2008年05月03日

本日の障害競走

京都第4レース(未勝利 芝→ダート2910m)
勝ち馬:ナムラヘンリー

黒岩騎手騎乗で4番人気の4歳牡馬ナムラヘンリーが勝利しました。
ニューイングランド産駒で、前走は取消だったので今回が初障害初勝利です。
平地時代は10戦1勝で、ダート中距離の未勝利勝ちがあるのみでした。

道中はライトニングボールが逃げる中の2番手を追走も、4コーナーでは早くも先頭。
最後は7馬身差の圧勝でタイムもいいですしなによりまだ4歳、これは楽しみな馬が出てきました。


東京第4レース(オープン 芝→ダート3100m)
1着:ハイヤーザンヘブン
2着:メイショウハーデス
3着:ウォーライクトニー

宗像騎手騎乗で中山で平場オープン勝ちもある7番人気ハイヤーザンヘブンが、引きつけて逃げつつそのまま叩き合いを制して勝利。
2着には植野騎手騎乗で東京は久々の挑戦だった12番人気メイショウハーデスが、3着には未勝利戦でテンジンムサシに勝利していた4番人気ウォーライクトニーが入って、荒れた決着となりました。
ハイヤーザンヘブンは見事な逃げ切り勝ちを収めました。
前走で復調気配が見られたところでこの走り、内枠有利のコースも活かしてでしょうがお見事だったと思います。
メンバー的にも十分勝負になるとは思っていましたが、勝ちきるまでは結構予想外でした。
逃げ馬ですしこれからも平場オープン上位を賑わしてもらいたいものです。

メイショウハーデスはまさかの2着、これは驚きました。
一応昨年暮れに阪神で平場オープン3着があったとはいえ、これは完全にノーマーク。
上手く乗ったか元々これくらいの力があるのか、とりあえず次走もう一度見てからでしょうか。

ウォーライクトニーは中山でないならこのくらいは走れるみたいですね。
1着ともそれほど差は無いですし、今後も平場オープンの上位争いをやっていけそうです。
重賞でも見てみたい気持ちはありますが、少し厳しいでしょうか。

クルワザードはやはりというかなんというか、4着という微妙な着順。
相性的にはいいはずの東京でこのメンバーでこの着順は、この先ずっと同じことを繰り返しそうです。
勝ちきるまでの力は無さそうなんですよねぇ。

テンジンムサシは道中はかなり後方の位置取り、枠順もあるでしょうがこれはゆっくり構えすぎでしょう。
最後は追い込むも5着まででしたが、乗り方次第ではもっと上もあったはず。
決して東京があってないわけではないと思いますし、次にもう一度期待です。


人気blogランキング に参加中。
阪神はこれだけ初障害馬に上位に来られると予想的にはどうしようもないです(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/51289753