2018年06月09日

本日の障害競走

東京第4レース(未勝利 芝→ダート3000m)
勝ち馬:マイネルフレスコ

五十嵐騎手騎乗で3番人気の7歳牡馬マイネルフレスコが勝利しました。
ステイゴールド産駒で、前走3着から障害5戦目での初勝利です。
中央平地成績は45戦3勝で、芝中距離の平場500万条件2勝が最高でした。

まずまずのスタートから、道中かなり縦長になる中で後方を追走。
直線でも馬群の後方でしたが、外から長く末脚を伸ばしての勝利でした。


人気blogランキング に参加中。
2着のウインカートゥーンは2歳下の全兄弟、全兄弟ワンツーは非常に珍しいのではないでしょうか。