2011年05月05日

STEINS;GATE 第4話

今回は神社でIBN5100が見つかるお話でした。
さっそく感想が1週遅れになって申し訳ないです・・・。
視聴だけなら第5話まで完了、第4話の方はそこまでの新情報も無い気がしますがとりあえずフェイリスが非常に可愛かったです(笑)。

ダルの力をもってしても謎のプログラムコードの解読までは出来ず。
でも、そんな謎のコードに行きあたるまでで充分すぎるほど凄いですよねー。
ホント、ダルがこんな凄いことが出来るやつだったとは全く思わなかったですよ(笑)。

鈴羽は相変わらず可愛くも怪し過ぎる気がします。
まぁ正体はそのうち分かるのでしょうし、怪しいのが本当なのか嘘なのかも含めて楽しみにしておきましょう。

ふと空に向かって手を伸ばすまゆしぃは、ところ構わず実行するのはどう考えても変な子。
でも、それがまた可愛いとも思います(笑)。
日中でも当然星はそこにあるものですよね〜。

偶然再会した紅莉栖との会話はなかなか面白かったです。
オカリンの言動はいちいち愉快なのですが、普通についてこれる紅莉栖も相当かと。

その中で、タイムマシンの否定に躍起になっていたのはやはり気になるところ。
父と同じ失敗とは何のことやら、普通に考えてタイムマシン関連なのでしょうけども。
SERNとまで関係があったりはしないんですかねぇ。

フェイリス杯を主催していたフェイリスは凄く可愛かったと思います(笑)。
会場の異様な熱気も納得の可愛さ。

オカリンは参戦さえすれば教えてもらえるとのこと、確かに私もそう聞きました。
そして、G-BACK作戦なるものは最初から自爆作戦にしか聞こえませんでした(笑)。
かくして参加するだけして速攻自爆で必要事項だけ聞きだすというオカリンの作戦、酷いですけどしたたかだとも思います。
・・・それに、本気でやってもきっと勝てないのでしょうし(笑)。

IBN5100が何故に神社の奉納されているのかは謎なのですが、明らかに意図的にやってますよねぇ。
それにしても、やっぱり可愛すぎる男の娘なるかが最高です(笑)。
るかをこんな感じに育てたあの父親に感謝ですかねー。
紅莉栖には知らぬが仏、知ったらどんな反応を見せるか気になるところです。

IBN5100が案外あっさりと見つかったのには驚いたものでした。
思いのほか重かったのは昔のPCなら仕方が無いでしょうねぇ(笑)。


人気blogランキング に参加中。
まゆしぃ・フェイリス・るか、可愛くてお気に入りな感じの娘が多くて素敵(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/puzzlize/51754734
この記事へのトラックバック
またエージェントか!(何
Steins;Gate #04「空理彷徨のランデヴー」【惑星観測所の記録】at 2011年05月05日 07:13
  第4話「空理彷徨のランデヴー」ハッキングに成功するも、謎のプログラムコードに阻まれた一同。そんな折、岡部は@ちゃんねるに現れたジョン・タイターという人物から、コード...
「Steins;Gate」第4話【日々“是”精進!】at 2011年05月05日 07:16
人が死んだ。 その事実の詳細は“JELLYMAN's report No.14”参照とことで、ダルは別サーバーにあるデータベースを調べてみる。 そこにあったのは何らかのプログラムコードであったが、解読することはできず。
STEINS;GATE 04話『空理彷徨のランデヴー』【本隆侍照久の館】at 2011年05月05日 09:25
これがシュタインズゲートの選択か(`・ω・´)
STEINS;GATE 04話『空理彷徨のランデヴー』 感想【てるてる天使】at 2011年05月05日 09:26
トントン拍子で事態が進む、パソコン、ゲットだぜ!回でした。 助手の出番が多めで、少しずつラボメンとして溶けこんでいっている様子が印象的でしたね。 いろんなキャラの父親が物語に絡んでくるところもポイントかと。 ひとまず、前回ラストの引きが衝撃的でしたが、今...
シュタインズゲート第4話『空理彷徨のランデヴー』の感想レビュー【gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)】at 2011年05月05日 11:06
Steins;Gate 第4話 『空理彷徨のランデヴー』 ≪あらすじ≫ SERNが死亡者まで出す非人道的な研究をしている可能性を知って驚愕する倫太郎とダル。ダルはさらにハッキングを続け、謎のプログラム言語で書か...
Steins;Gate 第4話【刹那的虹色世界】at 2011年05月05日 16:34
フェイリス杯の映像初めて見ましたw あんな感じなんだな〜。う〜む、オタキモいw(管理人も五十歩百歩です)
STEINS;GATE 第04話 空理彷徨のランデヴー【猫が唸る感想日記】at 2011年05月05日 18:47
禁断への鍵。
Steins;Gate 第4話「空理彷徨のランデヴー」【ミナモノカガミ】at 2011年05月06日 01:44
Steins;Gate オカリンってラボに住んでるんじゃないんだ! SERNにハッキングしてメールの閲覧には成功したものの、何やら重要らしいプログラムコードが解析できなくてお手上げ。 そこで...
アニメ Steins;Gate 第4話「空理彷徨のランデヴー -Interpreter Rendezvous- 」【ちょっと寄ってって】at 2011年05月16日 00:11
この記事へのコメント
こんにちは、コメント失礼しますm(__)mペコリ


>かくして参加するだけして速攻自爆で必要事項だけ聞きだすというオカリンの作戦

最も効率的で無駄な労力の使わない戦い方ですよね〜。
自分の欲しい情報のため、いとも簡単に自分のプライドを捨ててしまえるオカリンはスゴいと思いますw
でも、次の話では紅莉栖と戦ってるんですよねぇ(´ω`)
何だかんだであのゲームを楽しんでるみたいで、ちょっと笑えましたっ(≧▽≦)
G-BACK作戦なんかしなくても、オカリンは弱いみたいですがw
…テーブルゲーム(?)って、いかに相手の手を読むかが勝敗を分ける鍵ですよねぇ。

私はまゆしぃの温かくて、でもどこか切なさを宿した雰囲気が好きなんですけど、
るかも男の子とは思えないくらい可愛いですよねw
あれは単なる男の娘ってレベルではないです、ちゃんとナニが付いてるか疑っちゃうレベル(下ネタ
紅莉栖が女の子だと思ってしまうのも仕方ないですよね〜、私も最初は女の子だと思いましたしw
とりあえず、自分の戸籍をちゃんと確認しておいた方が良いですね(待


ではではー。

Posted by Plutor at 2011年05月05日 15:34
シュタゲ感想も、かれこれ5話くらい溜まってますね・・・。
とりあえず、バタフライ効果は公式の解説含めて、世間では勘違い気味に広まっているのが癪。
「風が吹けば桶屋が儲かる」的な発想とは全然違って、微小な変化が、何故か非常に大きな変化となって現れるというだけなんですけどねぇ。


>Plutprさん
>最も効率的で無駄な労力の使わない戦い方
目的の遂行のためには一番楽な方法ですしね。
そして、それを恥ずかしげもなく実行できるオカリンが素敵(笑)。

>何だかんだであのゲームを楽しんでる
フェイリスは強すぎてハナから勝負にならないと分かっていたからかも。

>最初は女の子だと思いました
男の娘はそのくらいでないと(笑)。
Posted by halogen(管理人) at 2011年06月23日 07:46