2010年10月31日

本日の障害競走

京都第4レース(オープン 芝→ダート3170m)
1着:タマモグレアー
2着:マックスチャンプ
3着:メイショウチョイス

林騎手騎乗で小倉中山で未勝利オープンと連勝中だった1番人気タマモグレアーが、中団追走から直線力強く抜け出して3連勝。
2着には熊沢騎手騎乗で同じく小倉中山で3着2着と好走続きの4番人気マックスチャンプが、3着には昇級後はパッとしない成績の続いていた10番人気メイショウチョイスが入って、ヒモ荒れの決着となりました。
タマモグレアーは中団からじっくりと進めて、満を持してという感じ。
61kgも何の問題も無くあっさりと先頭に立って粘り込みました。
これで昇級から3連勝、競馬場を選ばない好走も今後にさらなる期待を持たせてくれます。
平地力充分の馬ですし、次辺りそろそろ重賞に挑戦してほしいもの。

マックスチャンプはここ3戦好調で、さて何が良い方向に作用しているのか。
3コーナー先頭の積極騎乗で最後も2着粘り込みでした。
今週から障害復帰の熊沢騎手も流石の騎乗、次もこのコンビで見てみたいです。

メイショウチョイスは道中は馬群の後方でしたが、勝負どころでしっかり前へ。
最後は流石に伸びませんでしたけど、この人気で3着粘り込みは充分の結果でしょう。
2走前に続いて3着で、ようやくオープンでも上位争いが出来るようになってきましたかね。

グロッケンラインは仕掛け遅れ、あの位置からでは4着が精一杯の印象です。
それでも末脚がある馬ならというところではありますが、そこまでのキレはありませんでした。
とはいえ堅実味は変わらずで、引き続きオープンならすぐにでも勝てそうという印象にかわりはありません。

ゴービハインドはそれに対して、さらに後方から追い込んでの5着。
前走も同じような感じ、脚質がこのままなら限界もありそうですけども。
流石は平地4勝、1000万クラスまで勝っている力は見せたでしょうか。


人気blogランキング に参加中。
海外平地はいよいよ来週ブリーダーズカップ、Zenyattaは無敗の20連勝なるか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/51706559