中稲荷神社のある百人町は、江戸時代の西側の守りとして建てられた「鉄砲組百人隊」の屋敷があった場所。

皆中稲荷神社 東京のパワースポット



ここは皆中と書いて「みなあたる」と読めることから、宝くじによく当たるという御利益のある神社です。

もともとは、徳川家康の鉄砲隊の内のひとりがなかなか腕前が上がらず悩んでいた時に、この皆中稲荷神社で祈願をしたところ急激に命中率がアップしたので、それを知った仲間がこぞって祈願をするようになったのだそうです。
皆中稲荷神社

以後、みんなが当たるようになり、『玉があたる⇒大当たり』ということから宝くじが大当たりするなんて言われるようになりました。

勝負運、宝くじ、金運に非常にいいパワースポットとして有名になりました。百発百中で「みなあたる」ということからも、受験生の参拝も多いとのこと。

皆中稲荷神社

皆中稲荷神社

御祭神 宇迦之御魂神
由緒 天文2年(1533年)9月のある夜、稲荷大明神が鉄砲組与力の夢枕に立ち射撃を伝授した。その霊験が評判となり、皆中稲荷(みななかのいなり)と呼ばれるようになった。その後「当たる」ものに御利益があると人気をあつめ、現在は「賭けごとの神様」として親しまれている。


JR新大久保駅から徒歩約3分