盛況だった「フォーラム神奈川2018」

今年度「フォーラム神奈川」は、3月31日(土)横浜市開港記念会館で開催された。
今年こそはと会場予約で何とか努力、伝統の1階1号室で開催することができた。
 今回のテーマは2019年問題を踏まえ「太陽光発電:売る時代から使う時代へ」とした。これに対して反響が大だったのか、参加者が70名と昨年の50名を上回り例年並みに戻ってきた。内訳は会員48名、一般22名である。会員の大部分が2019年11月でFIT法による高額買い取りが終了することもあって、関心が高かったのだろう。

6
参加者は70名と、例年よりも多く集まった

続きを読む

あつぎミニ環境フェアに出展

2018年3月3日(土)に「あつぎミニ環境フェア」に参加した。実は昨年10月29日に予定していた「あつぎ環境フェア」が直前台風の襲来により中止となっていたのである。そんな事情もあり、ミニ環境フェアが行われることになった。

3
あつぎミニ環境フェア(2018-3-3)「ワークショップ、ソーラーバッタを作ろう」が開催された

続きを読む

「フォーラム神奈川2018」のご案内

恒例の「フォーラム神奈川2018」を3月31日(土)の午後開催することになりました。今年で17回目を数え、今回のテーマは「太陽光発電:売る時代から使う時代へ」です。

2019年11月には、太陽光発電のFIT制度(固定価格買取制度)の買取期間10年を満了する最初の家庭約45万戸が出てきます。それ以降も、毎年約20万戸が制度対象外となります。制度対象外となると、発電量のうち自家消費できなかった余剰電力は、買い取ってくれる会社との自由契約による売電になります。その価格は電力購入価格(電気料金)よりはるかに安い価格になることが予想されますので、余剰電力を賢く運用する時代の始まりと言えます。

Snap2
続きを読む

出前発電所を作ろう!第23回目の講座を4月8日に開催します

NPO法人 太陽光発電所ネットワークの神奈川地域交流会では、「出前発電所」と名づけた手作りの太陽光発電システムの組み立て講座「出前発電所を作ろう!」を定期的に開催しています。第21回目のお知らせです。

この「出前発電所を作ろう!」は 独立型PV(太陽光発電)システムの組立過程を通して、楽しみながらPV システムの理解を深めることを目的にしています。災害時の非常電源にも利用できる、出前発電所を、ご自身で実際に作ってみませんか?

Snap7続きを読む
記事検索
QRコード
QRコード