2019年01月11日

中山新春ジャンプステークス 1回中山3日8R

◎ゼンノトライブ
○メイショウダッサイ
▲シークレットパス
△シゲルボスザル
×トラキアンコード

毎年恒例、年明け最初の障害オープン特別である中山新春ジャンプステークス。
4年ぶりにフルゲート、昨年の勝ち馬もいて賞金別定のオープン特別としてはまずまずのメンバーが揃いました。

予想コメントは、続きをご覧ください。
本命はゼンノトライブです。
昨年のこのレースの勝ち馬で、その賞金で61kgを背負うことになりますが大きな問題は無いでしょう。
昨年は重賞でも2回掲示板に入っていますし、イルミネーションジャンプステークス3着からという臨戦過程も同じです。
連覇も充分でしょう。

対抗はメイショウダッサイです。
昨年は夏の小倉の未勝利戦で勝ち上がると、昇級戦の阪神ジャンプステークスではいきなり3着に入りました。
中山は初めてですが小倉のバンケットは経験していますし、そもそも固定障害主体で戦ってきた馬。
3着2着と来て次は1着と行きたいところだと思います。

3番手はシークレットパスです。
昇級戦だった前走の秋陽ジャンプステークスは5着でしたが、勝ち馬とは1秒1差で大きな差ではありません。
中山は未勝利時代に1回走ってクビ差2着と充分の内容、ここも楽しみです。

シゲルボスザルは前々走の中山平場オープンでゼンノトライブやエアカーディナルに先着しての2着。
前走は全然でしたが、中山に戻れば力を発揮してくれると思います。

トラキアンコードは昨夏の福島で勝ち上がって以降は3戦して4着2回が最高ですが、大きく負けているわけではありません。
前走で中山も経験しましたし、侮れない1頭でしょう。


人気blogランキング に参加中。
既に未勝利戦は始まっていますが、今年も1年無事に障害レースが開催されますように。