとすると、どの記事へトラバしたかが分からなくなりますし、数回に分けてトラバを送信しないといけないので最遅組には辛いところです (涙)
Posted by 圭佑 at 2007年05月19日 19:05
はじめまして

ルーテシアとゼストが本格的に参戦ですね。なにか大切な目的がスカリエッティとはあるようで彼とはビジネスライクな関係っぽい感じがちょっと意外でした、レリックウェポンとはどんな存在かも含めて気になるところです。

それにしてもスカリエッティはかなりあれな感じですがそれなりに親しくなれば他の人間と感覚がかなり違うだけで以外良い奴ではあるのかも知れません、それにこの話は敵側の方に解決すべき話があるのでスカリエッティにも意外なストーリーが待っているのかも知れませんね。






















Posted by 雨霧光 at 2007年05月19日 19:52
書き込みが変になつてしまった

ルーテシアはキャロと絡むという予想をよく聞きますがどうなんでしょうね、二人のデバイス名の元ネタを考えると暗に二人の関係は召喚魔道士と言うだけですよと言っている様で。ルーテシアの召喚にクラールヴィントもロングアーチのセンサーも気づいてますし。まぁ、それこそミスリードなのかも知れませんが。

それにゼストの強さも気になるところです。
Posted by 雨霧光 at 2007年05月19日 19:53
機動六課の側ですが今回は警備が主任務だったのでうまく動けなかったようですね、ルーテシアの存在が明らかになった時点で戦術上の自由度を失った感じですキャロの優れた召喚士は転送魔法も使いこなすと言う台詞を考えれば隊長陣は動かせないでしょうし

後、ルーテシアはガリュウを直接向かわせたようですがやはり転送すると一発で気づかれるってことなのか?六課とは目的がずれてたようなので接触はありませんでしたが
Posted by 雨霧光 at 2007年05月19日 20:02
ただ接触出来てたとしてガリュウを追いきれてたかは
前作、前々作とフェイト・アルフ、ヴォルケンが
転送魔法を使って逃げるのを追いきれて
なかったのを見るとある程度高位の魔道士・騎士に
転送されると追いきれないというのは共通認識として
あるのかもしれません。

リイン兇藁匹い箸海蹐△蠅泙擦鵑任靴燭
あの虫はもっとも苦手なタイプの敵でしょうから
仕方ないでしょう。下手に手をだしてしまうと
藪から蛇どころか蜂の巣を突っつくような事に
なる可能性もありそうですし。
Posted by 雨霧光 at 2007年05月19日 20:12
ティアナの暴発は1話目の時点で色々示唆されてましたね
あの場であんな形で表面化するのは恐らく本人に
とってこそ意外だったかも知れませんが

ティアナの作戦も悪くなかったかも知れません
でもエリオとキャロを下げてしまうのはミスですね。
可能な限り4人で対処するべきですしスバルと一緒に
前に出るとしても極端に突出するのは極力避けるべき
でしょうし。
Posted by 雨霧光 at 2007年05月19日 20:21
>道具
ううむ、表現が不適格だった気がしつつ。
私は、ルーテシアをもっと完全にDr.サイドなんだと思ってたんです。
洗脳なり思考誘導なり理由はともかく彼女が従う形で、当面はDr.と同勢力だろうと。
それが今回の描写だと、指示には従っていますがDr.に対して自分なりの考えを持っているようですし、
ゼストと共に行動のフリーハンドも与えられている様子なのも意外だったんですね。
こうなってくると、六課の敵になったとしてもDr.とは別勢力になりえそうだなと。
物語中の勢力図が予想以上に複雑化してるように感じています。

時に、ふとルーテシアの探し物ってレリックなのかと思ったのですが。
その後のDr.とゼストの会話で普通にレリックという単語が出てきてるので違うでしょうか。
しかし、ゼストの「レリックが絡まる限り互いに不可侵を守る」というのも意味深で、一筋縄ではいかない感じです。
Posted by アキ at 2007年05月19日 20:51
そういえばゼストの「騎士」、改めて考えれば教会と関連がありそうで、すると彼は古代ベルカ式の可能性の方が高そうに思えます。
教会に独自の狙いがあるとすれば、それはスカリエッティでなくゼストの方なのか、とも。

ティアナ
>描写不足感、唐突感
やはり言われるでしょうね。
漫画を読んでいれば割と大丈夫なんですが、とはいえアニメだけでも見返すと見えてくるものもあるかなぁと。

六課入隊を決める前に不安を口にしていますが、その後は今回に至るまでほとんど努力している描写しかない。
それが出来るのは彼女の強さだと思っているのですが、ともあれ同時にティアナに関するそれ以外の話は少ないんですよね。
これは、それだけ彼女に周辺の事情が少ない、孤独の表現であるとも思えます。
顕著だと思うのが、支えてくれる人、特に家族の存在が全く触れられてない点。
支えてくれる人として、家族は非常に重要に思えるんですよね。
Posted by アキ at 2007年05月19日 20:52
その点スバルには家族が出てきますし、エリオとキャロも頻繁にフェイトが心配しているのに対し、ティアナにはそうした描写がない。
今回スバルが父や姉から聞いた話をした後にティアナの独白が入ったのは、孤独感を印象付ける意味で上手い構成だと思います。

孤独でも誰にも頼らず努力し続けるのは、彼女の原動力となる意志が、彼女の中である種完結しているからではないか、とも。
それでもティアナに一番近い位置にいるのはスバルであり、その分今回の誤射は大きかろうと思えるわけですが。
そのスバルにも、ティアナは自覚的に頼ってはいないでしょう。
これは、スバルがいずれ離れることになると意識しているからではないかとも思います。
1話の試験で捻挫した時のセリフ、六課入隊前に自分は決めかねたままスバルには薦めてみたことに加え、
漫画ではスバルに対して、自分の夢があるんだから無理して付き合うことがない、とも言っていますから。
Posted by アキ at 2007年05月19日 20:52
或いはスバルへの憎まれ口や腐れ縁・苦悩の日々といった表現は、別れを意識しているがためかとも。
更に、いずれ離れるから誰にも頼らずにいるという考えなら、それはたった一人の家族だった兄との死別を経験し、
悩んだ末に導き出した結論なのかも、とも思います。

色々書いてみましたが、実を言うと、私はティアナのことはそこまで心配してないんですよね。
いざという時に支えてくれる人がいて、彼女がそれを多少なりとも頼れることができれば、
それで十分立ち直れるだけの強さを持っているように感じているんです。
ですから、スバルが支えとなろうとする想いをどう伝えるか、ティアナがそれをどのように考え、受け取るか。
その辺が次回の見どころになるのではないかと、個人的には思っています。

ティアナについてはここまでですが、それにしても、漫画版の時から彼女のことを書きだすと止まらないですねぇ。
Posted by アキ at 2007年05月19日 20:52
少しばかり考察も。
AMFについて、ティアナの射撃が効いたり効かなかったりするので見比べてみると、
AMF展開の描写の有無に違いがあるようで、一斉射撃の時にはありませんでした。
その他、ザフィーラの攻撃の時にもAMFの描写はない様子。
ティアナの時ガジェットはスバルへの攻撃直後、ザフィーラの時は攻撃中というのを考えると、
あのビームを撃っている時はAMFを展開できない、逆にビームは魔法であると考えられるか、とか。
ティアナの連射時にはAMF描写ありで破壊しているのが気になりますが。
あれがバリアブルシュートならよいのですが、ミサイル迎撃後の射撃が通用しておらず、速射できなさそうなのをみると、
あんな連射でバリアブルが使えるのかという疑問も。
DVDで最後のAMF描写がなくなってたら困りものですが。

ともあれ今回は以上で。
早くもSSの発売日が近づいてますが、さて、どこで買うか決めければ。
Posted by アキ at 2007年05月19日 20:52
パズライズ日記様、こんにちわ。

お世話になっています。

さて、先ほどリリカルなのはStrikerSの
公式HPを見たところ、キャストと
キャラクターがUPされていました。

ジェイル・スカリエッティ、ルーテシア、ゼスト
(キャラと言えるか?)ガシェットドローン
が新たに記載されていました。


しかし、どうもユーノの名がありません。
スズカ・アリサの名も。

この2人は、対象外なのか?

それとも、皆知っているから省かれて
いるのか・・・。

定かではありませんが。

今後は、このキャラが紹介されるのか?

期待は薄ですが・・・


Posted by わっかー at 2007年05月20日 17:24
>東西南北さん
>作画崩れ
思ったより気にならなかったのならいいことじゃないですか。
守護騎士達のは、射撃魔法全開なヴィータはそんなに悪くなかったと思うので私はそこまで感じませんでした。
むしろあのあたりはシュワルベフリーゲン8発で喜んでいて作画どころではなかったというか(笑)。
ティアナとルーテシアはメインでもあり作画も踏ん張ってましたし、結局誰を中心に見てるかで感じ方が変わってきたようですね。

>次回、どれほどの話が来るか
もう早いところでは今深夜になるんですよね。
果たしてティアナがどうなるか、楽しみです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月20日 21:54
>わっかーさん
>公式HP
私もこの少し前に確認していましたが、ついに更新されましたね。
ちなみに、先々週あたりにスバルとティアナのページが新バリアジャケットにマイナーチェンジされていたりもします。

>ユーノの名
>スズカ・アリサの名
単純に、出番がほとんど、あるいは全く無いからでしょう。
ユーノはともかく海鳴組は出番なんて無いでしょうし、そんなキャラを紹介するはずも無いでしょうからね。
別にこの3人だけではなくエイミィ、リンディ、アルフ等の紹介もありませんから。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月20日 21:54
>閲覧者A'sさん
>初めて「SECRET AMBITION」を聴いた時から
そんなころから確信を持たれていたとは。
ただただ凄いというしかないです。

とりあえず、ティアナが今後どうなっていくか注目ですよね。

>内面の描写がほとんど無かったからこそ
無かったことが描写不足ではなく、かえってそこから読み取れることもあると。
私等漫画版を読んでいる人にとっては描写不足感はあまり無かった人も多いかと思うんですが、それ以上に読めることがあるんですねぇ。

>誰一人として独りのままじゃない
それがこの作品の根幹だというようにも思いますしね。
ティアナとスバルのコンビ、パートナーとしての関係の今後が楽しみです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月22日 19:49
>お久しぶりのユーノ
出番はあるかもしれませんが、如何せんキャラ紹介にもキャストにも無いですからねぇ。
でもこれは逆に考えて、水橋さんをアルフの桑谷さんのように別キャラに使いまわす可能性も?
そうなるとユーのはますます影が薄くなりそうですが(汗)。

>はやてとのやりとり
これは漫画版通じても初めてでしたからね。
思った以上に気さくな感じで少し驚きました(笑)。
カリムがお姉ちゃんみたいな感じとのこと、やっぱりヴェロッサはお兄ちゃんみたいなんですかね。

裏に関しては、まだまだなんともですねぇ。
ヴェロッサ単独でということは無さそうで、裏があるならカリムも一緒という気がするのが嫌な感じではあります。

>こんなに性質の読み取れないキャラ
まぁまだ出てきたばかりですからね。
次に出てくるのが楽しみです。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月22日 19:53
>loopyさん
>幻影系があるだけで十分凶悪
まだ幻影系魔法の全貌が見えていない(魔力消費や性能限界など)とはいえ、かなり使いどころがありそうですよね。
そのぶん魔力消費等のリスクが半端無いのではという気もしますが、実際のところ分かりませんし。

>まともな広域攻撃
ティアナは広域攻撃じゃないでしょう。
明確に広域攻撃適性が高いのははやてだけではなかったかと。
リインフォースIIは良く分かりませんし。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月22日 20:00
>圭佑さん
>感想記事アップを切り、視聴のみ継続
それは少し残念ではありますが、まぁ感想書くのも色々大変ですからねぇ。
深く突っ込まなければ予備知識無しでも全然問題ない、むしろ予備知識の無い感想の方が読んでみたいという気持ちもあるんですけどね。

>なのは感想記事だけ
ありがたいことです(笑)。
まぁTBに関しては他の以上にこちらから積極的にやっているというのもありますが。

>どの記事へトラバしたかが分からなく
これはまぁ、ザッとでもないよう見れば分かりますし。
あとはリンク部分の既読か未読かで判定しています。
なのはに関しては記事の日付含めて完全管理してたりもするんですけど(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月22日 20:03
>雨霧光さん
初めまして、コメントありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

>ビジネスライクな関係っぽい感じがちょっと意外
他にも意外に思われた方は結構多かったみたいですね。
私もここまで対等であっさりしてそうとは思いませんでした。
一応スカリエッティはその動きを監視しているようだとはいえ。

>それなりに親しくなれば
親しくなるまでが大変そうではありますが(笑)。
悪い奴では無さそうというか、今まで見た感じなら私はこういうタイプは好きですよ。

>キャロと絡むという予想
デバイスに関しては、私も名前だけだと思います。
ケリュケイオンは六課謹製のはずなので。
召喚への反応も、ブーストデバイスの特性と考えるが現時点では無難だと思ってます。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月22日 20:26
>警備が主任務だったのでうまく動けなかった
あくまでガジェットからの会場・人員警護が主だったようですからね。

>転送すると一発で気づかれる
転送するにはそれなりの魔力を使うでしょうし、簡単に気づかれるんだと思います。
仰るとおり、もし気付かれても転送でそのまま逃げ切れてるようにも思いますけどね。

>もっとも苦手なタイプの敵
小範囲の広域魔法でも使えれば簡単に対処できそうとはいえ。
苦手なタイプであると同時に、ランクAとはいえ単純な戦闘能力はそんなに高く無さそうという感じでした。

>エリオとキャロを下げてしまうのはミス
とはいえ、ティアナが射撃魔法で前線に出る時点で、エリオはそれこそ今回のスバルみたいになりかねず、下げざるを得ない気がします。
つまりはティアナが前に出ること自体がミスなんでしょうけど。
とりあえず、少なくともキャロのブーストはもっと積極的に使うべきだったでしょうねぇ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月22日 20:36
レスを後回しにしてしまっていてどうも申し訳ないです。

>アキさん
>彼女が従う形で、当面はDr.と同勢力
なるほど、とりあえず形はどうあれルーテシアの上にスカリエッティがいるということですね。
ただ、これに関しては私はここまで極端では無いかと思ってました。
スカリエッティは2人の動きを監視していた感じで、それはつまり完全に自分の制御下ではないということ。
もちろん指示を出せば従う程度で、普段は監視のみで自由を与えていたというのもアリかもしれませんでしたが。

>物語中の勢力図が予想以上に複雑化
そういう複雑な展開は大分好みです。
きっちりと収拾をつけてくれればですけども。

>ルーテシアの探し物
これはまだ分かりませんよねぇ。
私は安直にレリックというわけでは無いと思います。
だったら何かですが、これはまだ何とも。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月24日 07:19
>ゼストの「騎士」
教会無関係に騎士=ベルカ式という頭でしたが、まず教会と結びつけるというのもありかもしれませんね。

>彼女に周辺の事情が少ない、孤独の表現
目立った表現をしないことが表現であり、孤独を表していると。
そういう見方もあるのだなと大いに納得です。
確かに家族についても、形はどうあれ触れられてなかったのは新人達ではティアナだけでしたね。

>今回の誤射は大きかろう
やはり、誤射した相手が他の誰でも無いスバルであるというのも相応に大きかったんでしょうかね。

>いずれ離れるから誰にも頼らずにいる
こういう事情を持っていると結構辿り着きがちな結論ながら、それは厳しく寂しいもの・・・。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月24日 07:28
>AMF展開の描写の有無に違いがある
これまでも他のガジェットで描写の有無はよく見てきたつもりでしたが、なるほどI型に関しては攻撃直後or攻撃中というところまでは見えていませんでした。
ビームは魔法ではないという考え方でしたが、これならビームが魔法だと考えた方が上手くいきそうですね。
とはいえ、そうなると基本的に攻撃優先の仕組みということになりそうですね。
守備優先ならビーム中断してAMF展開というのもありでしょうし。

>AMF描写ありで破壊
現時点ではバリアブルシュートと判断するしか無いのでは無いかと。
連射の有無は何とも言えませんが。

とりあえずはDVD待ちでしょうね。
描写変更が結構ありますし。

>SSの発売日
私は全巻購入でCD−BOXが貰えるいうのでゲマで買ってきましたよ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月24日 07:33
>「かうぁいいロリっ子=いい子の法則」からのスカリエッティの人物判断
又妄想全開で書かせていただきますが・・・私はルーティシアがスカリェッティの依頼を引き受けたのは
「私はDrのことがそれほど嫌いじゃないから」
「・・そうか・・」
のシーンにおける微妙な雰囲気からスカリェッティに対する好意というよりはゼストに対する配慮からであり、その点をゼストも察していて彼女に対する「すまない」という思いがあの「そうか」の台詞に含まれているのではないでしょうか?
要するにルーティシアがスカリエッティをさほど嫌ってはいないというのは事実としてもゼストと同程度には信頼も敬愛もしていないのではないかと言うことです。



Posted by 渋川 at 2007年05月27日 22:59
続き
これは現状でゼスト&ルーティシア&アギト(ゼストの盟友OR戦友?)とスカリエッティの組織内での関係&立場の予想からです。
今だ正体不明の「クライアント」をバック(政治的&財政的に)として複数の「案件」=違法実験&違法調査(レリックがその中でも最重要)を抱えているのが今回の敵である「組織」ですがスカリエッティが現場の総責任者であるのに対しルーティシア他2名はレリック絡みで何らかの利益の一致を見て同盟者OR客分として参加している外様でありましょう。
Posted by 渋川雅史 at 2007年05月27日 23:21
続き
建前上は対等(故に「命令」ではなく「依頼」の形になる)とはいえ、組織の本流であり「クライアント」と直接のコミュニケーションラインを持ち、しかもガジェットという規模的に最大の兵力を持っているスカリエッティが序列上位になるというのは当然のこと(故に「依頼」の形とはいえ指示ができる)、ここで「依頼」を無視すればゼストの立場が悪くなるということを彼女なりに察して気を使ったのではないでしょうか?
Posted by 渋川雅史 at 2007年05月27日 23:21
>渋川雅史さん
>ゼストに対する配慮
そこまで深く考えるわけですか。
私はそれはちょっと考えすぎかとも思いつつ、なるほどでもありますね。

>ゼストと同程度には信頼も敬愛もしていない
そもそも、ルーテシアがゼストに対してそこまで信頼等しているかも、謎といえば謎。
案外一緒にいるだけかもしれないですし。

>何らかの利益の一致を見て同盟者OR客分として参加している外様
これは今分かってる事実からも、ほぼ間違い無さそうですよね。
序列云々に関しては、ルーテシア達はスカリエッティに監視されてるのが分かってるっぽい一方でルーテシアからスカリエッティの監視が出来ない以上、どうしてもそうなるのでしょうねぇ。
Posted by halogen(管理人) at 2007年05月28日 01:02