2018年05月12日

本日の障害競走

京都第8レース(京都ハイジャンプ 芝3930m)
1着:アスターサムソン
2着:ルペールノエル
3着:テイエムオペラドン

林騎手騎乗で三木ホースランドパークジャンプステークスを勝っての重賞初挑戦だった2番人気アスターサムソンが、積極的な競馬で2周目正面スタンド前先頭から押し切って重賞初勝利。
2着には高田騎手騎乗で中山大障害2年連続3着の実績のある1番人気ルペールノエルが、3着には昨年このレースで2着に入っている4番人気テイエムオペラドンが入って、堅い決着となりました。
アスターサムソンは1回目の水濠の飛越で少しトモを落とすなどやや怪しい飛越もありましたが、積極策が活きました。
バンケットも上手くこなして、大障害コースで勢いをつけた感じ。
京都ジャンプステークスとは違って京都大障害の名残で直線にハードル障害が置かれない点は差すがわに有利かとも思いましたけども。
何のことは無く、むしろ直線で突き放しての快勝でした。
林騎手も流石の騎乗ぶり、明日を含めてあと4戦で引退となるのが惜しい内容です。

ルペールノエルは終始先頭集団から一歩控えた位置取りで、結局それが最後まで祟った格好。
差が決まりやすいコースという気もしたのですが、2着に追い上げるのが精一杯でした。
少し不満が残る内容かもしれません。

テイエムオペラドンは良いスタートから最内で好位追走、最後の4コーナーでは積極的に仕掛ける勝ちに行く競馬。
最後はこれで突き放されたら力負け、全力は出せたと思います。

マイネルフィエスタはかなり躓いた飛越もあったのですが、やはり距離が長いという印象でした。
ただし今年の残りの重賞は最後の中山大障害以外は短いですし、期待して良いでしょう。

タガノアーバニティは好スタートから積極的に進めましたが、最後は重賞上位の実績がある馬との力の差がハッキリと出た感じです。
それでも頭数が少ないとはいえ重賞で5着は5着、観戦側としては頭数が増えるのは嬉しいですし、陣営としても良い選択だったのではないでしょうか。


人気blogランキング に参加中。
林騎手はあと何勝を上積みできるか本当に楽しみです。