2008年12月14日

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第11話

今回はトレミーが移動を開始するところを狙われるお話。
あからさまに怪しかった新メンバーのイノベイターは早速スパイ活動ですか(笑)。
場所を教えるとは直接的、戦術も重なって一気にピンチになりましたねぇ。
オーライザーの試験は当然というか、トランザムの限界稼働時間までやってたんですね。
までと言っても短いものでしょうが、あの暴走状態にも見えるほどの輝きは怖すぎですよ。
そしてハレルヤは一体なんだったのやら(笑)。

スイール王国壊滅も、セルゲイの部隊の所は無事だったのでなにより。
イノベイター側は、サーシェスは流石の反応でしたね(笑)。
それにしても強すぎるのこの兵器、即座に撃たねばとなるのも当然。
というわけでそれを迎え撃って返り討ちにするという作戦まで使えそうなのが怖いところですよねぇ。

ソレスタルビーイング側は、ついにティエリアは決意しましたか。
皆に話したその内容は、4年前の真実まで見えてくるんですよね。
ともあれ自分達の信じた道を行くというのは素晴らしいことだと思います。
イオリアの正しい計画は何ぞというのもそうなんですが、とらわれすぎず頑張って欲しいものですよね。

トレミーは基地を破棄して移動開始の予定も、イノベイターに位置を悟られマネキン大佐の部隊による攻撃が開始。
劣勢を打開するためのオーライザーはようやく調整終了、それ自体は良かったんですけども。
デッキ大破で負傷は大丈夫ですよね・・・?

オーライザーを届けるのは沙慈の仕事。
ハロの助けが多分にありそうですが、敵弾の中をかいくぐってのドッキングは良く頑張ったと思います。
ドッキング後は00ガンダムの凄まじい機動に引っ張られて大変そうでしたが(笑)。

そして驚いたのはトランザム発動後。
精神同士の感応という感じは、まさかこんな形でルイスとの再会となるとは驚きました。
というかありがちな演出とはいえいきなりあの世界は笑ってしまいましたが、戻ってからこの2人がどうなるか心配です。


人気blogランキング に参加中。
ソレスタルビーイングの裏方があんなにいたのは地味に驚きました。


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1
(DVD)
セカンドシーズン 2  

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)(Blu-ray)
セカンドシーズン 2 (Blu-ray Disc)

儚くも永久のカナシ(期間生産限定盤)(限定版オープニングCD)
儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)(初回版オープニングCD)
Prototype(エンディングCD)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/51431404
この記事へのトラックバック
博士「誰が中の人かな?」 助手「無ぇよwww」
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第11話「ダブルオーの声」【電撃JAP】at 2008年12月14日 22:13
衛星兵器メメントモリの攻撃でスイール王国の首都は壊滅しました。ソレスタルビーイングとカタロンは、それぞれメメントモリを破壊するべく行動を開始しようとします。しかし、それよ...
機動戦士ガンダム00 2nd #11【日々の記録】at 2008年12月14日 22:23
これがダブルオーライザー、世界を変える力――? メメントモリの圧倒的な破壊力。 ティエリアはリボンズのやり方に、イノベイターの存在を打ち明ける。 真の敵の存在を知りCBはメメントモリ破壊に向おうとするが…。 その前にアロウズが襲撃をかけてくる。 沙慈もついに...
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第11話 『ダブルオーの声』【SERAらくblog_Goo】at 2008年12月14日 23:39
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第11話 『ダブルオーの声』 以下感想です。
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第11話 『ダブルオーの声』 感想【カタコト日記〜日々の徒然〜】at 2008年12月15日 04:32
まだ録画アニメ消化中 コナンがボール遊びをしてる〜。 留美「あぁ…。」 ネーナ「もう たまんない!」 留美はメメントモリが思っていたより凄かったから驚いたのかな? 世界を変える力、ダブルオーライザー。 ラッセ…。 イノベイターについてやっとみん...
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第11話「ダブルオーの声」【♪風の〜吹くまま〜気の向くまま〜♪】at 2008年12月15日 23:41
               _  、  T ¬┴く乂      ├ 、     | | |     |       , -- 、    /\  、 i    ??..
ガンダム00セカンド「ダブルオーの声」【ルーツ オブ ザ まったり!】at 2008年12月16日 20:12
 アリー・アル・サーシェス完全復活記念。いや、好きなんですよサーシェスが。00のキャラでは一番好きですかねぇ。  なんていいますか、...
ポケットがGN粒子でいっぱい ガンダム00第11話【【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式】at 2008年12月17日 02:24
この記事へのコメント
>それにしても強すぎるのこの兵器、即座に撃たねばとなるのも当然。
ああいう兵器ってのは連続で撃てないのですが・・・。
>デッキ大破で負傷は大丈夫ですよね・・・?
普通のアニメで言うと第3クール後半、死んでもおかしくないが・・・。
>ドッキング後は00ガンダムの凄まじい機動に引っ張られて大変そうでしたが(笑)。
機動と言うよりあれはGですね。Gが強いと乗っている人が耐えられないと言うのは昔ありましたら。(ちなみにそのGが強い機体に乗ってた人は努力の末耐えられるようになったどころか機体がその人の反応速度に追いつけなくなってました)
>というかありがちな演出とはいえいきなりあの世界は笑ってしまいましたが
まああの世界に関しては・・・、昔のガンダムを見ればいいのですが全部が全部ああいう世界を持っているわけではないですね。
Posted by ?な奴 at 2008年12月15日 08:43
>?な奴さん
>連続で撃てない
モノにもよりそうですが、それは分かってます。
ついでに思いっきり誤字でした、申し訳ない。

正確には“討たねば”で、あんな強い兵器は破壊してしまわないと大変、という意味ですね。
それでまぁ、この意味だとしても連射できない兵器は少しくらい放置しても構わないのかもですが、すぐ落とさないといけないとなるのは当然の心理かなと思いまして。

>普通のアニメで言うと第3クール後半
そう言われれば、通しだともうそんな時期になるんですねぇ。
無事だと良いのですが、どのみちすぐの復帰は無理そうでしょうか。

>G
やっぱり言葉の使い方って難しいですねぇ。
それはともかく、過去のその機体が反応速度に追いつけなくなったほどの努力って凄すぎると思うんですが(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2008年12月15日 10:08