2019年01月12日

本日の障害競走

中山第8レース(中山新春ジャンプステークス 芝→ダート3200m)
1着:シークレットパス
2着:メイショウダッサイ
3着:ゼンノトライブ

石神騎手騎乗で未勝利時代に中山で2着の経験がある2番人気シークレットパスが、2周目で一気に先頭に立つと最後まで先頭で粘り切って昇級2戦目で勝利。
2着には森騎手騎乗で昨秋に昇級戦ながら阪神ジャンプステークスで3着に入っているメイショウダッサイが、3着には昨年のこのレースの勝ち馬である3番人気ゼンノトライブが入って、非常に堅い決着となりました。
シークレットパスは好スタートから押していきつつ、2周目に入ったところで一気に3番手から先頭に上がった位置取りが印象的でした。
特に最初の方は飛越に少し不安もありましたが、概ね綺麗な飛越だったと思います。
なによりも石神騎手の積極性が見事、エオヒップスの故障発生のタイミングと重なって辛いところもありますが、上手く乗ったと思います。

メイショウダッサイはスタートは良かったものの、少し控えるかたちで4〜5番手という展開でした。
上位3頭の中では飛越の低さが少し気になりますが、安定して飛べていれば問題は無く。
直線では外から追い込み届かずで、最終的には道中の位置取りが明暗を分けたという感じです。
それでも強さは見せてくれて、オープン勝ちはもちろん重賞もまた狙えることでしょう。

ゼンノトライブは好位追走からきっちりと自分の競馬が出来たと思います。
最終的には他馬より1kg重いこともあって叩き合いで屈しましたが、4馬身は斤量では言い訳の出来ない差でもあるでしょう。
それでも後続は完封、やはり中山では安定して上位に来てくれますね。

ヤマカツリーダーは道中はかなり後方で、4コーナーでもまだ馬群の後ろでした。
後方各馬の争いは制したとはいえ、まだまだ上位とは力がありそうです。

ドラゴンストームは中団より少し前のインコース、良いポジションにつけて良い走りを見せていました。
ただ、最後は頑張って掲示板に残ったとはいえ前との差は歴然で、スタミナの差でしょうかね。


人気blogランキング に参加中。
最後の4コーナーでカラ馬の邪魔があったとはいえ、3着と4着との間が2秒3の大差というのは驚きの差でした。