2007年05月19日

本日の障害競走

東京第4レース(オープン 芝→ダート3300m)
1着:ミヤビペルセウス
2着:コウエイトライ
3着:ビジネスサイクル

穂苅騎手騎乗で前走同じ東京で快勝したミヤビペルセウスが、2番人気で3コーナーで先頭に立ち突き放す一方の大差の圧勝劇を見せました。
2着は逃げられず2番手追走から最後は何とか踏ん張った1番人気コウエイトライ、3着には後方から差してきた5番人気ビジネスサイクルが入って、本命サイドでの決着となっています。
ミヤビペルセウスは中団追走から3コーナーで進出するという手堅い競馬でした。
でもそれでも最後は突き放す一方で大差勝ち、これは本当に強いですね。
穂苅騎手に乗り替わった前々走で一体何があったのか、これは東京ハイジャンプでも中心的な存在でしょう。

コウエイトライは逃げられなかったのは久しぶりですね。
中の枠なら大丈夫かとも思いましたが、やや厳しかったようで。
無理に先頭に立たなくてよかったのかどうなのか、とりあえず速い飛越は流石のものでしたが。
最後はむしろ良く2着に粘ったものだと感心しました。
問題は-20kgの影響がどれだけあったかで、大差負けの原因はこれだけでは無いでしょうが東京ハイジャンプに向けての立て直しに期待です。

ビジネスサイクルはこんなものなんでしょう。
最後コウエイトライを差せないあたりがまだまだレベルの差を感じるところ。
とはいえ久々の馬券対象は、この馬なりに頑張ってる方でしょう。

メジロベイシンガーは久々ながら4着は頑張りました。
3コーナーあたりでは積極的に動いてのこの結果、復帰戦としては上出来でしょう。
次走どうするのかですが、これでハンデ戦にも出られますし東京ハイジャンプか夏のハンデ重賞には期待したいところです。

ユキノアメージングはコウエイトライを抑えての積極的な逃げを見せました。
これで5着に粘ってるんですから上出来でしょう。
もう少し楽に逃げられれば、平場くらいなら勝てそうです。

テイエムトッパズレは1周目1号の水濠障害で見事に落馬。
水濠での落馬は比較的珍しいのですが、佐久間騎手は踏ん張ったとはいえあれではどうしようもありませんね。
とりあえず人馬無事で何より、次もう一度期待したいです。


人気blogランキング に参加中。
コウエイトライは何だかんだで連対確保は流石。

この記事へのトラックバックURL